薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年4月13日

更新日:2018年9月5日

育毛のもうひとつの選択肢 薄毛(ハゲ)治療に漢方薬は効くのか

育毛のもうひとつの選択肢 薄毛(ハゲ)治療に漢方薬は効くのか

東洋医学の漢方薬は薄毛(ハゲ)治療にも有効です。ただし、自分の薄毛の原因を知らなければ期待した効果は得られません。

薄毛(ハゲ)に有効な漢方薬をいくつかご紹介し、漢方薬の飲み方をご説明します。

漢方で考える薄毛(ハゲ)

漢方の存在は知っていても、どのようなものなのかはっきりと理解していないという人もいるのではないでしょうか。そこで漢方の特徴や西洋医学との違いを説明し、漢方の目線で髪について解説します。

漢方は日本人向けに進化した伝統医学

漢方は中国の医学というイメージが強いですが、実は日本人の体質に合わせて進化してきた日本独自の伝統医学です。もともとは中医学という中国の伝統医学が5世紀頃に日本に伝わり、それから日本人の体質やライフスタイルに合わせて独自の発展をしてきました。

漢方医学で使用する薬を漢方薬、西洋医学で使用する薬を西洋薬と言います。この2つの薬の違いは含まれる成分の数です。西洋薬の多くはひとつの有効成分で作られています。さまざまな種類の成分を含んでいる場合もありますが、有効成分はひとつです。そのため原因がひとつの場合に対する病気への効果は高く、効果が出るスピードも早いです。
一方、漢方薬には複数の成分が含まれており、さまざまな臓器や器官に作用します。そのため原因がひとつではないような複雑な病気も改善できます。

また、西洋医学が臓器や器官など集中的に治療を行なうのに対して、漢方は個人の体力、体質、症状などを総合的に考慮して治療を行なうという違いがあります。たとえば便秘の症状で悩んでいる場合、西洋医学では腸の動きを良くするために整腸薬や便秘薬を使用するのが一般的ですが、漢方では腸だけでなく体全体にアプローチします。まず個人の体質を確認して、身体に熱がこもりやすい体質なのか冷えやすい体質なのかを判断します。それから身体に熱がこもりやすい体質の人には、潤腸湯(じゅんちょうとう)、身体が冷えやすい体質の人には桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)などのように、体質に合わせて漢方薬を選びます。

漢方の目線で考える髪

漢方医学では、髪は「血余(けつよ)」と呼ばれています。由来は全身を巡り、あらゆる細胞や臓器に栄養を与える血液の余った分が、髪の成長に使われているという意味から来ています。そのため漢方では、身体のどこかが不調をきたし、その部分に血が使われると、余りで使われている髪にまで回らなくなり薄毛(ハゲ)になるという考え方をします。
また、漢方では腎臓が髪の状態に関係していると考えます。腎臓は泌尿生殖器系、内分泌系、免疫系などさまざまな器官に関わっており、幅広いはたらきをもっています。そのため腎のはたらきが弱いと、ホルモンバランスの乱れや老化の原因となり、髪の成長の妨げとなるのです。

漢方の理論から見る薄毛・抜け毛のタイプ

薄毛

まずは東洋医学の観点から、抜け毛の原因を確認しましょう。

東洋医学では薄毛(ハゲ)の原因は次の3つのどれかが当てはまると考えられています。

血虚

血虚(けっきょ)とは「血液不足」の状態を指します。わかりやすくいえば血行不良のことです。

髪は血液によって送られる栄養を元に成長します。血行が悪くなると栄養不足になり、髪は育ちにくくなるのです。

気虚

気虚(ききょ)とは「気が不足した状態」という意味です。気とは生命エネルギー、つまりその人の活気のことですから、気虚とはストレスが溜まり、心が落ち着かない状態を指します。

ストレスを感じると自律神経の交感神経が活発になります。このとき血管が収縮し、血行不良を起こして髪も体も栄養不足の状態になります。つまり気虚は血虚につながり、薄毛の原因になるのです。

腎虚

腎虚(じんきょ)とは「老化」を意味します。腎とは長や老化、生殖を司る機能を指します。回復力や免疫力が低下することで抜け毛やヘアサイクルの乱れが発生すると考えられています。

まとめると、東洋医学では血行不良とストレス、そして老化の3つが薄毛(ハゲ)の原因と考えられています。

さて、これらの状態に効く漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか。

薄毛の原因に合わせたおすすめの漢方薬

血虚、気虚、腎虚にはそれぞれどんな漢方薬を処方するのでしょうか。

血虚の場合

■当帰芍薬散

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は血行促進効果のある漢方薬です。漢方薬の原料である生薬(しょうやく)としてはトウキとシャクヤクを用いています。トウキには血行促進効果があり、シャクヤクは肩こりなどの血行不足が原因の痛みをやわらげる効果があります。

気虚の場合

■柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、心を落ち着ける作用のある漢方薬です。生薬には膨満感や圧痛を抑えるサイコ(セリ科植物の根)、動悸や神経過敏を抑えるリュウコツ(化石化した動物の骨)を用いています。他にも、ストレスによる胸の吐き気を抑えるハンゲ、サイコとともにストレスによる体の亢進状態(気持ちの高ぶり)を抑えるオウゴンが用いられています。

腎虚の場合

■八味地黄丸

八味地黄丸(はちみじおうがん)は、衰えた体の機能を補う効果を持つ漢方薬です。夜尿症や足腰の痛みなど下半身関連の衰えにも用いられます。8種類の生薬で作られた漢方薬で、ジオウと呼ばれる植物が主薬です。

漢方薬の考え方

漢方薬は、風邪薬などのように病気に直接作用するのではなく、体の低下した機能を活性化させて病気を治すことを目指すものです。薄毛(ハゲ)の治療も「毛を生やすようにはたらきかける」のではなく、薄毛の原因をさぐり、血の巡りや体力・免疫力の低下が原因であればそれらの改善をして原因を解決することで治療をめざします。

遠回りだともいえますが、症状の根本にはたらきかけて解決をめざす点では理にかなっています。また、同じ原因で起きていた他の体の不調の回復にも役立ちます。

ところで漢方薬には正しい飲み方があるのをご存知でしょうか。

漢方の正しい飲み方

漢方薬も他の内服薬と同様に正しい飲み方を守る必要があります。用法・用量を守って飲むことで本来の効果を発揮します。

飲む回数とタイミング、そして「毎日飲むこと」が大事

漢方薬は、1日3回を食前もしくは食間(食後2時間以内)に服用します。

漢方薬は様々な生薬を配合して作られており、生薬ひとつひとつの成分はごくわずかです。そのため、胃が空の状態で服用することで吸収されやすくなり、効果が出やすくなります。

飲むときは水で飲みましょう。お茶、ジュースなどで飲むとそれらの成分で薬効が阻害される可能性があります。

また、毎日飲み続けることも重要です。

漢方薬は即効性がなく、効き目もマイルドです。よって、習慣的に飲み続けなければ効果を実感できません。1日飲み忘れたら効果がなくなる、というわけではありませんが、毎日飲む習慣を身につけましょう。

注意!漢方薬の飲み合わせ

漢方薬は基本的には副作用がありませんが、異なる漢方薬を併用すると、いわゆる飲み合わせの問題が起きることがあります。

作用の相殺

違う漢方薬を飲むことで作用が相殺され、効果を得られない場合があります。

たとえば、発汗作用のある生薬を含んだ漢方薬と、汗を止める作用のある生薬が含まれた漢方薬とをいっしょに飲めば、効果は相殺されます。漢方薬は、様々な薬効が複合的に体に作用するものですから、何かひとつの効果が相殺されると、本来の治療効果が得られなくなることもあります。

生薬の過剰摂取

生薬の中には、摂り過ぎると副作用が発生するものもあります。

たとえばカンゾウ(甘草)は1日5グラムが上限値です。カンゾウは応用範囲が広く様々な漢方薬に使われており、いくつかの漢方薬を飲むとカンゾウの過剰摂取になって血圧が上がるなどの副作用が発生する可能性があります。

対策:クリニックでの相談・処方を

作用の相殺も生薬の過剰摂取も、専門家以外には判断が難しいものです。また、自分の体質に合っているか、向いているかについても検討が必要です。

漢方薬を安全に試すには、クリニックで処方してもらうのが一番です。

AGAクリニックでの薄毛(ハゲ)治療で、漢方薬を処方されることもあります。漢方薬の知識ももつ薬剤師が診断結果を元に適切に処方するので、必要な漢方薬を安心して服用できます。他の医療機関にもかかっている場合はお薬手帳を渡しておけば飲み合わせの問題も考慮してもらえるでしょう。

漢方薬で薄毛(ハゲ)治療を

笑顔の男の人

薄毛(ハゲ)治療の方法のひとつとして漢方薬も有効です。それぞれの効用をもつ生薬を配合してつくられた漢方薬は、体のなんらかの不調が原因で薄毛の症状が出ている場合、原因の不調を改善することで薄毛の症状にアプローチします。同じ原因で起きている他の不調、健康上の問題の解消も期待できます。

漢方薬は体質を改善することで様々な症状の解消をめざすものですから、毎日飲み続けることが大事です。また副作用の心配はありませんが、複数の漢方薬を飲むと特定の生薬の過剰摂取、いわゆる飲み合わせの問題が起きる可能性があります。健康と安全のため、漢方薬はクリニックで処方してもらいましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!