頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月10日

頭皮のかさぶた3つの原因と治療法 かさぶたを剥がす癖をやめる方法

頭皮のかさぶた3つの原因と治療法 かさぶたを剥がす癖をやめる方法

頭皮にできたかさぶたをついつい剥がしてしまっていませんか。実は頭皮のかさぶたは脂漏性皮膚炎や白癬などの病気が原因の可能性もあるので、剥がすのは危険です。

そこで頭皮にできたかさぶたの原因や治療法、そしてかさぶたを触らないようにするトレーニング方法をご説明します。

色で判断しよう 頭皮のかさぶたの種類

まずは自分のかさぶたの種類を確認しましょう。頭皮のかさぶたには3種類あります。

白いかさぶた

白いかさぶたは表皮が肥厚(フケがたくさん重なった状態)して白くみえるもので、カサカサしていて、かゆみがあります。

黄色いかさぶた

黄色いかさぶたは膿が固まったもので、ジュクジュクしていて、強い痛みがあったり、熱を持ったりします。

赤黒いかさぶた

赤黒いかさぶたは血液が固まったもので、かゆみをともなうことが多いです。

種類によって違う 頭皮のかさぶたの原因

男性の頭皮

かさぶたができる原因を種類別に説明します。

白いかさぶたの原因

白いかさぶたができる原因は頭部白癬(はくせん)です。頭皮が白くなるさまから、シラクモとも呼ばれます。

頭部白癬とは水虫の原因としても知られている白癬菌(はくせんきん)が、頭皮にして感染して起こる皮膚疾患で、大量のフケ・かゆみ・抜け毛・患部が赤く腫れる、といった症状があらわれます。

黄色いかさぶたの原因

黄色いかさぶたができる原因は脂漏性皮膚炎です。脂漏性皮膚炎とは皮脂の過剰分泌によってカビの一種であるマラセチア菌が異常に増殖し炎症を起こす皮膚疾患で、皮脂腺が多い頭皮や鼻の周り、耳の後ろなどで見られます。

脂漏性皮膚炎の主な症状はかゆみ、赤み、抜け毛、臭いなどです。

赤黒いかさぶたの原因

赤黒いかさぶたは頭をぶつけたり掻いたりして出血したときに、傷を保護するために血液が固まってできます。傷が治ると自然に剥がれ落ちますが、寝ている間に頭皮を掻いて爪でかさぶたを剥がして、出血すると再びかさぶたができます。

なお、何度もかさぶたを剥がすと傷跡が残りやすく、菌が侵入して感染症を起こす可能性があります。

薬が必要になることも 頭皮のかさぶたの治療法

かさぶたの治療法を種類別に説明します。

白いかさぶた・頭部白癬の治療法

頭部白癬は外用の抗真菌薬で治療しますが、白癬菌が毛穴の奥に侵入するほど重症化している場合は、外用薬が効かないので内服薬で治療します。

使用する内服薬の種類はテルビナフィンやイトラコナゾールなどです。症状が治まった後も再発を予防するために、6週間はテルビナフィンを内服します。

黄色いかさぶた・脂漏性皮膚炎の治療法

脂漏性皮膚炎の治療は短期間で症状を改善できる外用のステロイド薬と、抗菌薬を使用します。ステロイド薬は炎症反応を抑えてかゆみや赤みを取り除く効果はありますが、脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌の殺菌はできません。そのため、炎症はステロイド薬で抑え、同時に抗菌薬でマラセチア菌を殺菌します。

なお、ステロイドは自己判断で使用を中断するとかゆみや赤みが再発するため、必ず医師の指導にしたがって使用しましょう。

また、頭皮の脂漏性皮膚炎は悪化すると脂漏性脱毛症につながるおそれがあります。脂漏性脱毛症についてはこちらの記事で詳しく解説していますので併せてご参照ください。

脂漏性皮膚炎は頭皮でも発生!悪化すれば脱毛症になる危険も

赤黒いかさぶた・外傷の治療法

外傷によってできたかさぶたは、再発防止がもっとも大切です。寝ている間に頭皮を掻くのが再発の原因なので、爪を短くきって頭皮に傷ができないよう予防しましょう。

かさぶたを治療したとしても剥がす癖が治らないと、何度もかさぶたを繰り返す可能性があるので、剥がす癖をやめることも大切です。

今すぐできる 頭皮のかさぶたを剥がす癖をやめる方法

頭を触る男性

かさぶたを剥がしてはいけない理由

かさぶたは傷から出血した血液や血しょう成分が固まったもので、傷口を保護したり細菌の侵入を防いだりする役割があるため、剥がすと傷口が露出して細菌に感染し、傷の治りが遅くなります。

かさぶたを剥がすのは良くありませんが、「どうしても触ってしまう」「ついつい剥がしてしまう」という人もいるでしょう。そこで、かさぶたを剥がす癖をやめる方法をご紹介します。

かさぶたを触る回数を徐々に減らす

かさぶたを頻繁に触る人は触る回数を徐々に減らす方法が効果的です。全く触らないと決めるよりも、徐々に回数を減らしたほうが、「かさぶたを剥がしたい」というストレスを軽減できるため我慢しやすくなります。

たとえば1日に50回かさぶたを触る場合、10回触る回数を減らすだけで、5日間かけて徐々にやめられます。10回減らすのが苦しいと感じるなら、我慢する回数を減らして、自分が我慢できる範囲で徐々に減らしましょう。

かさぶたを触るかわりに新しい仕草を練習する

かさぶたを触るかわりに新しい仕草を身につける方法も効果的です。

たとえば、かさぶたを触りそうになったら触るかわりに頭をなでるようにし、1日に何度もこれを繰り返します。するとこの仕草を体が覚えるため、かさぶたを触ろうとすると、無意識に頭をなでるようになります。他にもかさぶたを触りそうになったら手をギュッと握るのも効果的です。

これらの方法はハビット・リバーサル・トレーニングと言い、癖を他の癖に置き換えるというものです。頭をなでる方法や、手をギュッと握りしめる方法を実施すると、頭皮のかさぶたを剥がす癖が別の癖に置きかわります。

この方法の良いところはすぐに実践できることです。はじめのうちは、つい忘れてしまってかさぶたを剥がすかもしれませんが、繰り返し実践すると癖を置き換えられるはずです。

かさぶた周りがかゆいときの対処法

かゆみに我慢できなくて掻く行為はかさぶたを剥がす原因になります。かゆみは冷たいという刺激で和らげられるので、かさぶたやその付近がかゆい場合はタオルに包んだ保冷剤をかさぶたに当てるなどして対処しましょう。

頭皮のかさぶたは適切な手段で無くせる

頭皮のかさぶたは、怪我以外にも頭皮環境の悪化が原因で作られます。皮脂の過剰分泌や白癬菌など、原因によってかさぶたの色も変わります。

頭皮のかさぶたは原因によって治す方法が異なります。傷が原因の赤黒いかさぶたは自然に治りますが、白癬菌が原因の白いかさぶた、脂漏性皮膚炎が原因の黄色いかさぶたなどは皮膚科で薬を処方してもらい治療する必要があります。 そういった治療が必要なかさぶたを放置すると薄毛(ハゲ)につながるため、できるだけ早く治しましょう。

かさぶたを繰り返し剥がす行為は、傷が悪化したり、傷跡が残ったりする原因になるので良いことはひとつもありません。頭皮の健康を守るためにも、かさぶたを剥がす癖をやめる方法を実践しながら、病院で治療を受けましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!