頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年5月21日

更新日:2019年4月30日

ワックスつけたまま寝るのはNG!ワックスをきれいに洗える裏技を伝授

ワックスつけたまま寝るのはNG!ワックスをきれいに洗える裏技を伝授

整髪料を洗わず寝ると、髪と頭皮に大きな悪影響が及びます。仕事でひどく疲れた日、家に帰ったらベッドに直行した…こんな行動に心あたりがある人は要注意! 髪にワックスをつけたまま寝ると、頭皮にさまざまな問題が起こり、薄毛(ハゲ)のリスクが高まります。また、就寝前に髪を洗っていても、洗い残しがあるとやはり問題は起こります。 この記事では、髪にワックスをつけたまま寝ると起こる問題や、ワックスをきれいに洗い流せる意外なコツをご紹介します。

ワックスを洗い流さずに寝ると起こる問題

抜け毛

ワックスはスタイリングから長時間が過ぎるとベタベタしてホコリが付着し、見た目が悪くなります。しかし、見た目以上の問題が頭皮では起こっているのです。ワックスをつけたまま寝ると起こってしまう問題点を具体的にみていきましょう。

頭皮の炎症やかゆみの原因になる

ワックスの主な材料はセットポリマー(樹脂)、固形油分、液状油分と、大半が油分で構成されています。油分は時間が経つと酸化する性質があり、髪につけたワックスの中の油分も酸化します。

酸化した油分は雑菌の繁殖を招き、皮膚のかぶれや炎症を引き起こします。そうした頭皮の健康悪化は、薄毛や白髪の原因になります。

頭皮の毛穴が詰まってしまう

ワックスの成分は頭皮につくと問題があるため、ワックスでスタイリングする際は髪の毛だけにつけ、頭皮にはつけないのが鉄則です。ところが、ワックスをつけたまま寝た場合、枕によって髪は頭皮に押し付けられ、髪に残っていたワックスは頭皮に付着します。寝返りによって枕と密着する部分も変わり、髪の毛もあちこちにつくため、頭皮全体にワックスが広がります。

ワックスには油分が多く含まれており、酸化した油分は粘度が高まります。そのため、付着したワックスはなかなか取れず、毛穴に詰まってしまいます。頭皮の毛穴が詰まると、髪の成長が阻害されて雑菌も繁殖しやすくなります。

髪が傷みやすい

ワックスには髪をまとめる効果があり、セット力を重視したワックスは髪を硬い状態に保ちます。ワックスは髪のセットに役立ちますが、その状態で寝てしまうと頭の重さで髪に圧力がかかり、髪の毛が傷んでしまいます。

髪を健康に保つためにも、ワックスをつけたまま寝るのは避けるべきです。

寝具に細菌やダニが増える

髪を洗わずに寝ることで、枕は不衛生になります。ワックスをつけた髪であればなおさらです。 髪には日中にかいた汗や分泌された皮脂、ホコリや汚れがついており、睡眠中に接触した枕や布団などの寝具にそれらが付着します。寝具に潜む細菌やダニは皮脂やホコリをエサにして繁殖し、寝具が不衛生になります。翌日に髪をきれいに洗ったとしても、汚れた寝具で休むと今度は寝具から髪へと汚れが移ります。不衛生な髪、頭皮は悪臭や抜け毛の原因増加といった深刻な問題を起こします。

また、寝具のダニやカビはアレルギーや皮膚炎の原因になります。ワックスをつけたまま寝ると、髪だけでなく身体の健康にも大きな悪影響が及ぶ可能性があります。

なお、ワックスをつけたまま寝る以外の薄毛(ハゲ)の原因には生活習慣の乱れもあります。下記の記事で詳しく紹介しているので、生活習慣の乱れに心あたりがある方は参考にしてください。

生活習慣を見直してAGAによる薄毛(ハゲ)を予防しよう

ワックスを使ったら、睡眠前に必ず入浴

髪は睡眠中に最も成長します。睡眠中に髪がしっかりと成長するように、ワックスを使った日は必ず、入浴して髪を洗ってから休みましょう。 ただ、ワックスはいつもどおりのシャンプーではなかなか落ちにくいものです。洗い残しがあった場合も、ワックスを洗わなかったときと同様の問題が起こります。そうした問題を避けるために、ワックスをしっかり落とす方法を覚えておきましょう。

ワックスをきれいに洗い流す裏ワザ

ワックスを使った日の入浴時、きれいにワックスを落とす方法があります。油分の多いワックスの性質を利用した意外なコツを取り入れて、髪のワックス成分をしっかり洗い流しましょう。

ワックスをきれいに洗い流す方法

ワックスをきれいに洗い流すコツは、「シャンプー前にコンディショナーを使うこと」です。きれいに洗い流せる理由の解説をまじえながら、ワックスをきれいに落とせる洗い方の流れを確認しましょう。

  1. お湯で髪の汚れを落としておく

    まずはお湯で髪の汚れを落としましょう。汚れを落とすためにはブラッシングも効果的ですが、ワックスが付いた髪をブラッシングしてはいけません。 なお、お湯で流す際には、あまり熱いお湯を使わないようにしましょう。熱いお湯を使うと、頭皮の乾燥や炎症の原因になります。お湯で流してもワックスは髪に残っていますが、この段階では気にしないで大丈夫です。

  2. コンディショナーをつける

    コンディショナーには、「乳化剤」が含まれています。乳化剤とは、本来混ざり合わないもの同士を均一に混ぜるための成分です。水と油のように混ざりにくいものでも、乳化剤を使えば混ざりやすくなります。

    油分が非常に多いワックスを落としやすくするために、この乳化の性質を利用します。濡らした髪と頭皮にコンディショナーをつけて、髪に残っているワックスが乳化するまで5~10分ほど待ちます。湯船に浸かって待つのがおすすめです。

    乳化のしくみ
  3. お湯ですすぎ洗いをする

    ワックスとコンディショナーがなじんだら、髪と頭皮につけたコンディショナーをしっかり洗い流します。いきなりシャンプーせずに、まずは洗い流すのがポイントです。せっかく流しやすくなったワックスがすすぎ不足で残らないよう念入りに洗いましょう。

  4. シャンプーで洗う

    コンディショナーとともにワックスの成分はほとんど流れ落ちています。いつもどおりのシャンプーで髪と頭皮を洗いましょう。

    その際には、「手でしっかりと泡立ててから」洗ってください。髪にシャンプーをつけて泡立てる人もいますが、髪を傷める原因になります。また、爪は立てずに指の腹で優しく洗うようにします。ワックスはコンディショナーの働きによってほとんど落ちているため、力を入れる必要はありません。あまり強く洗ってしまうと、頭皮や髪を傷める原因になります。

毎日の入浴で「コンディショナーを先」にしてもOK

ワックスを効果的に落とすコツとしてコンディショナーを先に使う方法をご紹介しましたが、いつもこの方法で洗っても問題はありません。コンディショナーも配合成分によっては、すすぎ残しが頭皮に悪影響を及ぼしますが、コンディショナーのあとにシャンプーを使えば余計な成分が残る心配もなくなります。また、乾燥でパサつきがちな髪の場合は、コンディショナーが先に髪をコーティングした状態でシャンプーすることで、シャンプーによる油分の落としすぎを予防でき、適度な湿度を保った髪に仕上げられます。

「二度洗い」は髪のダメージが心配

なかなか落ちないワックスを洗い流すために、「二度洗い」をしている人もいるでしょう。二度洗いすればワックスは落ちやすくなりますが、洗う回数が増えれば髪や頭皮への刺激も増えることになり、髪の健康悪化の原因になります。特に髪の毛が濡れていると、表面のキューティクルが開いて剥がれやすくなります。髪を健康に保つためには、刺激を少なくすることが重要です。
コンディショナーをシャンプー前に使用すれば、1回のシャンプーでもワックスはしっかりと落とせます。ワックスを落とすために二度洗いするのは、おすすめしません。

洗浄力が強すぎるシャンプーは避ける

ヘアワックス専用のシャンプーも販売されています。そうしたシャンプーには、洗浄力を高めるために界面活性剤やアルコールといった成分が多く含まれています。

そうしたシャンプーはワックスがよく落ちる反面、頭皮や髪への刺激も強く、使用し続けると頭皮の乾燥や炎症を引き起こす恐れがあります。特に頭皮が弱い人は、洗浄力が強力なヘアワックス専用のシャンプーは避けるべきです。

シャンプー前にトリートメントを使えば、洗浄力が強いシャンプーを使わなくてもワックスは十分に落とせます。

頭皮ケア成分のワックスも、寝る前には落とす

頭皮をケアする成分が配合されているワックスであれば、頭皮や髪へのダメージの心配はありません。しかし、髪にホコリや汚れ、汗、皮脂がついたまま眠るのはやはりよくありません。就寝前には必ず入浴して髪を洗う習慣は守りましょう。

ワックスをつけたまま寝たら枕カバーを洗濯

髪と頭皮だけでなく、寝具も衛生的に保ちましょう。もし、最近入浴せずに眠った覚えがあるのなら、寝具にワックスが残っています。そうした場合は、すぐに洗濯で枕カバーをきれいにしてください。

ワックスがついた枕カバーを使い続けると、就寝前に入浴しても髪に油分が付着してしまいます。また、ダニやカビが繁殖しやすくなり、アレルギーの原因になる恐れがあります。

頭皮に良いコンディショナー選びを

男性

ワックスを落とすために使用するコンディショナーは、なるべく頭皮に優しいものを選びたいところです。直後のシャンプーで洗い流せるとはいえ、本来はコンディショナーも頭皮につけないよう注意して使うものだからです。

皮膚が弱い人の場合は、「無添加」「薬用」などの記載がある頭皮に優しいコンディショナーを選びましょう。

ワックスは就寝前に洗い流す

ワックスは主に油分でできており、ホコリや汚れが付着しやすくなります。髪を洗わずに寝ると

  • 頭皮でワックス成分が酸化し、皮膚トラブルを起こす
  • 雑菌が繁殖する
  • ワックスの成分が頭皮全体につく
  • 毛根が詰まりやすくなる
  • 寝具にも汚れがつき、雑菌やダニが増える

といった問題が起こります。これらは将来的に抜け毛や薄毛(ハゲ)の原因にもなりかねません。 毎日入浴して髪を洗う習慣を守り、とくにスタイリング剤を使った日は必ず髪を洗いましょう。 コツとして、シャンプーの前にコンディショナーを髪につける方法がおすすめです。コンディショナーの成分の乳化作用により、髪についたワックスがお湯すすぎだけで充分に落とせるようになります。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。