頭皮の悩み 頭皮の悩み

頭皮の悩み

公開日:2018年4月17日

更新日:2018年9月19日

赤い頭皮の改善は洗髪がカギ!頭皮ケアにおすすめのシャンプー

赤い頭皮の改善は洗髪がカギ!頭皮ケアにおすすめのシャンプー

「頭皮の色が少し赤い」「フケやかゆみがひどい」 こんな症状に悩んでいるならば、それは自分にあわないシャンプーが理由かもしれません。肌に合わないシャンプーは、髪や頭皮のトラブルを悪化させ、頭皮環境を荒らします。

「今使っているシャンプーの何が悪いのか?」「どんなシャンプーに変えるべきなのか」を知るため、頭皮が赤い色になる原因や解決法を調べました。

正常な頭皮と、赤い頭皮

頭皮は体の中でも通っている血管が細く、血流が少ない部分です。健康な頭皮の色が手足と比べて青白く見えるのはそのためです。

そんな頭皮が赤い色になっているならば、炎症が起きていると考えられます。頭皮の毛細血管が拡張して、血流が増えて赤っぽく見えており、そのままではやがて頭皮は熱を持ち、かゆみも出てきます。

頭皮の炎症にはいくつか原因が考えられます。もしかすると、毎日使っているシャンプーが原因かもしれません。

赤い頭皮は「ストップ!」の合図。放置すると…?

頭部

「頭皮が炎症を起こす前からシャンプーを変えていないから、シャンプーが原因ではないはず」と思うかもしれませんが、そうとは言い切れません。

頭皮の炎症について少し解説しましょう。

荒れた頭皮を放置すると…

赤みがあったり、かゆみを感じたりといった荒れた状態の頭皮は、早めに対処すればすぐに症状がおさまります。

ですが、炎症を起こした状態が続くとさらに深刻な皮膚炎へと悪化し、かゆみがひどくなり、フケも増えます。 頭皮の炎症は皮膚科で治療を受けて直しますが、悪化したものは完治まで4~6週間ほどかかります。

最初にするべきことは?

肌質には個人差がありますし、同じ人でも健康状態や生活のちょっとした違いで肌の状態も変わります。

ですから「いっしょに使っている家族はなんともない」「自分も長く使っている」といった状況を理由に楽観視せず、一度はシャンプーやリンス、整髪料が原因である可能性を考えるべきです。これらは毎日髪と頭皮に触れるものですから、枕カバーや帽子と並んで「もっとも疑わしい」といえます。

可能性を考えだけで否定する前に、一度は今使っているシャンプーの使用を止めましょう。使わないとかゆみや赤みが軽減するようならば、ますます原因である可能性は高まります。

さて、シャンプーが原因だった場合、さらに「シャンプーの何が悪かったのか」が焦点になります。肌に炎症をもたらすのは、たいていは洗浄成分です。

強すぎる洗浄力は危険!シャンプーの洗浄成分

シャンプーに使われる洗浄成分はかなり多くの種類があります。製品ごとに成分は異なり、また洗浄力の強さも異なります。

単純に「洗浄力の強いシャンプーほど悪影響を起こしやすい」と考えてよいでしょう。

強すぎる洗浄力は何が悪いのか

シャンプーの役割は、主に髪や頭皮の汚れ、余分な皮脂を洗い流すことです。ただ「皮脂は洗い落とすべき余計なものだ、悪者だ」ということではありません。皮脂にはもともと頭皮を外的な刺激から保護、保湿する役割があるので、ある程度の量は常に頭皮にあるべきものです。

洗浄力が強いシャンプーは汚れも皮脂もしっかり落とせますが、強すぎると頭皮に必要な皮脂まで奪うので頭皮は乾燥しやすくなり、かゆみやフケ、赤み、炎症などのトラブルが起こってしまいます。

洗浄力と刺激が強い洗浄成分

強い洗浄力を持っている成分としては、ラウリン酸ナトリウム(Na)や、ラウレス酸ナトリウムなどが挙げられます。

いずれも石油系の洗浄成分であり、泡立ちが良いこと、洗浄力が強いことが共通の特徴です。「髪の汚れを洗う」というシャンプーの目的には適しているものの、肌が弱い人、あるいは乾燥状態の人が使用すると、皮脂の落としすぎが起こりやすいことも事実です。

これらの石油系原料を主な洗浄成分とするシャンプーを分類上「高級アルコール系シャンプー」と呼びます。シャンプーの成分表を確認して、これらが含まれていれば高級アルコール系シャンプーだとわかります。

なお、石鹸系の洗浄成分も洗浄力が強いので皮脂を落としすぎがちです。また、石鹸はアルカリ性なので弱酸性の頭皮にとって刺激となります。

荒れ、炎症の心配が少ないアミノ酸系の洗浄成分

高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーを使えば必ず頭皮が赤くなったり、荒れたりするわけではありませんが、肌荒れや炎症の原因になることが多いのも確かです。

この問題は、頭皮への刺激が少ない洗浄成分を主とするシャンプーを使うことで避けられます。具体的には、「アミノ酸系シャンプー」に分類されるものが該当します。

炎症を避けるためのアミノ酸系シャンプー選び

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分がアミノ酸由来のシャンプーのことで、「ココイルアラニン」「ココイルグルタミン酸」といった洗浄成分が有名です。

ただし、高級アルコール系シャンプーと比べると洗浄力は落ちますが、髪の汚れや余分な皮脂を落とすには充分な力があります。洗いあがりがしっとりしていて、髪や頭皮のうるおいを保つことがメリットです。

乾燥肌の人におすすめのシャンプー

アミノ酸系シャンプーにもたくさんの種類があります。頭皮の荒れや炎症に悩んでいる人、また乾燥しがちで予防したいという人には、スカルプD スカルプシャンプー ドライをおすすめします。

スカルプD スカルプシャンプー ドライは乾燥肌の人、髪や頭皮が乾燥した状態の人に配慮して作られたアミノ酸系シャンプーです。洗浄力はきわめてマイルドで、汚れと余分な皮脂を落としながらも、乾燥やかゆみを起こさない程度にやさしく洗いあげます。また天然由来の保湿成分を配合し、うるおいを保つことを追求しています。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD スカルプシャンプー ドライ[医薬部外品]

スカルプシャンプードライ

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸 2K」「アラントイン」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。頭皮が乾燥している人向けに作られたシャンプーであり、高い保湿効果と肌荒れの防止効果があります。

脂性肌の人におすすめのシャンプー

皮脂の分泌が多くて昼には頭皮がベタつきやすい人にはスカルプD スカルプシャンプー オイリーがおすすめです。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD スカルプシャンプー オイリー【医薬部外品】

スカルプシャンプーオイリー

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」「サリチル酸」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。スカルプDシャンプーの中でも人気NO.1であり、高い保湿効果と洗浄力、皮脂抑制の効果があります。

超脂性肌の人におすすめのシャンプー

皮脂の分泌が多くて朝から頭皮が皮脂でベタベタする人は、頑固な皮脂汚れを洗い流しやすいスカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリーを選びましょう。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー【医薬部外品】

スカルプD スカルプシャンプー ストロングオイリー

通常価格:3,900円(税込)
有効成分:「ピロクトン オラミン」「グリチルリチン酸2K」「サリチル酸」
商品説明:頭皮を健康に近づけることで発毛を促進させます。スカルプ D シャンプーの中でも最強の洗浄力を持ち、皮脂量が多い頭皮でも綺麗に洗えます。

フケとかゆみに悩んでいる人におすすめのシャンプー

赤い頭皮に加えフケやかゆみが出やすい人はスカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリーで健やかな頭皮に整えましょう。

【おすすめのシャンプー】
スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

スカルプD 薬用スカルプシャンプー ダンドラフオイリー

通常価格:4,500円(税込)
有効成分:「ミコナゾール硝酸塩」「ピロクトン オラミン」
商品説明:スカルプD スカルプシャンプー オイリーに新開発の成分「セラミライ」が配合されたシャンプーです。有効成分であるミコナゾール硝酸塩やピロクトン オラミンがフケやかゆみの原因にアプローチします。

ここで紹介したシャンプーは男性向けです。皮脂の分泌が少ない女性が使うと皮脂を必要以上に落とす恐れがあるので、女性は女性用のアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

以下の記事では女性向けのアミノ酸系シャンプーの選び方を紹介しているので参考にしてください。

シャンプーで髪は美しくなる!スカルプシャンプーの特徴と選び方

シャンプーの方法を見直すのも大切

シャンプーの方法も頭皮が赤くなる原因のひとつです。爪を立てて洗ったり指の腹で頭皮をゴシゴシと強くこすったりすると、頭皮に負担がかかり赤くなります。

頭皮をやさしく洗える正しいシャンプーの方法は以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

シャンプーで抜け毛が増える危険性!正しいヘアケア方法で髪を育む

ためらわず、必ず皮膚科へ相談を!

洗浄力が強いシャンプーからアミノ酸系シャンプーに変えても赤い頭皮が治らないなら、すでに炎症が悪化し皮膚炎を発症している恐れがあるので、早く皮膚科で診察を受けましょう。

皮膚科では一般に皮膚炎の場合はステロイドの外用薬を処方され、肌に塗布することで症状の治療を試みます。ステロイド外用薬は市販もされていますが、医師の処方を受けたものを使用しましょう。

ステロイドは副作用が強く、誤った使用法や症状に適さない強さのものを使うことで、皮膚のただれや硬化といった別のトラブルを起こす可能性があります。

また、治療中のシャンプーや整髪料の使用可否も医師に尋ねましょう。

なお、頭皮が赤くなる病気には脂漏性皮膚炎や扁平苔癬(へんぺいたいせん)などさまざまあります。そのような病気の原因や治療法は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

赤い頭皮に隠れた怖い病気

頭皮に炎症が起きやすい人は洗浄力のマイルドなシャンプーを

男性

頭皮の色が赤いのは、炎症の直前に体が発する危険信号ともいえます。

はじめは軽いかゆみ程度であっても、放置すると症状が悪化してフケや強いかゆみを伴う皮膚炎になりえます。皮膚炎は薄毛の原因にもなりますから、できるだけ早く改善しましょう。

頭皮に赤みが出たら、まずはシャンプーを疑いましょう。洗浄力の強すぎるシャンプーは乾燥肌や敏感肌の人には炎症が起こりやすいものです。洗浄力がやさしく低刺激で保湿効果のあるアミノ酸系シャンプーを使って、頭皮への強い刺激を避けて、症状が緩和するかどうかを確認しましょう。

また、早めに皮膚科医に相談して薬を処方してもらいましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!