薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年6月4日

更新日:2018年9月21日

8_栄養が盛りだくさん!「レバー」を食べて薄毛におさらば-1

栄養が盛りだくさん!「レバー」を食べて薄毛におさらば

うれしい効果を発揮!レバーに含まれる6つの栄養素

レバーには各種ビタミンをはじめ、健康維持に欠かせないさまざまな栄養素が含まれています。その中でも、薄毛に有効な栄養素は以下の6つです。

タンパク質

髪はケラチンというタンパク質によって構成されています。レバーには多くのタンパク質が含まれているので、発毛・育毛が期待できるのです。

亜鉛

レバーは、タンパク質の構造維持に欠かせない亜鉛を多く含んでいます。タンパク質を摂取しても亜鉛がなければケラチンを生成することはできず、この状態が続くと最終的に薄毛を引き起こしてしまいます。こうした点から、亜鉛は発毛・育毛に欠かせない栄養素といえます。

ビタミンB群

レバーには育毛効果が期待できるビタミンB群が豊富に含まれています。その中でも育毛に有効とされているのが、ビタミンB2とビタミンB12です。ビタミンB2は髪や皮膚の再生に必要な栄養素であり、ヘアサイクルにも関係するため、髪と頭皮の健康維持には欠かせません。ビタミンB12は疲労回復や貧血予防、代謝促進の作用があり、薄毛の原因となる乱れたヘアサイクルの改善に有効です。

ビタミンA

ビタミンAには皮膚細胞の働きを正常化する効果があります。ビタミンAと相性のよいビタミンCは抗酸化作用を持っており、同時に摂取することで頭皮や髪の健康維持が期待できるのです。ただし、レバーに含まれるビタミンAの量は非常に多いため、過剰摂取には注意しましょう。

鉄分

必須ミネラルのひとつでもある鉄分は、血液中の酸素を運搬するヘモグロビンの生成に欠かせない成分です。鉄分が不足すると全身に酸素が行き渡らず、一種の酸欠状態となります。もちろん、頭皮や髪の健康維持にも酸素は必要で、鉄分不足によって頭皮の細胞に酸素が運ばれなくなると毛根の細胞が分裂できず、発毛・育毛が滞ってしまうのです。こうした点から、鉄分は薄毛改善への効果が期待できる栄養素だといえます。

葉酸

細胞分裂を促す効果がある葉酸を含有しているのもレバーの特徴。細胞分裂によって成長する髪の毛において、葉酸はヘアサイクルの「成長期」を維持する重要な役割を果たします。なお、葉酸は亜鉛同様、他の食品からの摂取が難しく不足しがちな栄養素のひとつです。

レバーの食べ過ぎはNG!栄養素別に見る影響

8_栄養が盛りだくさん!「レバー」を食べて薄毛におさらば-2

レバーの食べ過ぎは体に毒であり、場合によっては脱毛を引き起こす可能性もあります。

ビタミンAの過剰摂取は、手足の痛みやめまいにつながる

レバーは一般的に、鉄分を補う目的で摂取が推奨されている食材。その一方で、ビタミンAをはじめとする脂溶性の物質も多く含まれているので、人の体に必要な鉄分を全てレバーから補おうとすると、必然的にビタミンAの過剰摂取となってしまうのです。
(出典:J-STAGE「妊娠時鉄欠乏症貧血における適切な食事指導に関する基礎的検討-鉄補給のためのレバー過剰摂取の問題点-」)
通常、ビタミンAは体内の脂肪組織で吸収された後、肝臓に貯蔵され、血液により各組織に運ばれます。しかし、過剰摂取した場合は体外に排出することができず、体内にたまり続けて手足の痛みやめまい、脱毛といった症状を引き起こす恐れがあるのです。

なお、ビタミンAの1日あたりの推奨摂取量は成人男性で850~900μg、女性で650~700μg。1日の耐容上限量は男女共に2,700μgです。例えば牛レバーに含まれているビタミンAの量は100gあたり1,100μgですから、注意して食べなければすぐに過剰摂取となってしまいます。

鉄分の過剰摂取は、重篤な疾患を呼び込む

レバーに特に多く含まれている鉄分の過剰摂取にも注意が必要です。鉄分を多量に摂取すると胃腸障害を発症し、吐き気や嘔吐、下痢といった症状が出ることがあります。また、鉄分の過剰摂取が長期的に続くと脳や肝臓、膵臓へのダメージの他、血管疾患に発展してしまう恐れも。最終的に肝硬変や糖尿病などの重篤な疾患につながるリスクも高まってしまいます。

プリン体の過剰摂取は、痛風の原因となる

レバーにはプリン体も多く含まれているので、尿酸値の高い方は注意が必要。プリン体は体内に吸収・分解されると老廃物が尿酸になりますが、適切に排出されず体内に蓄積すると、痛風を発症してしまいます。

亜鉛の過剰摂取は、薄毛の原因となる

亜鉛を過剰摂取すると、神経症状や下痢や善玉コレステロールの低下に加え、鉄分の吸収が阻害されることで、貧血も起こりやすくなります。特に鉄分不足は育毛にも大きく影響するため、薄毛の根本的な原因となる恐れもあります。

多くの栄養素が含まれている一方、含有量が多すぎるのがネックとなるレバー。食品の特性上、極端な量を毎日食べることは考えにくいですが、過剰摂取すると逆効果になることはしっかりと押さえておきましょう。

レバーの臭みを消す方法とおすすめの食べ方

8_栄養が盛りだくさん!「レバー」を食べて薄毛におさらば-3

一般家庭では、レバーを水や牛乳にさらして独特なにおいを軽減していました。しかし、この下処理を行うことによって含有する鉄分が溶出・減少することが分かっています。同様に、茹でこぼしによる下処理を行った場合は、約45%もの溶出がみられました。レバーには鉄分以外の栄養素も多く含まれており、それらは内部の血液中に含まれているので、血液自体を抜いてしまうとレバーを食べる意味が薄れてしまうのです。
(出典:J-STAGE「豚レバーの調理による鉄分量の変化と食味の違いについて」

また、適切な加熱調理を行うことでレバーに含まれる栄養素を無駄なく摂取でき、血生臭さが軽減することも分かっています。具体的な調理方法は、香辛料や香味野菜と一緒に180℃前後で短時間調理するというもの。高温で短時間加熱することで脂質の酸化を阻止できるので、レバー特有のにおいが軽減されるのです。
(出典:J-STAGE「レバーソテーのにおいに及ぼす調理温度の影響」)

一般家庭でレバー料理を楽しむのであれば、これらの条件を満たしている「レバニラ」がおすすめ。自宅でレバーを調理すると考えると少し難易度が高く感じられるかもしれませんが、インターネットなどで公開されているレシピを参考にすれば、誰でも簡単においしい一品を作ることができます。

レバーは薄毛に有効なものの、過剰摂取には注意!

レバーは、栄養価が高すぎるがゆえに過剰摂取によるリスクも持った食材です。健康を維持しながら薄毛を改善するためには、適切な量を正しく調理し摂取することが大切です。これはレバーに限った話ではなく、薄毛改善のためにはバランスのとれた食生活が必要不可欠です。定期的にレバーを取り入れた一品を食卓に並べ、おいしくて健康的な薄毛対策をはじめてみましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!