頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年8月27日

更新日:2018年10月23日

頭がかゆいのはプールのせい!?子供がのびのび泳げるための対策法

頭がかゆいのはプールのせい!?子供がのびのび泳げるための対策法

夏になると幼稚園や保育園でプールに入る機会が増えます。楽しいイベントではありますが、子供の肌や頭にかゆみのトラブルが起こりやすいきっかけでもあるので心配な人もいらっしゃることでしょう。とくに、過去にプールの後で頭皮や肌が荒れた経験があると、「プールを控えさせたほうがいいかな」とも迷います。

ですが、事前にきちんとプール対策をとれば、子供が頭のかゆみを引き起こさずに済みます。そこで、なぜプールに入ると子供の頭や肌がかゆくなるのかを解説し、効果的にかゆみを防ぐ方法もお教えします。

プールの水が子供の頭をかゆくする

プール後に頭がかゆくなる主な原因は塩素の作用です。アルカリ性質である塩素は、水に潜む有害な菌を除去する効果がありますが、同時に弱酸性のタンパク質である皮膚を融解する性質があります。とくに、幼稚園や保育園、プール施設では、塩素を使用した衛生管理が義務づけられているので、塩素の影響は避けては通れません。

そこで、プールの水に含まれる塩素の濃度や頭皮などの皮膚に現れる症状についてご紹介します。

プールの塩素濃度

基本的に、幼稚園や保育園などのプールの塩素濃度は、0.4~1.0mg/Lです。この数値は、厚生労働省の遊泳用プールの衛生基準で定められています。

出典:厚生労働省 「遊泳用プールの衛生基準について(2007年版)

なお、水道法で定められている水道水の塩素濃度は、1mg/L以下が目標値となっています。

出典:厚生労働省 「水質基準項目と基準値(51項目)(2015年版)

体感ではかなり違うように思えるプールの水と水道水ですが、塩素濃度を見ると、さほど変わりありません。ただし、プールでは長時間水中で泳いだり遊んだりするので、塩素の影響を強く受けてしまいます。

塩素が肌に与える影響

塩素には皮膚膜のバリア機能を破壊して、タンパク質を瞬時に酸化させる作用があります。皮膚がバリア機能を失うと、肌細胞から水分が流れ出やすくなります。その結果、頭皮などの皮膚は乾燥してしまい、かゆみや赤い湿疹が出るといった状態となります。

かゆみの症状を改善するために、ついやってしまいがちなのが頭をかきむしることです。長時間プールに入った後は、塩素による刺激で肌はバリア機能が低下していますし、皮膚はふやけています。そんな状態の頭皮を爪でかきむしれば、余計にダメージが蓄積し、頭皮の状態が悪化します。

プール後のかゆみはしらみが原因かも?

ブラシ

プール後に頭がかゆくなる原因としては、しらみの可能性も考えたほうがよいでしょう。プールの水は塩素で殺菌されているため、頭にしらみがつきにくいと考える人もいるかもしれませんが、しらみは塩素の殺菌作用では死滅させられません。また、しらみは水中でも数時間生きられるほどの生命力があります。

つまり、プールにいるしらみが頭につくわけではなく、実際はプールに入る前、もしくはプールから出た後に、しらみが頭に寄生する原因があります。

しらみの感染経路

しらみはたいてい、感染者の頭か髪に接触することで感染します。子供の頭にしらみが感染したのならば、しらみに感染している人の頭か髪に接触した可能性があります。子供が体を寄せて遊ぶプールでは、誰かと頭か髪が接触してもおかしくありません。

また、しらみの感染は感染者の頭か髪と接触するだけに限らず、身の回り品や衣類の共有、更衣室の衛生状態も原因として挙げられます。集団での行動がメインとなる幼稚園や保育園は、友達同士でタオルなどの身の回り品や、衣類の共有を行なう機会に遭遇する場合があるので注意が必要です。

あるいは、更衣室のロッカーによってしらみに感染する恐れがあります。しらみに感染した子供が使ったロッカーにしらみが落ちていて、次に使った子供に感染する、というケースも考えられます。

かゆいと訴えたらすぐ実践!プール後のかゆみ対策

頭がかゆいと子供が訴えてきたら、早めの対策が必要です。塩素やしらみの脅威に対して、どのような対策がおすすめかご紹介します。

塩素対策

頭をこすらないよう教える

プールから上がった後のシャワーでは、頭をこすらずやさしく洗うように教えましょう。塩素がついている状態の頭皮は非常にデリケートで、ゴシゴシ洗いは余計に頭皮にダメージを与えます。また、タオルで髪を拭くときも同様のことが言えます。プールの前に、やさしく洗うことと、タオルで髪をやさしく拭くことを意識づけさせるための練習は効果的です。

帰宅後はすぐにお風呂に入らせる

プールで泳いだり遊んだりするのは、思いのほか体力を消耗するので眠くなりがちですが、帰宅後はできるだけ早くお風呂に入らせましょう。お風呂に入ると体温上昇による発汗で、毛穴に入った塩素を洗い落とせます。なお、シャンプーはデリケートな頭皮を考慮してアミノ酸シャンプーを使って洗ってあげるのがおすすめです。アミノ酸シャンプーなら、塩素で失った皮脂を必要以上に洗い流しません。

保湿ケア用品でケア

プールに入った後のシャワーや自宅での入浴後は、頭皮の保湿ケアが大切です。プールの塩素は、思っていた以上に刺激が強めで、大人と比べてデリケートな肌の子供は頭皮の乾燥リスクが高めです。

頭皮の塩素の刺激による乾燥を防ぐために、プールへ行った日は子供にも使える保湿に良いスキンケア商品を頭皮に塗ってあげましょう。

皮膚科で診てもらう

プール後にちゃんと頭皮の保湿をしたにも関わらず、かゆみが止まらなかったらアレルギーなど別の症状が原因であることが考えられます。その疑いがあったら、すぐに皮膚科か小児科を受診しましょう。ステロイド剤やワセリンなど、子供の頭皮の状態に合った薬を処方してもらえます。それでケアすれば、頭がかゆいと感じにくくなります。

しらみ対策

タオルや帽子の共有をさせない

集団生活がメインの幼稚園や保育園は、誰の頭にしらみが潜んでいるのかわかりません。子供にしらみを感染させないためには、誰かとタオルや帽子の共有、貸し借りをさせないように教えましょう。

タオルや帽子をお湯につける

もし、子供の頭にしらみがついていたら、すぐプールで使用するタオルや帽子などをお湯につけましょう。しらみは熱に弱い害虫です。60度程のお湯に、タオルや帽子を5分程つければしらみは死滅させられます。

寝具の取り換えと洗濯する

もししらみが見つかったら、枕カバーやシーツなどの寝具もすぐに取り換えてお洗濯をしましょう。寝具の洗い方は、いつも通りで問題ありません。より効果的にしらみを死滅させたい場合は、衣類乾燥機を使って乾かすのが有効です。

しらみの卵と成虫を駆除する

しらみは、非常に繁殖力の強い害虫です。成虫になってから、1ヵ月の寿命を迎えるまでに100個程(1日3~4個)産卵します。しかも厄介なことに、しらみの成虫は2~4mmと小さく、素早く動くため見つけて駆除するのは困難です。そのため、しらみは卵のうちに駆除するのが効果的なのです。

なお、卵は0.5~1mmと極小サイズですが、キラキラと光る透明な粒の見た目をしているので比較的発見しやすいものです。ただし、しらみの卵はセメント並みの硬い物質で髪にしっかり固定されているので、指でつまむだけではなかなか取り除けません。目の細かいクシを使って梳いて取り除きましょう。

成虫と卵をまとめて駆除したい場合は、しらみ駆除専用シャンプーやパウダーで頭をケアしてあげましょう。

それが難しい場合は、皮膚科の医師に診てもらいましょう。医師なら、肉眼でもはっきりしない卵も顕微鏡やダーモスコープなどの機器を用いて発見して取り除く確実性があります。

プールのあとのかゆみ対策には素早く、念入りに!

笑顔の子供

プール後に頭のかゆみが起こる原因としては、塩素としらみの2つが考えられます。もし子供がかゆそうにしていたら、これらを想定しての対策が必要です。

プールの水に、主に殺菌を目的として使用される塩素は、みずみずしくデリケートな肌の子供には刺激が強すぎます。塩素の影響を減らすには、プールから上がった後、肌に負担をかけずに頭についた塩素を取り除くことが重要です。また、洗い流した後の肌は保湿に良いスキンケア用品でケアしてあげるのも大切です。

また、幼稚園や保育園では集団で更衣室やプールを使用するので、いつの間にかしらみが感染している可能性があります。しらみに感染させないために、タオルや帽子などの共有をさせないことが大切です。万が一感染した場合は、しらみを駆除する対策をできるだけ早く行ないましょう。

もしこれらの対策をしても頭皮がかゆいままならば、皮膚科か小児科を受診して専門医の指示を仰いでください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!