頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年9月7日

更新日:2018年10月23日

リンスインシャンプーは頭皮に良くない? 通常のリンスとの違いとは

リンスインシャンプーは頭皮に良くない? 通常のリンスとの違いとは

リンスインシャンプー(もしくは2in1シャンプー)と呼ばれる、シャンプーにリンス要素をもたせた商品があります。節約や時短を心がける人にとって、1本だけでシャンプーとリンス両方の効果が得られるリンスインシャンプーは心強い味方でしょう。

ですが、「リンスを頭皮につけると良くない」という話を聞いたことがある人なら、リンスインシャンプーが本当に良い商品なのかどうか不安に思ってしまうかもしれません。

そこで、リンスインシャンプーについてお話します。

まずはシャンプーとリンスの基礎知識から

リンスを頭皮につけるのは良くない、と言われる理由はご存知でしょうか。

まずはシャンプーとリンスに関する基礎知識からおさらいしましょう。

シャンプーとは

シャンプー

シャンプーとは、頭皮や髪に付いたホコリや汚れ、そして余分な脂を落とすために使う洗剤です。シャンプーの洗浄成分には、水に溶けることで陰イオンを帯びる「アニオン界面活性剤」が主に用いられています。

アニオン界面活性剤は、脂や汚れを吸着する分子構造を持っていることから洗浄力が高いのが特徴です。脂や汚れをしっかり落とすことができるため、シャンプーには古くから使われています。

ただし、水に溶けると陰イオンを帯びてアルカリ性になり、使用すると、本来は弱酸性である頭皮や髪までアルカリ性になります。頭皮も髪も、弱酸性が健康的で望ましいpHです。頭皮には再生力があるため自然と弱酸性に戻りますが、髪は死滅細胞で再生力がないために時間経過で弱酸性に戻ることは難しいものです。

また、髪はアルカリ性になるとキューティクルが開き、指通りが悪くきしむことがあります。開いたキューティクルからは内部の水分や栄養などが外に出やすくなるため、放っておくと乾燥した髪になり、帯電することもあります。

リンスとは?

リンスとは、髪の保護を目的として使われる浴用化粧品です。成分は主に水に溶けると陽イオンを帯びる薬剤(カチオン界面活性剤など)と、油分などによって構成されています。

陽イオンを帯びる薬剤は、シャンプーによってアルカリ性になった髪を弱酸性へと戻し、キューティクルを閉じさせます。これによってきしみ、乾燥、帯電などから髪を保護する役割を持っています。

アルカリ性を弱酸性に戻すときには、陽イオンを帯びた薬剤が、シャンプーが髪に与えた陰イオンと引き合って吸着します。その際、陽イオンを帯びた薬剤と一緒に油分も髪に吸着するため、髪をコーティングして保湿し、さらに指通りを良くするなどの効果が得られる、という仕組みです。

問題は、この陽イオンを帯びる薬剤と油分のタッグによる吸着力の高さです。油分が髪に吸着してコーティングする分には、保湿や指通りを良くする効果があるだけなので問題はありませんが、頭皮につくと問題が起こります。

頭皮は毛穴から皮脂や汗などを分泌していますので、毛穴を油分で塞ぐと皮脂や汗の分泌がうまくいかず、かぶれや炎症の原因となります。シャンプーは頭皮も洗うため、当然頭皮にも陰イオンが付着しており、陽イオンと一緒に油分が吸着しやすくなっています。

このような理由で「リンスは頭皮にはつけてはいけない」と言われています。

リンスインシャンプーとは?

リンスインシャンプーは、シャンプーにリンスの要素をもたせた商品です。リンスインシャンプーで髪を洗ったあとはリンスを使う必要はない、というコンセプトです。

中味について詳しく見てみましょう。

リンスインシャンプーには主にシャンプーの成分に加えて、リンスと同様に水に溶けると陽イオンを帯びる薬剤と油分が含まれています。ここまでを見ると、リンス成分が入っているのでやはり頭皮につくのは良くないと思えるかもしれません。

ですがただシャンプーとリンスを混ぜているわけではなく、リンスインシャンプーは頭皮も洗うことが前提の商品のため、頭皮につけても問題がないように工夫が行なわれています。

リンス成分を時間差で溶かす「高分子化技術」

リンスインシャンプーに含まれるリンス成分(陽イオンを帯びる薬剤)は、高分子化という技術を用いて水に溶けにくく改良されており、時間差で水に溶けるようになっています。

これによって、リンスインシャンプーで洗髪するとまずはシャンプー成分(アニオン界面活性剤など)が水に溶けて頭皮や髪の汚れを落とし、洗い流す頃に後から溶け出したリンス成分がアルカリ性を中和しつつ油分とともに髪に吸着、髪を保護するという流れになっています。

このため、頭皮につけても問題なく、シャンプーとリンスの両方の効果を得られるようになっています。

ただ、髪が長い、あるいはシャンプーの時間が好き、といった理由で洗髪の時間が長くなりがちな人にはリンスインシャンプーは不向きです。充分な洗浄が行なわれる前にカチオン界面活性剤が溶け出してしまうと、やはり頭皮に油分が吸着する恐れがあります。

リンスインシャンプーは髪を洗う時間がさほど長くならない人に向いている、と言えます。

弱酸性のリンスインシャンプーも

また、シャンプー成分そのものに着目し、アニオン界面活性剤ではなく弱酸性の界面活性剤を使っているリンスインシャンプーもあります。このような商品ならば頭皮や髪に陰イオンが付着しないため、リンス成分が陽イオンをもっていても引き合うことがありません。そのため吸着率がやさしく、頭皮についても問題を起こしにくいです。

このように、リンスインシャンプーは成分が頭皮についても問題がないように工夫されており、頭皮の健康には配慮していると言えます。

アルカリ性の界面活性剤を使っていたとしても、リンスインシャンプーに含まれるリンス成分の量がリンスほどに多くないことも安心できる理由のひとつです。

リンスインシャンプーのメリット・デメリット

ボトル

リンスインシャンプーのメリット

  • 手軽に使える
  • 時短になる
  • 節約になる
  • シャンプーとリンスを別々に選ばなくて良い
  • シャンプー、リンスそれぞれの減り具合を気にしないで済む

シャンプーとリンスがまとめてできるため、手軽であり、時短になります。また、1本分の値段で済むだけでなく、すすぎの回数が1回分減るため水道代の節約、そして節水にもつながります。さらには、シャンプーとリンスを別々に購入しなくて良いので選ぶ手間を省けますし、2つの減る量の違いを気にすることもありません。

リンスインシャンプーのデメリット

  • 長い洗髪にやや不向き
  • 本格的なヘアケアにはならない

弱酸性のリンスインシャンプーを使用するのであればあまり問題はありません。しかし、アニオン界面活性剤の入ったリンスインシャンプーを使用する場合には、高分子化されたリンス成分が溶け出すまでに洗髪を終えていなければならないため、洗髪に時間がかかってしまう方にとっては相性が悪いと言えます。

また、リンス成分はリンスと同量入っているわけではないため、どうしても本格的なヘアケアにはリンスやコンディショナー、トリートメントに劣ることがデメリットとしてあげられます。

おすすめのリンスインシャンプー

もしリンスインシャンプーを使用するのであれば、弱酸性のリンスインシャンプーがおすすめです。アニオン界面活性剤を使用しているリンスインシャンプーでも、リンス成分が高分子化されているため安全ですが、より頭皮にやさしいリンスインシャンプーを目指すのであれば、リンス成分が頭皮に吸着しにくい弱酸性のリンスインシャンプーが向いています。

とくにおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD モーニング 炭酸ジェットスカルプシャンプー

通常価格:2,500円(税込)
内容成分:「ココイルグルタミン酸TEA」「グリチルリチン酸2K」「豆乳発酵液」など
商品説明:皮脂や汗からの頭皮トラブルを防ぐために、朝の洗髪用として開発されたシャンプーです。炭酸ジェットで睡眠中に発生した余分な皮脂と汗を除去します。

リンスインシャンプーは髪の状態を考えて使うかどうか判断を

リンスインシャンプーに使われているリンス成分は、高分子化されていることから頭皮につきにくく、頭皮についても大きな問題は起こしません。より頭皮の健康を気遣いたいのならば、弱酸性のリンスインシャンプーを選ぶとよいでしょう。

リンスインシャンプーは時短や節約などのメリットがあります。ただ、成分によっては洗髪に時間がかかる方には向かないことや、ヘアケア成分が少なめであり本格的なヘアケアにはおすすめできないなど、デメリットもあります。

もし、髪の傷みが気になっているなら、トリートメントでより充実したヘアケアを行なったほうがよいでしょう。リンスインシャンプーを使おうか悩んでいる最中ならば、自分の髪の状態や悩み、なりたい髪のことを考え、そしてリンスインシャンプーのメリット・デメリットも併せて検討材料にしてください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!