頭皮の悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年7月20日

冬の頭皮の乾燥に悩む人必見!頭皮の乾燥を防ぐ2つの方法

冬の頭皮の乾燥に悩む人必見!頭皮の乾燥を防ぐ2つの方法

「冬は頭皮が乾燥しやすい…」このような悩みを抱えていませんか。頭皮の乾燥は抜け毛を増やすため、乾燥しやすい冬の時期はしっかり乾燥対策を行なう必要があります。
身体が冷えやすく、頭皮が乾燥しやすい冬は、実は抜け毛が増えやすい時期です。とくに頭皮の乾燥はかゆみやフケなどの頭皮環境の悪化を招くため、放置するのは髪にとってよくありません。
そこで頭皮の乾燥への対策方法を紹介します。

冬に抜け毛が増える原因

身体の冷え

身体の冷えが抜け毛を増やすのは、血行不良が理由です。

髪の成長にはタンパク質、亜鉛、ビタミンなどの栄養が必要不可欠です。タンパク質は髪の「原料」になり、亜鉛はタンパク質の合成に貢献し、ビタミンは頭皮や髪の健康を維持する…など、それぞれ重要な役割を果たしています。そしてこれらの栄養は血液によって頭皮まで運ばれ、毛根に届いて髪の毛を作る材料となります。
ですが身体が冷えると血管が収縮して血行が悪くなるため、各栄養素は頭皮に届きにくくなります。その結果、栄養不足で髪は充分に成長できなくなり、抜け毛が増えてしまいます。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥はかゆみ、フケなどの頭皮環境の悪化を引き起こし、抜け毛を増やす原因となります。

皮脂には頭皮を守るバリアとしての役割があります。皮脂が頭皮を覆うことで、善玉菌が増えやすい環境になって雑菌が侵入、繁殖しにくい状態になるのです。
ですが頭皮が乾燥すると皮脂はこの役割を果たせなくなり、雑菌が侵入して繁殖しやすくなります。その結果、かゆみ、フケなどの症状が起こり、髪が成長しにくい頭皮になり、抜け毛が増えてしまいます。

冬に頭皮が乾燥する原因

男性

身体の冷えと頭皮の乾燥が冬の抜け毛を増やしている、とわかりました。では冬に頭皮が乾燥する原因を確認しましょう。

温度の低下

頭皮が乾燥する原因のひとつは温度の低下です。気温が低くなると汗をかきにくくなり、さらに汗とは別に角層(皮膚の最外層)から蒸発する水分も少なくなります。汗や水分には皮膚のうるおいを保つはたらきがありますが、温度の低下によりいずれも少なくなるため、頭皮の乾燥を招きます。

湿度の低下

頭皮が乾燥するもうひとつの原因は湿度の低下です。冬は夏に比べて湿度が低く、また室内でエアコンやストーブ等の暖房器具を使用するため、湿度はさらに低下します。

暖房で湿度が下がる仕組みを解説しましょう。
空気が含むことのできる水分量は空気の温度によって変化し、温度が高くなるほど多くの水分を含むことができます。暖房で室内の空気を温めた場合、部屋の温度が上昇して空気が含むことのできる水分量は増えますが、空気中の水分自体が増えるわけではありませんので空気の湿度は下がります。そこで空気は部屋の中の物から水分を奪って取り込みます。人体も例外ではなく、頭皮や体の皮膚の水分が蒸発しやすくなり、頭皮は乾燥してしまうのです。

頭皮が乾燥する湿度

頭皮に適した湿度はどのくらいなのでしょうか。頭皮がうるおいを保てる湿度は60~65%と言われています。湿度60%を下回ると頭皮は乾燥しはじめます。

湿度50%以下は頭皮の乾燥を招く

下のグラフは東京の湿度の月平均値を表したものです。12~2月の湿度は60%を下回っていることがわかります。また、冬場は暖房を使用しますから、室内の湿度はさらに下がり、頭皮は水分が奪われて乾燥します。

グラフ

出典:『気象庁 東京 相対湿度の月平均値(%)

頭皮の乾燥を防ぐ2つの対策法

頭皮の乾燥による抜け毛を増やさないためにも、冬場は積極的に乾燥対策を行ないましょう。効果的な乾燥対策を2つ紹介します。

洗浄力がやさしいシャンプーを使う

冬は夏よりも皮脂の分泌量は少なくなります。夏の脂っぽい頭皮をさっぱりできるシャンプーを冬に使うと、皮脂を落とし過ぎる可能性があります。冬は皮脂の落とし過ぎの心配がない、洗浄力がやさしいシャンプーを使いましょう。

頭皮の乾燥を防ぎたい人におすすめなのがスカルプD スカルプシャンプー ドライです。スカルプD スカルプシャンプー ドライは乾燥肌の人向けに作られたアミノ酸シャンプーで、保湿力が高いアミノ酸系の洗浄剤を使用しています。頭皮の皮脂を落とし過ぎずに、汚れはしっかり落とせるよう配慮されています。
また、頭皮の荒れを防ぐ「グリチルリチン酸2K」という成分が含まれており、頭皮を健やかに保てます。

スカルプD スカルプシャンプー ドライは頭皮の乾燥しやすい冬にぴったりのシャンプーです。


【おすすめのシャンプー】
スカルプD スカルプシャンプー ドライ【医薬部外品】

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」「サリチル酸」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。頭皮が乾燥している人向けに作られたシャンプーであり、高い保湿効果と肌荒れの防止効果があります。

暖房時には加湿をする

エアコンで暖房する際は部屋の湿度が低下して、非常に頭皮が乾燥しやすくなります。暖房使用時には加湿器を併用する、加湿機能のあるエアコンを選ぶなど、積極的に加湿するべきです。部屋に湿度計を置き、頭皮に最適な60~65%程度の湿度を保てるよう調整しましょう。

加湿器がないときは、洗濯物を部屋に干すのも有効です。洗濯物に含まれた水分が蒸発して室内の湿度が上がるため、乾燥対策になります。洗濯物がないときや乾いたあとであれば、タオルを濡らして絞って干すのもよいでしょう。
他にも入浴後のお湯を抜かずに浴室の扉を開けたり、観葉植物を室内に置いたりするといった工夫で加湿できます。いずれも簡単で手軽なので、加湿器がない人、置くスペースがない人、用意できない出先での対応におすすめの方法です。

湿度が低い冬は頭皮の乾燥対策をしっかり行なおう

微笑む男性

冬は湿度が50%を下回り、頭皮が乾燥しやすい時期です。頭皮の乾燥による抜け毛を増やさないためにも乾燥対策は重要です。

冬に抜け毛が増える原因は身体の冷え、そして頭皮の乾燥です。身体が冷えると血行が悪くなり、髪の成長に必要な栄養が頭皮まで届かなくなります。また頭皮が乾燥すると皮脂のバリア機能が正常にはたらかなくなり、頭皮で雑菌が繁殖してかゆみ、フケなどの症状が起こります。

こられの問題を予防するためにも、皮脂を落とし過ぎずに程よく残せる洗浄力がやさしいシャンプーを使うこと、室内を加湿することで、頭皮を乾燥から守りましょう。
また、身体が冷えやすい人は入浴をシャワーだけで済まさず、浴槽に浸かりましょう。浴槽での入浴は身体を芯まで温め、毛細血管が開いて血行を促進しますので、抜け毛対策にもなります。

冬場の冷えと乾燥への予防と対策を行なって、抜け毛を防止しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!