頭皮の悩み

公開日:2018年7月13日

更新日:2018年7月20日

man

正しく使わないと頭皮の臭いが悪化する?ドライヤーの意外な落とし穴

ドライヤーは年齢・性別を問わず幅広く使われています。「ドライヤーがない」という家庭のほうが珍しいかもしれません。もはや当たり前のような道具ではありますが、ドライヤーを正しく使えていないと、頭皮が不快な臭いの温床となる恐れがあるので要注意です。 ドライヤーの間違った使い方で頭皮が臭くなる原因や、ドライヤーのお手入れの必要性、ドライヤーの選び方について確認しましょう。また、ドライヤーを全く使わない人も臭いや雑菌繁殖を防ぐため、「ドライヤーが必要な理由」をぜひご確認ください。

女性の頭皮が臭う主な原因

女性の頭皮で不快な臭いが出るとき、主な原因は
  • 水分に嫌な臭いが移ること
  • 雑菌の繁殖
  • ドライヤー自体の問題
の3つが考えられます。それぞれの問題点を確認しましょう。

1.頭皮の残った水分に臭いが移る

ドライヤーの使い方が雑であるか、時間が短いなどの問題で髪と頭皮を充分に乾かせていないため、頭皮残った水分に臭いの粒子が吸収されて、不快な臭いの原因になります。

2.雑菌の繁殖で臭いが発生する

頭皮をはじめ、皮膚には常に雑菌があるものです。通常、問題は起こらないのですが、温度や湿度、栄養分などの条件が揃った場合に雑菌が多く繁殖して、臭いのもとを作り出すことがあります。 雑菌が繁殖しやすい条件について具体的に解説しましょう。

温度

体内に存在する菌のほとんどは36度前後で最も活発になります。人間の体温も36度前後ですから、雑菌にとっては快適な環境です。温度が適しているだけで異常繁殖することはないのですが、湿度・栄養分の条件が揃うと雑菌が増えやすくなります。

湿度

雑菌は適度な水分がある環境で繁殖しやすい性質があります。たとえば入浴後や、日中に汗をかいて拭いたり乾かしたりできないときには髪と頭皮に水分がかなり残っており、雑菌が繁殖しやすい状態です。 とくに入浴後に関しては、水分が残らないようドライヤーでしっかり乾かす必要があります。

皮脂

頭皮にいる雑菌は、皮膚から分泌される油分、皮脂をエサにして活動します。頭皮は髪に覆われており、顔など他の皮膚よりも皮脂を分泌する器官(皮脂腺)が多いので皮脂が多く余りがちです。そのため頭皮は雑菌が他の部位よりも住みつきやすく、増えやすい環境です。

3.ドライヤーにホコリが溜まっている

ドライヤーのメンテナンスと掃除の必要性を理解している人は意外なほどに多いものです。 ドライヤーは長く使い続けるうちに内部にホコリやカビが蓄積して不潔になります。汚れたドライヤーからの温風で頭皮に汚れが移り、臭いの原因になることもあります。

頭皮の臭いを抑える 正しいドライヤーの使い方

頭皮の臭いを抑えるためには、臭いのもとになる皮脂と汚れをシャンプーで落とし、清潔なドライヤーを使って頭皮や髪を乾かす必要があります。 とくに髪の長い女性は髪を乾かすのに時間と手間がかかるので、効率的な手順を覚えないと乾燥不足になって臭いの原因を作ることがよくあります。 ドライヤーの正しい使い方、前準備を含めた効率の良い髪の乾かし方を確認しましょう。

ドライヤーを使う前の手順も大切

髪、頭皮をしっかり乾かすにはドライヤーを使う前の準備も必要です。どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

・浴室内で髪の水気を切る

浴室から出る前に、濡れた髪からある程度水分を落としてください。とくに髪が長めの女性は多くの水分が髪に残りがちです。髪を軽くまとめた束にして、髪の根元から毛先にかけて、やさしく絞るように握りましょう。力をこめて絞ったり、ねじるように絞ったりするのは髪のダメージになるので避けてください。

・タオルで髪の水分を吸い取る

ドライヤーの前のタオルドライも水分を除くのに有効です。ただし、髪をゴシゴシと擦るように拭くと髪同士が摩擦で傷つき、髪が引っ張られて頭皮に負担をかけます。スポンジに水を染み込ませるときのように、タオルを髪に押し当てて水分が移るのを待つイメージで、やさしく拭き取ってください。

・ドライヤー使用時は髪の根元から乾かす

雑菌の繁殖を抑えるためには、ドライヤーをまず髪の根元、頭皮周辺に当てて乾かす必要があります。髪が長めの人はそれだけ全体を乾かすのにも時間がかかりますが、まずは根元を充分に乾かし、次第に毛の中間部、そして毛先を乾かす流れを守りましょう。 頭皮が髪に覆われてうまく温風が当たらない場合は温風が直接頭皮に当たるよう、髪を手でかき分けてください。 ただし、同じ部位にドライヤーの温風を当て続けると頭皮が乾きすぎてカラカラに乾く原因になります。ドライヤーは髪、頭皮から最低20cm離し、また温風を熱すぎない温度に設定して使用してください。

・根元(頭皮)が乾いたあと髪全体を乾かす

頭皮全体がまんべんなく乾いたら、次に髪全体を乾かします。 温風を使うのはおよそ「7、8割方乾いた」と感じるくらいまでを目安にし、その後ドライヤーの風を冷風に切り替えて髪を完全に乾かします。 髪を温風で乾かしきると髪を保護する表面層・キューティクルが開いた状態が続き、髪のパサつきや髪内部の水分の流出を招き、髪質の低下につながります。 ただし、最初から冷風を使うと頭皮と髪が乾くまでに時間がかかり、結局は髪のパサつきや頭皮の乾燥を引き起こします。温風と冷風をうまく組み合わせて活用するのがコツです。

ドライヤー後は保湿を

ドライヤーを正しく使って乾かした後は、頭皮を保湿ケアするとより効果的です。頻繁に頭皮の臭いに悩んでいる人は、ドライヤーを正しく使っただけでは不充分かもしれません。頭皮用の薬用ローションなどで保湿すると臭いの解消に役立ちます。

ドライヤーのお手入れ方法

head ドライヤー本体が清潔であることも重要です。正しい使い方を守っても、内部が不潔なドライヤーを使うと髪や頭皮にカビやホコリが付着してかえって臭いの原因を増やす可能性があります。 ドライヤーには定期的な手入れが欠かせません。ドライヤーの手入れに使うもの、そして手入れの手順を確認しましょう。

ドライヤーの手入れ(清掃)に必要なもの

ドライヤーの手入れに専用の道具は必要ありません。身近なもの3つできれいに掃除できます。

道具

  • 掃除機
  • 綿棒
  • 歯ブラシ(使い古したもの)
不要な歯ブラシは、なければ各種ブラシで代用できます。

手入れの手順

  1. 掃除機で、ドライヤーの吹き出し口(ノズル)や、後ろの吸い込み口のホコリを吸い出します。掃除機は通常タイプでも問題ありませんが、小回りの利くハンディタイプや、細かいところの掃除用ノズルをつけたものを使用するとよりきれいに吸い取れます。
  2. 綿棒でノズルや吸い込み口をなぞり、掃除機で吸い出せなかったホコリをかきだします。綿棒はごく軽くあてて、なぞるように使ってください。強くこすりつけると綿棒の繊維が各部に付着して逆効果になります。
  3. 使い古した歯ブラシで、ノズルや吸入口の周辺をまんべんなく掃除しましょう。目には見えない、ごく細かいチリやホコリが黒ずみとなってドライヤーに付着していますので、汚れて見える部分だけでなく全体にブラシをかけてください。 ノズルや吸い込み口には網目のパーツが多く、新品の毛先が揃った歯ブラシよりも使い古して毛先が開いた歯ブラシの方が多くの汚れをかき出せます。

頭皮の臭いを抑えるドライヤーの選び方

ドライヤーで頭皮の臭いを抑えるためには、ドライヤー自体の性能にこだわるのも大切です。とくに次の3つの要素に注目しましょう。

1.風量

髪が長い人ほど風量の強いドライヤーが必要です。 風量は商品情報の数値から確認できます。商品のキャッチフレーズで「大風量」などと謳われていてもあてになりません。

2.多彩な機能

温度設定にもいくつか段階があってやや低温で乾かせるなど、商品ごとの工夫があります。自分にとって必要な機能、役に立ちそうな機能がついているものをいくつかピックアップして、候補に残すとよいでしょう。

3.重さ

ドライヤーは髪が乾くまでの間、片手で持ち続ける必要がありますから、あまり重いものを選ぶと手が疲れ、早めに切り上げたくなるなどの問題があります。「何グラム」と言われてもピンとこないでしょうから、店頭で実際に手に取り、乾かすときの動きをシミュレーションして負担にならないか確認しましょう。

頭皮が臭う…と感じたらドライヤーを見直そう

mirror 頭皮が臭くなるのは頭皮や髪に残った水分に臭いが移ること、雑菌の繁殖、ドライヤー自体の汚れなどが原因です。ドライヤーの方法、そしてドライヤー本体を見直すことで解決できますから、正しい使用で臭いの原因をなくしましょう。 入浴後の髪・頭皮の水分を充分に飛ばして乾かせば、頭皮での雑菌の繁殖を抑えられ、臭いの発生を防ぐことができます。 また、ドライヤー本体の定期的に手入れ(掃除)も大事です。ドライヤー内部に残ったカビやホコリが頭皮に移らないよう、常にきれいな状態を保ちましょう。 また、ドライヤーを新たに購入する際は風量や機能、重さなどをしっかり確認し、自分にとって使いやすいものを選んでください。 髪と頭皮を衛生的に保ち、不快な臭いを予防できるようドライヤーの使い方やお手入れ方法をしっかり覚えましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!