頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年5月21日

更新日:2019年10月8日

頭皮のかゆみの原因はストレス?原因別の対策を教えます。

頭皮のかゆみの原因はストレス?原因別の対策を教えます。

頭皮のかゆみはシャンプーとの相性や間違った洗い方、空気の乾燥、紫外線、食生活の乱れ、ストレスなどが原因に挙げられ、対処法も原因によって異なります。

そこで頭皮のかゆみを感じる主な原因と、人がかゆみを感じるメカニズム、そして原因に合った対処法をご紹介します。

■頭皮のかゆみを感じる仕組み

刺激がかゆみを引き起こす

かゆみの引き金となるのは頭皮への刺激です。刺激を受けると皮膚の中に存在する肥満細胞と呼ばれる部分からヒスタミンというかゆみ物質が分泌されます。そしてヒスタミンが神経に作用すると、その刺激がかゆみとして脳に伝わるのです。

頭皮をかくほどかゆみが悪化する理由

頭皮がかゆいからといってかくのはやめましょう。その理由は爪で皮膚が傷ついて防御機能が低下するからです。

防御機能が低下すると少しの刺激でもヒスタミンが分泌されるようになり、かゆみが強くなります。また、菌が侵入して炎症を起こすリスクもあり、炎症を起こすとその刺激によってかゆみが発生します。

つまり頭皮をかけばかくほど頭皮が傷つき、かゆみはどんどん強くなってしまうのです。

出典:順天堂大学大学院医学研究科 「なぜ、かゆい?」

■頭皮のかゆみの原因7つ

かゆみの原因その1:フケ

フケとは?

フケの正体は、頭皮のアカ、つまり老廃物です。身体と同じように、頭皮も新陳代謝によって古い角質がはがれ、新しい皮膚へと生まれ変わっています。つまり、常に身体と同じように頭皮もアカが出るということ。基本的には、フケはあまり目立つことはなくとても小さいので、毎日のシャンプーで洗い流すことができます。しかし、何らかの原因によっては、フケが増加して大量に発生する可能性もあり、性別や季節によって変化が見られることもあります。

フケの種類

頭皮には、皮脂や汗をエサにするマラセチア菌という常在菌がいます。通常は、この菌が雑菌や細菌の侵入を防ぐ役割を果たし、頭皮の健康を保っています。しかし、何らかの理由によって皮脂とマラセチア菌のバランスが悪くなると、フケが大量に発生することがあります。これを、「ふけ症」とも呼びます。フケには、ベトベトタイプとカサカサタイプの2種類があります。ベトベトタイプのフケは、皮脂が過剰に分泌され、マラセチア菌も大量に増殖された状態で発生します。

余分な皮脂が酸化して、汚れなどを吸着し、古い角質を混ざることでベタベタしたフケになるのです。湿度の高くなる梅雨や汗をよくかく夏にかけて増える傾向にあります。その一方、カサカサタイプのフケは、皮脂が少なすぎることで起こります。シャンプーによる洗いすぎなどが影響し、乾燥によってダメージを受けた頭皮が未熟なうちから剥がれ、カサカサとしたフケになります。乾燥しがちな冬によく見られる傾向にあります。

フケの刺激によるかゆみ

フケが多い人って、よく頭をかいているイメージがありませんか?大量に発生したフケが頭皮を刺激しかゆみを感じることが多いようです。しかしそれ以外にも、洗髪の頻度や方法も影響します。皮脂が多く不衛生な状態になると、雑菌が繁殖してかゆくなります。逆に、皮脂のとりすぎで乾燥すると、敏感肌の状態になり少しの刺激でかゆくなります。さらに、爪をたてて洗うなどして頭皮を傷つけたり、カラーリング剤やパーマ液によるダメージが影響することもあります。

かゆみの原因その2:頭皮の皮膚炎

頭皮にかゆみを生じる原因のひとつに皮膚炎が挙げられます。頭皮になんらかの皮膚トラブルがある場合、それが炎症となってかゆみを引き起こす恐れがあります。症状の程度によっては薄毛を招くこともあるので要注意です。どのような原因で皮膚炎が起きるのかを確認しましょう。

汚れや異物が原因の皮膚炎

皮脂汚れや空気中のホコリやごみ、フケや垢が頭皮に多く付着すると、それらが負担となって頭皮の健康を損なう場合があります。負担によって弱った頭皮は本来の機能を発揮できず、外部の刺激から身体を守るバリア機能や皮膚内に水分を留める保湿機能が損なわれます。

頭皮の機能が損なわれると外部の刺激に対して弱くなるため、皮膚炎などの皮膚トラブルを招きやすくなります。充分に頭皮を洗えていない場合や、洗浄力が足りないシャンプーを使っている場合、適切に頭皮の汚れを落とせていないため、頭皮の健康状態を損なう可能性があります。

また、一日に何回も頭を洗う場合や、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うことも頭皮の健康を損なうリスクがあります。頭皮を清潔にするために過剰なシャンプーをすると、頭皮が無防備な状態になるので洗いすぎは禁物です。

皮膚常在菌の過活動による皮膚炎

腸内にいる乳酸菌のように、人間の皮膚にも無数の菌(膚常在菌)が存在しています。皮膚常在菌には大きく分けて3つの種類があり、皮膚の機能に役立つ善玉菌、皮膚に害をもたらす悪玉菌、頭皮の状態によって良い方にも悪い方にも活動する日和見菌がいます。

善玉菌や日和見菌は、ふだんは頭皮の機能を助けるように活動していますが、頭皮の状態が悪くなると悪玉菌の活動が優勢になり、日和見菌とともに悪影響を与えます。たとえば悪玉菌の代表である黄色ブドウ球菌が傷口で繁殖すると炎症や膿、とびひなどの皮膚トラブルの原因になります。また、日和見菌の代表であるアクネ菌は、皮脂の詰まった毛穴で繁殖すると炎症を起こしてニキビの原因になります。

菌が増えるきっかけはさまざまですが、とくに頭皮をうまく洗えていない場合や皮脂の過剰分泌になっていることが原因です。皮脂の過剰分泌の原因は体質の他にも、皮脂の材料となる脂肪や糖分を摂りすぎている場合があります。

アレルギー反応による皮膚炎

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が頭皮に付着すると、アレルギー反応を引き起こして皮膚炎を招く恐れがあります。とくに皮膚が弱った状態で刺激物やアレルゲンが皮膚内部に侵入すると、炎症を起こして皮膚炎を招きます。

アレルギーといってもアトピー性皮膚炎を患っている一部の人に限らず、健康な皮膚の人でもなんらかの理由で皮膚が敏感になっていると、刺激物やアレルゲンに対して過敏に反応します。さらにスギ科やイネ科の植物がまき散らす花粉や、ダニやノミの死骸が混じったハウスダストが頭皮に付着して皮膚炎につながる場合も考えられます。

皮膚炎の症状は、種類によってそれぞれ特徴が異なります。気になる人は次の記事を併せてご覧ください。

頭皮のかゆみを引き起こす4種類の皮膚炎まとめ
頭皮のかゆみは放置するとハゲる?かゆい頭の原因と解決法

かゆみの原因その3:気候の変化

頭皮にかゆみを感じる原因として、気候の変化も要注意です。とくに季節の変わり目は身体が変化についていけず、頭皮環境を崩しがちです。気候の変化が頭皮のかゆみにどう影響するのかを説明します。

頭皮のダメージに伴うかゆみ

紫外線は皮膚の老化を促すため、紫外線の強い季節や地域で長く過ごすと頭皮に深いダメージが与えられます。紫外線の影響で頭皮から本来の機能が損なわれると、刺激に対して敏感になり、かゆみを強く感じやすくなります。

また乾燥の激しい季節や地域では、皮膚内の水分が失われやすいため頭皮が乾燥しやすくなります。乾燥した頭皮はバリア機能が弱まっているので、刺激に対して敏感になります。また、空気が乾燥しているとホコリが溜まりやすくなるため、かゆみを引き起こすハウスダストが増えるのも問題です。

血流の増加によるかゆみ

運動をすると一時的に血流が増加しますが、気候の変化でも血流は増加します。寒い季節は身体中の血管が縮むため血流が悪くなり、春先など暖かい季節に移ると血管の太さが元に戻って血流が増加します。血流が増加すると血管の周囲にある脂肪細胞という細胞が圧迫されて、かゆみのもとになる『ヒスタミン』と呼ばれる物質が分泌されます。これが気候の変化によってかゆみを感じやすくなる原因のひとつです。

かいた汗を放置することによるかゆみ

気温の高い季節は、昼夜を問わず汗をかく機会が多いのでかいた汗を放置しがちです。ただ、汗をそのままにしていると皮膚常在菌のバランスが崩れて、頭皮の悪影響につながる恐れがあります。

汗の成分はほとんどが水分ですが、そのほかにも塩分や尿素など微量なミネラルを含みます。悪玉菌である皮膚常在菌にとって、アルカリ性は過ごしやすい環境です。そのため汗に含まれるミネラルによって皮膚全体がアルカリ性に傾くと、悪玉菌が活発になります。

頭皮にかいた汗を放置すると、頭皮がアルカリ性に近い状態が長引くため、悪玉菌が繁殖してかゆみを生じさせるリスクを引き上げます。かゆみを防ぐために、汗はこまめに拭き取るようにしましょう。また、ふだん運動をせずに汗をかく習慣がないという人は汗をかく機能が衰えている場合が多く、通常より多くのミネラルが汗に含まれている傾向にあります。適度に運動を習慣づけて、汗をかく機能の維持をしましょう。

頭皮の乾燥によるかゆみ

皮脂は汗と混じって薄い膜となって頭皮の表面を覆い、異物の侵入を防いだり、刺激から守ったりする役割があります。頭皮が乾燥していると皮脂による防御機能が低下している状態なので、少しの刺激でも敏感に反応してしまいかゆみが生じやすくなります。

かゆみの原因その4:頭皮に合わないシャンプーの使用

頭皮の皮脂量に合っていない洗浄力の弱いシャンプーあるいは、洗浄力の強いシャンプーを使うのはかゆみの原因です。

洗浄力の弱すぎるシャンプー

洗浄力が弱いシャンプーを使うと皮脂や汚れが充分に洗い流せず、不潔な状態になります。すると菌の増殖を招き、かゆみが生じます。

洗浄力の強すぎるシャンプー

洗浄力が強いシャンプーを使うと必要以上に皮脂が洗い流されて、頭皮が乾燥します。すると肌の防御機能が低下して、少しの刺激でもかゆみが生じます。

かゆみの原因その5:生活習慣の乱れ

食事や睡眠などの生活習慣もかゆみの原因になる場合があります。

食事

肉類や揚げ物など脂っこい食べ物を多く摂取する、毎食の栄養バランスが偏っている、アレルゲンの原因となる食べ物を摂取する、などが原因でかゆみが生じます。

睡眠

睡眠中に多く分泌される成長ホルモンには頭皮を修復するはたらきがあります。もし睡眠不足で正緒ホルモンが減少すると頭皮は充分に回復できず、敏感な状態となるためかゆみが生じやすくなります。

かゆみの原因その6:ストレス

ストレスが頭皮のかゆみを引き起こす理由は解明されていません。シャンプーが原因に該当しない場合は、消去法でストレスが原因と推測できます。

ストレスで感覚が過敏になっている

多くのストレスが与えられると身体は緊張状態になるため、少しの刺激に対して敏感に反応するようになります。通常なら気にならない程度の刺激に対して、実際に頭皮を掻くことでヒスタミンが分泌されて強いかゆみを感じるという場合が考えられます。

ストレスによって生活習慣が乱れる

ストレスを感じると、それを発散するために脂肪や糖分が多い食べ物を多く食べるなど食生活が乱れがちになります。また、ストレスのもたらす不安や緊張による睡眠不足は、頭皮の血行不良を招く原因のひとつです。ストレスが引き金となる偏った食事や血行不良で頭皮の健康を損なうと、かゆみを生じるリスクが跳ね上がります。

ストレスが頭皮に及ぼす悪影響やストレスのうまい付き合い方を知りたい人は次の記事を参考にしてください。

頭皮のかゆみとストレスの関係 かゆみが起こる原因を知ろう

かゆみの原因その7:何らかの病気

頭皮のかゆみは、何らかの病気が原因で引き起こされていることもあります。たとえば、以下の3つの病気が考えられます。

乾癬(かんせん)

赤い発疹や皮膚の盛り上がり、大量のフケなどの症状がみられる病気です。頭皮に炎症が起きることが多く、これがかゆみにつながります。乾癬を発症している状態だと、炎症の起きていない場所でも少しひっかくだけで新たな発疹ができる可能性があります。乾癬は頭皮だけでなく、ヒジやヒザ、すね、お尻、爪などに広がることもあります。

接触性皮膚炎

何かに触ったときにそれが刺激となり、皮膚の炎症を起こす病気です。ヘアカラーによる接触性皮膚炎などがよく知られています。他には整髪料やシャンプーの洗い残しが刺激になることもあり、炎症によりかゆみが生じます。

アトピー性皮膚炎

免疫機能の異常から皮膚のバリア機能が弱く、かゆみや発疹などが生じやすくなる病気です。ダニや花粉、食物アレルギー、特定の金属などが原因で症状が現れます。なお、アトピー性皮膚炎では頭皮のみに症状が現れるのではなく、多くの場合は全身に症状が広がります。

かゆみの症状からいずれかの病気が疑われる場合は、幹部をかかないように注意し、皮膚科を受診するようにしましょう。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、頭部や鼻の周辺などの皮脂が溜まりやすい箇所に現れる炎症です。皮膚にフケのようなものが付着し、赤みを帯びかゆみを伴います。乳幼児から大人まで発症しますが、乳幼児の場合自然と治ることが多く、大人は慢性的に症状が続くことがあります。

原因としてはマラセチア菌というものが関与しており、皮膚から分泌される皮脂を分解して炎症を起こすとされています。その他にも、ストレスや環境、皮脂分泌の以上なども脂漏性皮膚炎の原因と言われています。

皮脂欠乏性湿疹

肌を守るアミノ酸や保湿成分が減少することにより、肌が乾燥してしまい起こる湿疹のことを指します。肌が乾燥することで、普段はなんとも思わない刺激でもかゆいと感じてしまうようになり、肌を掻いてしまうようになります。肌を強く掻いてしまうことで、皮膚が壊され、かゆみを伴う湿疹を発症します。

治療法は、医師から処方される軟膏を使用するか、薬浴剤を入れた浴槽につかることで肌に保湿成分を浸透させることが有効とされています。

毛包炎

肌の真菌類や微生物により引き起こさせている炎症です。毛穴が小さく赤色に盛り上がります。膿が詰まっているのでかゆいだけでなく痛む事もあります。 医療機関で処方された薬や処置が一番効くとされているため医師に相談しましょう。

頭ジラミ症

人の頭に寄生する頭ジラミという小さな虫に刺されることで激しいかゆみを引き起こします。この時髪の毛をよく見てみると頭ジラミの卵がついています。 サウナやプール、温泉で感染する他、頭ジラミ症に感染している人と帽子を共有したり、同じ枕で寝たりする事でも感染します。

■頭皮のかゆみ対策でやってはいけない2つのこと

頭皮のかゆみ対策をする上でやらない方が良いことが2つあります。

1:皮膚を刺激する

頭皮のかゆい部分を、掻く、つねる、叩くなど行なうと、傷ついた部分は刺激に敏感になってしまい、かゆみが強くなってしまいます。湿疹などの場合、傷ついた部分から拡大してしまうことがあるので、肌は傷つけないようにしましょう。

2:何もせずに放置する

一時的に頭皮がかゆくなる程度なら問題ありませんが、何度もかゆみが起こるのであれば頭皮湿疹の疑いがあります。そのまま頭皮湿疹を放置すると抜け毛が増える恐れがありますので注意しましょう。

以下の記事では種類別に頭皮湿疹の症状や対策法を詳しく解説しているので、何度も頭皮がかゆくなる人は同じような症状が出ていないかチェックしてみてください。

頭皮湿疹とかゆみは原因ごとに対策!乾燥、炎症にはシャンプーが重要

■頭皮のかゆみに効果的な対処法5選

頭皮のかゆみ対処法1:頭皮を冷やす

かゆみは「冷たい」と感じると軽減します。 保冷パックをタオルで包んでからかゆい部位に当て、頭皮のかゆみを落ち着けましょう。

頭皮のかゆみ対処法2:シャンプーを見直す

頭皮のかゆみに悩んでいる人は低刺激で洗浄力がやさしいアミノ酸系シャンプーを選びましょう。また、かゆみの菌に効く有効成分が含まれているとさらに効果的です。

頭皮のかゆみ対処法3:薬用ローションで頭皮を潤す

頭皮が乾燥していると刺激に敏感になるので、ローションなどを使って潤いを当てることが大切です。

頭皮のかゆみ対処法4:かゆみを引き起こす食べ物を控える

かゆみの引き起こす物質のヒスタミンは一部の食べ物に含まれています。ヒスタミンを含む食品を控えるだけでもかゆみを予防できます。

ヒスタミンを含む食品

・魚介類:サバ、マグロ、イワシ、サケ、サンマ、イカ、タコ、エビ、あさり ・肉類:豚肉、サラミ ・穀類:そば ・野菜類:里芋、たけのこ、トマト、ほうれん草、ナス ・酒類:ワイン、ビール

頭皮のかゆみ対処法5:質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠は頭皮の正常なターンオーバー、体の疲労の除去などに必要な成長ホルモンの分泌に欠かせません。

とくに寝入ってから30分~3時間後に訪れる深い眠りのタイミングが成長ホルモンの分泌が活発となります。ぐっすりと眠りにつくためには、就寝前の準備が必要です。

そこで、今晩からできる熟睡するための準備方法を以下の記事でいくつかご紹介します。
頭皮のかゆみを防げる!今夜からできる良質な育毛睡眠法

頭皮のかゆみ対処法6:ストレスを解消する

ストレスを感じない生活を送るのは難しいので、ストレスをうまく解消することが大切です。簡単にできるエクササイズとしては散歩や、読書、エクササイズなどがあります。まずは自分が実践できそうなストレス解消法から実践してみてください。

■早く頭皮のかゆみを改善する方法

セルフケアをしてもなかなか頭皮のかゆみが治らない場合は薬や皮膚科での治療に頼ってはいかがでしょうか。

かゆみ防止の薬を使う

かゆみを抑える成分メントールが配合された薬液を頭皮に塗れば、患部に適度な清涼感を与えてかゆみの感覚は落ち着きます。またかゆみの原因である炎症を抑える成分があれば、慢性的なかゆみの解消も期待できます。

かゆみのせいで頭皮を掻きむしることがなくなるため、皮膚を傷つけてさらに悪化させることを避けられます。

皮膚科を受診する

皮膚科を受診すると炎症を抑えるステロイド外用薬や、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬などを処方してくれます。また、食事や睡眠などの生活に関するアドバイスもしてもらえるので効果的に対策ができます。

■かゆみの原因を知り、正しく対処しよう

頭皮にかゆみを感じても、かかないことが大事です。かゆみを感じた部分をかくとのちにかゆみの原因は強くなります。その瞬間はすっきりしても、「かけばかくほどかゆくなる」という悪循環が始まるので、かく以外の対応で「患部を冷やす」「かゆみ止めの薬を使う」「皮膚科への受診」などの対策を取りましょう。

また、慢性的なかゆみは不衛生な頭皮、ヒスタミンを多く含む食品の過剰摂取、頭皮に合わないシャンプーの使用、ストレス過剰が原因と考えられます。頭皮を衛生的に保つ、特定の食べ物を食べ過ぎない、シャンプーの見直し、ストレスコントロールといった対応でかゆみの対策をしてください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。