頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年9月27日

更新日:2018年9月27日

頭から滴る大量の汗を止める!頭部多汗症への正しい対処法

頭から滴る大量の汗を止める!頭部多汗症への正しい対処法

汗っかき、では済まないくらいの汗がたらたら、ダラダラと流れる頭部多汗症。清潔感がないと思われそうですし、日常生活にもいろいろ面倒が増えて厄介ですよね。

頭部は他の皮膚より汗を出す腺が多い部位ですし、髪が生えているから発汗を抑える手立ても限られてしまいます。かといって、いつまでもだらだらと頭から汗が滴るのを放置するわけにもいきません。

頭部多汗症とはどのような症状で、どうして発症するのか、汗をしっかり止めるにはどうすればいいのかをご紹介します。

頭部多汗症とは

頭部多汗症は、滝のように汗が出る症状です。汗をたくさんかくこと自体は、体の代謝が活発な証拠、良いこと…とも思えますが、多汗症の場合、通常では汗をかかない状況でも大量の汗をかく、あるいはちょっとしたことで汗をかくのが特徴です。

その影響で化粧崩れを起こしたり、机の上に汗が落ちたりするなど、生活の質が低下する、と言ってもいいほどめんどうが増えるものです。

頭部多汗症の原因

頭部多汗症は、精神的な刺激や日常生活の中で受ける身体的な刺激が原因として挙げられます。なぜ、精神的・身体的な刺激によって頭部から大量の汗が出てしまうのでしょうか。

自律神経の乱れ

自律神経のバランスが乱れると、緊急時やストレス時にはたらく交感神経が優位に立ちやすくなります。その影響により発汗が促され、頭からたくさん汗が滴り落ちる結果につながります。

とくに不安や緊張、ストレスの蓄積によって交感神経が必要以上にはたらいて大量の汗をかきがちです。

特定の食品を多く口にする

ふだん口にする食べ物によって頭部多汗症の症状が現れる場合があります。

  • 辛味または酸味のきいた刺激のある食べ物

  • カフェインを多く含む飲み物

  • 脂肪分の多い食べ物

これらを口にする機会が多いと多汗症につながりやすくなります。

刺激の強い飲食物は交感神経のはたらきを活発にして発汗を促しますし、脂肪分の多い食べ物は体に蓄積されると体の熱を体外に放出するはたらきが鈍り、体の熱が高まって汗をかきやすくなります。

病気、体の不調

病気や体の不調によって起こる多汗症の多くは体中から汗が出る「全身性」ですが、場合によっては頭部などの局所性多汗症として発症します。

頭部多汗症の発症と関連しやすい疾病としては、甲状腺機能亢進症が挙げられます。

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺が過剰にはたらき、身体の重要な機能のはたらく速度が上昇してしまう症状です。たとえば心拍数や血圧が上昇し、不整脈・多汗・体重減少などの身体的な影響が出たり、神経質や不安、睡眠障害といった精神的な症状を伴ったりします。

薬の服用

病気の治療で用いられる薬剤の中には、副作用として多汗をもたらすものがあります。以下のような薬を服用している場合は、多汗症のきっかけになっている可能性があります。

  • 塩酸ピロカルピン

口腔乾燥症治療に用いられる薬剤で、副作用として多汗が確認されています。

  • コリンエステラーゼ阻害薬

重症筋無力症の症状を治療する目的で使用される薬剤です。過剰摂取すると、多汗や腹痛の副作用が現れます。

使用する薬剤によっては、副作用や過剰摂取で多汗症の症状が現れる場合があります。気になったら処方医に相談しましょう。

原因が不明のことも?

ここまでに挙げた例にあてはまらないのに頭部多汗症を発症することもあります。いわゆる原発性多汗症で、この症状についてはまだ詳しく解明されていません。

ただ、遺伝の要素があるのではないか、との説はあります。日本では、重症レベルの多汗症患者のうち、家族内発症が見られる家系の遺伝子を調べたところ、多汗症を発症させる原因遺伝子の存在が示唆されています。

もし頭部多汗症を放置すると?

頭部多汗症は自然に治るものではありません。放置すると現在の生活の質を下げるばかりでなく、薄毛になる可能性までも高くなります。

なぜ薄毛になるのか、少し解説しましょう。

汗をかいたまま放置すれば、頭皮の皮脂や角質と混ざり、それを頭皮の常在菌が分解します。このとき不快な臭いが出ます。また、頭皮に汗や皮脂、角質の塊があるまま放置すると、頭皮や髪のターンオーバーを乱して髪の成長を妨げ、結果として抜け毛を増やしてしまいます。

頭部多汗症による薄毛発症リスクを下げるためにも、早い段階で対策を考えましょう。

日常生活でできる汗対策

女性

多汗症の人は汗のせいでいろいろと面倒が増え、ストレスが溜まりがちです。脇の汗対策グッズなどはたくさんありますが、頭には他の皮膚と違って髪が生えているので使えませんし、どうやって頭からの汗を止めればいいかわかりにくいですよね。

そこで、汗が出た場合に適した対処法と、汗が出にくくなる方法をお教えします。

もし汗が出たときの対処法

タオルでこまめに汗をぬぐう

頭部多汗症の対症療法として、吸収性の良いタオルですぐに汗を拭き取りましょう。タオルでこまめに汗を拭き取れば、あせもなどの肌のトラブルを防ぐのにも役立ちます。

タオルはハンドタオル、もしくはスポーツタオルを何枚か持ち歩くことをおすすめします。

帰宅後にすぐシャワー

汗をかいた日は、帰宅後にすぐシャワーを浴びるのをおすすめします。

汗と混じり合った皮脂は、すぐには髪や頭皮に影響しませんが、もしも入浴前にうっかり寝入ってしまったら、ったら、寝ている間に頭皮で雑菌が大量繁殖し、頭皮の状態が悪化します。髪や頭皮を清潔に保つためには、早めにシャワーを浴びることを意識しましょう。

また、髪を「正しく、効果的な洗い方」で洗うことも大事です。雑な髪の洗い方では充分に汚れを落とせません。

頭皮の汚れをしっかり落とせる洗髪方法は、以下のページでわかりやすく説明しています。頭皮を清潔な状態に整えるためにも、今日から正しい洗髪方法を実践しましょう。

シャンプーケアが頭皮の清潔感に差をつける!汗っかきな頭皮をきれいにする洗い方

汗を出にくくする3つの方法

1.頭用の制汗剤を使用

制汗剤は脇や体に使用するもの、というイメージですが、頭に使えるタイプの制汗剤もあります。日中の火照った頭皮をクールダウンできますし、気になる汗の臭いも抑えられるのでとても便利です。

また、頭に使用することを想定して水を使用していないタイプの制汗剤もあります。「ヘアスタイルを崩さずに、頭から出る汗を止めたい」という人には方にこのタイプがおすすめです。

2.血管を冷やす

頭部の発汗を効率よく抑えるには、冷たいもので血管を冷やすのがおすすめです。血管を冷やせば、頭や体全体を素早くクールダウンできるので、汗を抑えるのに有効です。

とくに頭部を冷やすのに良い部位は、首の後ろとこめかみから耳の間です。首の後ろには太い血管とリンパ節、こめかみと耳の間には皮膚表面間近に血管があるので、効率よく体温を下げられます。この2箇所を冷やしタオルや保冷剤、冷たいペットボトルなどを使ってクールダウンしましょう。

3.汗の抑制に良い食品を摂る

大豆製品とハーブティーを積極的に口にするのもおすすめです。

納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをします。そのため、自律神経やホルモンバランスを整えるのに有効です。もし、大豆製品の摂取が難しかったらイソフラボンのサプリメントを選びましょう。

またハーブティーは、副交感神経のはたらきを促してリラックス効果をもたらします。とくにリラックス効果が高いハーブとしては、ラベンダーやカモミール、ジャスミンが人気です。

汗を抑えるためにも、大豆製品やハーブティーを積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

クリニックの治療で頭部多汗症を止める

これらの対策をしても頭部からの汗が止まらないならば、医療機関を頼りましょう。

クリニックでの多汗症治療は皮膚科で診察や治療を受けて改善できる場合もあれば、精神科や心療内科の受診で症状が改善する場合もあります。

それぞれの代表的な治療方針をご紹介します。

皮膚科での治療

内服薬

多汗症で使用される主な内服薬は、抗コリン剤やプロ・パンサイン、コハク酸ソリフェナシンなどで、神経に作用して、汗を出すための脳の指令を抑えます。ただ、それぞれの薬は効果の出方にばらつきがあります。

内服薬は飲み続けることが前提なので、副作用が気になる方もいるでしょう。もし、副作用が気になるなら漢方薬に頼る手もあります。漢方薬は即効性こそありませんが、体質を改善して多汗症を抑えるのには長けています。

例として、気持ちを落ち着かせる柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、食べ物の消化による熱を下げる防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)、ホルモンバランスを整える加味逍遥散(かみしょうようさん)などがあります。

漢方薬を使用した治療では、まずは「どんなときに、どのように汗が出るのか」といった状況を細かく分析してから、体質に適した生薬を処方してもらえます。そのため、例に挙げた漢方薬以外のものがより適していると判断されることもありますので覚えておきましょう。

これらの漢方薬は市販もされていますが、「試しにどれか買ってみる」のではなく、まずは医師・薬剤師の処方を受けてください。また、複数の漢方薬を併せて飲むと、効果が出ないことや、思わぬ副作用が出ることがありますので注意してください。

塩化アルミニウム外用剤

日本皮膚科学会の『原発性局所多汗症診療ガイドライン(2015年改訂版)』によると、塩化アルミニウム外用剤は、全ての部位の多汗症治療に対して第一選択薬剤として推奨されています。塩化アルミニウム外用剤を患部に塗ると、皮膚のタンパク質成分に反応して角栓となり、汗腺口にフタをして物理的に汗の量を抑えるとされています。

また、塩化アルミニウムには殺菌効果があるので、汗臭を防ぎたいという方にもおすすめです。ただ、塩化アルミニウム外用薬は、あくまで汗量を抑えるための代物なので、体質を変える効果はありません。

なお、塩化アルミニウム外用剤の効果が出たら、一旦塗るのをやめましょう。この薬は「物理的に汗を抑えている」ような状態に導くものです。汗腺にフタをし続けると汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)の症状が起こりやすくなります。皮膚表面にブツブツができたりひどい炎症を起こしたりするので、塩化アルミニウムで汗が出にくくなったと思ったら、効果が切れるまでの間は塗るのを控えましょう。

薬の効果が出るまでの時期には個人差はありますが、だいたい1週間ほどで汗が出にくくなります。

ボツリヌストキシン治療

ボツリヌストキシン治療は、ボツリヌス菌がもつ神経伝達を鈍らせる作用を利用した治療法です。ボツリヌストキシンを汗腺付近に注入し、脳から伝わる発汗指令をシャットアウトして汗を出しにくくします。この治療法を継続すると、汗を抑える効果が倍増するのがこの治療法の魅力的な点です。

「注入」と聞くと注射を想像する人も多いかもしれませんが、クリニックによっては針を使わずに薬液を浸透させる、あるいは無痛麻酔を施したのちに薬液を注入するといった対応をとるところもあります。注射が苦手だという人は相談することをおすすめします。

交感神経遮断手術

交感神経遮断手術は外科手術で、頭部の汗をコントロールする神経を遮断します。頭部の発汗を抑える効果は高い反面、代償性発汗という他の部位の汗が増える副作用が出ます。そのため、手術で本当に汗を止める必要があるのかをよく考えましょう。

HRT療法

ホルモンバランスの乱れによって頭などの汗量が増えた場合、有効な治療法がホルモン充填治療(HRT)です。HRTは、内服薬や外用薬(貼りつけ剤、あるいはジェル)でエストロゲンなど減少した女性ホルモンを補います。ホルモンを補うことで、のぼせや火照り、多汗の症状を和らげる効果が期待できます。

ただ、HRT療法を続けると胃のムカつき、胸やお腹のハリ、おりものの増加といった変化が現れることがあります。その場合、医師と相談した上で薬の使用量や使用頻度を調節する必要があります。なお、HRTで処方される薬剤は、健康保険が適応されているので、処方費用が高額になる心配はありません。

精神科や心療内科での治療

カウンセリング

精神科や心療内科医は、精神不安が原因で大量に発汗する状態を「心のとらわれ」と説明します。発汗の不安を抱いたままだと、他の治療で多汗症を改善したとしても再発する恐れがあります。そのため、カウンセリングによる精神療法で、人前で汗をかくことへの不安を取り除きます。

内服薬

頭部多汗症などの局所的な発汗症状は、自律神経の乱れによって引き起こされると言われています。そのため、自律神経を整えて気持ちをリラックスさせるトフィソパムや抗不安薬、パロキセチンといった薬を使って治療を行ないます。

これらの薬を用いた療法は、ストレスによる発汗の症状が気になっている方におすすめです。

なお、これらの薬は精神科や心療内科で処方され、健康保険が適応されるので費用は高額にはなりません。

自律訓練法

自律訓練法とは、1932年にドイツの精神医学者が考案した自己催眠による治療法です。自律訓練法により自己催眠を積み重ねて、極度の緊張をほぐす、疲労を回復する、心身共に健康に整えることを目的としています。そのため、メンタルが原因の頭部多汗症の改善に期待できます。

自律訓練法は、外科や内科的な療法ではありませんが、臨床や経験的なものから科学的、段階的に構成された療法なので、誰でも安心して実践できる手軽さがあります。

自律訓練法は、「背景公式」から「第6公式」の計7つの段階があり、全ての段階を正しい方法で行なわないと効果が見込めません。確実に効果を実感するためにも、担当の医師から適切な手順の指導を受けましょう。

多汗症はセルフケアで間に合わないならクリニックへ

道具類

頭部多汗症の原因は、メンタルや生活習慣、病気、原発性(=なぜかかったのか原因不明)と多岐にわたります。ですが、大量に頭から滴る汗を抑える手立てはたくさんあるので不安ばかり抱えることはありません。

頭から滴る汗を食い止めるには、まずセルフケアを実践してはいかがでしょうか。セルフケアで頭部からの汗や、汗による面倒を緩和できたらよいのですが、もしセルフケアでは物足りない、改善が見られないときには医師に相談しましょう。

クリニックなら、内服薬から外科的な療法、メンタルにアプローチした療法などで多汗を抑制できます。

薄毛リスクを高めたり、自身の印象を左右したりする頭部多汗症の症状を抑えるためにも、まずはセルフケアを試し、それでもダメだったらクリニックで治療を受けましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!