頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2019年1月16日

頭皮のかゆみは放置するとハゲる?かゆい頭の原因と解決法

頭皮のかゆみは放置するとハゲる?かゆい頭の原因と解決法

頭皮のかゆみはさまざまな要因が絡み合って生じます。そのため改善するためには原因を特定し、取り除くことが大切です。

頭皮は何が原因でかゆくなるのか、そしてどう治せばいいのか、かゆみの原因と対策方法をご紹介します。

■シャンプーの原因と対策法

頭皮の洗い方に問題がある

「毎日きちんとシャンプーをしているのに、頭がかゆい…」という悩みを持つ人は意外と多いです。ここでは、頭がかゆみを起こす原因を見てみましょう。

  • すすぎ残しがある

    すすぎが充分でなく、シャンプーが残ると頭皮が刺激されます。その刺激が原因でかゆみが生じます。

  • 髪の洗いすぎ

    1日3回以上もシャンプーをすると必要な皮脂まで洗い流され、頭皮の乾燥を招きます。すると皮脂によるバリア機能が低下するため、刺激に敏感になりかゆみが生じます。

    また、乾燥はフケの悪化も招くため、頭皮の保湿は重要です。乾燥の対策についてはこちらの記事をご覧ください。

  • 頭皮が傷ついている

    シャンプー中は温かいお湯で頭皮は柔らかくなっています。柔らかい状態の頭皮に爪を立てて掻くように洗ったり、力を込めてゴシゴシ洗ったりすると、頭皮は簡単に傷つきます。

    結果、傷ついた箇所に菌や汚れが入り、アレルギー反応が出てかゆみを引き起こします。

シャンプーの成分があわない

自分の体質と相性の悪い洗浄成分が強い刺激となり、かゆみが生じるケースもあります。シャンプーに含有される洗浄成分は、多種多様なので人によって合う成分や合わない成分が異なります。

とくに高級アルコール系シャンプーに含まれる洗浄成分は洗浄力が強い分、頭皮への刺激を与えやすく強いかゆみが生じることがあります。

洗浄成分の見直しも効果的です。なお、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムが高級アルコール系シャンプーの洗浄成分です。

添加物が含まれている

食品に含まれる成分の中には、防腐剤などの添加物が含まれています。この添加物によってアレルギーを引き起こし、かゆみが引き起こされます。

また、かゆみだけではなく肌荒れや赤みなどの肌荒れトラブルが起こることもあるため、シャンプーの中に含まれている成分に添加物があるかどうかを確認しましょう。

■頭皮のかゆみを防ぐシャンプーを選ぶ際のポイント

三本のシャンプーボトル

かゆみを防ぐシャンプーは人それぞれで、肌質によって合うものと合わないものがあります。大切なのは、自分の体質にあったものを探し、正しく使うことが正解です。

ですが、かゆみを防ぐためのシャンプー選びにはある程度の条件があります。

    • 刺激の少ないものを選ぶ

      かゆみが少ないシャンプーを選ぶ際、なるべく頭皮に刺激のないものを選ぶのが良いでしょう。頭皮に刺激が少ないことで有名なのが、アミノ酸系シャンプーです。

      ただ、アミノ酸系シャンプーの中にも高級アルコール系シャンプーの洗浄成分が含まれているものがあるため注意しましょう。

      アミノ酸系シャンプーについて詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご参考ください。

    • 添加物の有無

      肌は弱く、アレルギー持ちの人が重視すべき項目です。とくにラウレス硫酸Naやポリオキシエチレンラウリルエーテルなどは刺激が強いため、使用する前にパッチテストをしておくと良いでしょう。

      アレルギーの人であれば、気をつけておいた方がいい添加物の種類を確認しておくのもおすすめです。

頭皮の状態

シャンプー選びの根本的な問題に頭皮の状態があります。頭皮のかゆみの原因によって、シャンプー選びも変わってくるからです。

たとえば、高級アルコール系シャンプーで余分な皮脂を除去するほうが、頭皮のかゆみを解消できることもあります。

防衛反応あるいは、皮脂が多くマラセチア菌が増殖しているのであれば、アミノ酸系シャンプーよりも薬用シャンプーのほうが有効です。

おすすめのシャンプーは頭皮のかゆみやフケの原因菌に着目して開発されたスカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリーです。

有効成分のミコナゾール硝酸塩やピロクトン オラミンが、頭皮の菌にアプローチするためかゆみやフケが予防できます。さらに、7種類の保湿成分が含まれているため頭皮の乾燥を防げます。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

通常価格:4,500円(税込)
有効成分:「ミコナゾール硝酸塩」「ピロクトン オラミン」
商品説明:スカルプD スカルプシャンプー オイリーに新開発の成分「セラミライ」が配合されたシャンプーです。有効成分であるミコナゾール硝酸塩やピロクトン オラミンがフケやかゆみの原因にアプローチします。

 

また、皮脂の多さによっても選ぶシャンプーの基準は変わってきます。以下の記事を参考にして自分の頭皮の皮脂量に合ったシャンプーを探してみてください。

正しい方法でシャンプーをする

頭皮のかゆみを起こさないようにするには、適した洗浄力のシャンプーで頭皮全体を充分に洗い、泡が残らないように時間をかけてすすぎ落すことです。

また、シャンプーの原液をそのまま頭皮につけて泡立てると摩擦で頭皮が傷つく恐れがあるので、泡立てネット泡立てておきましょう。

頭皮を洗う際は力を入れ過ぎず、指の腹で頭皮を軽く動かすように揉むのがポイントです。仕上げにドライヤーで髪を乾かすときは、ドライヤーと髪を20センチほど離して使いましょう。

■頭皮湿疹の原因と対策法

頭のかゆみの原因は頭皮湿疹が関係している場合があります。

頭皮湿疹の症状

  • 小さな湿疹がある

    湿疹が出る症状です。頭皮に小さなポツポツが生じ、その周辺がかゆくなります。

  • かゆい箇所が赤くなる

    炎症を起こし、赤くなる症状です。頭皮が赤い場合、炎症を起こしている可能性があります。

  • 乾燥肌でフケが多い

    乾燥し、多量のフケが出る症状です。頭皮が荒れて、乾燥から守る皮脂も剥がれ落ちてなくなっている状態です。皮脂はフケとなり、髪の毛にちらばったり、肩に落ちていたりします。

頭皮湿疹の種類

頭皮湿疹は大きく4つに分類できます。

  • 接触性皮膚炎

    皮膚がかぶれるタイプの頭皮湿疹です。たとえば漆や金属、ゴムなどに触れると症状が現れる皮膚炎です。

  • 脂漏性皮膚炎

    過剰に分泌された皮脂が原因で発生する皮膚炎です。べとついたフケや、強いかゆみなどの症状が現れます。

  • 皮脂欠乏性皮膚炎

    頭皮が乾燥し肌荒れの症状が現れる皮膚炎です。

  • アトピー性皮膚炎

    頭皮湿疹の中で最も厄介なのがアトピー性皮膚炎です。このタイプはまだ明確な治し方がわかっておらず、アレルギー反応で発生する他、心因性のものも存在します。

    そのため治療が難しく、完治に時間が掛かるケースもあります。皮膚科で相談し、薬を処方してもらうのが効果的です。

頭皮湿疹の詳しい症状や具体的な治療法について知りたい人は、こちらの記事を参考にしましょう。

頭皮湿疹の対策法

カルテを記入する医師

頭皮湿疹が出た場合の対策法を紹介します。

  • 皮膚科で診てもらう

    専門家である医師に相談すると、現れている症状や生活習慣などから原因を特定してくれます。そして症状に合った治療薬の処方をしたり、生活習慣のアドバイスをしたりしてくれるのでセルフケアよりも高い効果があります。

  • 処方された薬を飲み切る

    処方された治療薬は最後まで使い切りましょう。途中で改善したからといって飲むのをやめてしまうと、完全に治り切っておらず、またぶり返すことがあります。

    用法用量を守り、完治させるためにきちんと飲み続けましょう。

■その他頭皮のかゆみが起きる原因と対策

頭皮にかゆみが起きる根本的な原因とは?

頭皮のかゆみは、身体的な原因と心理的な原因が引き金となります。

  • 頭皮の乾燥

    頭皮は年齢とともに乾燥しやすくなります。個人差はありますが、頭皮にあるセラミドやコラーゲンといった水分を蓄えるのに欠かせない成分が減少していくためです。

    また、季節や日光といった気候なども、乾燥の大きな原因になります。日光や外気にさらされることの多い頭皮は、気候による影響を受けやすく簡単に敏感な状態になります。すると、かゆみを感じる神経が反応しやすくなり、かゆみを感じることが多くなるのです。

  • 雑菌の繁殖

    本来、人の皮膚には常在菌とよばれる細菌が存在しています。常在菌は皮脂をエサとして食べて頭皮を弱酸性に保ち、雑菌の増殖を防ぐはたらきをします。

    ただし、常在菌はちょっとした環境の変化で頭皮に悪影響を与えます。たとえば、皮脂の分泌量が増えてマラセチア菌やアクネ菌が増殖すると、皮膚を刺激して頭皮の炎症を起こし、かゆみを生じさせます。

    常在菌が繁殖する原因のひとつが自然乾燥です。自然乾燥では髪と頭皮が乾くまでに時間がかかるため、乾く間に湿気を好む常在菌がどんどん繁殖します。

  • ストレス

    身体的な理由以外にも、過剰なストレスを抱えているとかゆみを感じる場合があります。社会的な重圧、生活習慣や寝不足などさまざまな理由でストレスを感じると、脂肪細胞からヒスタミンというアミノ酸が分泌され、皮膚の知覚神経に作用することでかゆみを生じさせます。

  • 感染症の疑い

    シラミのような寄生虫が人の頭に住み着くと、頭皮から血を吸いかゆみや湿疹を引き起こします。また、水虫の原因菌が頭皮に付着して、かゆみやフケ、脱毛などの症状を引き起こす場合もあります。

    主な感染源として、菌が付着した爪や指で頭皮を掻くことや家の中でペットを飼うことがあげられます。こういった感染症を防ぐには、感染の引き金となる行為を避けるか頭皮の清潔さを保つ必要があります。

  • 皮脂の過剰分泌

    頭皮の皮脂量が多いと皮脂を餌にする菌が繁殖し、かゆみやフケなどの頭皮トラブルを引き起こします。皮脂が増える原因のひとつは脂肪が多い食事なので、揚げ物やスナック菓子などの脂肪が多い食事は控えましょう。

頭皮のかゆみを改善する対策法

頭皮湿疹は医師の治療が必要になりますが、それ以外で頭のかゆみを改善するには、次の点を心がけた生活を送ることが重要です。

  • シャンプーは低刺激のものを選ぶ

    シャンプーはアミノ酸系シャンプーのような低刺激のシャンプーを選ぶのが最も無難です。また、シャンプーの際は洗い残しの無いようにしっかりと頭を流しましょう。

    また、逆に必要な皮脂も洗い流すため、一日に二回以上シャンプーで髪を洗うのは好ましくありません。
  • 薬用ローションでケア

    頭皮ケア商品には色々ありますが、かゆみの予防に有効なのはグリチルリチン酸ジカリウムが含まれている薬用タイプです。

    グリチルリチン酸ジカリウムが頭皮のかゆみに効果的な理由は以下で詳しく解説しています。健やかな頭皮へと導く有効成分の秘密に触れましょう。

  • 充分に睡眠をとる

    頭皮のかゆみ対策に睡眠は重要です。頭がかゆい原因のひとつにストレスがありますが、睡眠はストレス解消に最も有効な手段の1つであり、しっかり眠ることでストレスを軽減しはかゆみも軽くなります。

    もし、かゆみで寝付けないときは、皮膚科に相談してかゆみ止めの薬を処方してもらいましょう。

    その他、睡眠についての詳しい話はこちらの記事をご参考ください。

  • 食生活の改善

    偏った食生活は危険です。とくに脂質の多い食事は、分泌される皮脂の量を増やします。脂漏性皮膚炎を発症するリスクが高まるため、あぶらものを極力控えた栄養バランスの良い食事を摂ることが理想です。

    バランスの良い食生活において、野菜の摂取はとくに重要です。ほうれん草などに含まれるビタミンAは皮膚の健康維持に重要であり、レモンなどに含まれるビタミンCには炎症を抑える作用があります。

    野菜を積極的に摂ると良いでしょう。もし、栄養に偏りがある場合はサプリを飲むのも有効ですが、なるべく食事で摂取してみてください。

    ビタミンの摂取に関してはこちらの記事で詳しくまとめています。

  • ストレスを解消する

    日常生活で感じるイライラや不満、緊張などで身体に精神的なストレスがかかると、かゆみを感じやすくなります。2018年現在、厳密な関連性は解明されていませんが、ストレスを解消することでかゆみのリスクを軽減する効果が期待できます。

    ただし、ストレスは現代社会において切り離せない存在であり、知らず知らずのうちに多大なストレスを抱えていることも少なくありません。もしストレスのケアがうまくできていないと感じる場合は、ストレスの原因を突き止めて解消するにはどうすべきかを考えることが大切です。

    ストレスの発散方法はいろいろありますが、自分に適したものを選び適切に処理するよう心がけましょう。

  • 適度な運動をする

    軽い運動をすると、かゆみの原因になるストレスを軽減することができます。また運動によって適度に汗をかくと、頭皮の皮脂を浮かせてシャンプーによる洗浄効果を高めることも期待できます。

    改まって運動する時間が取れない場合でも、階段の昇り降りや徒歩による移動、ストレッチや軽い屈伸などをすることでも運動になります。できる範囲で積極的に運動を取り入れましょう。

    気軽にできる軽い運動についてはこちらの記事でまとめています。

  • 市販の薬でかゆみを抑える

    メントールが配合された塗り薬は、患部に適度な清涼感を与えてかゆみを抑える効果があります。かゆみの根本的な原因を解消するには不充分ですが、かゆみのせいで頭皮を掻きむしることがなくなるため、皮膚を傷つけてさらに悪化させることを避けられます。

    かゆみ止めの薬が手元になく、とっさに一時的なかゆみに対処したい場合は保冷パックや冷水で冷やすことでも代用できます。あまりにも長くかゆみを我慢するのもストレスの原因になりますが、極力かゆい場所は掻かないよう徹底しましょう。
  • かゆみのもとになる食品を控える

    特定の食べ物には、かゆみを感じる成分であるヒスタミンの発生を促すものや、ヒスタミンと似たかゆみを感じさせる成分が含まれています。

    たとえば魚介類であれば、サバやマグロ、イワシ、サケ、サンマといった光り物に多く含まれます。とくに鮮度の悪い生の状態は、かゆみを感じさせる成分が増えるので注意が必要です。

    他も豚肉やそば、里芋、ナスといった食材やワインやビールといった酒類も、頭皮のかゆみにつながる恐れがあります。かゆみの原因に心当たりがない人は、食事内容を見直しましょう。

■頭皮のかゆみと薄毛の関係

頭皮のかゆみは薄毛の直接的な原因にはなりません。しかし頭皮のかゆみが続いている場合、実は皮脂バランスの乱れや菌の繁殖などさまざまなトラブルが生じています。

その状態では髪が正常に育たなくなるため、抜け毛が増える恐れがあるのです。

■頭皮のかゆみはしっかりと対策をすることで防げる

頭皮がかゆくなる原因はさまざまあり、それは人によって異なります。もし現在かゆみに悩んでいるなら、自分に当てはまるものを探し、ひとつひとつ対処しましょう。

また、セルフケアだけで改善できない場合は速やかに皮膚科で相談してください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!