薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月5日

プロペシアのジェネリック医薬品はどれだけ安くなるの?

プロペシアのジェネリック医薬品はどれだけ安くなるの?

■ジェネリック医薬品の是非

AGA治療薬、プロペシアを使った治療にはある程度お金がかかります。

2015年2月29日に、ファイザーがプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売承認を取得したことを皮切りに、いくつかの製薬会社からジェネリック医薬品が販売されるようになり、AGA治療にかかる費用に差が生まれ始めました。

そこでこのページでは

1.プロペシアでの治療にお金がかかる理由

2.ジェネリックとは?安い理由とその効果について

3.プロペシアでの治療費用

4.各製薬会社のAGA治療ジェネリック医薬品を紹介

5.ジェネリック医薬品でのAGA治療費用と選び方

6.ジェネリック医薬品を選択すべきか

これらについて確認していきます。

■プロペシアでの治療にお金がかかる理由

プロペシアによるAGA治療は、効果が実感できるまでに最低でも約半年は続ける必要があると言われています。

また、効果が出始める半年以降であっても、プロペシアの服用を止めてしまうと再びAGAの症状は進行します。なぜなら、プロペシアはあくまでAGAの原因である5αリダクターゼを抑制するだけで、5αリダクターゼが活性化する原因を根本から治すものではないからです。

つまるところ、プロペシアでAGAの進行を止め、髪が再び生えてくるようにすることはできても、AGAという病気そのものを完治させることはできないのです。

つまりAGAによる薄毛を防ぐには薬を飲み続けることが必要で、治療を継続すればお金がかかり続けるといえます。

■ジェネリックとは?安い理由とその効果について

財布からはみ出る紙幣

ジェネリック医薬品とは?

そこで、少しでも治療費用を抑える手段として登場したのが、プロペシアのジェネリック医薬品です。 そもそもジェネリック医薬品とはどのようなものなのでしょうか? ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、特許の期限が切れた先発医薬品(新薬)とほぼ同じように作られた薬です。 「ほぼ」と説明したのは、全く同じではないからです。どのように違うのかを理解するために、まずは医薬品の特許についてお話します。

医薬品の特許の種類

医薬品には物質特許と製剤特許、製法特許、用途特許の4つがあります。 物質特許とは薬の薬効を示す成分のことです。たとえばプロペシアであればフィナステリドがそれに該当します。 製剤特許は薬の添加物に対する特許です。プロペシアにも結晶セルロースや黄色三二酸化鉄といった複数の添加物が含まれています。 製法特許とは薬を製造する技術に対する特許です。薬の成分はさまざまな方法で生成することができるため、この特許がまだ残っていてもジェネリック医薬品を作ることは可能です。

用途特許とはその化学物質の新たな使用方法を見出したことに対する特許です。たとえば、本来は前立腺肥大症に対する薬として発明されたプロペシアを、発毛に対する薬として特許を申請する場合、この用途特許が該当します。 一般的に、ジェネリックで特許が切れた場合、物質特許が切れたことを意味します。

原則、医薬品の特許は出願した日から20~25年です。その期間が過ぎると、ジェネリック医薬品として他のメーカーが製造することが可能になります。 しかし、物質特許以外の特許の期限は残っているため、ジェネリック医薬品の成分の生成方法や、添加物は先発医薬品とは異なります。ジェネリック医薬品には問題があると主張する医師・薬剤師がいるのは主にこれが理由です。

ジェネリック医薬品が安い理由

先発医薬品を開発するためには、だいたい9年から17年かかるとされています。そこにかかる研究開発費用は約200億円から500億円です。 一方、ジェネリック医薬品は約3年から5年で承認を得ることができ、開発費用も約3,000万円程度です。 先発医薬品は膨大な開発費用を特許期間に回収する必要があるため、どうしても薬の単価が高くなります。

一方でジェネリック医薬品は開発費用が少ないため、薬の単価を低く抑えることができます。

ジェネリック医薬品の効果は本当にあるのか?

ジェネリック医薬品は製剤特許がきれていないため、薬のコーティングや色などに使用される添加物が先発医薬品とは異なります。 このような違いによって、薬が体内で溶けるスピードや吸収されるスピードなどが影響を受け、薬が効きすぎたり、薬の効果の現れる時間が変わったり、副作用の発現の仕方に影響を与えたりする可能性があると考える人もいます。 こういった理由から、ジェネリック医薬品の使用に異論が唱えられることがあります。

生物学的同等性試験とは?

ジェネリック医薬品も、さまざまな試験を経てようやくその販売が認められます。 その試験のひとつに生物学的同等性試験というものがあります。この試験では、その薬の有効成分の「血中薬物動態」を測定します。

血中薬物動態とは次のような4つの流れのことです。

1.吸収:どれくらいの時間でその薬が血液中に吸収され

2.分布:どれくらいの時間でその薬が目的の臓器に作用し

3.代謝:どれくらいの時間でその薬が肝臓で代謝(身体にとって害のないものに分解されること)され

4.排泄:どれくらいの時間でその薬が腎臓で排泄されるか(尿として体外にだすこと)

厚生労働省は生物学的同等性試験において、その許容域を80%から125%としています。

つまり、先発医薬品とジェネリック医薬品の血中薬物動態に上記の%の差があったとしても、その薬の治療効果は同等であるという考え方です。

このような考え方を採用しているのには理由があります。 人はいつも同じコンディションとは限りません。その日の体調によって常に薬効にばらつきが生じます。許容域は、そのばらつきを考慮して設定された範囲です。

そうはいっても、先発医薬品との差がでてくると心配になるものです。そこで知っておきたいのか以下の数値です。

厚生労働省が2004年4月1日から2011年1月15日の間に、生物学的同等性試験を行った930件のジェネリック医薬品における先発医薬品との差は次のようになっています。

・最高血中濃度 4.16±3.41

つまり、許容範囲は広く定められているものの、実際の数値の差はわずかであることがわかります。

これを大きいと捉えるか小さいと捉えるかが、ジェネリックを選ぶ判断材料のひとつになります。

ただし、その人の薬に対する感受性は人によって異なるため、たとえ先発医療薬と全く同じ血中薬物動態であったとしても、薬の効果と副作用の程度は異なってくることを念頭においておく必要があります。

言い換えるならば、必ずしも生物学的同等性試験による血中薬物動態がその薬の治療効果とはイコールにならないということです。

この検査による結果は、あくまでジェネリック医薬品の同等性を評価するためのひとつの指標であり、この結果だけを抜き取って、「ジェネリック医薬品は悪である」と言いきることはいささか早計だといえるでしょう。

■プロペシアの治療費用

プロペシアを使ったAGA治療は継続し続ける必要があり、そのぶんお金がかかるものだと説明しました。 では実際にどれくらいお金がかかるのでしょうか。

まず、プロペシアは保険診療ではなく自由診療に該当するため、その治療費用は全額自己負担です。 また、自由診療の場合はプロペシアの処方価格をクリニック側で決定することができるため、クリニックによって価格にばらつきがあります。そのため、ここではあくまで目安となる相場で計算しています。

・プロペシア錠1mg(28錠/1か月):約6,500~7,500円

・診察料+検査費用(1回の通院):約3,500~7,500円

・1か月の合計治療費用:約10,000~15,000円

・6か月の合計治療費用:約6万~9万円

・12か月の合計治療費用:約12万~18万円

■ジェネリック医薬品の治療費用と選び方

笑顔の男女

次に、プロペシアのジェネリック医薬品の治療費用についてみてみましょう。ジェネリック医薬品についても、プロペシアと同様に自由診療であり、クリニックによって費用にばらつきがあります。あくまで目安となる相場として参考にしてください。

・ジェネリック医薬品1mg(28錠):約4,300~7,000円

・診察料+検査費用(1回の通院):約3,500~7,500円

・1か月の合計治療費用:約7,800~14,500円

・6か月の合計治療費用:約46,800~87,000円

・12か月の合計治療費用:約9万3,600~17万4,000円

このように2つの治療費用を比べてみるとかなりの開きがあることがわかります。

基本的に、クリニックでのAGA治療にかかる費用は薬代だけではなく、診察費や検査費がかかります。

AGAの治療費を検討する場合は、薬の価格だけでなく治療費を含めた全体の費用を計算しましょう。

各製薬会社のジェネリック医薬品を紹介

では、プロペシアのジェネリック医薬品にはどのようなものがあるのでしょうか?

・ フィナステリド錠1mg「ファイザー」 ファイザー株式会社

・フィナステリド錠1mg「サワイ」 沢井製薬株式会社

・フィナステリド錠1mg「トーワ」 東和医薬品株式会社

・フィナステリド錠1mg「クラシエ」 クラシエ製薬株式会社

・フィナステリド錠1mg「SN」 シオノケミカル株式会社

・フィナステリド錠1mg「武田デバ」 武田デバファーマ株式会社

・フィナステリド錠1mg「TCK」 辰巳化学株式会社

上記のジェネリック医薬品の違いは使用されている添加物の量や種類、そして価格です。

価格については、クリニックによって異なりますし、ひとつのクリニックが上記ジェネリック医薬品を全て取り扱っているのではありません。製薬会社の営業担当者が各クリニックに自社の薬を取り扱ってもらえるよう交渉し、クリニックの医師や薬剤師が使用すると判断したものが取り扱われています。

ジェネリック医薬品の選び方

ジェネリック医薬品を選ぶことは、医学や薬学の知識が少ない人にとってとても難しいことです。

そのため、もしジェネリック医薬品に不安がある場合はそれらのジェネリック医薬品を取り扱っている薬局で薬剤師の意見を聞いてみることをおすすめします。

薬剤師がジェネリック医薬品を選ぶ時は人にもよりますが以下のようなことを参考にしています。

・信頼できるメーカーか

・お手頃な値段かどうか

・安定した流通(供給)を期待できるか

・品質に問題はないか

・患者にとって服用しやすいか(大きさ、形、味、色、臭いなど)

・新たな副作用はないか

・試験結果のデータから、先発品との差はないか

ここで知識の少ない人にとって難しいのが「試験結果のデータから、先発品との差はないか」ではないでしょうか。ジェネリック医薬品の効果について気になる人は、ジェネリック医薬品と先発医薬品の差について具体的な数値を薬剤師に尋ねてみるとよいでしょう。

■個人輸入代行のリスク

日本では、プロペシアは本来医師の許可が無いと処方してもらえない医薬品です。ですが、海外からの個人輸入代行を使ってプロペシアやプロペシアのジェネリック医薬品を購入することができます。

個人輸入代行は安価で手に入るメリットがありますが、それ以上のリスクが伴います。具体的にどういったリスクがあるのか解説します。

品質の保証がされていない

個人輸入代行で購入する医薬品は、すべてが日本の基準で安全といえるものではありません。なかには、日本では考えられないような、衛生に気を使われていない環境で作られている薬品や、そもそも薬品の成分自体が違う偽薬もあります。

個人輸入代行でジェネリック医薬品を購入して服用したのに効かなかった、むしろ体調が悪くなったといったような被害にあわないために、安いという理由だけで個人輸入代行を利用しないことです。

使用はすべて自己責任

どんな医薬品にも、副作用があります。クリニックで処方された薬による副作用であれば、どういった薬を使っているか医師が把握しているため、副作用が出た場合もすぐに対処できます。ですが個人輸入の医薬品では偽薬である可能性も考えられるため、本当にその成分が使われているかがまず不明な状況です。

また、個人輸入の医薬品は通常の医薬品であれば添付されている取扱説明書や、注意事項がない同封されていないこともあります。個人で勝手に使用した場合は自己責任となるため、くれぐれも注意しましょう。

ただし、クリニックによっては医師の判断によって信頼できる業者からジェネリック医薬品を輸入して、それが処方されることもあります。この場合は自己責任にはならず、医師が責任をもって薬を処方しています。

ジェネリック医薬品を扱っているクリニックは?

東京では、メンズヘルスクリニック東京がプロペシアのジェネリック医薬品を取り扱っています。プロペシアのジェネリック医薬品であるファイザー社製のフィナステリド錠を、1か月分30錠6,000円で扱っており、プロペシアに比べて500円安く、処方を受けることができます。

ジェネリック医薬品の服用を検討している人はカウンセリング時に相談してみるとよいでしょう。

選択は患者次第

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と完全に同じわけではありません。その是非には賛否両論があります。しかし、世の中に出回っているジェネリック医薬品は、その効果の差についての試験をクリアしたものだけです。 プロペシアのジェネリック医薬品は発売当初に比べて、少しずつ安くなっています。 自分で調べて納得がいくのであれば、ジェネリック医薬品は利用者にとってより安価で使いやすい医薬品であるといえるでしょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!