女性の悩み

公開日:2018年9月27日

更新日:2018年9月27日

パサつく髪にツヤがほしい!髪にツヤがなくなる原因と髪のツヤ出し法

パサつく髪にツヤがほしい!髪にツヤがなくなる原因と髪のツヤ出し法

髪からツヤがなくなるのは、髪の傷みが原因です。どんなダメージを受けると、どうしてツヤがなくなるのか、傷んだ髪にツヤ出しをするにはどんな方法があるのか気になりますよね。

髪の健康と美しさを保つのに良い食事の情報など、髪のツヤ出しに関する情報をたっぷりご紹介します。輝きがなくなった髪をツヤツヤに戻すヒントを見つけ出してください。

髪にツヤがなくなった…どうしたらいいの?

髪のキレイな女性

まずは髪のツヤがなくなる原因と仕組みを確認し、対策方法を知りましょう。

髪からツヤがなくなる原因は主に2つです。

髪のキューティクルが傷んでいる

髪の表面を覆う保護層・キューティクルが傷むと、髪からツヤが失われます。

キューティクルが健康な状態であれば、髪にあたる光は均一に跳ね返されて、しっかりした光沢=ツヤが出ます。もしキューティクルが傷んでいると、髪の表面には凹凸ができて光の反射が均一にはならず、光沢がぼやけたり、髪色がくすんで見えたりします。結果、ツヤがない髪に見えてしまいます。

また、傷んだキューティクルが剥がれ落ちると髪の毛は細くなり、反射する面積が減るのもツヤが失われる原因につながります。髪のツヤはキューティクルが見せるものですから、ツヤ出しするにはキューティクルが傷つかないように保護し、傷んだ髪を補修する必要があります。

髪の水分が失われている

髪の毛の水分量もツヤに大きく関わっています。

もし、髪から水分が失われると、髪はパサついて細くなり、うねりや髪はねの原因になります。髪の一部が細かったりうねっていたりすると、やはり光を均一に反射できないため、髪のツヤが失われます。

髪に水分を与えて、水分が髪から逃げないよう保湿する対策が必要です。

これらの原因を踏まえると、髪のツヤ出しには

  • キューティクルの補修

  • 髪に水分を与えること

このふたつが重要なポイントになるでしょう。

それでは、髪にツヤを出す具体的な方法を確認しましょう。

毎日できるヘアケアで髪のツヤ出し

インバストリートメント

インバストリートメント(お風呂場で行なうトリートメント)は、髪に水分を与えて、キューティクルを補修し、また髪の表面を覆って滑りを良くしてキューティクルを保護し、さらに髪の内部の水分が抜けないように保湿する、といういくつもの大事な役割をこなすアイテムです。

トリートメントを使えば効果的に髪のツヤ出しができます。

【おすすめのトリートメント】

【薬用トリートメント】スカルプDボーテ トリートメントパック [モイスト] [医薬部外品] 

スカルプD ボーテ トリートメントパック

通常価格:3,900円(税込)

有効成分:「酢酸DL‐α‐トコフェロール」「グリチルリチン酸ジカリウム」

商品説明:女性の髪や頭皮に悪影響を与える、女性ホルモンの低下に着目されたトリートメントです。女性ホルモンバランスの乱れからくるトラブルにアプローチして、しなやかでまとまりのある髪に整えます。

アウトバストリートメント

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)も、髪のツヤ出しには有効です。インバストリートメントの効果をさらに高めたいときはこちらも行ないましょう。

アウトバストリートメントにはいくつか種類があり、オイル、ミスト、ミルク(クリーム、エマルション)、ジェル(ゲル、ジェリー)などさまざまです。大きく「油ベースか、水ベースか」に分類できます。油ベースのトリートメントは髪の保護や保湿に優れ、水ベースのトリートメントは髪への浸透力を活かした補修に秀でています。

タイプ別にアウトバストリートメントの特徴を確認しましょう。

・オイルタイプ

髪の表面を覆って水分が抜けないように保湿します。また、オイルタイプは熱から守る力が抜群で、ドライヤーやヘアアイロンによる熱ダメージから髪を守れます。髪の保湿だけでなく、髪が熱ダメージを受けて傷む前に保護したい人、ヘアアイロンをよく使う人にはオイルタイプのトリートメントがおすすめです。

アウトバストリートメントに使うオイルとしては、椿油もおすすめです。椿油のヘアケア方法はこちらで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

椿油を使ったアウトバストリートメントの方法について

・ミストタイプ

主成分は水や水溶性アルコール、タンパク質です。髪に吹きつけると成分が髪に浸透して、髪を内部から補修します。また、含まれているタンパク質がドライヤーやヘアアイロンの熱を受けて固まるため、スタイリング剤としての効果もあります。

あまり保湿効果がなく、熱ダメージからの保護もできない点には要注意です。髪の補修やスタイリング剤の意味合いが強いアウトバストリートメントです。

・ジェル(ゲル、ジェリー)タイプ

シリコンやポリマーなどを含み、髪のコーティング力に優れています。コーティングがキューティクルによる保護の役割を代わりに果たせる他、髪を保湿し、指通りが良い状態にする効果があります。とくにキューティクルの傷みが気になる人におすすめです。

油ベースと水ベースのものがそれぞれあり、補修力と保護力に関してはベースによって効果が大きく分かれます。

・ミルク(クリーム、エマルション)タイプ

髪に浸透して補修する成分と、髪の表面を覆って保護・保湿する成分、つまり水ベースと油ベースの長所を併せもったアウトバストリートメントです。オイルよりは軽いですがミストよりは重い、中間のような使い心地で、スタイリング剤として髪をキープできるものもあります。

なお、熱ダメージからの保護力はやや低めです。

キューティクルが傷んでいて、髪の水分も抜けている人にとっては、補修と保湿の両方に効果があるミルクタイプがおすすめです。

【おすすめのアウトバストリートメント】

【アウトバストリートメント】スカルプDボーテ ポイントミルク

スカルプD ボーテ ポイントミルク

通常価格:2,470円(税込)

内容成分:「カプリル酸ヤシ油アルキル」「イソプロパノール」「セトリモニウムメトサルフェート」など

商品説明:こだわりのピュアフリー処方で作られているアウトバストリートメント。ノンシリコンでも毛先がまとまるのが魅力です。ハリやコシのあるしなやかな髪を目指す方へ。

ツヤ出しスプレー、グロススプレー

ツヤ出しスプレー、もしくはグロススプレーは、スタイリングの仕上げに使います。髪に吹きつけると自然できれいにツヤ出しできる便利なアイテムです。本来、ツヤは健康できれいな髪に出るものですから、見た目のツヤを演出するだけでは長い目で見たツヤ出しにはつながりませんが、「いますぐに髪にツヤ出ししたい」というとき、とくに頼れます。

髪のツヤを出す方法・手順

では、インバストリートメントやアウトバストリートメント、ツヤ出しスプレーを使ってどのように髪のツヤを出していくのでしょうか。具体的な使い方と手順を、下準備の段階から追って見てみましょう。

1.ブラッシング

入浴前に、軽くブラッシングをします。ブラッシングで髪についたホコリや汚れを落とし、抜け毛を取り除いて髪の引っ掛かり・絡まりもほぐしておくことで、シャンプーで汚れを落としやすくなります。

なお、使うブラシは毛先が丸くなった、頭皮を傷つけないものを選んでください。

予洗い・すすぎ

シャンプーの前に、お湯で1~2分ほど髪をすすいで予洗いします。髪についた汚れや皮脂をある程度流して落とし、また浮かせてシャンプーで落としやすくする効果を得られます。

シャンプー

シャンプーの適量は髪の長さで異なります。鎖骨に届かないくらいのセミロングならば1プッシュ程度、約3gが目安です。手のひらの上で泡立ててから髪につけ、指のはらでマッサージするように頭皮を洗います。

キューティクルは摩擦に弱いので、髪が強く擦られることのないようにしっかり泡を立て、根元から毛先に向かってなぞるように洗いましょう。

※シャンプー自体も見直すのがおすすめ

髪や頭皮が傷んでいるのであれば、シャンプーを刺激の低く、髪や頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーに変えることをおすすめします。ダメージが進行せずに済みますし、今後のダメージ予防にもなります。

すすぎ

髪と頭皮からシャンプーを洗い流します。すすぎ残しがあると頭皮を刺激してトラブルの原因になります。めやすとして、シャンプーで洗っていた倍の時間をかけてすすいでください。

インバストリートメント

1.シャンプーをすすぎ終えたら、髪から水気を切ります。水気が多いとトリートメントの効果が薄まるためです。タオルで拭うまではしなくても良いですが、前髪から後ろ髪までをかきあげるようにして水を切る、もしくは髪の根元付近を両手で軽く挟み、毛先までごく軽くしぼるようにして水を切ります。

ギュッと力を加えて絞るとダメージの原因になるので避けてください。

2.トリートメントを適量手にとります。ショートやセミロングなら1プッシュ(手のひらに500円玉程度に広がる量)です。セミロングよりも長い人は少しずつ足しながら使い、適量を見極めてください。

3.両手のひらにトリートメントを広げて髪の中間を軽く挟み、毛先まで滑らせるように塗り込んでいきます。

4.ブラシで軽く梳(す)いて、5分から10分程度置きます。蒸しタオルで髪と頭をくるむと保湿効果が高まります。待ち時間は体を洗っても良いですが、浴槽に浸かっての入浴に充てると体が温まり、保湿効果も高まるのでおすすめです。

5.蒸しタオルをはずしてトリートメントをすすぎます。髪からヌルヌルとした感触がなくなるまで、シャワーのお湯でしっかり流してください。

注意点:

インバストリートメントは頭皮につかないよう注意してください。トリートメントは頭皮にくっつきやすく、落ちにくい性質があり、頭皮に残るとかぶれの原因になります。また、髪を伝って多少は頭皮に流れるので、すすぎは念入りに行なってください。

タオルで拭く

お風呂から上がったらタオルで髪を拭います。がしがしと力を入れて擦るのではなく、タオルで髪を挟んで軽く叩くように水分を吸わせるのがコツです。また、水分を取り除くことでドライヤーを浸かって乾かす時間を減らし、髪への熱のダメージを軽くできます。

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントは、ドライヤーで乾かす前の濡れた髪につけるのが基本です。髪が乾いているときに浸かってもかまいませんが、髪が濡れているときにつけた方が伸びもよく、浸透しやすくなります。

毛先がフェイスラインより上のショートヘアの人なら、オイル、ミルクタイプは0.5プッシュ(手のひらに広げて10円玉程度)が適量です。毛先が鎖骨より上のセミロングの人は1プッシュ(500円玉程度)、さらに長めの人は0.5プッシュずつをめやすに、少しずつ足して使いましょう。

ジェルタイプは髪が傷んでいる部分部のみに使うものです。髪の傷み具合によって使う量は変わります。ロングヘアの人でも、1プッシュ(手のひらに広げて500円玉程度)で充分でしょう。

ミストタイプは量にあまり気をつかう必要はありませんが、全体を湿らせる程度が適量です。髪の毛から液が滴らない程度に抑えてください。

オイル、ミルクタイプは髪の中間から毛先に、ジェルタイプはとくに髪が傷んでいる箇所の中間から毛先につけます。ミストは髪全体にまんべんなく使ってOKです。

どのタイプでも、つけ終わったらやさしく、ていねいにブラッシングして髪の毛一本一本になじませます。

ドライヤー

アウトバストリートメントをつけたら、ドライヤーで髪を乾かします。そのまま乾くのを待つ自然乾燥は雑菌の繁殖を招き、頭皮のかゆみや髪の傷みの原因となるので避けてください。温風を当てるのは乾きにくい髪の根元が先、乾きやすい毛先は後、の順で進めます。

ドライヤーの温度設定には注意を払いましょう。熱を与えすぎると髪がダメージを受けるので、ドライヤーの温度調節機能を活用し、ドライヤーの吹き出し口は髪から最低20cmは離して、ドライヤーを軽く振るように、1か所だけに熱が集中しないように動かしながら乾かしてください。

スタイリング効果もあるアウトバストリートメントを使うときは、ドライヤーを当てながら髪のセットも進めます。

ツヤ出しスプレー

スタイリング後に使うのがツヤ出しスプレーです。簡単にツヤを演出できる便利なアイテムですが、つけすぎると髪全体がベタついているような、重い印象になるので、軽く吹きつける程度にしてください。

スプレーを髪から20cm程度離して、髪の中間やや上から毛先にかけて0.5秒ほど吹きつけます。右→右斜め後ろ→後方→左斜め後ろ→左の順に1回ずつプッシュすれば髪全体に吹きつけられます。終わったら指やブラシで髪を梳いて、軽くなじませます。

美容室でもできる髪のツヤ出し

たとえばヘアカラーで、髪全体を深みのある色に、均一に染めると、光の反射がうまく調整されて、ツヤがあるように演出できます。

ただ、均一に染めるヘアカラーは自宅では難しいため、美容室でプロにお願いしましょう。また、染める場合には、髪にダメージがあってツヤ不足なのが気になること、ダメージを与える心配の少ない薬剤を使ってほしいことを伝えると良いでしょう。

生活習慣を改善し髪を健康にしてツヤを出す

女性

生活習慣を見直せば、髪は健康を取り戻し、ツヤ出しにつながります。

髪は一度伸びた後は再生することはありませんので、すでに傷んでいる部分はトリートメントなどで補修することしかできません。ですが、これから伸びていく部分や、新たに生えてくる髪には生活習慣の改善によってアプローチできます。

将来的に健康的でツヤのある髪を手に入れられるよう、生活習慣を見直してみませんか。

髪に良い生活習慣

睡眠不足やストレス、運動不足は、ツヤ髪が育つのを妨げます。これらの良くない習慣は血行不良を招きます。血行を促進すれば、血液中の栄養を毛根が受け取り、髪は健やかに育ちます。

規則正しい生活を心がける、ストレスを溜めすぎないようにストレス発散方法を見つける、日常的に運動するなどの対策を心がけてください。

食事で髪に栄養を与える

髪はケラチンというタンパク質でできています。良質なタンパク質を摂れば、髪の「材料」になります。

タンパク質を摂取できる食品のうち、鶏の胸肉や青魚はとくにおすすめです。高タンパクで低カロリーな鶏の胸肉はダイエット中でも取り入れやすい良質な肉類です。イワシやサバなどの青魚は髪の育成をサポートするビタミンB6を豊富に含み、こちらも低カロリーです。

その他、髪の育成をサポートする亜鉛やミネラル、ビタミンEやビタミンAを摂れるバランスの良い食事が理想的です。

髪を育てるのに理想的な食事についてはこちらで詳しく紹介しています。健やかでツヤのある髪を育てるだけでなく、将来的に薄毛を防ぐことにもつながりますので、ぜひ参考にしてください。

薄毛に効く食べ物とは?毎日の食事で摂りたい食品リスト

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!