頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年7月12日

更新日:2018年10月23日

head

頭皮のかゆみ…シャンプーが原因?正しい洗髪方法を徹底解説

「シャンプーが原因で頭皮がかゆくなる」ということをご存知ですか。シャンプーは間違った使い方をしているとかゆみのもととなり、放置することで悪化して薄毛につながります。 まずは間違ったシャンプー方法を知り、そのうえで正しい方法を学びましょう。

毎日シャンプーしているのに頭皮がかゆくなる3つの理由

「毎日シャンプーしているのに、頭皮がかゆい…」という方は、シャンプーの方法を間違えているのかもしれません。シャンプーは間違った使い方をしていると、かゆみやフケの原因となります。

1.一日に何度もシャンプーで髪を洗っている

朝起きて髪を洗い、夜寝る前に髪を洗うというように、一日に何度も髪を洗っている人は頭皮が乾燥しがちです。その理由は皮脂がほとんど洗い流されてしまうからです。 皮脂は頭皮の潤いを保つほか、細菌やゴミなどの外部の刺激から頭皮を守るいわばバリアの役割をもっています。そのため、洗浄力の強いシャンプーで皮脂が洗い流されてしまった場合、頭皮の水分がどんどん蒸発します。 頭皮の細胞が乾燥すると細胞と細胞の隙間が大きくなり、ホコリや皮脂が頭皮の内側に侵入しやすくなってしまいます。すると、侵入してきたものに反応して、ヒスタミンというかゆみのもととなる物質が分泌され、かゆみが生じます。 なお、朝と夜の2回洗髪することは、洗浄力がやさしいシャンプーを使用するのであれば問題ありません。

2.シャンプーの洗浄力が強すぎる

洗浄力の強いシャンプーは頭皮のかゆみのもとです。高級アルコール系、石鹸系に属するシャンプーは、安価で泡立ちが良く、洗浄力が強いことが特徴です。洗浄力が強すぎるシャンプーと使い続けていると頭皮が乾燥しがちになってしまうため、その刺激によってヒスタミンが分泌されてかゆみを引き起こします。

3.すすぎ残しがある

洗髪する時、すすぎが不充分でシャンプーやトリートメントなどが頭皮に残っていた場合も、かゆみの原因です。シャンプーが頭皮に付着したまま放置すると、その成分に対して頭皮がアレルギー反応を起こす可能性があります。アレルギーが起こると、シャンプーの成分を異物だと判断した免疫細胞によって炎症が起こり、激しいかゆみ生じるのです。

かゆみを放置していると脂漏性皮膚炎になる

頭皮のかゆみに対して対処せずにいると、脂漏性皮膚炎になってしまう可能性があります。脂漏性皮膚炎とは頭皮の皮脂が過剰に増えた結果、それを餌とするマラセチア菌が増殖することで起こる炎症のことです。 「間違ったシャンプー方法をすると、皮脂が足りなくなって頭皮が乾燥するのでは?」と疑問に思うかもしれません。実は、頭皮が乾燥した状態が続くと、皮脂が足りないと判断した頭皮が乾燥を予防するために過剰に皮脂を分泌してしまうのです。 脂漏性皮膚炎になると、かゆみだけでなくフケも増えます。脂漏性皮膚炎を予防するためには、使用しているシャンプーの洗浄力と洗髪方法を見直さなくてはなりません。

これでバッチリ!正しい洗髪方法まとめ

bottle 頭皮のかゆみを改善するために見直すべきポイントは3つあります。シャンプーの洗浄力、洗い方、そして乾かし方です。

1.シャンプーの洗浄力を見直す

シャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮が乾燥しかゆみを引き起こします。それらを予防するために、洗浄力がやさしい低刺激のシャンプーを使いましょう。 アミノ酸系シャンプーは高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプーに比べて洗浄力がやさしく、刺激が少ないシャンプーです。 アミノ酸系シャンプーかどうかを見分ける方法は、成分表を確かめることです。アミノ酸系シャンプーに含まれる洗浄成分は以下のとおりです。
  • ココイル
  • グリシン
  • ベタイン
  • メチルタウリン
  • メチルアラニン
  • サルコシン
  • グルタミン
  • ラウリルリン
  • アスパラギン
  • プロピオン
頭皮のかゆみを改善におすすめのアミノ酸系シャンプーを探す

2.洗い方を見直す

洗髪は、予洗い、シャンプー、すすぎ洗いの3つに分けられます。頭皮のかゆみに悩んでいる人はとくに、予洗い、すすぎ洗いが重要です。

予洗い

予洗いは髪についたホコリやフケなどの汚れを落とすことで、シャンプーの泡立ちを良くします。 まず、ヘアブラシを使って髪をブラッシングしましょう。ヘアブラシを使うことで髪に付着した大きな汚れを落とすことができます。その後、お湯ですすいで髪や頭皮に付着した細かな汚れを洗い流します。

シャンプー

予洗いが終わったら、いよいよシャンプーです。シャンプー液は直接髪につけるのではなく、手の平で泡立ててから使いましょう。シャンプーは泡になってはじめて洗浄力を発揮するため、しっかり泡立てることが大切です。 洗髪するときは、指の腹でやさしく頭皮を揉むようして洗いましょう。生え際は洗い残しがちなので、忘れないよう注意してください。

すすぎ洗い

すすぎ洗いは非常に重要で、きちんとすすげていないとシャンプーが頭皮に残ってしまいます。そのため、すすぎ洗いは時間をかけて念入りに行なう必要があるのです。5分を目安にしっかりとすすぎましょう。襟足や前頭部の生え際、耳の後ろなどはシャンプーが残りやすいため、泡が残っていないか確認してください。

3.乾かし方を見直す

髪を洗った後はしっかりと乾かしましょう。髪を乾かさないでいると頭皮の雑菌が増殖し、かゆみの原因になります。 まず、清潔なタオルで髪の水分を吸い取りましょう。この時タオルで髪をこするとキューティクルが傷ついてしまうので、拭くのではなく、水分を吸い取らせるイメージで髪にタオルを当ててください。 次に、ドライヤーで髪を乾かします。この時、ドライヤーを近づけすぎると頭皮がドライヤーの熱でやけどしてしまうので、目安として20センチ程度離して使いましょう。キューティクルは熱で開くという性質があるため、温風で8割ほど乾かし、仕上げに冷風を使うことで髪に艶をだすことができます。

シャンプー後にヘアローションで保湿を

頭皮が乾燥している人は、ドライヤーの前にヘアローションを使って保湿しましょう。ドライヤーの前に保湿することで、ドライヤーで頭皮が乾燥するのを和らげることができます。また、ヘアローションの中にはかゆみを抑える成分が配合されたものなどもあるため、頭皮のかゆみに悩んでいる人におすすめです。

 

頭皮のかゆみ、フケ予防に!スカルプD薬用FKケアローションの効果、口コミ

シャンプーと洗髪を見直して、頭皮のかゆみを改善しよう

man 頭皮のかゆみは対策しないと良くなりません。それどころか、放置すると炎症が悪化し薄毛につながります。たかがかゆみと侮らず、きちんと対策することが大切です。シャンプーの種類、髪の洗い方、乾かし方を見直し、正しい方法でケアすることで、頭皮のかゆみを予防・改善しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!