薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年7月12日

更新日:2018年10月23日

「髪が薄い…もしかしてAGA?」薄毛を予防するための原因と対策

AGA(男性型脱毛症)による脱毛は、いきなり薄毛になるのではなく、ゆっくりとしたペースで進行します。そのため、よほど髪を意識していない限りAGAの初期症状に気づくのは難しいと言えるでしょう。そして、他人に髪が薄いことを指摘され、ようやく薄毛が進行していることに気づくのです。このような状況を防ぐためには薄毛になる原因を知り、早めに薄毛対策をすることが大切です。髪が薄くなる原因とその対処法を紹介します。

どれくらいで薄毛になるのか?AGAの進行スピード

AGAの初期症状にいちはやく気がつくためにも、AGAがどのように進行するのかを知っておきましょう。

AGAを発症する年代

AGAは年齢に関係なく発症します。20代の場合発症率は低いですが、30代を超えたあたりから発症率は上がり、40代では約3割の人がAGAを発症しています。

5~10年で目に見えて薄くなる

AGAになったからといって、髪がいきなり大量に抜け落ちることはありません。AGAを発症した場合、薄毛になる速度は非常にゆっくりです。1年や2年ではあまり変化は見られませんが、抜け毛を確かめると、健康な髪に比べると細くて短い毛が多くなります。AGAに特徴的な毛根と正常な毛根の違いについて詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

その抜け毛大丈夫?毛根の種類と薄毛のリスク

AGAで髪が薄くなる仕組み

hair AGAで薄毛になるのにはDHT(ジヒドロテストステロン)が関係しています。テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくとDHTになります。DHTは髪の成長をストップさせ、弱く、抜けやすい状態にしてしまうのです。DHTが作られる詳しい仕組みについて知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

その抜け毛大丈夫?毛根の種類と薄毛のリスク

AGAで髪が薄くなる仕組み

AGAで薄毛になるのにはDHT(ジヒドロテストステロン)が関係しています。テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくとDHTになります。DHTは髪の成長をストップさせ、弱く、抜けやすい状態にしてしまうのです。DHTが作られる詳しい仕組みについて知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

AGAが発症する仕組みとは?DHTと5αリダクターゼの作用

 

なお、年齢が上がるにつれてAGAの発症率が上がるのにはテストステロンの減少が関係しています。DHTのもとになる5αリダクターゼはテストステロンが減少することによって分泌されます。DHTはテストステロンよりも強い作用があり、減少したテストステロンを補うために作られるホルモンなのです。

AGAは自然治癒しない

AGAは自然に治ることはなく、放置すると症状がますます悪化します。薄毛を止めるためには、早期に治療をはじめてAGAの進行を遅らせなければなりません。AGAの治療は皮膚科かAGA専門のクリニックで受けることができます。 AGAの治療を受けるなら、AGA専門のクリニックがおすすめです。AGA専門のクリニックは皮膚科に比べてAGAの症例数が多いため、AGAについての情報をたくさん持っています。そのため、ただ薬を処方するのではなく、AGAの症状や進行度合い、体質にあった治療法を提案してもらえます。 メンズヘルスクリニック東京

AGAを発症・進行させる7つの原因と対策

AGAは遺伝したからといって必ず発症するわけではありません。AGAの遺伝子を受け継いでもAGAを発症しない人もいるのです。 AGAは生活習慣の乱れをきっかけに発症すると考えられています。そこで、AGAを発症するきっかけとなる7つの原因とその対策法を紹介します。

運動不足による自律神経の乱れ

運動不足は自律神経を乱します。自律神経は交感神経、副交感神経からなる神経細胞のことで、この2つがバランスをとることで身体のさまざまな調子を整えています。自律神経がバランスが乱れると、不眠症や動悸、イライラ、食欲の低下、意欲の低下、抑うつなどの症状があらわれます。

運動不足を解消するための対策

運動は続けることが大切です。運動を1日や2日行なった程度ではあまり効果がありません。運動を継続する上で重要なのは、継続できる程度の運動負荷にすることです。ハードな運動は長続きしません。 運動不足を解消するためには、まずはあまり疲れない程度の運動から始めましょう。少し汗をかく程度でも充分効果はあります。軽いウォーキングを10分、毎日するだけでも自律神経を整える効果はあります。 育毛に効果的な運動方法について知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

運動は育毛に効果的?髪を増やす有酸素運動

睡眠不足によるヘアサイクル乱れ

睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは、身体の活性化や細胞の修復を行ないます。この時、ダメージを受けた頭皮は回復し、髪は成長するのです。しかし、睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌量が減り、頭皮のダメージは回復せず、髪も成長しづらくなります。その結果、ヘアサイクルが乱れて頭皮の環境が悪化します。

睡眠不足を解消するための対策

graf 睡眠はただ長時間取ればよいというわけではなく、質の良い睡眠を取らなければなりません。質の良い睡眠とは、ノンレム睡眠とレム睡眠がバランスよく交互に行なわれている睡眠のことです。主に脳と身体が休息するのがノンレム睡眠であり、記憶を整理するのがレム睡眠です。 では、どうすれば質の良い睡眠が取れるのかというと、眠る前に副交感神経を優位にすることが重要です。睡眠前にテレビやパソコン、スマートフォンなどの電子機器を使用すると、光や音で脳が刺激されてノンレム睡眠に入りにくくなってしまいます。そのため、睡眠1時間前にはこういったものを見ず、軽いストレッチをして体を温め、脳をリラックスさせましょう。そうすることで副交感神経が優位になり、質の良い睡眠をとることができます。

ストレスによる血行不良

人はストレスを感じると血管が収縮し、血行不良を招きます。髪は血液から栄養を受け取り成長するのですが、血行不良を起こすと髪に行き渡る栄養が少なくなってしまうのです。せっかく育毛を意識して栄養を摂取しても、ストレスで血流が悪くなると意味がありません。

ストレスを解消するための対策

ストレスを0にすることは難しいといえます。しかしAGAを発症させないためには、ストレスを和らげることが大切です。おすすめのストレス解消方は入浴です。入浴には副交感神経を優位にして身体をリラックスさせる効果があります。ただし、お湯の温度が高すぎると反対に交感神経が優位になってしまうため、お湯の温度は40度を目安にしましょう。ストレスと抜け毛の関係について詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

ストレスと抜け毛の関係って?原因と対策を徹底解剖

間違ったシャンプーによる頭皮環境の悪化

間違ったシャンプーは頭皮の乾燥を招き、ヘアサイクルを乱します。1日に何度も洗髪したり、洗浄力の強いシャンプーで使ったりすると、頭皮を保護する皮脂が洗い流されます。すると頭皮が乾燥して外部からの刺激に弱くなるため、頭皮が炎症を起こしてかゆみやフケなどの原因となります。

頭皮の環境を整えるシャンプーの選び方と洗髪方法

頭皮の環境が荒れている人は、アミノ酸系シャンプーを使いましょう。洗浄力がやさしく、必要以上に皮脂を洗い流しません。薄毛予防におすすめスカルプシャンプーの選び方について知りたい方は次の記事を参考にしてください。

 

薄毛を予防したい人におすすめのスカルプシャンプー

 

シャンプーは1日朝と夜の2回にしましょう。また、すすぎ洗いにはしっかり時間をかけることが大切です。シャンプーが頭皮に残ると、シャンプーの成分が頭皮を刺激し炎症のもとになるからです。とくに時間のない朝シャンは、すすぎが適当になりシャンプーの成分が頭皮に残りがちです。すすぎの時間を確保するためには、朝シャンの時間を短縮する必要があります。そこでおすすめしたいのが朝専用シャンプーです。

 

朝シャンで薄毛になる原因とおすすめの朝専用シャンプー

食生活の乱れによる栄養不足

食生活が乱れることで髪に必要な栄養を摂取できなくなるほか、頭皮の環境も悪化します。具体的には、髪に必要なタンパク質やミネラル、ビタミンの摂取量の減少による髪の栄養不足や、脂質の過剰摂取による皮脂の増加などが考えられます。

栄養不足を解消するための対策

髪に必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンです。タンパク質の髪の主成分であるケラチンの材料であり、亜鉛はタンパク質をケラチンに再構成するために必要です。また、ビタミンは亜鉛のはたらきを手助けします。タンパク質は肉や魚、ミネラルは海藻類や牡蠣、チーズなど、そしてビタミンは緑黄色野菜やレバーなどから摂取しましょう。

 

食事の栄養バランスを補助するおつまみとサプリ

過度な飲酒による栄養不足

飲酒そのものは適度な量ならばストレスを解消してくれるので、むしろ薄毛対策につながります。しかし、過度な飲酒は頭皮の栄養不足を招いてしまうのです。アルコールを摂取した場合、肝臓がアルコールを分解します。この時、アセトアルデヒドという有害物質が生成されてしまうのです。アセトアルデヒトを代謝するためにはたくさんのビタミンを消費するため、アルコールの飲み過ぎはビタミン不足に関係していると言えます。

飲み過ぎの対策

お酒は飲みすぎなければ問題ありません。適量を意識して飲むことが大切です。では、適量とはどのくらいなのでしょうか?厚生労働省によると、1日約20グラムの摂取が適切と言われています。具体的にはビールなら500ml(中瓶一本程度)、清酒180ml(1合)、ワイン120ml(1杯)程度です。 出典:厚生労働省 『健康日本21 「節度ある適度な飲酒」について』 また、お酒を飲むときはアルコールの分解に必要なビタミンの摂取を意識してください。

 

薄毛に効く三大栄養素のひとつ「ビタミン」について知ろう!

タバコによる

タバコは百害あって一利なしです。タバコに含まれたニコチンには血管の収縮作用があり、血行不良を招きます。それだけではありません。タバコの有害物質は肝臓で処理されるのですが、その過程でアミノ酸やビタミンを大量に消費されるため栄養不足になってしまうのです。

対策

タバコは依存性の高さも問題です。一人で禁煙できないのならクリニックに相談しましょう。クリニックでは、タバコが美味しくないと感じさせる薬や、ニコチン切れによる禁断症状を軽減する薬などを処方してもらえます。これらを利用することで、禁煙を行ないましょう。

 

喫煙者必見!タバコと薄毛の関係と今日からできる薄毛対策

将来薄毛になりたくないのなら生活習慣を見直すことが大切

smile AGAは症状の進行がゆっくりのため、気がついたときには薄毛が進行していたということもあります。AGAにいち早く気がつくためには、毛根の形をみてAGAに特徴的な抜け毛と正常な抜け毛の違いを見分けることが大切です。 AGAは遺伝したからといって必ず発症するわけではありません。AGAを発症するかどうかは、遺伝だけでなく生活習慣が関係していると考えられています。 運動、睡眠、ストレス、シャンプー、食事、睡眠、運動、ストレス、食事、飲酒、喫煙など、AGAの発症に関係することはさまざまです。生活習慣を見直して、AGAを予防しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!