薄毛に関するお悩み 薄毛に関するお悩み

薄毛に関するお悩み

公開日:2018年4月13日

更新日:2018年9月5日

タバコ

タバコは薄毛(ハゲ)の原因!3つの依存から抜け出す禁煙方法

タバコをやめたいと思っている喫煙者は、健康によくないとわかっていてもやめられない、と困っていることでしょう。タバコは健康への害だけでなく、髪にも悪影響を与えます。

タバコ、喫煙は薄毛の原因にもなるのです。喫煙が髪にどのように影響するか、また禁煙できたらどう変わるのかをご説明します。

喫煙とAGAの関係性

抜け毛 喫煙はAGA(男性型脱毛症)を進行、悪化させる要因のひとつです。 「喫煙者は非喫煙者に比べてAGA発症率が1.7倍以上も高い」「喫煙本数が1 日20本以上の男性はそうでない男性よりもAGAになる確率が2倍以上高い」といった研究報告もあります。

禁煙が薄毛に効果がある理由

禁煙すれば薄毛の進行を遅くできる

AGAは複数の要因が重なっており、禁煙だけでは直接的な薄毛の改善にまでは至りませんが、進行を遅くすることはできます。 具体的に確認しましょう。

■禁煙→血行不良が改善される

タバコに含まれるニコチンには、体内に取り込まれると動脈を収縮させる作用があります。 体に栄養を届けるのは血流を介して行われており、動脈が収縮した状態では血行不良状態になり、栄養を効率よく届けることができなくなります。 髪の毛も血液から栄養を受け取って作られ、伸びるものですから、血行不良により頭皮と毛根に栄養が届かなければ髪の成長に悪影響が出ます。

禁煙することによってニコチンの動脈収縮作用による血行不良は軽減され、毛根に栄養が届きやすい状態に戻せます。

■禁煙→ビタミンの消費が減る

喫煙によりニコチンなどの有害物質が体内に取り込まれると、大量の活性化酸素が発生します。この活性化酸素の生成の際に体内のビタミンが消費されますが、ビタミンは髪にも必要な栄養素です。ビタミンの消費は髪の栄養不足につながります。

禁煙することで活性化酸素の大量発生を防ぎ、ビタミンの消費も抑えられて、ビタミン不足で髪が育ちにくくなる状況を回避できます。

■禁煙→「喫煙のストレス」をなくす

過度のストレスも血管を収縮させて血行不良状態を招きます。喫煙はビタミンを消費、破壊する作用があるため、人はビタミン不足によるイライラを感じます。このイライラ感がストレスとなり、ストレスによる血行不良、そして髪の栄養不足へとつながります。

喫煙がストレス解消手段、禁煙しようとするとストレスがたまるといった話はよく見聞きしますが、多くの喫煙者は喫煙自体がストレスを生んでいることは知らないものです。禁煙すれば、当然、喫煙によるストレスはなくせます。

禁煙による薄毛改善効果の体験談

実際に禁煙をすることで、体調だけではなく髪にも影響が出たという人もいます。 下記にて体験談をいくつか紹介します。

■30代前半・男性

妻の妊娠をきっかけに、タバコをやめて3ヵ月になります。 毎日2箱近く吸っていたのをいきなり止めたので、多少のストレスはありますが髪に対してもいい影響が出てきました。30代になってどんどん抜け毛が増えている気がしていましたが、最近では朝起きた時に枕についている抜け毛や、髪を洗っている時に抜ける毛が減っています。それだけではなく、新しく産毛も増えてきました。 喫煙は髪に悪いと聞いていましたが、禁煙することでこんなにも効果があるとは思いませんでした。これならなんとか続けていけそうです。

■20代後半・男性

だんだんと吸う本数も増えてきて、タバコにかかる費用が多くなったので、思い切って禁煙しました。 少しずつ本数を減らしていき、1年で禁煙に成功したのですが、その際に一番驚いたのが髪の変化です。 細かった髪が禁煙生活でしっかりとした太い髪になって、髪にボリュームが出てきたんです。

父親が薄毛で、これも遺伝かと諦めていたんですが、今ではそんな心配もないようなふさふさの髪になっています。薄毛は遺伝だけが原因じゃないんだなと感じました。

■40代後半・男性

髪が薄くなってきたのを気にしてAGAクリニックに行ったのですが、その時に薄毛対策といっしょに禁煙を勧められました。 それがきっかけで禁煙したのですが、なかなかうまくいかずに我慢できなくなった時に度々吸うというのを繰り返していました。でも、頻度が下がったおかげか、抜け毛も実感できるほど少なくなりました。「ああ、これは本当に効果があるんだな」と思い、気合を入れ直しました。いまは半年ほど禁煙が継続できています。

■50代前半・男性

通院がきっかけで、医師から禁煙を勧められてしまいました。妻にも説得されて、なんとか禁煙中です。一度身体を崩してしまうとなかなかに及び腰になるもので、吸いたいと思うのもなんとか我慢できるようになりました。 髪にもいい影響が出ていて、抜け毛が減るだけではなく、髪にもツヤがでてきた気がします。諦めていた育毛も、また頑張ってみようと思います。

体験談からわかること

すっぱりタバコをやめた人、禁煙を志すもすぐにはやめられなかった人、ときどき再び喫煙してしまう人もいましたが、一様に禁煙による薄毛症状の緩和を感じていました。 喫煙しない人とほぼ同じ状態に戻っただけで薄毛症状の改善を感じたくらいですから、逆にいえばそれだけ喫煙は薄毛症状を進行させる、ということもわかります。

あまりないとは思いますが、「喫煙の習慣がないけれどもこれから吸い始めようか」と考えている人には、喫煙は薄毛のリスクを高めて症状を進行させるものですから、どうか思いとどまってほしいところです。

禁煙に我慢は必要ない!楽にタバコをやめる方法

多くの人が禁煙に失敗するのは、3つの依存が原因です。その依存を認識し、正しく対処することで簡単かつ、楽に禁煙できるようになります。禁煙の妨げになる3つの依存と、その対処法をお教えします。

ニコチンの依存

タバコを吸うとニコチンが肺から血液の中に入り、脳に届きます。脳にはニコチンが結合すると快楽を感じる受容体があり、その受容体にニコチンが結合すると快楽物質であるドーパミンが放出されます。ドーパミンは本来、褒められたときや感動しているときなどに多く分泌される神経伝達物質ですが、タバコを吸うとドーパミンが放出されて快感が得られるため、もう1度タバコを吸いたくなり、いつの間にか依存するようになるのです。

■運動でニコチンの依存から抜け出す

ニコチン依存から抜け出すためには、タバコに変わる方法でドーパミンを放出させましょう。ドーパミンを放出する効果的な方法は運動です。運動をするとドーパミンの放出により、タバコを吸いたいという気持ちが抑えられます。 激しい運動をする必要はなく、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を1日5分行なうだけでも、ニコチン依存への対策として効果が期待できます。

習慣の依存

「食後に必ず一服する」「タバコを吸うときはコーヒーを一緒に飲むことが多い」などタバコを吸うにあたって自分なりの習慣やパターンがある人は多いのではないでしょうか。その習慣やパターンも依存となるため、禁煙の妨げになります。

習慣の依存がある人は、条件反射によってタバコが吸いたくなります。条件反射は経験などから学習したことで反応する現象のことです。たとえば梅干しが口の中にあると想像しただけで唾液が増えるのは、梅干しが酸っぱいということを学習しているからです。そのため実際に梅干しをなくても想像しただけで身体が反射的に唾液を分泌するようになります。

タバコの場合も同様で、食後にタバコを吸う習慣がある場合、ご飯を食べ終わったらタバコを吸いたくなり、タバコを吸う時にコーヒーを一緒に飲む習慣がある場合、コーヒーを飲むとタバコが吸いたくなるのです。

■タバコと関係している環境や物を遠ざける

習慣の依存の対策法は非常にシンプルで、タバコと関係している環境や物を遠ざけるだけです。たとえば食後に一服する習慣がある人は、禁煙席でご飯を食べるようにし、タバコを吸うときにコーヒーを一緒に飲む習慣がある人は、コーヒーを飲まないようにしましょう。これだけで習慣の依存から抜け出すことができます。

心の依存

心の依存とはタバコに対して間違った認識をしていることで、心理的にタバコに依存していることです。具体的にはタバコの害を小さく考えている、タバコを吸うとストレス解消などの良いことがあると思っている、禁断症状は耐えられないものと思っている、などが挙げられます。

タバコを吸うとストレス解消になると思っている人は非常に多いですが、それは大きな勘違いで、逆にタバコはストレスを増やす原因となります。タバコを吸うと、禁断症状から解消されるため一時的なストレス解消になりますが、ニコチンが切れると、イライラした気分になりさらに大きなストレスとなるのです。禁煙したほうが禁断症状によるイライラがなくなるため、喫煙時よりもストレスの度合いは低くなります。

■タバコに対する勘違いを改める

心の依存の原因はタバコに対する考え方の誤りによって起こります。「タバコにそれほど害はない」「タバコはストレス解消に効果的」などのタバコに対して間違った認識をすることで、タバコは良いものだという考え方の偏りが強くなり、心の依存が強くなってしまうのです。

心の依存を解消するためには、「自分がタバコに対して間違った考え方をしているかもしれない」と1度認識することが大切です。1度自分の考え方の偏りを認識し、「禁煙はしたほうが良い」と理解するだけで心の依存から抜け出しやすくなります。

タバコをやめて、薄毛のリスクを減らそう!

男性 ストレスを軽減するために喫煙しているという人は、その喫煙がストレスの原因のひとつであることを覚えておきましょう。一時的に心は楽になるかもしれませんが、身体は負担を抱えてしまいますし、まわりまわって精神的にも負担を与えるものなのです。

また、喫煙者は非喫煙者に比べて薄毛の進行が早いこと、症状がより深刻になることも大きな問題です。すでに薄毛対策を始め、治療をしているのならば、喫煙が薄毛対策の効果を大幅に減らしていることになります。健康のため、そして薄毛の進行を防ぐためにも、ぜひ禁煙を検討してください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!