薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年5月24日

更新日:2018年9月5日

男性の頭

強引なくせ毛直しは薄毛(ハゲ)の元に! くせ毛の意外な原因

くせ毛が起きる原因と、くせを抑える方法を紹介。薄毛につながるNG例もご説明します。

くせ毛と薄毛(ハゲ)に直接的な関係はありません。ただし、くせ毛を直そうとして間違った方法を続けていると、薄毛を招く危険性が高まります。

くせ毛が発生するしくみやと、くせ毛を抑える対策方法をご紹介します。また、間違ったくせ毛直しが薄毛につながる理由もご説明します。

くせ毛の原因

鏡を見る人

髪がくせ毛になるのは先天的理由(生まれつきの体質)と、後天的理由(生まれてから環境や生活中の影響で得たもの)とに大きく分類できます。
それぞれを詳しく確認しましょう。

くせ毛の先天的理由

人の髪質を左右するのは主に3つの要素で、これらは先天的理由である親からの遺伝の影響を強く受けます。3つの要素ごとにご説明します。

■毛穴や毛根のゆがみ

髪の断面

毛穴の形状は成長する髪の形に影響します。髪を輪切りにして断面図を見ると、直毛はほぼ正円になるのに対し、くせ毛は楕円形になります。髪は毛根で作られて、毛穴の外側へ押し出されるように伸びて成長するのですが、このとき毛穴の形が円形でゆがみのないトンネル状であれば、断面も円の形をした直毛として成長します。毛穴が楕円状になっていたり、内部で凹凸やゆがみがあったりすると、押し出される髪の毛もうねりやゆがみのあるくせ毛として成長します。

また、毛穴が円形でも内部の毛根がゆがんでいるためにくせ毛になることもあります。毛根の内部で作られたばかりの髪はとても柔らかく、毛穴を通る前にゆがんだかたちで伸びていくためです。

■髪を構成する細胞の偏り

髪は外側からキューティクル、コルテックス、メデュラと呼ばれる3層で構成されています。くせ毛に関係するのはコルテックスです。キューティクルが髪の表面膜、メデュラが髪の中央の芯とするならば、コルテックスは両者の間に詰まった「髪の中味」にあたります。質量も大きく、髪のうち約80%をコルテックスが占めています。

髪の構造

コルテックスを構成する細胞は異なる性質をもつ2つに分かれます。一方は親水性(水を吸収しやすい性質)、他方は疎水性(水を吸収しにくい性質)です。髪の中でこれらが均一に混ざった状態であれば直毛になるのですが、片方に親水性が多く、反対側に疎水性が多いといった偏った状態で構成されていると、髪の片側は水分を吸いやすく片側は吸いにくい…と、1本の髪の性質が部分的に異なる状態になり、この差異が髪のくせとして現れます。
コルテックスの細胞の偏りも遺伝するものです。

■コルテックスの結合のズレ

タンパク質の結合

こちらもコルテックスで起きているお話です。髪の主成分のタンパク質であるケラチンは、水素結合とシスチン結合という強い結合によって他のケラチンと結びついています。この結合がごく一般的なかたちであれば、髪は直毛として育ちます。結合のしかたにズレがあると、髪もズレを反映して形状にゆがみが出て、くせ毛として育ちます。

水素結合もシスチン結合も非常に強い結びつきかたであるため、これらによる髪のくせは手で動かしたり水をつけて整えたりしたくらいでは変化はしません。結合を薬剤や熱でいったんほどいてから、毛の形状を整えて結合しなおすことでくせをなくす施術がパーマや縮毛矯正です。

くせ毛の後天的理由

くせ毛の遺伝的要因がなく直毛だった人でも、ふだんの生活や環境の変化を受けてくせ毛になる場合があります。どのようなケースがあるか確認しましょう。

■頭皮の状態の悪化

頭皮に問題があるとくせ毛を招くことがあります。たとえば毛穴に汚れや皮脂などが詰まると、作られたばかりの柔らかい髪が圧迫され、毛穴の形状がゆがんでいた場合と同様にくせ毛の症状が現れます。
毛穴詰まりには以下の原因が考えられます。

  • シャンプーやコンディショナーのすすぎ残し
  • 過剰に分泌された皮脂
  • ホコリやカビの洗い残し

毛穴詰まりはシャンプーのやり方を見直し、正しい方法に直せば改善の見込みがあります。また皮脂の過剰分泌は食生活を振り返り、皮脂分泌を増やしやすい脂肪や糖分の多い食事、肉類の多い食事を改めると改善できます。

■髪の栄養不足

髪は血液が運ぶ栄養を受け取って成長しています。栄養不足になると髪は細くなり、栄養が満たされれば再び太い髪が育つのですが、このような波があると1本の髪の太さが均等にならず、結果としてくせのある髪になります。

■髪へのダメージ

髪はパーマやカラーリングによってダメージを受けると保水力が弱まります。保水力の低下した髪は水分量が変動しやすく、空気中の湿気を吸収することもあれば、髪の水分を外に出すこともあります。髪は水分によって形を変えやすくなるため、水分量の変動は髪のくせにもつながります。

くせ毛が起こる原因を踏まえて、くせを抑える方法をご紹介します。

正しいドライヤー使用でくせを抑える

ドライヤーはくせを抑えるのに役立つアイテムです。正しい使い方を守るだけで、くせはかなり改善します。

入浴後にタオルドライで髪の水分を取ったあと、まだ水分の残った髪にヘアオイルかトリートメントをなじませます。これによってドライヤーによる温風ダメージや乾燥から髪を守ることができます。

ドライヤーは、髪と吹き出し口のあいだを15~20cmは空けて温風をあてましょう。また長時間同じ部分に温風を当てると水分を必要以上に奪い、また頭皮のやけどにもつながります。1か所2秒をめやすに移動しましょう。

入浴後の髪を自然乾燥に任せるのは避けてください。濡れた髪は髪の表面層のキューティクルが開いていて、髪を保護する力が弱く、水分を逃がしやすい状態ですから、くせが強くなる可能性があります。
また頭皮の雑菌は水分が多いと繁殖しやすいため、頭皮を濡れたままにすると不衛生になって薄毛のリスクが高まります。

ヘアアイロンの熱でくせを抑える

ヘアアイロンもくせを抑えるのに有効です。
くせ毛の原因としてご説明した、髪のタンパク質が不規則に結合した状態は熱の力で一時的にまっすぐにできます。

ただし、ヘアアイロンはかなりの高熱で髪に余計なダメージを与えるリスクもありますので、正しい使用法を守り、使いすぎ、熱の上げすぎを避けましょう。

乾いた状態の髪に使う

ヘアアイロンは乾いた状態の髪で使ってください。
濡れた髪はストレートにしにくいだけでなく、熱のダメージを受けやすい状態です。髪にヘアアイロンをあててジュッと蒸発する音がするようでは危険です。髪にかなりダメージを与えますので避けましょう。

髪の根元から毛先、の一方向のみ

ヘアアイロンをかける方向は常に髪の根元から毛先のみです。斜めや横方向に伸ばそうとするとストレートに近づきません。また毛先から根本へ動かすと、髪の表面をうろこ状に覆うキューティクルの方向に逆らうことになるので避けてください。
毛先に向けてアイロンをあてにくい部分は頭を傾けて角度を変えるなど工夫しましょう。また旅行用、携帯用の小さめのアイロンのほうが使いやすいこともあります。また、ヘアアイロンをかける際に髪を強く引っ張ると毛根と頭皮にダメージを与えて薄毛の原因になるので注意しましょう。

短時間で仕上げる

ヘアアイロンは高いものでは200度近い高温になります。髪を構成するタンパク質は熱によって変性(性質を変える)することがあり、一度変性したタンパク質は元には戻りません。これを避けるため、「時間をかけないこと、温度を上げすぎないこと」の両方が重要です。

ヘアアイロンの温度が低いと、髪がセットしづらくなり時間がかかる原因になります。ヘアアイロンをあてるのは1か所2回までと決め、手短に済ませましょう。

スタイリング剤でダメージを減らす

ヘアアイロン専用のスタイリング剤を使うと、髪への熱ダメージを軽減できます。専用スタイリング剤はオイル成分のものが多く、ヘアアイロンの熱から髪を守るのに適しています。またコーティング効果で摩擦ダメージを抑える効果もあります。

ただし、スタイリング剤は適量を守りましょう。多い量をつけるとスタイリング剤が頭皮に付着し、毛穴詰まりを起こしてくせ毛を増やす可能性があります。

縮毛矯正で頑固なくせ毛を抑える

日々のケアではくせ毛が改善しない場合は、縮毛矯正を受けるという選択肢もあります。
なお、ストレートパーマはくせが弱い人には効果がありますが、主には過去にかけたパーマによる人工的なくせをストレートにするためのものです。

縮毛矯正は先天性、後天性にかかわらず、くせ毛を強力な作用で直毛に変えます。ただし、髪に与えるダメージはパーマやヘアアイロン以上に強いため、「どうしてもくせを抑えたい」と感じた場合にのみ利用してください。とくに縮毛矯正を頻繁に繰り返すと髪や頭皮は、薬剤と熱によるダメージを蓄積して薄毛発症の原因になります。適切な期間を空けて施術を受けてください。

美容師に髪の状態を見せて頻度や次回施術のタイミングを判断してもらうこと、施術後のヘアケア法についてアドバイスをもらうことも重要です。

くせ毛直しはダメージを伴うためほどほどに

ブラシと髪の毛

くせ毛は生まれつきの髪質や、毛穴詰まり、髪のダメージといったトラブルによって起こります。寝ぐせやスタイリングによる一時的な髪の変化とは違い、髪自体の性質や形状によってくせが起きているため、くせ毛は簡単にはまっすぐに直せません。くせ毛に有効な対策方法はいくつかありますが、効果的なものほど髪にダメージを与える傾向があります。後天的なくせ毛は、生活習慣の見直しやヘアケアの改善で改善する見込みがありますが、生まれつきのくせ毛はどうしても人工的に、強く矯正しないと効果を感じにくいものです。

ヘアアイロンや縮毛矯正によってくせ毛を直毛に近づけることはできますが、これらを頻繁に行なうのは問題です。髪の見た目を良くしようとして行なっても、結局は髪にダメージを与えることになりますし、薄毛(ハゲ)が発症する引き金になることもあります。事前、事後のヘアケアによってダメージを軽減することを重視しながら、くせ毛と向き合いましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!