女性の悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年7月27日

女性の薄毛の原因は多種多様 正しい薄毛対策方法を知るには?

女性の薄毛の原因は多種多様 正しい薄毛対策方法を知るには?

女性の薄毛の原因は様々です。生活習慣の改善で対処できるものや、専門的な治療がなければ改善を見込めないもの、またはその両方が必要なものもあります。
薄毛の症状の特徴や、ありがちな「間違った薄毛対処法」の問題点、そして正しい薄毛対策方法を解説します。

原因別・女性がかかる脱毛症の種類

長い髪

年齢を重ねた女性にとくに多いのは女性男性型脱毛症(FAGA)です。ただ、その他の脱毛症も影響を与えていることもあります。代表的な脱毛症について、それぞれの特徴を確認しましょう。

牽引性脱毛症

髪をまとめるヘアスタイルを好む女性に多いのが牽引性(けんいんせい)脱毛症です。髪を引っ張ることで毛根や頭皮に負担がかかり、徐々に髪を生やす機能が衰えるのが原因で起こります。
たとえば髪をいつも同じ部分で同じように結んでいると牽引性脱毛症が起こり、健康的な髪が生えにくくなります。

ヘアスタイルやまとめ方を見直して頭皮の健康状態を回復すれば症状は徐々に治まります。ただし、牽引性脱毛症をきっかけに他の皮膚トラブルが起こることもあります。

分娩後脱毛症

妊娠や出産を機にホルモンバランスが一時的に乱れて、髪の成長に影響を及ぼすのが分娩後脱毛症の特徴です。ホルモンバランスの乱れの他に妊娠中のつわりによる偏食、育児の疲労が重なって起こることもあります。

女性男性型脱毛症(FAGA)

男性特有の薄毛である男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンのはたらきによって起こる薄毛です。女性の場合も加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ると、相対的に男性ホルモンの比率が増えるため、薄毛の症状を発症することがあります。ホルモンのはたらきによる薄毛、という点が共通しているため、しばしば「女性版のAGA」という意味で「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれます。

FAGAの主な特徴は髪の分け目やつむじで頭皮が目立つようになるものです。男性のようにおでこや頭頂部で集中的に薄毛が進行して頭皮(地肌)が露出する、ということはなく、全体的に髪のボリュームダウンがみられます。

円形脱毛症

円形脱毛症は年齢や性別を問わず、誰にでも発症リスクがある脱毛症です。発症の仕組みについてはまだ不明な部分も残っているのですが、体内の免疫機能の誤った作用(自己免疫疾患)が原因として有力視されています。
免疫機能は本来外部から侵入する病原菌やアレルギー物質などの異物を攻撃して身体を守る役割をもっていますが、なんらかの理由で身体の細胞を異物と誤認して攻撃することがあります。この動きが原因で起こる症状を総称して自己免疫疾患と呼びます。

円形脱毛症の場合、免疫細胞が髪の毛を作る毛根部分を異物と誤認して攻撃し、髪の毛が作られなくなって根づく力も失われるために脱毛症状が起こると考えられています。
なぜ免疫機能が体内の細胞を異物と誤認するのか、詳しい理由は判明していません。ただ発症の傾向から遺伝的な要素があること、アトピー性疾患や強いストレスの影響で発症しやすいことがわかっています。
円形脱毛症には1~2か所程度の小規模な発症を伴う単発性のもの、広範囲に及ぶ全頭性の症状、さらには脱毛範囲が全身に及ぶ症状まであります。

皮膚疾患による脱毛症

皮膚疾患である脂漏性皮膚炎が頭皮に起こった場合、脂漏性脱毛症と呼ばれる脱毛症も併発することがよくあります。また、なんらかの原因でフケが大量に発生して抜け毛を増やす「ひこう性脱毛症」と呼ばれる脱毛症もあります。

いずれも一度発症すると早急に治療する必要があります。当てはまると感じた人は皮膚科など専門の医療機関を受診してください。

薄毛を改善する対策法

薄毛の症状は生活習慣や頭皮ケアで改善できるものもあれば、専門的な治療を必要とするものもあります。多くの薄毛症状に共通する問題を解消する方法をご紹介します。一般的な対策として、また予防のために実践してください。

頭皮への負担を減らす

頭皮に負担をかけるヘアスタイルを頻繁にすると、牽引性脱毛症のリスクを抱えます。具体的にはポニーテールや髪を後ろに流して留める髪型、ヘアピンやアクセサリーで強く引っ張るまとめ髪などが当てはまります。
髪をまとめるヘアスタイルを避けるか、力のかかる時間を短くすることでリスクは抑えられます。髪をまとめる位置や分け目をこまめに変えたり、まとめる場合もきつく縛らないようにしたり、頭皮に負担をかけないよう工夫してください。

ストレスを解消する

ストレスは頭皮の血行不良を招きます。血行が悪くなった頭皮は健康的な髪が育ちにくくなり、抜け毛や薄毛にもつながります。牽引性脱毛症やFAGA、円形脱毛症など脱毛の種類を問わず、強いストレスは髪の大敵です。ストレスをため込まないよう、こまめに気分転換を行ない、リラックスすることの習慣づけを心がけましょう。

たとえば、趣味に没頭する機会を積極的に設ける、適度に身体を動かすスポーツや入浴、睡眠によるリラックス効果を得るなど計画的に実践してください。とくにジョギングやストレッチなどの運動や、湯船に浸かる入浴は、ストレスを解消しながら同時に血行促進を図れるのでおすすめです。

生活習慣を見直す

一口に生活習慣と言っても、食生活や日常生活における行動まで幅広くあります。いきなりすべての習慣を規則正しく理想的に改善するのは難しいでしょう。まずは髪の成長に悪影響を与える行動を減らすことから始めて、意識せず自然にその行動をとらずに済むようになったら他の課題にチャレンジする…を繰り返して次第に理想に近づけてください。

優先度の高い習慣1.喫煙

喫煙は頭皮の血行を悪くし、またタバコに含まれる有害物質の分解で肝臓に大きな負担がかかり、大量の栄養素を消費します。栄養素は肝臓で使われることで減り、髪を生成する材料として使う余裕はなくなります。

喫煙には利益は何ひとつありません。「リラックスできる、気分転換できる、ストレス解消になる」という意見はありますが、それは喫煙の習慣でついたタバコを欲する気持ちを喫煙で解消できて得られるものですし、喫煙で解消できるイライラ感は、「タバコが吸いたい」という気持ちから生ずるものです。

喫煙習慣がある人は髪の健康だけでなく美容、そして健康のためにぜひ禁煙してください。
禁煙が難しい、今までに失敗歴があるという人は禁煙補助薬の使用、また医療機関の禁煙外来の利用をおすすめします。

優先度の高い習慣2.過度の飲酒

過度の飲酒も、アルコールの分解のために肝臓に大きな負担がかかります。お酒自体が悪いわけではなく、適度な飲酒量であれば血行の促進やストレスの解消にも貢献するので、必ずしも禁酒する必要はありませんが、適量を守りましょう。

髪の健康のために正したい生活習慣や、髪にやさしい生活習慣については「不摂生になりがちな大学生から学ぶ!生活習慣に潜むNG行為」で詳しくご紹介しています。

習慣的な頭皮ケアを心がける

ヘアケア

頭皮ケアを心がけることで薄毛リスクを低くし、薄毛の早期回復が期待できます。とくに頭皮マッサージを習慣にすれば、良好な頭皮の状態を保ちやすくなります。
頭皮マッサージはオイルやスチームなどを用いた専門的なものがヘッドスパや育毛サロンでも積極的に導入されています。ただ、これらを頻繁に受けるのは時間と費用の都合から難しいでしょう。

頭皮マッサージで肝心なことは、質の高いマッサージを定期的に受けることではなく、継続的に行なうことです。毎回プロの手を借りなくても、自分で実践できるセルフマッサージを身につければ継続することは可能です。

頭皮マッサージは指の腹を頭皮に押し当て、(頭皮の上で指を擦らせるのではなく)頭皮を動かすイメージで行ないます。力を入れ過ぎず、ゆっくり揉みましょう。
セルフ頭皮マッサージの具体的な方法については、「セルフでできる頭皮マッサージの極意!薄毛知らずの頭皮を目指そう」を参照してください。

医療機関を利用する

薄毛の症状の解消には生活習慣の改善が効果的です。ただ、円形脱毛症や脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症などの脱毛症を発症している場合は、そうした長い目で見た改善よりも、いち早く治療を受けて症状の悪化を防ぐべきです。

症状がこれらの脱毛症にあてはまるならば、迷わず専門の医療機関で適切な治療を受けてください。

間違った薄毛対策をしない

薄毛に関する情報は多く流れています。ただ、中には薄毛との関連性がさほど考えられないのに「薄毛対策として有効」とされているものもあります。薄毛に関する正しい基礎知識を頭に入れて、誤った薄毛対策には手を出さないよう注意してください。場合によっては、薄毛対策と言われているのに髪や頭皮に負担をかけるものもあります。

こんな間違った薄毛知識に惑わされないで!

女性の薄毛に関して、よくみられる間違った知識を具体例で紹介します。

■経口避妊薬(OC)と薄毛は関係ない

経口避妊薬(OC)には、計画的に服用して避妊効果を発揮するものと「アフターピル」と呼ばれる緊急時に服用するものとがあります。いずれも妊娠に関連するホルモンを投与して、体内から分泌されるホルモンを調節することで避妊を図るものです。

女性ホルモンの分泌を故意に調整する作用から「女性の薄毛の原因になりうる」との声がありますが、これは事実ではありません。むしろOCの服用で体内の男性ホルモンの分泌が抑えられるので、薄毛の症状を治療するとまでは言えませんが、引き起こしにくくなる一因にはなりえます。

実際に男性ホルモンが増えたことで引き起こされるニキビなどの諸症状がOCの服用によって改善するケースはありますから、男性ホルモンの活発化が原因である薄毛をOCが助長する、と心配することはありません。

ホルモン補充療法で薄毛が改善される根拠はない

加齢による女性ホルモンの減少をきっかけに、更年期障害を引き起こす女性に対してホルモン補充療法(HRT)が有効であることが知られています。不足した女性ホルモンを補充して更年期障害の改善や、基礎代謝や皮膚機能の向上が見られるのですが、「FAGAによる薄毛にも効果があるのではないか」と考える説があります。

ただ、これは検証や確認された見解ではなく、仮説に過ぎません。
日本産科婦人科学会発表の「ホルモン補充療法ガイドライン 2017年度版」では、HRTに期待される作用・効果、予想される有害事象の項目において髪の成長や脱毛に関する記述はありません。
また、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」でも、HRTが女性の薄毛を改善するという説は実証されてません。
これらのことから、HRTによって薄毛が改善するという考えは根拠がない仮説であることが伺えます。

一部のAGA治療薬は女性に効かない

男性特有のAGAに対しては治療効果が認められたAGA治療薬があります。AGA治療薬には大きく分けてAGAの進行を抑える目的のものと、発毛を促す目的のものとがあります。AGAの進行を抑えるのは主に内服薬のフィナステリド配合錠、デュタステリド配合錠で、発毛を促すのはミノキシジル外用薬です。

ミノキシジル外用薬のもつ発毛効果は、女性の薄毛に対しても高い効果が期待できます。ですが、AGAの症状を抑えるフィナステリド錠やデュタステリド錠ではFAGAの症状を抑えることはできません。実際にフィナステリド錠やデュタステリド錠の取扱説明書には、女性に対する適正がないことや、男性のAGA以外の脱毛症に対する適正がないことが明記されています。

効かないだけではなくむしろ女性にとっては危険性もあります。フィナステリド錠やデュタステリド錠は男性ホルモンのはたらきに影響する薬ですから、妊娠中またはその可能性がある女性、授乳中の女性にとっては大変危険です。男性用の治療薬であるフィナステリド錠やデュタステリド錠を服用しないでください。

薄毛対策の注意点

薄毛の改善を強く意識するばかりに、適切でない薄毛対策を実践しているケースはよくあります。ありがちな薄毛対策(のつもりの間違った方法)は行なわないでください。

■誤り1.1日に何度もシャンプーをする

1日に複数回のシャンプーをしていると、かえって頭皮の状態が悪くなります。
人間の皮膚を覆う皮脂膜には、外部の刺激から皮膚を守るバリア機能や、水分を蓄えて乾燥を抑える保湿機能があります。シャンプーは汚れだけでなく余分な皮脂を洗い流すものですが、何度もシャンプーをすると必要な皮脂膜まで剥がれて、頭皮が刺激や乾燥に弱い状態になります。このような皮膚トラブルを招きやすい頭皮は薄毛のリスクを高めます。必要以上にシャンプーを使うべきではありません。

正しいシャンプーの頻度・方法については「抜け毛や頭皮トラブルを防ぐためのシャンプーのやり方とは?」で詳しくご説明しています。

■誤り2.男性用の育毛剤を使用する

男性用に開発された育毛剤は、女性の頭皮には刺激が強すぎる場合があります。「自分にも使えるだろう、効果があるだろう」と思い込んで使うのは非常に危険です。
ミノキシジルを配合した育毛剤は、副作用の発症リスクを考慮して男女別に商品を開発されており、それらを購入できる薬局でも、使用者本人以外への販売は許可されていません。男性には男性向けの、女性には女性向けの育毛剤があります。
たとえばパートナーが使っている育毛剤を借りる、共同で使うといった方法は非常に危険です。効果を得られるよう、女性向けの育毛剤を使用しましょう。

女性の薄毛は十人十色 原因を突き止めて正しい対策を

女性の薄毛症状にはいくつか種類がありますし、症状にも複数の原因があります。そしてそれぞれで有効な対策法は変わってきます。
牽引性脱毛症なら頭皮の負担を軽減すること、分娩性脱毛症なら規則正しい生活の実践によって次第に症状を改善できます。またFAGAや円形脱毛症、重症度の高い皮膚トラブルが影響しているならば、専門の治療が必要です。

女性の薄毛を改善する上で、肝心なのは薄毛に関する間違った知識に惑わされず、正しく、自分の症状に適した薄毛対策を行なうことです。まずは日常生活を見直して、髪に悪い習慣を減らすことから始めましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!