薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年10月2日

薄毛改善したい男性・女性に…薄毛の原因と「効く!」対策法

薄毛改善したい男性・女性に…薄毛の原因と「効く!」対策法

薄毛についてはあまりにたくさんの情報や商品、薬品が出回っているため「自分の薄毛(ハゲ)の本当の原因は何だろう?」「どの薄毛対策なら効き目があるの?」と迷っている人もいるかもしれません。薄毛の改善で最も大切なのは自分の薄毛の症状・原因に合った対策を行なうことです。薄毛(ハゲ)の原因を特定し、的確な対策をすれば髪は生えるようになりますが、逆に自己流で的外れな対策をしても改善できないどころか、悪化する恐れもあります。

そこで薄毛(ハゲ)に悩む人に向けて、薄毛の原因と対策をまとめました。男性の薄毛(ハゲ)だけではなく、女性の薄毛や病気による薄毛、生活習慣による薄毛などについても解説します。

男性の薄毛(ハゲ)の原因と対策

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされる脱毛症です。DHTが体内で作られると、髪が成長する期間が極端に短くなり、まだ充分に成長していない状態でも髪の毛が抜けるようになります。その結果、細く短い髪が多くなり、やがて抜け毛が増えて薄毛(ハゲ)になります。

AGAは前頭部の生え際では左右の端が先行するように薄毛が進み(いわゆる「M字型」の症状)、頭頂部ではつむじ周辺が薄くなって円が大きくなるように進行するなど、特定のパターンで薄毛(ハゲ)が進行するのが特徴です。

DHTが作られてAGAになるしくみ、またAGAの進行のしかたについては「薄毛(ハゲ)に悩む男性必見 AGAの原因、種類」で詳しく解説しています。

代表的な3つのAGA治療薬

AGAの対策で最も効果的な対策法はプロペシア、ザガーロ、ミノキシジルなどのAGA治療薬を使用することです。これらはAGA治療専門クリニックや皮膚科で処方されています。

■プロペシア

プロペシアはAGAによる抜け毛の進行を抑制する内服薬(飲み薬)です。早くて3か月、通常6か月で効果が現れます。

プロペシアが抜け毛の進行を抑制できるのは、5αリダクターゼを阻害するはたらきによるものです。AGAの原因物質であるDHTは、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合すると作られます。プロペシアを服用して5αリダクターゼのはたらきを阻害すれば、DHTが作られるのを防げます。

■ザガーロ

ザガーロはプロペシアと同様に、AGAによる抜け毛の進行を抑制する効果をもつ内服薬です。5αリダクターゼを阻害して抜け毛の進行を抑制するというプロペシアと同じ作用・効果があります。

プロペシアと大きく異なるのは、「1型と2型の5αリダクターゼを抑制できる」という点です。5αリダクターゼには1型と2型の2種類があるのですが、プロペシアは2型の5αリダクターゼのみを阻害します。多くのAGAは2型の影響を受けて発症するのですが、1型の影響を強く受けてAGAを発症している人もいます。その場合、2型のみを阻害するプロペシアでは効果はありません。

ザガーロは1型と2型の両方を阻害するため、1型の影響を受けている人でも効果を得られます。

ザガーロとプロペシアの違いやザガーロの効果、服用する際の注意点については「プロペシアの効果がない人必見 ザガーロの効果とプロペシアの違い」で解説しています。

■ミノキシジル

ミノキシジルは頭皮に使用すると発毛効果を発揮する塗り薬(外用薬)です。

ミノキシジルを使用すると、髪の根元にあり、発毛の司令を出す役割をもつ毛乳頭が刺激され、髪の成長因子が多く作られます。成長因子によって髪のもとになる細胞の分裂が活発化し、髪が長く、太く成長します。

またミノキシジルには頭皮の血行を促進する作用もあります。髪は頭皮の血管を流れる血液から成長に必要な栄養を供給されて成長しています。そのためミノキシジルで血行を促進することで、発毛効果につながるのです。

女性の薄毛(ハゲ)の原因と対策

笑顔の男性

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAはAGAと同じように男性ホルモンのDHTによって引き起こされる脱毛症です。女性の場合、血液中の男性ホルモンの量は男性の10分の1程度と非常に少ないのですが、閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が減少するため、相対的に男性ホルモンの割合が増加し、FAGAを発症しやすくなります。

AGAとの違いは、薄毛(ハゲ)の進行パターンです。AGAは頭頂部、前頭部で薄毛症状が現われるのに対して、FAGAは頭頂部のみに脱毛が生じ、生え際の髪の毛は保たれます。

FAGAはプロペシアのような内服薬では治療効果が見られず、またホルモンバランスの乱れによる副作用の懸念が強いため使用が望ましくないため、外用薬のミノキシジルでの治療が中心になります。

女性ホルモンを補充する治療法もあるのですが、ホルモンバランスの変化による副作用を考慮しなければならないので、薄毛治療の医師としっかり相談した上で、慎重に選ぶ必要があります。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は広範囲にわたって薄毛症状が現われるになる脱毛症です。初期症状としては抜け毛が増える、ボリュームが減る、髪にコシがなくなる、などがあります。

びまん性脱毛症の原因は特定されておらず、今のところ、加齢によるホルモンの減少や食生活の偏り、強いストレス、間違ったヘアケアなどが原因ではないかと考えられています。

原因が特定されていないため、必ず効果が出る治療法も今のところありません。ただ、個人の症状に合った対策を行なえば改善は見込めます。原因はひとつの場合もあれば、複数が重なっている場合もあります。原因を特定して最適な治療をするためにも、薄毛治療の専門クリニックの利用をおすすめします。

産後の脱毛(分娩後脱毛症)

分娩後脱毛症は分娩後の2~3か月、一時的に髪が抜ける脱毛症です。AGAのように部分的に薄毛(ハゲ)になるのではなく、全体的に薄毛になるという特徴があります。

分娩後に抜け毛が増加する原因は、ホルモンバランスの乱れによるものです。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪の成長の促進、髪の成長する期間の維持など髪の成長に深く関わっています。

エストロゲンは出産後に分泌量が減少するため、その影響で薄毛(ハゲ)になるのが分娩後脱毛症です。

ただ、産後の脱毛のほとんどは一時的なもので、出産から半年ほど経過すれば髪は元通りになります。気にかかるでしょうが、とくに治療は行なわず、時間が経つのを待つのが最善策です。

病気による薄毛(ハゲ)の原因と対策

円形脱毛症

円形脱毛症は、毛根が炎症により破壊されることで生じる脱毛症です。10円玉のような形状・大きさの脱毛斑ができるのが特徴で、重症になると脱毛斑がたくさんできたり、あるいは脱毛斑が大きくなったりします。

円形脱毛症の明確な原因はわかっていませんが、今のところ細菌やウイルスから身体を守るはたらきをもつ免疫細胞が、毛根を「外部からの異物」と誤認して攻撃することで起きる、という説が有力視されています。

細菌やウイルスから身体を守るはたらきをもつ免疫が、自分の身体のどこかを誤って攻撃することで起こる症状を自己免疫性疾患と言います。

自己免疫性疾患以外の円形脱毛症の原因や、円形脱毛症の治療法については「円形脱毛症の4つの原因と治療法」でご説明しています。

皮膚炎による脱毛

脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、皮脂欠乏症皮膚炎、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎の影響で薄毛(ハゲ)になることもあります。

脂漏性皮膚炎を例にご説明します。

脂漏性皮膚炎は、頭皮の常在菌の一種であるマラセチア菌の増殖によって起こる皮膚炎です。マラセチア菌は皮脂を頭皮に刺激となる物質へと分解するはたらきをもっており、マラセチア菌が増殖すると頭皮への刺激物質が増加して強い刺激となって炎症を引き起こします。炎症が起きた不健康な頭皮では正常な髪の成長が阻害され、薄毛症状につながります。

脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、皮脂欠乏症、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎の原因、症状、治療法は、

頭皮のかゆみは皮膚炎が原因かも! 薄毛(ハゲ)につながる4つの皮膚炎

の記事で説明しています。

トリコチロマニア(抜毛症)

抜毛症とは、自分で髪を引き抜く行為を繰り返し、脱毛斑が生じる病気です。思春期の子供が発症しやすい病気ですが、成人でも発症することがあります。明確な原因はなく、ストレス、不安、対人関係など様々な精神的要素によって起こります。

なお、本人が自覚している場合もあれば、無自覚に髪を抜いている場合もあります。

次の記事で抜毛症と抜毛癖の違いや、抜毛症の治療法について説明しています。

髪をついつい抜いてしまっていませんか? 抜毛症の治療法

生活習慣による薄毛(ハゲ)の原因と対策

偏った食生活

偏った食生活を送っていると、髪の成長に必要な栄養が不足しやすくなります。

髪の成長に深く関わる栄養はタンパク質(アミノ酸)、亜鉛、ビタミン群です。タンパク質は髪の原料になり、亜鉛はタンパク質の合成をサポートします。ビタミンには細胞分裂を活発化させるはたらきがあり、髪の成長を促します。

こうした重要なはたらきをもつタンパク質、亜鉛、ビタミンが不足すると抜け毛が増える原因になります。

タンパク質、亜鉛、ビタミンを効率良く摂取できるテクニックを「髪の成長に必要な3つの栄養素 専門家が教える抜け毛に効く食事」でご紹介しています。

ストレス

日常生活で強いストレスを感じると、ストレスが原因で頭皮の血行不良や皮脂の分泌増加が起き、薄毛(ハゲ)になる恐れがあります。

ストレスを感じると交換神経が刺激されて、ストレスホルモンが分泌されます。ストレスホルモンには血管を収縮させる作用があり、血行不良の状態を招きます。髪の成長に必要な栄養は血液を介して運ばれているので、血行不良により頭皮に栄養が届きにくくなり、髪が正常に成長しなくなるのです。

また、ストレスを感じると皮脂腺のはたらきが活発になり、皮脂分泌を増加させます。皮脂の増加はマラセチア菌などの菌が繁殖しやすい頭皮の状態を招き、健康な髪が生えにくくなります。

ストレスが原因の薄毛(ハゲ)を改善する方法は「仕事やストレスを感じていませんか?ストレスで抜け毛が増える原因と対策法」でご紹介しています。

睡眠不足

睡眠不足は、睡眠中に分泌される成長ホルモンを減らすことで薄毛の原因になります。

成長ホルモンは身体の回復や髪の成長を助けるはたらきをもち、睡眠時に最も多く分泌されます。質の良い睡眠をしっかり確保できていないと、成長ホルモンの分泌量が減り、健康な髪の成長を妨げるのです。

成長ホルモンを正常に分泌させる、抜け毛に効く睡眠については「睡眠不足の人必見 質の良い睡眠をとる4つの対策法」で解説しています。

運動不足

運動不足も血行不良を招き、薄毛(ハゲ)の症状につながることがあります。

血行不良は髪の成長に必要な栄養が頭皮に届きにくい状態をつくり、髪の成長を妨げます。運動不足を実感しているの人は定期的に身体を動かすことを心がけて、血行を改善してください。ハードなトレーニングを行なう必要はなく、ストレッチやゆるめの全身運動、ジョギングなどの軽い有酸素運動で充分な血行促進の効果を得られます。

抜け毛に効く運動の方法は「運動不足は抜け毛を増やす!気軽に始められる抜け毛に効く運動」で詳しくご紹介しています。

喫煙(タバコ)

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるため、喫煙によって血行が悪くなり、薄毛の原因となります。また、身体はタバコに含まれるニコチンやタールなどの200種類以上の有害物質に抵抗するために、ビタミンやミネラルを大量に消費します。

ビタミンとミネラルは髪の成長に必要不可欠な栄養ですから、喫煙による大量消費で栄養不足になると、髪の成長も妨げられます。

喫煙習慣がある人は、薄毛(ハゲ)を避けたいのであればぜひ禁煙してください。

自力で禁煙を成功させるコツは、タバコを吸いたくなった時に喫煙の変わりになる行動を実行することです。たとえば水を飲む、氷を舐める、昆布を噛む、深呼吸をする、などの行動です。タバコを吸いたいという気持ちは長くて5分程度で収まるものです。その5分の間に、喫煙の代わりとなる行動を実行することでタバコを我慢しやすくなります。

過度の飲酒

お酒の飲み過ぎが薄毛(ハゲ)を招く原因は様々です。

ひとつは、アルコールが肝臓で代謝される際にシステインやメチオニンなどのアミノ酸が使われることです。これらは髪を構成する際に必要なアミノ酸なので、過度の飲酒によってシステインとメチオニンが大量に消費されると、材料不足になって髪が作られにくくなります。

もうひとつの原因は、アルコールの代謝により肝臓が疲労すると、栄養の吸収が阻害されることです。ビタミンや葉酸などの髪に必要な栄養が吸収されづらくなるため、薄毛(ハゲ)につながります。

過度の飲酒により薄毛になるその他の原因や、アルコールの適量については次の記事でご紹介しています。

酒好きの人は要チェック! お酒が薄毛(ハゲ)につながる4つの原因

間違った頭皮ケア

健康な髪を生やすためにはシャンプーのような毎日の頭皮ケアが大切です。ただ、自己流の間違った頭皮ケアは頭皮を乾燥させたり炎症を起こしたりといったトラブルを招くことがあります。

頭皮ケアの中で最も気をつけたいのはシャンプーの方法です。

頭皮の皮脂汚れを落とすために洗浄力の強すぎるシャンプーを使い、ゴシゴシと力強くこすり洗いをするのは間違ったシャンプー方法です。高級アルコール系や石鹸系などの洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要以上に皮脂が洗い落とされ、頭皮の乾燥を招きます。また、力を入れた擦り洗いは生えたばかりの髪の毛が抜ける原因にもなります。

良かれと思って行なっている頭皮ケアが、髪にとって逆効果になる場合もあります。ヘアケアは正しい方法を調べて覚えてから実践してください。

薄毛対策のためのシャンプーの選び方と、抜け毛を増やさないシャンプーの方法については「しっかり頭皮を洗えていますか?正しいシャンプーの方法と選び方」を参照してください。

■薄毛予防に良い育毛剤

育毛剤は薄毛(ハゲ)に悩んでいる人や、将来の薄毛を予防したい人におすすめの頭皮ケアアイテムです。

育毛剤の効果は血行促進、かゆみやフケの予防、栄養補給などがあり、頭皮の健康を保つのに役立ちます。次の記事で育毛剤のメリットや育毛剤の選び方を解説しているので参考にしてください。

頭皮の健康をサポート! 育毛剤の効果と、選び方

自分の薄毛症状に適した対策が薄毛改善への近道

髪

薄毛(ハゲ)の改善に大切なのは原因を特定して、原因に則した最適な対策をすることです。

多くの男性の薄毛(ハゲ)はAGAが原因ですから、薄毛で悩んでいる男性はまずはAGAを疑いましょう。AGAの最も効果的な対策法はプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬の使用です。AGA治療の専門クリニックを受診して、AGA治療薬の処方を受けてください。

女性も、男性ホルモンが原因で発症するFAGAによって薄毛(ハゲ)になることがあります。FAGAは内服薬の使用は適していませんが、外用薬・ミノキシジルの効果で治療を期待できます。

円形脱毛症、皮膚炎、トリコチロマニアなどの病気によって薄毛(ハゲ)になることもあります。とくに男性の場合、皮脂の分泌が多く、脂漏性皮膚炎を発症していることがよくあります。脂漏性皮膚炎とAGAを発症すると、AGAのみを発症する場合よりも薄毛(ハゲ)が重症化し、進行も早くなると言われています。なるべく早く医療機関を受診して、皮膚炎を治療しましょう。

食生活、睡眠などの生活習慣が原因で薄毛(ハゲ)になることもあります。インスタントラーメンばかり、外食ばかりといった食生活を送っていると、栄養が不足して薄毛につながります。タンパク質、亜鉛、ビタミンが充分摂取できる食生活を心がけてください。

薄毛(ハゲ)の対策をしているつもりでも、その対策が間違っていると改善できないどころか、抜け毛が増える恐れもあります。最適な薄毛対策をするためにも、メンズヘルスクリニック東京のようなAGA治療の専門クリニックを受診して、正しい対処法で薄毛を解消してください。

メンズヘルスクリニック東京

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!