女性の悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年7月27日

産後の抜け毛はいつまで続く?出産で髪が抜ける原因と対処法とは

産後の抜け毛はいつまで続く?出産で髪が抜ける原因と対処法とは

産後2か月ほどすると、髪の毛が急に、大量に抜けることがあります。病的なものではないので心配ありませんが、量や期間の長さに不安を感じる人もいるかもしれません。
出産後に抜け毛が発生する原因や、脱毛が続くおよその時期などの基礎知識を解説します。

なぜ出産後に抜け毛が増えるのか

産後の抜け毛を気にする女性

出産後に抜け毛が増える理由は、ホルモンバランスの乱れです。
妊娠中、女性ホルモンの分泌量は通常よりも増えています。このとき増える女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンです。エストロゲンは女性の乳房や乳腺、子宮に影響を与え、プロゲステロンは妊娠に適した状態を維持するはたらきをもっています。

髪に影響を与えるのはエストロゲンです。エストロゲンは髪の成長を促すとともに、髪の成長期間を持続させる作用があります。エストロゲンが多く分泌されている妊娠中の期間は、髪の成長もふだんより活発になっています。

ここで一旦、髪の成長の仕組みについて確認しましょう。
髪は一定の周期に従って成長しています。この周期を「ヘアサイクル」と呼びます。

ヘアサイクル

引用元:知っておくべき薄毛の悩みとヘアサイクルの関係とは|ヘアメディカル

妊娠中はエストロゲンのはたらきによって、本来はすでに休止期か退行期に入るはずの髪の毛も成長期が延び、成長を続けます。ですが、出産後は今まで多く分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンは通常の分泌量に戻りますので、増えていたエストロゲンの影響で成長を続けていた髪は出産後に成長期を終えて休止期に入り、やがては抜けます。
つまり、出産後に多くなる抜け毛のうち何割かは「本来ならすでに抜けていたはずの髪が妊娠の影響で残っていたもの」ということです。

出産後、どのくらいの髪の毛が抜けるのか

産後の抜け毛の量は1日に大体200~300本です。通常ならば抜け毛の本数は1日100本前後ですから、およそ2~3倍の量の抜け毛が発生する、ということになります。抜け毛の量には個人差がありますが、たいていはふだんより倍近くの抜け毛が発生するので、「こんなに抜けている」と驚くのも無理はないでしょう。

いつから始まり、いつごろ終わるのか

抜け毛は出産直後には始まりません。少しの間が空いてから発生します。産後の抜け毛がいつ始まるのかは個人差があり、明確なタイミングはわかりません。目安としては出産して2~3か月後に始まり、産後半年から1年ほどで自然に回復します。
朝起きて枕元を見たら大量に髪の毛が落ちていたり、入浴後の浴室の排水口に大量に髪の毛が残っていたりと抜け毛の多さを意識する出来事があったならば、出産後の抜け毛が始まったと考えるべきでしょう。
なぜすぐに抜け毛が発生せず、回復に1年もかかるのかをご説明しましょう。

抜け毛が始まり、治まるまでのプロセス

抜け毛が始まる前の髪は、エストロゲンが多めに分泌されていたので成長期間も長くなっています。ですが、出産後はエストロゲンが減るので成長期間が元に戻るので、そのまま休止期に入る髪の毛もあります。休止期は髪が抜ける時期ではなく、あくまで抜けるための準備を行なう時期です。その準備に数週間を費やし、やがて髪が抜ける段階である、2~3か月間の退行期に入ります。
この一連の移行期をあいだにはさむかねあいで、産後2~3か月ごろから抜け毛が始まります。

抜け毛にばかり気を取られがちですが、この間にも常に、新たな髪が生え続けています。髪が伸びる速度は1か月におよそ1.2cmです。生え始めた髪は細く、頼りない状態ですし、他の髪が長ければ長いほど似た状態になるまでに時間がかかるため、「抜け毛の量が落ち着き、髪が元に戻った」と感じられるまでに半年から1年ほどかかります。
また、出産後1年経過すると母体も安定してホルモンバランスが元に戻り、抜け毛の量も正常に戻ります。

ただし、これらの時期はあくまでめやすです。それぞれに個人差がありますから、これより早く次の段階に移ることも、ずっと遅くなることもありえます。抜け毛を気にしすぎるとそれがストレスになり、ストレスの蓄積によるホルモンバランスの乱れを招いて抜け毛が増えることもあります。
出産後の抜け毛は一時的な症状であり、やがては治るものですから、焦ったり、気に病んだりしないのがよいでしょう。

ストレスとホルモンバランス、そして抜け毛

ストレスとホルモンがどう関わりがあるのかを説明しましょう。

女性ホルモンであるエストロゲンは子宮の卵胞から分泌されますが、ホルモン分泌の指令を出すのは脳の視床下部と呼ばれる箇所です。脳の視床下部は感情をコントロールする扁桃体という器官の近くにあるため、ストレスの影響を受けやすくなっています。一時的なストレスならあまり影響はないのですが、慢性的にストレスを感じていると、視床下部の機能が乱れ、ホルモンバランスが崩れやすくなります。その結果、抜け毛の状態が長引いてしまうのです。

1年以上抜け毛が続く場合は

もし、1年以上経っても抜け毛の数が多く、回復の兆しがない場合、びまん性脱毛症を発症しているかもしれません。
びまん性脱毛症は女性に多く、髪全体が少しずつ薄くなっていく脱毛症です。産後の抜け毛と症状がよく似ているため、出産の時期と発症が重なると発見が遅れがちです。また、産後の状態はびまん性脱毛症を誘発しやすくなっているのも厄介な問題です。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因はホルモンバランスの乱れやストレスです。ストレスはホルモンバランスの乱れだけでなく、血行不良も招きます。ホルモンバランスの乱れでヘアサイクルが乱れて髪の成長期が短縮され、そこに血行不良による栄養不足が重ると、髪は充分に成長できず、細く短くなって抜けやすくなります。

産後はホルモンバランスが乱れていますし、育児による不安やイライラがストレスになります。出産後の抜け毛への悩みがストレスになることもあるでしょう。こうして、ストレスが抜け毛を招き、抜け毛がストレスを誘発するという悪循環が発生します。このような、薄毛の原因が揃った状態が長引くと、それだけびまん性脱毛症の発症リスクも高くなります。

抜け毛がどうしても気になるなら

出産後の抜け毛は待っていれば治るものではありますが、どうしても抜け毛が気になるならば、適切な対策を行ないましょう。抜け毛を多少でも抑えることで抜け毛が原因のストレスを緩和でき、ホルモンバランスを安定させて、改善が望めるかもしれません。産後にできる抜け毛対策についてご紹介します。

シャンプーの見直し

シャンプーは、使用されている成分によって頭皮に与える刺激が異なります。
たとえば、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムを洗浄主成分にしている高級アルコール系シャンプーです。これらの成分は洗浄力が強いために頭皮に与える刺激も強く、かゆみ発生の原因になることもあります。産後は体力や免疫力が低下しており、肌のバリア機能も弱まっています。そのため、刺激の強いシャンプーで頭を洗い続けると炎症が起きる可能性も高くなっています。

ですから妊娠中も何も問題を感じず、使い続けているシャンプーであっても、かゆみや乾燥などの異変を感じることは大いにありえます。そのようなときには、シャンプーを変えてみてください。
洗浄主成分にココイルグルタミンやラウリルベタインなどのアミノ酸系のものを使っているシャンプーを「アミノ酸系シャンプー」といいます。アミノ酸系シャンプーは低刺激であり、敏感な産後の頭皮に与えうる負担もごく軽く抑えられます。

おすすめのアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーの中でもおすすめなのが、スカルプDボーテ シャンプーです。
スカルプDボーテ シャンプーは女性向けに作られたアミノ酸系シャンプーであり、頭皮のケアを第一に考えて作られています。

アミノ酸系の洗浄成分のため刺激が少なく、有効成分として荒れ防止効果のあるグリチルリチン酸2K(ジカリウム)や、肌の活性化に効果のある酢酸DL-α-トコフェロールを含んでいます。他にも、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をもつイソフラボンの含有量が高い「ソイセラム」を配合し、頭皮にアプローチします。

【おすすめのシャンプー】
スカルプDボーテ シャンプー [ボリューム] [医薬部外品]

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」
商品説明:洗いながら女性の頭皮環境を理想へと導いてくれる、スカルプD ボーテシャンプー。ローズが香り立つ濃密泡にはアンファー独自成分のソイセラムを配合しています。ふんわりボリュームのある髪を手に入れたい方に。

病院で相談する

抜け毛があまりにもひどく、どうしても不安なら病院で相談することをおすすめします。本来、髪の抜け毛などの悩みは皮膚科で相談するのですが、産後の抜け毛の場合は婦人科で診てもらうことになります。婦人科で悩みを相談し、女性ホルモンの検査を受ければ適切な指導をしてもらえます。

出産の影響で抜け毛が増えている場合は、シャンプーの方法を始めとした日常生活の過ごし方についてのアドバイスを受けられます。ですが、検査の結果、頭皮に何らかの問題が起きている場合は、その問題に適した治療を受けることになります。

出産後の抜け毛は長期的な視野で解決を待つ

母と子

出産後はホルモンバランスの乱れにより、髪が抜けやすくなります。出産から2、3か月ほどで抜け毛の量が増え、半年、長ければ1年以上続きます。
これは妊娠、出産の反動のような身体の反応であり、抜け毛は待っていれば自然と元に戻ります。あまり気に病むとそのストレスが抜け毛を増やすこともありますので、あまり気に病まないのが最善の策です。

どうしても気になるのであれば、シャンプーを低刺激のものに切り替え、婦人科にも相談しましょう。不安なときにアドバイスをもらうことで、心の負担は軽減でき、脱毛症状の緩和につながるかもしれません。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!