頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年9月14日

更新日:2018年10月23日

頭皮のにきびに膿が溜まったら?正しい対処法と予防法

頭皮のにきびに膿が溜まったら?正しい対処法と予防法

ふと頭皮を触ってみると、にきびができていることがあります。腫れた部分が気になって頻繁に手で触ったり、爪で引っかいたりすると、にきびが潰れて膿や血が出るので要注意です。にきびが悪化してさらにひどくなったり、傷跡が残ったりする恐れがあります。

頭皮ににきびができる理由と、にきびができたときの対処法や膿への対策、そして頭皮にきびができないようにする予防法を詳しくご紹介します。

頭皮にできるにきびの正体

まずは頭皮のにきびの特徴や原因についてご紹介します。

にきびと皮膚の雑菌との関係

人間の身体には、常在菌と呼ばれる雑菌が住み着いています。代表的なものとしては、お通じに関わる腸内のビフィズス菌や乳酸菌などがあります。腸内と同じく、人間の皮膚にも常に数種類の常在菌が存在し、それらの活動によって皮膚の健康が左右されます。

とくに肌トラブルであるにきびは常在菌の異常な繁殖など、複数の条件が揃うことで発生します。にきびは毛穴から分泌される皮膚の油分(皮脂)が毛穴の中に溜まって、それをエサとする常在菌が毛穴の中で繁殖したことによる炎症が原因です。そのため、にきびの正しい対処法は、原因である要素にどうアプローチするかという点にかかっています。

顔のにきびと頭皮のにきびは別物

にきびは顔だけにできるわけではなく、背中や胸、頭皮など身体中のあらゆる部位に起こりうる肌トラブルです。ただし、顔にできるにきびとそれ以外にできるにきびとでは、原因に明確な違いがあります。それぞれの特徴を確かめましょう。

顔のにきびの特徴と原因

顔のにきびを引き起こす主な原因は、皮膚にいるアクネ菌という常在菌の作用です。アクネ菌は空気を嫌い、皮脂が多い場所に住み着く性質をもっています。そのため皮脂が溜まりやすく、出入り口が塞がりやすい毛穴の中はアクネ菌にとって格好の住みかになります。

とくに思春期に顔にきびができやすい理由としては、皮膚の表面が厚くなって毛穴を塞ぐことや皮脂の過剰分泌、アクネ菌の繁殖が考えられます。

頭皮のにきびの特徴と原因

頭皮や背中、胸など顔以外にも膿の溜まったにきびができる可能性があります。顔のにきびと違って年齢に関わらずできやすい理由は、顔以外のにきびの原因はマラセチア菌という常在菌であることです。

マラセチア菌もアクネ菌と同じく皮脂をエサとして、空気を嫌い、皮脂が多い場所を好むのが特徴です。マラセチア菌の中には毛穴に侵入した時点で、身体が敏感に反応して炎症を引き起こす種類もいます。とくに皮脂が出やすい肌質で汗をかきやすい人は、マラセチア菌が繁殖しやすく、にきびができやすい傾向があります。

頭皮のにきびに膿ができた時の治し方

鏡をみる女性

頭皮のにきびが悪化すると、そこに膿が溜まってしまいます。そうなった場合のおすすめ対処法をご紹介します。

とにかく潰すのはNG!頭皮を清潔にして自然治癒させる

にきびができた際に「患部を爪で押しつぶしたり針で刺したりして膿を出すと、治りが早くなる」という俗説があります。ですが、頭皮のにきびに膿が溜まっても安易に潰すのはNGです。清潔でない爪や針を使ってにきびを潰すと傷口があらわになり、そこから細菌が侵入してさらなる炎症を引き起こす恐れがありますし、潰して膿を出したあとでも、再び膿が溜まることもあり、「早く治る」という考え方も疑問が残ります。

また、にきびを潰すと傷跡が残りやすく、かえって見た目を損なう結果になりかねません。

にきびができた場合はにきびを潰して膿を出そうとはせず、患部を清潔に保ち、徐々に回復するまで触らないようにしましょう。また、にきびがたくさんできたり症状があまりにも悪化したりするなら、一度皮膚科での診察を検討してもいいかもしれません。

膿の溜まった頭皮にきびを作らない予防法

にきびは様々な条件が重なることでできるものです。逆に考えれば、にきびができる条件が揃わないように気をつければ、にきびを予防できる、ということです。

また、すでににきびができてしまった場合でも、症状を悪化させないように努めることで早い回復を期待できます。

頭皮のにきびを悪化させない対策や、頭皮のにきびの予防法をご紹介します。

頭皮を清潔に保つ

人間の皮膚は、普段は弱酸性を保っていて、常在菌が増えすぎないバランスを保っています。ただ、常在菌のエサとなる皮脂が多く出たり、皮膚の酸性濃度を薄める汗を大量にかいたりすると、アクネ菌やマラセチア菌は異常繁殖します。

この流れが起こらないよう、つまりにきびを引き起こす常在菌を繁殖させないように、日頃から皮膚を清潔にすることが肝心です。頭皮ににきびを作らないようにするためには、入浴時に頭皮をしっかり洗って適度に皮脂汚れを落とし、また汗をかいたら放置せずこまめに拭き取りましょう。

肌を乾燥させない

肌が乾燥すると肌の機能が弱まり、常在菌が繁殖しやすくなります。とくに空気の乾燥は肌の水分を奪うので、部屋を加湿したり保湿クリームを塗ったりして肌を乾燥から守りましょう。

また、肌を清潔にすることは大事ですが、そのためにと一日に何度も肌を洗うと皮脂の落としすぎにつながり、皮脂のはたらきのひとつ、皮膚内の水分を保つ保湿の役割を弱らせるので問題です。

にきびを作らないためには、適度に皮脂汚れを落として肌を清潔にすることだけでなく、肌を乾燥させない配慮も必要です。とくに皮脂が出にくい肌質の人は保湿を意識し、また、ふだん頻繁に肌を洗う習慣がある人は適度な回数(朝と夜1回ずつ、どうしても皮脂が気になるなら昼に1回程度)に抑えてください。

正しい頭皮の洗い方や、乾燥から頭皮を守る具体的な対策を知りたい人は、次の記事をご覧ください。

カサカサ頭皮にご用心!皮脂不足と乾燥に悩まない洗い方や保湿を解説

皮脂の増えにくい食生活を心がける

皮脂は体内の栄養分から作られますから、食生活の偏りも皮脂の増加に影響する要因です。とくに中性脂肪が多い食べ物や炭水化物ばかりを食べていると、作られる皮脂の量も増えやすいので要注意です。

中性脂肪になりやすい食品としては、バターや生クリーム、チーズなどの乳製品、脂身の多い肉類が挙げられます。ご飯、パン、麺類といった炭水化物や、中性脂肪になりやすい食品ばかりを多く食べず、野菜や海藻類も摂って、不足しがちなビタミンやミネラルを補って栄養バランスを保ちましょう。

皮脂を増やしかねない食品の種類や、皮脂の分泌を抑えるために積極的に食べたい食品について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

偏った食事は皮脂まみれのもと!薄毛(ハゲ)知らずの頭皮を目指そう

質の良い睡眠をとる

肌の健康を保つには、日頃から充分な休養と睡眠をとることが大切です。睡眠不足になると体力の回復が充分にできず、様々な身体の不調を招きます。

睡眠にはストレス発散の役割もあります。睡眠が足りずストレスが蓄積すると、過剰なストレスが身体に負担をかけて血行不良を引き起こします。肌は血液から栄養を受け取ることで健やかな状態を保っているので、血行不良は肌の大敵です。良好な睡眠ができるよう、就寝前の60~90分前に浴槽に浸かる入浴を習慣づける、就寝直前はストレッチをする、などのスムーズに寝つける工夫をしましょう。

良好な睡眠をとるにはどうしたらいいのか、さらに詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。

健康な頭皮と抜け毛予防は睡眠が肝心 おすすめの対策でトラブルを解消

頭皮のにきびは潰さない!膿が溜まったら日頃の生活習慣を改善しよう

悩む女性

頭皮ににきびができたら、潰して膿を出すのは避けて触らずにおき、あえて何かするなら清潔な状態を保てるように心がけてください。もしにきびを潰すとさらにひどい炎症を引き起こしたり、にきび痕が残って見た目を悪くしたりするかもしれません。

にきびができた場合は、症状が悪化しないよう対策して自然に治るのを待ちましょう。あまりにも症状が長引いたり、膿をもったにきびが頻繁にできたりするならば、一度皮膚科医に相談するのも選択肢のひとつです。また、にきびの予防や症状の悪化を防ぐためには、日頃の生活習慣を見直しましょう。

たとえば、新陳代謝が活発で皮脂が多い肌質の人や汗をよくかく人は、正しいシャンプー方法で洗って頭皮を清潔に保つのがおすすめです。一方、皮脂が少なく乾燥しやすい肌質の人や、乾燥した環境で過ごす人は保湿を意識してください。頻繁にシャンプーをする習慣がある人も同様に、皮脂不足が乾燥に影響するので要注意です。

また、ふだん脂っこい食事や炭水化物ばかりを好んで食べる人は、メニューに野菜や海藻を積極的に加えて、不足しやすい栄養素を補いましょう。睡眠不足も肌の回復を遅くしたり、ストレスが溜まったりするので、頭皮が不健康になってにきびができやすくなります。日頃から寝不足ぎみな自覚がある人は生活習慣を見直して、良好な睡眠を心がけましょう。

にきびには黄色い膿をもったものや、ひりひりする赤みがかったもの、黒ずんだものなど様々な種類があります。いずれも潰すと悪化する可能性が高いので、どんなに気になって「潰したい」と思って「潰すと症状も見た目にもよくない、潰さないのが最善策」と思い出してください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!