頭皮の悩み

公開日:2018年4月13日

更新日:2018年7月19日

ヘアカラーが原因の頭皮かぶれ、アレルギーを予防する5つの対策

ヘアカラーが原因の頭皮かぶれ、アレルギーを予防する5つの対策

ヘアカラーによる頭皮や皮膚のかぶれについて、毎年、消費者庁に数多くの相談が寄せられています。

平成22~26年度の5年間でも1,000件以上にのぼり、そのうち治療に1ヵ月以上の時間を要するケースが100件以上あります。

まずは「なぜこうした相談が多いのか、どういった症状が相談されているのか」をご説明します。

ヘアカラーによるトラブルの症状とは

消費者庁へ寄せられているヘアカラーの被害相談の多くは、皮膚炎に関するものです。

頭皮や髪の生え際、額などにヘアカラーの薬液が付着し、かゆみや腫れの症状が起きたという相談が多く、中には複数回行なっていても問題がなかったのに、突然起きたというケースもあります。

症状もさまざまで、かゆみ、腫れだけでなく赤みや湿疹を伴うこともあります。

ヘアカラーによる症状でとくに注意したいのは、かぶれです。ヘアカラーの場合、成分に含まれた刺激物が原因で発生するかぶれや、成分に対するアレルギーによって発生するかぶれがあります。
かぶれの主な症状は、肌が赤くなる発赤、湿疹、かゆみ、痛みなどです。
もし、ヘアカラーでかぶれが発生した場合、使用をすぐに中止しましょう。かぶれているにもかかわらず使用し続けた場合、症状はより悪化してかゆみが悪化してしまいます。かゆみに負けて掻き続けた結果、傷がついて可能しやすくなるだけではなく、毛穴にもダメージが及び、抜け毛の原因となる可能性があります。

ヘアカラーによる頭皮のかぶれの要因

悩む男の人

具体的に、どのような問題が起きているのか確認しましょう。 ヘアカラーは1剤、2剤と薬剤が分かれています。トラブルは主に2剤に含まれるアルカリ剤や過酸化水素が原因となって起きていますが、それ以外の成分で症状が起きることもあります。 かぶれの症状は、主に2つに分けられます。

刺激性接触皮膚炎

刺激性接触皮膚炎は、かゆみよりも痛みに近い感覚で、もともと敏感肌な人によく起きる症状です。症状は比較的軽いほうなのですが、そのぶん誰にでも症状が出る可能性があります。

アレルギー性接触皮膚炎

このタイプのかぶれは、更に症状が2つに分かれます。

・遅延型アレルギー

基本的に症状が出るのが遅く、ヘアカラーをしてから数時間~半日ほど時間が経過してから、かゆみを感じます。症状はどんどん悪化していき、およそ48時間後に最も状況が悪化します。 ひどいときには目も開けられないほど顔全体が腫れることや、薬剤に接触してない部位まで皮膚炎が拡大することもあります。

・即時性アレルギー

はじめは軽い症状しか出ませんが、何度も繰り返しているとヘアカラー中に突然重度の症状が現れるため、大変危険です。呼吸困難のような命にかかわる症状が出ることもあります。 「違和感はあるが、あまり影響がないから大丈夫だろう」と自己判断して使用を続けず、皮膚科医に相談しましょう。

ヘアカラーの頭皮トラブルを避けるには

「ヘアカラーで髪を染めたいけどかぶれによるリスクはできるだけ避けたい」
そんな方はヘアカラーを使用する前に予防方法と、かぶれを起こしてしまったときの対策を知っておきましょう。ヘアカラーに使用する薬剤が自分に合っているかどうか試すことで、かぶれのリスクを低くすることができます。また、たとえかぶれが起きてしまったとしても、すばやく対処することで症状の悪化を防げます。

ヘアカラーを使う前の頭皮トラブル予防法

刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎、どちらの症状が出ても、まずヘアカラーの使用を止めましょう。また、自己判断で手持ちの薬を使うと、思わぬ影響が出ること、かえって悪影響になることもあるので危険です。すぐに皮膚科の医師に相談することが大切です。

1.薬剤を確認する

すでになんらかのアレルギーがあるとわかっている人は、事前に必ず、薬剤の成分を確認しましょう。アレルギー反応が出るとわかっている成分を避けることで、トラブルの可能性は下がります。

2.パッチテストを行なう

パッチテストはアレルギーがないか、その薬剤を使用しても大丈夫かを確かめるための大切なテストです。長時間様子を見る必要があるパッチテストを略して、すぐヘアカラーに入る人もいますが、この過程を飛ばすと、皮膚トラブルが起きるリスクは上がります。 ヘアカラーでかぶれたことがない人でも、必ずパッチテストで問題がないか確認してからヘアカラーを使用することを強くおすすめします。

3.体調がよくないときはヘアカラーを行なわない

基本的に、風邪や体調が悪いときは免疫力が落ちます。肌にも影響が及びやすくなるため、起きずに済んだはずの皮膚トラブルが起こることもあります。ヘアカラーは健康状態のよいときにのみ、行ないましょう。

4.薬剤を皮膚につけない

襟足やもみあげ、前髪の生え際といった皮膚に接触しやすい部位は、皮膚に薬剤がつかないよう細心の注意を払いましょう。頭皮トラブルに直結し、薄毛の原因となることもあります。万一皮膚についたときは、ヘアカラーの手を止めて落とすことを優先しましょう。

5.薬剤をしっかりと洗い落とす

ヘアカラー後の薬剤は残らぬよう、念入りに洗い落としましょう。シャンプーと同じ感覚で洗い流すだけでは、薬剤が残りやすく危険です。 またヘアカラーを落とす際はすすいだお湯が顔、身体につかないよう気を配りましょう。

ヘアカラーで頭皮がかぶれた場合の対処法

刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の症状がでた場合は、すぐにヘアカラーの使用の使用をやめましょう。また、自己判断で手持ちの塗り薬を使うと思わぬ影響が出ることがあるため、かえって危険です。使用をやめて、きれいに薬剤を洗い流しても症状が改善しない場合は、皮膚科を受診しましょう。

シャンプーで頭皮の環境を整える

根本的な対策として、普段から頭皮環境を整えることも重要です。頭皮が荒れていたり、乾燥していたりすると、ヘアカラーによる刺激を受けやすくなってしまいます。シャンプーで頭皮の環境を整えて健康に保ち、ヘアカラーの刺激を少しでも軽減しましょう。
頭皮環境を整えるのであればアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

シャンプー次の抜け毛って大丈夫?正しいシャンプーの方法と選び方

異変があってもヘアカラーを続けるとどうなる?

もし、なんらかの症状が出たのにもかかわらず、がまんして、あるいは手持ちの薬で症状を抑えてヘアカラーを行なうと、症状がさらに悪化して呼吸困難や全身じんましんのような重度のアレルギー症状につながることもあります。 重い症状になると、ようやくなんとかしようと思ったときには自分では何もできなくなることも考えられます。

トラブルに備えた心得

  • 一度かぶれやかゆみの症状が出たら、以後は絶対に酸化染料が含まれたヘアカラーを使わない
  • 使用経験のあるヘアカラーでも必ずパッチテストを行なう
  • 違和感があったら、ごく軽くてもまずはヘアカラーを中止する

ヘアカラーのトラブルを経験した人たち全員が油断していた、甘く見ていたというわけではありません。はじめはごく軽い症状だったケース、くりかえしの使用で突然重度の症状が出たケースもあるのです。 事前の準備や確認に加え、「もしものときにはすぐに止めること」をあらかじめ心得ておけば、トラブルが起きても程度を軽減できる希望があります。

後悔しないヘアカラーのために

微笑む男性

おしゃれのため、また白髪染めとしても定着しているヘアカラーですが、市販されているとはいえ刺激の強い薬品です。もしかゆみやかぶれといった頭皮トラブルが起きたときのために充分備えてからヘアカラーをすることで、皮膚トラブルの可能性を下げられます。

「パッチテストをしなくても、きっと大丈夫だろう」というその油断が、大きなトラブルへとつながりえます。必ずパッチテストは行いましょう。また、少しでも異変を感じたらすぐに使用を中止して皮膚科医師の診断を受けましょう。

検索

スカルプD公式サイトの注目ランキング
  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!