薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年9月27日

更新日:2019年10月8日

なぜ薄毛になるの?原因と解決策をご紹介!20代の薄毛についても解説!

なぜ薄毛になるの?原因と解決策をご紹介!20代の薄毛についても解説!

「自分はもしや薄毛になっているのでは?」と悩んでいませんか。20代よりも30代が、30代よりも40代の男性がより強く薄毛の悩みを抱えるものです。

薄毛の原因は何種類もあります。自分の薄毛の原因とは異なる対策法を実行していても、薄毛症状は改善できません。まずは原因を知り、そして正しい対策を取りましょう。

薄毛の基準とは?

そもそも、薄毛の基準をご存知でしょうか。薄毛になるしくみから考えていきましょう。

ヘアサイクルから見る薄毛の基準

個人差はありますが、人は1日におよそ50~100本ほどの髪の毛が抜け、生え変わると言われています。髪の毛はヘアサイクルという周期にそって成長し、やがて抜けていきます。

髪の毛が最も伸びている期間を成長期、成長が止まるのを退行期、そして抜け落ちやすい状態を休止期と呼びます。 健康な髪ならば、抜け落ちた毛も太く、毛根もきれいな球状です。

しかしAGAが進行している場合、毛の形はどこか不自然なものになります。AGAになると髪の成長期は非常に短くなり、満足に成長しきれていないので髪は細く、短いです。

さらに、毛根も先が尖っていたり形がいびつだったりと、従来の毛根とは形状が違います。さらに、ヘアサイクルが短い分だけ抜け毛の量も増えます。

自分はもしかしてAGAかも? と思ったら、まずは抜け毛の量と形を細かくチェックしましょう。

20代でも薄毛の人はいる

10代の頃はなんともなかったのに、20代になると急に抜け毛の量が増え、気がついたら薄毛になっていた……。これは実は珍しいことではありません。

20代でも生活習慣の乱れや頻繁なヘアカラー、パーマなどをきっかけに薄毛を引き起こす場合があります。

過剰な飲酒や偏った食生活、夜更かしによる寝不足は髪の成長に悪影響を与え、頻繁なヘアカラーやパーマは頭皮にダメージを与えます。それらの要素がいくつも積み重なると、抜け毛のリスクを引き上げます。

また、こうした要素を引き金に、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす場合もあります。AGAは男性ホルモンのはたらきが複雑に関係して進行する薄毛なので、一度AGAを発症すると自力での治療は難しくなります。

AGAを治療するには、専門の医療機関を利用する必要があるので、AGAを発症させないよう生活習慣を見直すことが大切です。

AGAの発生確率

AGAの発症率は、20代で6%、30代では一気に倍の12%に跳ね上がっています。さらに40代にもなるとおよそ3倍である32%の人がAGAになるとされています。

20代での6%を「意外に多い」と感じる人もいるかもしれませんが、およそ20人に1人がAGAを発症していると考えると、決して驚くほどの割合でもありません。

20代は薄毛対策を考えるのに早すぎるほどではありませんし、逆に、早めに薄毛の対策をしておけば30代や40代以降の薄毛状態の緩和にもつながります。

髪型から見る薄毛の基準

抜け毛の量や毛の形よりもわかりやすいのが、髪型です。たとえば生え際が後退している他、頭頂部のつむじ周辺で、髪に覆われているはずの地肌が透けて見えていた場合、薄毛が進行しています。

また、M字型に薄毛が進行していたりO字・U字に薄毛が進行したりしているのも危険です。とくに頭頂部は鏡でも見えにくいので、気になる場合は手鏡と併用する、携帯電話のカメラで撮ってみるなどで、こまめに確認しましょう。

薄毛の原因となる病気や生活習慣の種類

血液循環不良説

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。もちろん、髪の毛にも栄養は必要で、その栄養は血管を通して髪の毛の毛細血管から補給されます。しかし、加齢や運動不足などによって血流が悪くなると、そのぶん髪の毛への栄養が行き渡らなくなり、その結果元気のない髪の毛しか生えなかったり、抜け毛が増える原因につながります。

男性ホルモン説

遺伝によって、男性ホルモンに影響される感受性を持つ人は、テストステロンが変質することで、毛乳頭細胞の分裂を抑制してしまい、髪の毛の寿命を短くすると考えられています。髪の毛の寿命が短くなると、抜け毛の割合が増えたり、密度が低下してしまいます。

脂漏説

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まったり、ホコリを吸着して雑菌が繁殖しやすくなり炎症が起こる可能性があります。頭皮のトラブルは、髪の毛の健全な成長を阻害し、薄毛の原因のひとつになると考えられています。

頭皮緊張説

髪の毛に栄養を送るための血流は、成長や加齢によっても低下しがちです。成長等で頭皮が突っ張り、頭蓋骨と頭皮の間にある血管を圧迫してしまうことで、血の巡りが悪くなります。血流が悪くなると、髪の毛への栄養が十分に行き届きにくくなり、髪の毛の成長を妨げる要因になります。

ストレス

睡眠不足もストレスの大きな一因です。人が最もリラックスしているのは睡眠中のときであり、ストレスが最も発散されるのも睡眠中です。ですから睡眠が不足するとストレスが発散しきれずに溜まりますし、それが影響で自律神経失調症を招きます。自律神経失調症になると「寝付けない、すぐ目が覚める、眠りが浅い」といった不眠にまつわる症状が起こりやすくなります。すると睡眠不足の傾向がさらに強くなって、ますます自律神経失調症も深刻になり…という悪循環が発生します。

間違った髪の毛の洗い方とドライヤー使用の使用方法

シャンプーで頭を洗うとき、かゆいからといって爪を立てて洗うと、頭皮を傷つけてしまいます。また、シャンプーを洗い流すときにすすぎが足りないと、残ったシャンプー液が頭皮を刺激し、炎症を起こす恐れがあります。

また、髪を洗った後の乾かし方も重要です。ドライヤーで乾かさずに自然乾燥に任せていると、頭皮は不潔な状態になります。

遺伝

AGAの発症には遺伝の要素が大きく関わっています。AGAは、アンドロゲン受容体がDHTと結合することで「脱毛因子」が発生して起こる薄毛症状です。アンドロゲン受容体の感度が高いと、その分だけDHTと結合しやすくなり、脱毛因子も発生しやすくなります。そして、受容体の感度は遺伝によって決まります。

つまり、アンドロゲン受容体の感度=薄毛症状の起こりやすさは遺伝に大きく影響されている、ということです。

ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロン(DHT)はAGAを引き起こすモトとなります。男性ホルモンが変換酵素によって変質した成分のことで、毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結合すると、髪の毛を抜くように指令を出します。そして、髪の毛の成長を妨げたり、寿命を短くします。

1男性型脱毛症(AGA)

男性ホルモンが過剰に分泌し、変換酵素の影響を受けることで髪の毛の成長が抑制され、新しい髪の毛が生えにくくなります。特に、前頭部から頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすいとされ、AGAの場合はこの部位の薄毛や抜け毛が目立つようになるといった特徴があります。

2びまん性脱毛症

女性に特に多く見られます。男性ホルモンの影響を受けるAGAや、出産後・閉経後等の女性ホルモンの影響、加齢などが原因となり、ごく限られた部分というよりは、頭頂部の広い範囲、あるいは全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴です。

3円形脱毛症

ストレス等によってコインのような丸い形で髪の毛の一部が抜け落ちる症状です。突発性があり、その多くは大小さまざまではありますが丸く頭皮が露出するように抜けます。複数できたり、頭皮全体、あるいは眉毛や脇毛までもが抜けるケースもあります。

4白癬症

頭皮の毛穴や髪の毛も、白癬菌に感染することがあります。白癬菌は水虫とも呼ばれますが、頭皮に感染すると毛穴が赤くなって腫れたり、脱毛斑という丸い跡ができたりします。かゆみなどはありませんが、感染した部分の髪の毛は容易に抜けます。

薄毛の原因を調べる方法

薄毛治療を行う一部の医療機関では、薄毛の原因について調べる検査を実施していることがあります。たとえば、DNA検査によって薄毛になりやすい体質か調べたり、ストレスの状態を調べたり、髪の毛の栄養状態や身体の健康状態を調べるものなどがあります。

アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA検査

AGAの発症には遺伝的な要因も大きいと言われています。この検査では、男性ホルモンを受けとる受容体の遺伝子を調べます。男性ホルモンの影響を受けやすい体質ならば、そのぶんAGAになりやすい体質ということ。治療方針を立てる際に役立つ情報が得られます。

ストレス・バロメーター

ストレスは、脳の視床下部をとおってステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)を産生します。このステロイドホルモンは尿中に排出されるため、尿の代謝物の量を測ることでストレスの状態を知ることが可能です。ストレスが薄毛の原因になっているかを考えるためのひとつの方法です。

髪のミネラル分析

髪の毛の成長には栄養が欠かせません。髪の毛に十分な栄養が行き渡っているかどうかは、髪の毛のミネラル成分の計測により把握できます。この検査によって、髪の毛の栄養状態だけではなく、身体の栄養状態や健康状態を客観的に知ることができます。

薄毛の改善方法

ちゃんとしたシャンプーとヘアドライ

薄毛の原因が間違ったヘアケア方法だった場合、正しいヘアケアに直すことでかゆみや臭い、抜け毛は次第に改善されます。

シャンプーは洗うことと同じくらい、すすぎが大事です。シャンプーのすすぎ残しは頭皮の炎症のもとになります。目安としてはシャンプーにかけた時間の2倍はすすぎましょう。

すすぎの重要性を中心に、使用するシャンプーの注意点などを詳しくまとめたこちらの記事をぜひ参考にしてください。

食事の見直し

食事が髪を作ります。髪の毛を生成する栄養は、「アミノ酸」「亜鉛」「ビタミン」です。アミノ酸を原料として、亜鉛が髪の毛の組織をつくります。その髪づくりを手助けし、髪の生成を促すのがビタミンの働きです。

これらの栄養素をバランスよく摂って、努力を結果につなげましょう!

アミノ酸

髪の約90%以上はケラチンというタンパク質で出来ています。それ以外はほとんど水分となるので、髪の毛はほぼケラチンで出来ているといっても過言ではありません。

このケラチンを構成するのがアミノ酸の一種シスチンを中心とした18種類アミノ酸。さらにその元となるのがメチオニンという必須アミノ酸(体の中では生成できないアミノ酸のこと)です。

ケラチンを構成する18種類のアミノ酸は

  • シスチン
  • グルタミン酸
  • ロイシン
  • アルギニン酸
  • セリン
  • アスパラギン酸
  • スレオニン
  • メチオニン
  • トリプトファン
  • プロリン
  • グリシン
  • チロシン
  • バリン
  • アラニン
  • フェニルアラニン
  • リジン
  • ヒスチジン
  • ヒドロキシプロリン

となっています。特にこの中でもシスチン、グルタミン酸、ロイシンの3つが、最も髪の毛にとって重要といわれているのです。

このような必須アミノ酸を摂取することで、髪は生えるため、必須アミノ酸が足りないと、髪の毛が生えない、薄毛が進行するなどトラブルの原因となってしまいます。

魚介類などに多く含まれていますので、抜け毛対策のためにもバランス良い食生活を心掛け、意識的に摂取しましょう。

亜鉛

亜鉛がないとタンパク質(ケラチン)が合成できないので、抜け毛が増え、新たな髪が生えてきません。また、抜け毛の原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされており、抜け毛対策に効果的な栄養素といわれています。

またコーヒー、お茶、お酒は、亜鉛の吸収を阻害するとされています。

亜鉛はカルシウムや食物繊維、タンニン、カフェインなどと結びつくことで、体外へ排出されやすい性質があります。逆に吸収率をたかめるのはクエン酸やビタミンCなどがおススメ。

また、亜鉛もシスチンも同じく、お酒をよく飲む場合は注意が必要です。アルコールの代謝をサポートする酵素は、亜鉛を材料としています。そのため、お酒を飲むことでアルコールを分解するために体内にある亜鉛が使用されるのです。さらにアルコールは尿中への亜鉛の排泄を促すので、お酒を飲むことで亜鉛は減ってしまうのです。


食物添加物にも注意が必要です。

亜鉛の吸収を阻害する食品添加物としてポリリン酸などがあります。これらを含む加工食品やレトルト食品を多く摂取していることで亜鉛不足となる可能性があります。

亜鉛は体内で作り出すことができないため、食べ物やサプリメントから積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミン

ビタミンは他の栄養素の働きを手助けする存在。ほとんど体内で作れないので、食事でしっかり摂りましょう。抗酸化にも効果が見込めますが、過剰摂取は体によくないので注意が必要です。たんぱく質を髪にする「亜鉛」が正常に働くには、ビタミンB2・B6とビタミンCが必要。


ビタミンA

ビタミンAはターンオーバーと呼ばれる皮膚の生まれ変わりに関わる重要なビタミンです。頭皮は皮膚であるため、ビタミンAを摂取することで頭皮を健康に保つことができます。髪の毛を作り育てるのは頭皮なので、頭皮が健康となれば抜け毛や薄毛が減り、丈夫な髪の毛を育てることができるでしょう。


ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。不足すると、皮膚や粘膜に影響を与え、頭皮が荒れてフケがひどくなるなどの症状を引き起こします。

また、成長促進にも欠かせない栄養素で「発育ビタミン」とも呼ばれているのです。細胞を傷つけ老化を進行させる過酸化脂質を消去したり分解したりする働きもあるため、抜け毛対策のために摂取したい栄養素のひとつです。


ビタミンB6

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に効果を発揮するビタミンです。亜鉛の働きを助け、髪を育成しているケラチンというたんぱく質の合成に役立ちます。ビタミンB6が不足すると皮膚炎や貧血になり、頭皮環境が悪くなるといわれています。


ビタミンC

ビタミンCは疲労回復や、髪を強くするコラーゲンを合成する効果があります。タンパク質の一種であるコラーゲンは、皮膚や血管を作る材料であるため、ビタミンCを摂取することによりコラーゲンが合成され、髪の毛を作り育てる頭皮の血管が強くなることが期待できます。また、ビタミンCが不足するとストレスが溜まりやすくなり、血行が悪くなり、頭皮に悪影響となります。さらに、ビタミンCには亜鉛の吸収を高める効果もあります。


ビタミンE

ビタミンEは、体内にある活性酸素の働きを抑える作用である抗酸化作用があります。老化を進める犯人とも言われる活性酸素の働きを抑えることは、アンチエイジングにとっても重要なことです。頭皮が老化することで、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。ビタミンEを摂取し、抗酸化作用を発揮して抜け毛予防をすることができます。

睡眠の改善

睡眠はただ長時間取ればいいというわけではありません。大事なのは、睡眠時間の長さよりも睡眠の質です。質の良い睡眠を取れたときは、眠気や気だるさのない、スッキリとした気分で起床できます。

睡眠の質を高めるには入眠後最初の90分が非常に重要です。人の睡眠は脳も休息をとるノンレム睡眠と、脳が起きているレム睡眠とに分かれ、それぞれを90分ずつ交互に繰り返しています。ノンレム睡眠による眠りは次第に浅くなっていき、最終的に目覚めます。ノンレム睡眠が浅いと脳は充分に休めず、睡眠の効果は減ります。

入眠後最初のノンレム睡眠で深く熟睡できれば脳の休息時間は増え、ストレスの解消につながります。

質の高い睡眠をとるには、有酸素運動によってメラトニンを増加させる以外にも、さまざまな方法があります。こちらのサイトでより詳しい説明をしているのでご参考ください。

リンク:https://www.hairdoctor-men.com/nukege/sleep/

運動不足の解消

長時間のデスクワークなどをする職業をしていると、運動不足になりやすい傾向にあります。

運動不足になると酸素を身体に送り届ける心肺機能が低下して、髪の成長に悪影響を及ぼすからです。そうならないためにも適度な運動で心肺機能を鍛え、酸素を効率良く全身に巡らせましょう。

有酸素運動と育毛の相性

有酸素運動をすると、効率的に心肺機能を鍛えることができます。有酸素運動とは多くの酸素を必要とする運動のことで、水泳やテニスなどのスポーツが当てはまります。

有酸素運動は長時間行なうほど効果的なので、ウォーキングやジョギング、サイクリングなど負荷の少ない運動がおすすめです。

階段の昇り降りなどの移動でも充分に有酸素運動ができるため、まとまった時間が取れない人は、そういったこまめな動作を活用して運動不足を解消しましょう。

無酸素運動と育毛の相性

無酸素運動とは短距離走、ウエイトトレーニングなど瞬発的に強い力を使う運動のことです。

育毛をする上で、無酸素運動は有酸素運動ほどの重要性はありませんが、根本的な血行を向上する面では欠かせない運動です。

無酸素運動で筋肉を大きくすることは、身体の基礎代謝をあげて有酸素運動の効率を上げることにもつながるので、運動不足の解消に適度に取り入れましょう。

禁酒・禁煙

禁煙は非常に重要です。タバコは体にリスクしか与えないので、なるべく吸わないことが薄毛改善につながります。

禁酒ですが、これは絶対に飲まないといったわけではなく、適度な量の飲酒なら問題ありません。アルコールを分解する際に生成されるアセトアルデヒドは、少量なら肝臓で分解できるからです。

ストレス対策

ストレスは、生活全てに悪影響を与えます。ストレスが多い生活は、睡眠不足の原因になる他、自律神経を狂わせて血行を悪化させます。

よって、溜まったストレスはなるべく発散させましょう。運動で発散したり、趣味に没頭したりすれば、ストレスは発散しやすくなります。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。