薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月5日

10代から髪の毛が抜ける人のための薄毛対策!できることから始めよう

10代から髪の毛が抜ける人のための薄毛対策!できることから始めよう

髪の毛は毎日抜けるもの

髪を気にする男の人

抜け毛や薄毛の症状がない、健康な頭皮・髪の毛の人でも、髪は毎日50~100本程度抜けるものです。もし自分の100本の抜け毛をまとめて見たらびっくりするでしょうが、全体の量を考えると、これはさほど多いわけはありません。

成人男性なら髪の毛は約10万本あります。

そして髪は減る一方ではありません。確認しづらいですが、抜ける毛と同じくらいの髪の毛が日々新たに生えているので、髪の全体量はほぼ一定に保たれています。

まだ若いのにたくさん毛が抜ける、と思っても、実際は薄毛の始まりではないことがほとんどです。

 

髪が抜ける仕組み ヘアサイクル

髪の毛が毎日抜けるのは、新しい髪の毛が生える邪魔にならないようにしているからです。髪はずっと生え続けるわけではなく、常に新しい髪が生え、古い髪が抜けることを繰り返しています。この一連の仕組みをヘアサイクルと言い、大きく分けて3つの期間に分類されます。

健康なヘアサイクル

引用元:知っておくべき薄毛の悩みとヘアサイクルの関係とは|ヘアメディカル

成長期

成長期はヘアサイクルのほとんどの期間を占めており、4~6年ほどあります。

退行期

退行期はヘアサイクルの中で最も短く、2~3週間ほどの期間しかありません。充分な成長をとげた古い髪の成長が止まり、休止期に移る準備をします。

休止期

休止期に入ると髪と頭皮のつながりがなくなり、簡単な刺激で髪が抜け落ちるようになります。ブラッシングやシャンプーの時の抜け毛は、ほとんどが休止期に入った古い髪です。また、休止期から成長期に切り替わった場合も、新しく生えた髪が古い髪を押し出すので自然に抜け落ちます。

頭皮に生えている髪はほとんど成長期

頭皮に生えている髪は全て同じヘアサイクルで進行しているわけではなく、すべてバラバラです。その中でも成長期に当てはまる髪は全体の85~90%を占めています。つまり、多少髪が抜けてもすぐに新しい髪が生えてくるので、1日に100本程度の抜け毛であれば問題ありません。

 

ただし、正しいヘアサイクルを経ていない抜け毛が多い場合は、問題です。短く細い抜け毛は成長期の途中で、本来はもっと成長してから抜けるはずです。このような抜け毛が多い場合は、自然に抜ける毛だと安心せず、むしろ髪と頭皮のSOS信号だと思ったほうがよいでしょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

 

 

若い内から始まる抜け毛は生活習慣の乱れ?

若い内から始まる抜け毛にはいくつかの原因が考えられます。生活習慣に次のような問題がある人は、20歳を迎える前から薄毛に悩む危険性があります。

偏った食生活

友人とファーストフードでおしゃべりしながら外食、コンビニで買い食いしがちな人、また試験や受験勉強で、夜遅くにカロリーの高い夜食やおやつを食べている人は要注意です。偏った食事メニューは髪の成長に悪影響を与えます。

ビタミンやミネラル、良質なタンパク質などいろいろな栄養分をバランスよく摂ることが大切です。

また、見た目や体形が気になる年頃なのはわかりますが、ダイエットも髪の成長に必要な栄養素が不足する原因になります。食事の量や回数を極端に減らす、特定の食べ物だけを食べるといったダイエット方法は避けましょう。

睡眠不足

髪だけでなく、体の成長に睡眠は欠かせません。体の成長や回復に重要な役割を果たす「成長ホルモン」は夜、睡眠中に多く分泌されます。夜10時から深夜2時のあいだを中心に、しっかりと睡眠をとりましょう。

10代後半、高校生にもなると、夜遅くまで友人と連絡を取りあう、あるいはゲームなど趣味に没頭して夜ふかししたくもなるでしょうし、試験対策や受験のため毎日遅くまで勉強することもあるでしょう。

ですが髪や体の成長、そして翌日の体調のためにも、できるだけ質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

ストレス

ストレスはどんな人にもつきまとうものです。10代といえば思春期ですし、学校のクラスや部活動、アルバイト先、そして家庭での人間関係や、受験などの将来への不安が大きなストレスの原因になることもあるでしょう。

過剰なストレスは髪の成長に悪影響を及ぼします。「ストレスのない生活を送りましょう」といってもそれは無理なことです。ストレスを抱え込まず、問題ごとなら対処して解消できるよう努め、また運動や趣味での気分転換でこまめに発散することを心がけましょう。

髪や頭皮にダメージを受けている、あるいは与えている

たとえば部活動などで、外で運動する機会が多い人は、頭皮が紫外線によるダメージを受けます。帽子をかぶればかなり負担は減りますので、ユニフォームで帽子がないスポーツであっても、禁止されていなければ帽子をかぶりましょう。夏場には熱射病対策にもなります。

自分でダメージを与えてしまっている例としては、髪色を変える、パーマをかける、などがあります。

頻繁にカラーリングまたはブリーチ(脱色)をしている人は要注意です。ヘアカラー剤を使うと、髪や頭皮に多大なダメージがかかります。できれば染めないこと、どうしても染めたい場合は説明書に書かれている使用頻度を守り、充分に間隔を空けましょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

 

実は逆効果?ついやりがちな誤った抜け毛対策

次は良かれと思ってやっている行動が、思わぬ方向に働いていることについて紹介します。

髪に良さそうな行動も実は、思わぬ落とし穴を持っている場合があります。当然ながら誤った抜け毛対策は、かえって抜け毛を進行させる場合があります。

次のような行動をとっている人は注意が必要です。

「清潔にしよう」と1日に2回以上シャンプーする→NG!

「運動して汗をかいたから」「学校から帰宅して、遊びに出かける前に」とシャワーを浴びるたびに「ついでに」と頻繁にシャンプーをしていませんか? 多くのシャンプー剤はかなり洗浄力が強く、使いすぎると必要な皮脂まで落とすのです。その状態の頭皮は、いわばカラッカラの砂漠地帯のようなものです。

シャンプーは夜の入浴時の1回で充分です。1日に何度もシャンプー剤を使うのは避けましょう。

ブラシで頭皮を叩いてマッサージする→NG!

なんとなく、頭皮によさそうなイメージがしますし、実際、かつて頭皮をブラシで叩く方法が「育毛効果がある」と流行したこともありました。ですが頭皮に痛みを感じるマッサージはむしろ強い刺激であり、NGです。

ダメージを受けた頭皮は正常なはたらきをできなくなり、抜け毛が増える原因にもなります。マッサージは入浴時の髪が濡れている状態で、やさしく揉みほぐすように行ないましょう。

リンスやトリートメントをたっぷり使う→NG!

抜け毛対策をしていく上で、頭皮の毛穴に油分が残るのは望ましくありません。

「リンスやトリートメントの効き目が増しそう…」と量を多く使ったり、長い時間つけたり、「しっとりするから」と若干髪に残る程度にすすぐ、などは逆効果ですし、油分の毛穴詰まりの原因にもなります。

使う場合は髪の毛先につけるにとどめて、できるだけ頭皮につかないように気をつけ、またしっかりすすぎましょう。

帽子をかぶりっぱなし→NG!

おしゃれで帽子をかぶるのはかまいませんが、かぶりっぱなしでは帽子による髪と頭皮への弊害が出てきます。

頭皮が蒸れる、帽子の中で髪の毛同士がこすれあう、髪を後ろに引っ張り流してからかぶるなどで毛根に負担がかかる…などの問題があります。日差しの下に出るとき、とくに夏場には紫外線対策として帽子は有効ですが、かぶりっぱなしは避けましょう。通気性のいい帽子をかぶる、UV対策用のヘアワックスを使うといった工夫もおすすめです。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

 

今日からできる抜け毛対策

髪

続いて、お金や大きな手間をかけず、すぐにできる抜け毛対策を紹介します。

意識ひとつで抜け毛の対策はできます。まずは自分にできる範囲から、抜け毛対策を始めていきましょう。

栄養バランスの取れた食事を摂る

栄養バランスの整った食生活は健康の基本です。

抜け毛対策とは関係が低いように感じるかもしれませんが、髪の成長に必要な栄養素は、バランスの取れた食事から得られるものです。食生活の見直しこそが抜け毛対策の一番の近道ともいえます。

とくに髪の成長に関連の高い栄養素としては

・タンパク質
・亜鉛
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・カルシウム
・鉄分

これらが挙げられます。卵、青魚、クルミ、緑黄色野菜、牡蠣といった食べ物に多く含まれていますので、積極的に摂りましょう。食事だけでは難しい場合は、栄養補助サプリを活用するのも効果的です。

夜ふかしをしない

当たり前のように夜ふかしを続ける生活は、体の成長や健康維持に必要な睡眠時間を奪います。また睡眠不足によるストレスも、抜け毛の原因になります。体力に自信があり、多少の無理では疲れを感じない年頃ですが、「問題がない、ダメージがない」というわけではありません。

「休日や、学校の授業中によく昼寝をしているから足りている」と思う人もいるかもしれませんが、短時間の昼寝と夜に長時間寝るのとでは、睡眠の質が違います。抜け毛対策の観点から見ても、髪が最も育つ時間帯に睡眠をとれていない生活は、抜け毛の量が生えてくる量を次第に上回り、抜け毛の始まるきっかけになりえます。

楽しい夜ふかしを一切するなとは言いませんが、体に負担がない程度にとどめ、また質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

頭皮マッサージを始める

頭皮マッサージは血行を良くして、髪の栄養分が隅々まで届くようにサポートする効果があります。またどこでも、手軽に、短い時間でできますからおすすめです。

頭皮のマッサージは毛穴に詰まった汚れや皮脂を揉み出すことにもつながり、入浴時に汚れが落ちやすくなるので頭皮を清潔に保てます。指の腹を使って首の後ろから、後頭部、頭頂部、生え際にかけてマッサージすると効果的です。ただし、痛みを感じるような強い揉み方や素早くゴシゴシと動かすのは逆効果です。こすらず、やさしく揉むようにマッサージしましょう。

自分に合うシャンプーに変える

シャンプー剤は種類によってさまざまな特徴があります。自分の肌に合わないものを使い続けていると、徐々に不健康な頭皮になります。不健康な頭皮は抜け毛や炎症、かゆみなどのトラブルの原因になります。肌がデリケートな人や頭皮に気を使いたいという人は、肌にやさしいアミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめします。ただし、こちらはドラッグストアの店頭で割引されているようなシャンプーと比べるとコストがかかります。自分ひとりでは負担が大きくて買えない、という場合は家族に相談しましょう。

スタイリング剤との正しい付き合い方

身だしなみを意識する10代にとって、髪型を整えるスタイリング剤は重宝するアイテムです。ただし、スタイリング剤の使い方を誤ると、いたずらに頭皮に負担をかけることになります。ふだんからスタイリング剤を使う人は、その使い方を見直しましょう。

スタイリング剤を直接頭皮につけない

スタイリング剤が頭皮に付着すると毛穴が詰まりやすくなり、髪の成長を妨げる恐れがあります。頭皮の健康状態を保つためには、スタイリング剤などの油分が頭皮に付着することを極力避けるべきです。

スタイリング剤をつけている時間は最小限にとどめる

スタイリング剤をつけている時間が長いほど、頭皮に付着する可能性が高くなります。スタイリング剤をつけたままにせず、寝る前に必ず洗髪して頭皮に負担をかけないようにしましょう。

スタイリング剤をしっかり落としきる

スタイリング剤の吸着力は思っている以上に強く、髪を洗ってもきれいに落としきれない場合があります。スタイリング剤が少しでも髪に残ると、残ったスタイリング剤が頭皮に付着して抜け毛の原因になります。

一方で、スタイリング剤を落とすために洗浄力の強いシャンプーを使うと、かえって頭皮が乾燥し抜け毛につながる場合があります。スタイリング剤を落とすために必要なのは、洗浄力ではなく正しい方法でシャンプーをすることです。スタイリング剤を使用した日は、時間を掛けて丁寧に洗髪しましょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

 

 

考え込まずにできることから始めよう

20歳を迎えていないという人でも、生活習慣やその他の原因によって抜け毛を引き起こすことがあります。また、抜け毛対策に良かれと思ってやってみたことが間違った方法で、むしろ頭皮トラブルの原因になる可能性もあるのです。

食生活の改善、充分に睡眠をとる、頭皮マッサージをするなど、すぐできる簡単なことから抜け毛対策を始めましょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

 

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!