頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月5日

しつこい頭皮のかゆみを抑えるには?原因別に最善の対策をしよう

しつこい頭皮のかゆみを抑えるには?原因別に最善の対策をしよう

頭皮のかゆみに悩む10後半から20代の男女は、さまざまな問題が重なってかゆみの原因を抱え込んでいる場合があります。思春期の男女は皮脂分泌のバランスが崩れやすいので、皮膚トラブルを抱えやすい傾向にあります。同様に気候の変化によっても大きく影響がでるものです。また、進学や就職で生活環境が一新されることに対するストレスもかゆみに関係しています。

そこで積み重なったかゆみの原因を特定して、それぞれに効果的な対策をしつつ頭皮のかゆみを解消するための対策を実践しましょう。

かゆみを生じる原因1 皮膚炎

頭を抱える男性

頭皮にかゆみを生じる原因のひとつに皮膚炎が挙げられます。頭皮になんらかの皮膚トラブルがある場合、それが炎症となってかゆみを引き起こす恐れがあります。症状の程度によっては薄毛を招くこともあるので要注意です。どのような原因で皮膚炎が起きるのかを確認しましょう。

汚れや異物が原因の皮膚炎

皮脂汚れや空気中のホコリやごみ、フケや垢が頭皮に多く付着すると、それらが負担となって頭皮の健康を損なう場合があります。負担によって弱った頭皮は本来の機能を発揮できず、外部の刺激から身体を守るバリア機能や皮膚内に水分を留める保湿機能が損なわれます。

頭皮の機能が損なわれると外部の刺激に対して弱くなるため、皮膚炎などの皮膚トラブルを招きやすくなります。充分に頭皮を洗えていない場合や、洗浄力が足りないシャンプーを使っている場合、適切に頭皮の汚れを落とせていないため、頭皮の健康状態を損なう可能性があります。

また、一日に何回も頭を洗う場合や、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うことも頭皮の健康を損なうリスクがあります。頭皮を清潔にするために過剰なシャンプーをすると、頭皮が無防備な状態になるので洗いすぎは禁物です。

皮膚常在菌の過活動による皮膚炎

腸内にいる乳酸菌のように、人間の皮膚にも無数の菌(膚常在菌)が存在しています。皮膚常在菌には大きく分けて3つの種類があり、皮膚の機能に役立つ善玉菌、皮膚に害をもたらす悪玉菌、頭皮の状態によって良い方にも悪い方にも活動する日和見菌がいます。

善玉菌や日和見菌は、ふだんは頭皮の機能を助けるように活動していますが、頭皮の状態が悪くなると悪玉菌の活動が優勢になり、日和見菌とともに悪影響を与えます。たとえば悪玉菌の代表である黄色ブドウ球菌が傷口で繁殖すると炎症や膿、とびひなどの皮膚トラブルの原因になります。また、日和見菌の代表であるアクネ菌は、皮脂の詰まった毛穴で繁殖すると炎症を起こしてニキビの原因になります。

菌が増えるきっかけはさまざまですが、とくに頭皮をうまく洗えていない場合や皮脂の過剰分泌になっていることが原因です。皮脂の過剰分泌の原因は体質の他にも、皮脂の材料となる脂肪や糖分を摂りすぎている場合があります。

アレルギー反応による皮膚炎

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が頭皮に付着すると、アレルギー反応を引き起こして皮膚炎を招く恐れがあります。とくに皮膚が弱った状態で刺激物やアレルゲンが皮膚内部に侵入すると、炎症を起こして皮膚炎を招きます。

アレルギーといってもアトピー性皮膚炎を患っている一部の人に限らず、健康な皮膚の人でもなんらかの理由で皮膚が敏感になっていると、刺激物やアレルゲンに対して過敏に反応します。さらにスギ科やイネ科の植物がまき散らす花粉や、ダニやノミの死骸が混じったハウスダストが頭皮に付着して皮膚炎につながる場合も考えられます。

皮膚炎の症状は、種類によってそれぞれ特徴が異なります。気になる人は次の記事を参考に皮膚炎について確認しましょう。

頭皮のかゆみを引き起こす4種類の皮膚炎まとめ

かゆみを生じる原因2 気候の変化

頭皮にかゆみを感じる原因として、気候の変化も要注意です。とくに季節の変わり目は身体が変化についていけず、頭皮環境を崩しがちです。気候の変化が頭皮のかゆみにどう影響するのかを説明します。

頭皮のダメージに伴うかゆみ

紫外線は皮膚の老化を促すため、紫外線の強い季節や地域で長く過ごすと頭皮に深いダメージが与えられます。紫外線の影響で頭皮から本来の機能が損なわれると、刺激に対して敏感になり、かゆみを強く感じやすくなります。

また乾燥の激しい季節や地域では、皮膚内の水分が失われやすいため頭皮が乾燥しやすくなります。乾燥した頭皮はバリア機能が弱まっているので、刺激に対して敏感になります。また、空気が乾燥しているとホコリが溜まりやすくなるため、かゆみを引き起こすハウスダストが増えるのも問題です。

血流の増加によるかゆみ

運動をすると一時的に血流が増加しますが、気候の変化でも血流は増加します。寒い季節は身体中の血管が縮むため血流が悪くなり、春先など暖かい季節に移ると血管の太さが元に戻って血流が増加します。血流が増加すると血管の周囲にある脂肪細胞という細胞が圧迫されて、かゆみのもとになる『ヒスタミン』と呼ばれる物質が分泌されます。これが気候の変化によってかゆみを感じやすくなる原因のひとつです。

かいた汗を放置するとかゆくなる

気温の高い季節は、昼夜を問わず汗をかく機会が多いのでかいた汗を放置しがちです。ただ、汗をそのままにしていると皮膚常在菌のバランスが崩れて、頭皮の悪影響につながる恐れがあります。

汗の成分はほとんどが水分ですが、そのほかにも塩分や尿素など微量なミネラルを含みます。悪玉菌である皮膚常在菌にとって、アルカリ性は過ごしやすい環境です。そのため汗に含まれるミネラルによって皮膚全体がアルカリ性に傾くと、悪玉菌が活発になります。

頭皮にかいた汗を放置すると、頭皮がアルカリ性に近い状態が長引くため、悪玉菌が繁殖してかゆみを生じさせるリスクを引き上げます。かゆみを防ぐために、汗はこまめに拭き取るようにしましょう。また、ふだん運動をせずに汗をかく習慣がないという人は汗をかく機能が衰えている場合が多く、通常より多くのミネラルが汗に含まれている傾向にあります。適度に運動を習慣づけて、汗をかく機能の維持をしましょう。

かゆみを生じる原因3 ストレス

物理的な影響を受ける以外にも、精神的ストレスを受けることでもかゆみを生じることがあります。2018年現在、ストレスが直接かゆみに関係しているという明確な根拠は発見されていませんが、主に次の2つの点でかゆみを生じやすくなると推測されています。

ストレスで感覚が過敏になっている

多くのストレスが与えられると身体は緊張状態になるため、少しの刺激に対して敏感に反応するようになります。通常なら気にならない程度の刺激に対して、実際に頭皮を掻くことでヒスタミンが分泌されて強いかゆみを感じるという場合が考えられます。

ストレスによって生活習慣が崩れる

ストレスを感じると、それを発散するために脂肪や糖分が多い食べ物を多く食べるなど食生活が乱れがちになります。また、ストレスのもたらす不安や緊張による睡眠不足は、頭皮の血行不良を招く原因のひとつです。ストレスが引き金となる偏った食事や血行不良で頭皮の健康を損なうと、かゆみを生じるリスクが跳ね上がります。

ストレスが頭皮に及ぼす悪影響やストレスのうまい付き合い方を知りたい人は次の記事を参考にしてください。

ストレスは髪や頭皮の大敵!ストレスとの正しい付き合い方を身につけよう

かゆみの対策方法

かゆみの原因を根本的に解決する方法や、かゆみを抑える対処法を徹底してかゆみを解消しましょう。次の点を参考して、生活に取り入れてください。

保湿を徹底する

頭皮が乾燥するとバリア機能が衰えるため、刺激に対して敏感になりかゆみを感じやすくなります。保湿効果のあるシャンプーやヘアケア用品などで、効果的な乾燥対策を行なうことが肝心です。

頭皮の清潔さを保つ

頭皮はどうしても皮脂汚れやホコリが溜まりやすい場所です。適した洗浄力をもつシャンプーを正しく使って、頭皮を清潔な状態に保つように心がけることが大切です。頭皮の清潔さを心がければ、根本的な頭皮のかゆみを取り除くことができます。

かゆい場所を掻かない

かゆいところを掻きむしると脳のはたらきが関係して、掻きむしる刺激を心地よく感じるため、もっと掻きたいと思うようになります。かゆいところをひたすら掻くとより強いかゆみがぶり返して、痛みを感じるほど頭皮を掻いて傷つける恐れがあります。この悪循環は、皮膚の状態を悪くしてますますかゆみに敏感になるため注意が必要です。

かゆみを感じた際に、その場所に他の感覚を与えるとかゆみを和らげられます。たとえば、かゆいところを冷水や氷で一時的に冷やすと、かゆみが落ち着くまで掻きたい欲求を紛らわせます。こうした工夫で、なるべくかゆい場所は掻かないようにすることが大切です。ただし、シャワーで熱いお湯をかぶる、かゆいところを叩くといった対処法は、皮膚を刺激してより強いかゆみがぶり返す行為なので避けましょう。

かゆみ用の薬用シャンプーやローションを使う

慢性的にかゆみを感じる場合やとっさのかゆみを対処したい場合は、かゆみ専用の薬用シャンプーやローションを積極的に使用するのがおすすめです。

わずらわしい慢性的なかゆみを解消するには、かゆいところを掻かないようにすることが何よりの近道です。薬用シャンプーやローションを使って、かゆみを対策しつつ頭皮を健康的な状態に戻しましょう。

皮膚科を利用する

かゆみの原因が解消されず皮膚トラブルを放置していると、症状が悪化してさまざまな皮膚トラブルを招きます。症状によってはかゆみによる不快感で日常生活に支障をきたすものや、薄毛のリスクを高めるものもあるため早期の治療が大切です。頭皮の状態に違和感を覚えたら皮膚科を受診して専門の医師に相談しましょう。

かゆみ予防に医薬部外品を使う

かゆみの症状がひどい場合は皮膚科の受診をおすすめしますが、軽度のかゆみを何とかしたい場合は、専用の医薬部外品を頼ることでもかゆみ予防が期待できます。

スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリーは、保湿や有効成分によるサポートで頭皮の健康に着目したスカルプDスカルプシャンプーシリーズでおなじみの、『スカルプDオイリー』の効果をそのままにフケやかゆみの原因にアプローチするべく配合成分に特化した薬用シャンプーです。

J.Mさんの評価

都内在住で営業職をしていますが、花粉症の季節になると毎回花粉症にかかります。目や鼻は何とか対策しようがあるのですが、頭だけはなかなか対策できなくてかゆみに悩んでいました。

スカルプDのダンドラフオイリータイプは、フケかゆみの予防や軽減に特化していると知ったので試しに使ったところ、今ではかゆみに悩まされることはほとんどなくなりました。流石に蚊に刺されたかゆみ止めのような即効性はありませんでしたが、2~3日でどうしても掻いてしまう状態からかゆいけど我慢できる程度に落ち着くのはすごいと思いました。

評価からわかる特徴

頭皮のかゆみを抑えるには、原因となる刺激物やアレルゲンが付着するのを極力防ぐことです。スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリーは低刺激なので、敏感な皮膚を刺激することなく程よい洗浄力で花粉や皮脂汚れを洗い落とすことができます。

また、配合成分であるミコナゾール硝酸塩やピロクトン オラミンは、かゆみのもとになる菌にアプローチできるので、継続的な使用を繰り返せばかゆみを着実に和らげることができます。 

【おすすめのシャンプー】

スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

通常価格: 4,500円(税込)

有効成分: 「ミコナゾール硝酸塩」「ピロクトンオラミン」


商品説明: スカルプD スカルプシャンプー オイリーに新開発の成分「セラミライ」が配合されたシャンプーです。有効成分であるミコナゾール硝酸塩やピロクトンオラミンがフケやかゆみの原因にアプローチします。

スカルプD 薬用 FKケア ローション

スカルプD 薬用 FKケア ローションは、頭皮かゆみやフケ、脱毛の予防、発毛促進、育毛に対して有効にはたらきかける効果が期待できます。敏感な頭皮を刺激しかねない洗浄成分やシリコン、合成着色料、合成香料などを取り除いて開発されているので、かゆみに悩む頭皮にとくに適しています。

T.Gさんの評価

ここ数年は年中頭皮にかゆみを感じることが増えて、最近ではフケも目立つようになりました。色々な薬用ローションを試していましたが、スカルプD 薬用 FKケア ローションが一番しっくりきました。使い始めて1か月くらいでフケが目立たなくなり、かゆみもほとんど感じなくなったので自分には効果抜群でした!

薬液もべたつきがなくて気になるようなニオイもしないので、フケに悩む人にぜひおすすめです。

評価からわかる特徴

スカルプD 薬用 FKケア ローションを使用した評価からわかるように。すでにかゆみやフケに悩んでいる人でも問題なく快適に使用していることから、刺激に敏感な肌にもやさしい商品だということがわかります。かゆみやフケの他にも、脱毛の予防や育毛なども期待できるので目的の違う人にも幅広く適しています。

【おすすめの薬用ローション】

スカルプD 薬用FKケアローション[医薬部外品]

通常価格:1,717円(税込)

有効成分:「塩酸ジフェンヒドラミン」「グリチルリチン酸ジカリウム」「センブリエキス」など

商品説明:低刺激の薬用ローションです。頭皮に塗布することで、有効成分がかゆみやフケにアプローチし、発毛を促進してくれます。

頭皮のかゆみは専門の医薬部外品で対策を!

髪をブラッシング

頭皮にかゆみを生じる原因はさまざまですが、とくに皮膚炎や気候の変化、ストレスなどの3つが関係します。皮膚炎の引き金となる汚れの付着や皮膚常在菌の過活動、アレルギー反応にはとくに注意が必要です。また、頭皮の状態は気候の変化にも影響されやすく紫外線や乾燥によるダメージ、気温の変化による血流の増加も頭皮のかゆみにつながります。

一方、物理的な影響だけでなく精神的なストレスも、頭皮のかゆみに影響する可能性があります。ストレスはため込まずにうまくコントロールしていきましょう。かゆみを対策するには冷やしたり、薬用ローションを塗ったりして皮膚を掻かないように徹底することが肝心です。根本的に頭皮のかゆみをどうにかしたいならスカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリーを使って、清潔さと保湿を保ちながらかゆみを感じにくい状態を目指しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!