女性の悩み

公開日:2018年8月27日

更新日:2018年8月27日

頭皮のケアでボリュームキープ 女性の薄毛改善方法

頭皮のケアでボリュームキープ 女性の薄毛改善方法

髪がよく伸び、増えるのは30代がピークで、それ以降は抜け毛が増え、だんだん髪は薄くなっていきます。若い頃の写真を見ると「髪のボリューム感が今よりずっとある!」と驚いた経験がある人もいるかもしれませんね。年齢とともに進む薄毛はなんとかならないのでしょうか。

抜け毛を減らし、薄毛が進まないようにするための頭皮のケア方法や、日常生活で気をつけたい薄毛予防ポイントをご紹介します。

女性の薄毛の原因は?

髪を梳く女性

女性の薄毛の原因は、

  • 頭皮環境の悪化
  • ホルモンバランスの乱れ

大きく分けるとこれらの2つです。これらが薄毛にどう影響し、何が原因で発生するのかをご紹介します。

頭皮環境の悪化

「頭皮環境」とは、頭皮の表面の状態や血行の良し悪しのことです。

頭皮はチリやホコリ、古い皮脂などが原因で荒れて炎症を起こします。頭皮の炎症はかゆみやフケを発生させて毛根にダメージを与え、抜け毛を増やすことがあります。
また、髪は血液から栄養を受け取って伸びています。ですから頭皮の血行が悪くなると栄養が少なくなり、髪は育ちにくくなったり、抜けやすくなったりします。

このような頭皮の環境の乱れによって、細く弱々しい髪ばかりが育つことになります。その結果、髪の毛は痩せ細り、全体的に髪のボリューム感が失われます。

では、なぜ頭皮環境が悪化するのか、その原因を確認しましょう。

ダイエットによる栄養不足

食事量を減らしたり、脂質を全く摂らなかったりといった無理のあるダイエットは頭皮環境を荒らします。髪や頭皮は主にタンパク質でできていますし、ミネラルやビタミンも髪を作るための活動に欠かせません。これらの摂取量が減ると栄養が不足によって髪も頭皮も育ちにくくなり、抜け毛の原因を作ります。

夜ふかしによる睡眠不足

夜ふかしによる睡眠不足は、頭皮の代謝や血行に悪影響を及ぼします。

人は睡眠中に成長ホルモンと呼ばれるホルモンを分泌しています。このホルモンは代謝(摂取した栄養を身体のエネルギーにすること)を促進する作用があり、頭皮の新陳代謝や疲労の回復などに欠かせないホルモンです。しかし、睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量も減るため、代謝が悪化して疲労が抜けきらないなどの問題が発生します。

また、代謝の悪化は血行不良を招きます。睡眠不足による疲労はストレスを招き、ストレスを感じることで血管が収縮するからです。血行不良によって髪に必要な栄養が届きにくくなり、髪の成長に悪影響を及ぼします。

運動不足

慢性的な運動不足は、体の代謝を悪化させます。その理由は、筋肉の衰えです。筋肉は維持するだけでもエネルギーを多く消費するため、筋肉がついている人ほど普段のエネルギーの消費が増え、代謝が活発になります。逆に、運動不足で筋肉が衰えた人はその分エネルギーの消費も減ってしまうため、代謝が悪くなります。

不適切な洗髪

シャンプーが不十分で余分な皮脂が残り続けている状態や、逆に過剰に洗いすぎて頭皮の皮脂を必要以上に洗い流している場合、頭皮の環境は悪化します。

余分な皮脂が残っている場合、頭皮に住んでいるマラセチアという菌が皮脂をエサにして大増殖します。マラセチアは本来害のない常在菌です。しかし、マラセチアが皮脂を食べて分解するときに過酸化脂質という物質が生まれ、頭皮に刺激を与えます。皮脂が増え、マラセチアも増えることで刺激はどんどん強くなります。結果、刺激によって頭皮はかゆみやフケ、炎症を起こして頭皮環境を悪化させます。

逆に、皮脂を必要以上に洗い流すのも問題です。皮脂には頭皮を乾燥や刺激から保護する役目があります。そのため、皮脂を必要以上に洗い流すと頭皮は刺激を受けやすくなり、乾燥しやすくなります。結果、頭皮のかゆみや炎症を引き起こしてしまうのです。

ホルモンバランスの変化

ホルモンとは血液中に含まれる物質のことで、大きく分けると男性ホルモンと女性ホルモンがあります。
髪の成長に関係があるのは、男性ホルモンのテストステロンと、女性ホルモンのエストロゲンです。これらの2つのホルモンが適切なバランスを保つことで、髪は健康的に育ちます。しかし、何らかの理由でホルモンバランスが乱れると、抜け毛の増加につながります。

ホルモンバランスの乱れが抜け毛につながる理由に「ヘアサイクル」があります。
ヘアサイクルとは、髪が生えてから抜け落ちるまでの成長段階・周期のことです。本来ならば、髪は6年ほど成長したあとに次の新しい髪に生え変わる準備をし、最終的に抜け落ちます。女性の場合、髪の成長を司るエストロゲンが男性よりも多く分泌されているため、男性に比べると髪は成長しやすくなっています。

しかし、エストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることによってヘアサイクルは乱れます。その結果、髪の成長が途中で止まり、細く弱々しい髪の状態になって、抜け毛が増えてしまうのです。

ホルモンバランスの乱れで発生する脱毛症を「びまん性脱毛症」といいます。びまん性脱毛症は女性に多い脱毛症であり、男性の薄毛のように地肌が見えるほどの抜け毛は発生しませんが、全体的に髪のボリュームが減るのが特徴です。なぜホルモンバランスが乱れるのか、その理由をご紹介しましょう。

加齢

ホルモンの分泌量は、年齢が上がるほどに減少します。これは防ぐことのできない流れです。エストロゲンは、30代をピークに徐々に減少していきます。一方、男性ホルモンの減少量はエストロゲンよりも緩やかなため、相対的に男性ホルモンの比率が高くなり、ホルモンバランスが乱れます。結果、ヘアサイクルが乱れてびまん性脱毛症につながります。

ストレス

ストレスとホルモンバランスには強い結びつきがあります。エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンですが、分泌の指令を出しているのは脳の視床下部と呼ばれる部位です。しかし、視床下部はストレスを感じ続けると疲弊し、働きに狂いが生じます。その影響でエストロゲンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れてびまん性脱毛症につながります。

なお、ストレスを感じる要因としては睡眠不足や運動不足などが当てはまります。特に睡眠不足は成長ホルモンの分泌にも関係しているため、できるだけ解消しなくてはならない問題のひとつです。

産後

妊娠して出産すると、ホルモンバランスは大きく乱れます。これは妊娠中に女性ホルモンの分泌量が増加し、出産後は減少することが原因です。
減少するのは一時的なものなので、あまり気にせず放置しても問題ありません。

しかし、抜け毛を気にするあまりストレスを強く感じてしまい、その影響でびまん性脱毛症を発症することもあるので注意が必要です。出産後は抜け毛が増えるということを予め知っておくことで、抜け毛に対する心構えができます。

薄毛の改善方法

薄毛の原因は頭皮環境の悪化とホルモンバランスの乱れです。つまり、これら2つを改善することで薄毛の進行を遅らせて、髪のボリュームをキープできます。頭皮環境とホルモンバランス、それぞれの改善方法を知りましょう。

頭皮環境の改善

頭皮環境を改善するためには、頭皮を清潔にし、血行を促進する必要があります。効果的な頭皮のケア方法をご紹介します。

シャンプー

頭皮を清潔にするのなら、シャンプーが有効です。もし、頭皮が乾燥して少しかゆいのであれば、シャンプーは刺激の少ないシャンプーを選びましょう。また、女性用シャンプーを使うのもおすすめです。女性用シャンプーは女性の頭皮にあわせた成分を使っているため、女性特有の抜け毛にも対処できるからです。

女性用シャンプーの中でも特におすすめなのが、スカルプDボーテ シャンプーです。香りが良く、使い続けることでふんわりとボリュームのある髪になります。

 

【おすすめのシャンプー】
スカルプDボーテ シャンプー [ボリューム] [医薬部外品]

スカルプDボーテシャンプー

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」
商品説明:洗いながら女性の頭皮環境を理想へと導いてくれるシャンプーです。ローズが香り立つ濃密泡にはアンファー独自成分のソイセラムを配合しています。ふんわりボリュームのある髪を手に入れたい方に。

 

シャンプーと同じくらい大事なのが、洗髪方法です。洗い方が雑で洗えていない箇所があったり、すすぎ残しがあったりすると、頭皮は清潔になったとはいえません。
正しい洗い方を知り、正しい頭皮ケアを行ないましょう。

頭皮マッサージ

頭皮の血行を良くしたいのであれば、頭皮マッサージを行ないましょう。頭皮マッサージには血行促進効果があり、毎日行なうことで髪に栄養を送りやすくなります。

マッサージのやり方は難しくありません。両手で頭皮を包むようにして掴み、つむじ部分へ寄せ集めるようにして頭皮を持ち上げます。これを朝晩5分ずつ行なうことで、頭皮の血行は促進できます。このとき、力を込めないように注意しましょう。指や手のひらに力を込めて圧迫すると、頭皮が傷ついてしまうからです。

育毛剤を使う

育毛剤は髪に栄養を与え、頭皮のかゆみやフケを防ぐ効果があります。育毛剤もシャンプーと同じく、女性専用の育毛剤を購入しましょう。男女併用のものを使用するよりも、女性の薄毛に対して効果のある成分が多く含まれているからです。

中でも注目したい成分は、頭皮のかゆみを抑えるグリチルリチン酸2K(ジカリウム)と、女性ホルモンの一種であるエチニルエストラジオールです。この2つは有効成分といい、厚生労働大臣によって正式に効果があると認定されている成分です。スカルプD ボーテ エストロジー スカルプセラムは、有効成分が一定量含まれ、頭皮環境の改善やホルモンバランスの調整に役立つ育毛剤です。

 

【おすすめの育毛剤】
スカルプD ボーテ エストロジー スカルプセラム

スカルプD ボーテ エストロジー スカルプセラム

通常価格:7,800円(税込)
有効成分:「グリチルリチン酸2K」「ヒノキチオール」「エチニルエストラジオール」
商品説明:育毛効果が認められている女性ホルモン成分「エチニルエストラジオール」が配合された薬用育毛剤です。女性ホルモンの低下による髪や頭皮トラブルにアプローチして、髪のハリやコシを取り戻します。高級感のあるフレッシュローズの華やかな香りも人気の秘訣です。

 

なお、今ある髪を健康的にするのではなく、髪を生やしたい場合は発毛剤を使用しましょう。しかし、発毛剤を使うときは、絶対に女性用を使用するように心がけましょう。もし間違って男性用の発毛剤を使った場合、健康被害が出る可能性があります。
特にノコギリヤシが含まれた発毛剤は絶対に使ってはいけません。

ホルモンバランスの改善

女性ホルモンは加齢とともに減少するので完全に止める、防ぐ、ということはできません。しかし、日常生活を見直してホルモンバランスの改善を行なうことで、びまん性脱毛症のリスクを減らせます。頭皮ケアとともに、日常生活も見直してホルモンバランスを整えましょう。

食事

一番良いのは、栄養をバランス良く摂取することです。タンパク質は髪と頭皮を構成する成分ですし、亜鉛やヨードといったミネラルはタンパク質を再構築したり、ホルモンバランスを整えたりする作用があります。ビタミンは血行を促進させたり、頭皮の環境を整えたりするのに欠かせません。また、脂質もホルモンの原料となる成分なので、ダイエット中でも摂取しなければならない栄養素です。

髪に良い食材や栄養素、効果的な摂取方法はこちらで詳しく紹介されています。

運動

運動で身体を鍛えることで代謝の改善の他、ホルモンバランスも整えられます。適度な運動はストレスの解消につながるからです。ストレスはホルモンバランスを乱す要因であり、ストレスを解消することで女性ホルモンの減少を防げます。では、なぜ運動がストレスの解消につながるのかを説明しましょう。

人は運動をしていると、ストレスを感じます。すると、脳がそのストレスを緩和するためにセロトニンやエンドルフィンといった神経伝達物質を分泌します。これらには多幸感によってストレスを緩和してくれる効果があるため、運動はストレス解消に効果があるのです。
なお、激しすぎる運動は疲労感を強く感じてしまい、よりストレスが増えてしまうので注意しましょう。

おすすめの運動は、有酸素運動です。心肺能力を鍛えることで血液量が増えるので、血行促進効果が期待できる他、運動強度を自由に変えられるので自分のペースで体を動かしやすいからです。最初は少し汗をかく程度の軽いウォーキングから始め、慣れてきたら徐々に運動量を増やしていきましょう。運動量が増えればその分心肺能力も高くなり、より代謝を高められます。

睡眠

睡眠はストレス解消や代謝の促進において重要な要素です。このとき重要なのは、睡眠時間の長さよりも「どのくらい熟睡できたか」、言い換えれば睡眠の質の高さです。

人は睡眠中、脳まで熟睡しているノンレム睡眠と、脳が起きて記憶の整理を行なうレム睡眠を交互に行ないます。成長ホルモンは最初のノンレム睡眠のときに最も多く分泌されるため、最初のノンレム睡眠の時間が短いと分泌量も減ってしまうのです。よって、いかにして熟睡するかがポイントになります。

熟睡するためには、副交感神経を優位にして眠りに入るのが大切です。ストレッチ等の軽い運動や半身浴で体を温めると副交感神経が優位になります。また、寝る1時間前にはテレビやパソコン、ゲームを控えましょう。これらは脳が刺激を受け、交感神経が優位になってしまうからです。

他の要因で薄毛になることも

髪を巻く女性

髪が抜ける主な原因は、頭皮環境やホルモンバランスの乱れです。しかし、日常生活に気を使い、常に頭皮の環境を万全にしていたとしても、抜け毛が大量に出ることがあります。その場合、もしかしたら別の要因で抜け毛が発生しているのかもしれません。

牽引性脱毛症

ポニーテールやひっつめ髪など、髪を引っ張るヘアスタイルの人にありがちなのが牽引性脱毛症です。これはその名の通り髪が引っ張られ続けることで毛根に負担がかかり、髪が抜けてしまうというものです。これは年齢に関係なく発症する脱毛症であり、5~6年ほどほぼ毎日引っ張り続けると髪が抜けます。

牽引性脱毛症の改善方法

髪に負担をかけないヘアスタイルにするだけで解決できます。また、ゴムバンドではなくシュシュなど引っ張る力の弱いもので髪を留めても普段の負担は減らせます。また、人に会わないときは髪を解くなどするのも有効です。もし、すでに脱毛が始まっているのなら、髪に負担をかけるのをやめる他、育毛剤で頭皮に栄養を与えることで進行を止められます。

ヘアアイロンによるダメージ

ヘアアイロンによって髪に負担を与え続けることで、薄毛につながる恐れがあります。ヘアアイロンで髪を引っ張り続けると牽引性脱毛症のリスクがありますし、何よりヘアアイロン自体の熱で髪がダメージを受け、ぼろぼろになることも考えられます。

髪はタンパク質でできており、熱を加えることで熱変性と呼ばれる現象が発生して水分がなくなります。熱変性とは、その名の通り熱によって性質が変わることです。身近な例だと卵があります。卵を茹でると白身が白くなって固まるのも熱変性です。
なお、熱変性が起きた髪は、二度ともとには戻りません。

ヘアアイロンによるダメージの改善方法

髪が生え変わればまた健康的な髪に戻りますが、再び熱変性を起こさないようにするためにも、ヘアアイロンの使い方やヘアアイロン自体の見直しをしましょう。また、パーマの頻度を減らすなども有効です。

日常の過ごし方で将来の髪は守れる

髪が薄くなるのは年齢に伴う変化でもあり、防ぎきることはできません。髪を維持するための女性ホルモンは年をとるに連れて減少するため、次第に髪のボリュームは減っていきます。

ですが、頭皮のケアやホルモンバランスを整えることで、薄毛の進行を防ぐことはできます。日常生活の見直しやシャンプーの見直しだけでも、頭皮環境やホルモンバランスは大きく改善できます。

「将来いつかは必ず薄毛になるのだから」と最初からあきらめるのではなく、徹底的に薄毛を防いで若々しさを保ちましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!