白髪に関するお悩み 白髪に関するお悩み

白髪に関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2018年9月21日

白髪の人は薄毛になりにくい?薄毛と白髪の関係

白髪の人は薄毛になりにくい?薄毛と白髪の関係

白髪は薄毛になりにくい?

「白髪が多くて薄毛の人をあまり知らない」「白髪の人は薄毛になりづらいのかも?」と思ったことはありませんか。「たしかに感覚や経験則ではそう思える」という人も多いでしょう。

しかし実際のところ、白髪と薄毛には互いに関わりがありません。

それぞれの現象は、まったく別の理由が原因で起きているため、「白髪が多いから薄毛になりにくい」あるいは「薄毛なので白髪は少ない」とは言えないのです。

さて、それでは白髪と薄毛、それぞれの原因について確認しましょう。

白髪になる原因

白髪は自然な老化現象の結果として発生します。

髪の毛が黒いのはメラニン色素のはたらきによるものなのですが、加齢によってメラニンの分泌量は低下します。結果的に黒くない髪=白髪が生えてくるのです。

なお、「若白髪」と言われる、10~20代と若いうちから白髪が生える人もいますが、これは老化ではなくストレス、あるいは髪の毛を黒くするために必要な成分の不足が原因と考えられています。なお、いくつかの病気では症状の一環として白髪になることがわかっており、この可能性も否めません。

薄毛になる原因

薄毛の原因は数多くありますが、中でも代表的なのがAGA(男性型脱毛症)です。AGAは病気の一種であるため、AGAによる薄毛はクリニックでの治療が必要になります。

他の薄毛の原因としては、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

どうやら白髪だから薄毛にならない、というのは誤解で、白髪でも薄毛になる人・ならない人がいるようです。

次に、なぜ白髪になるのか、しくみについて詳しくご説明します。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

髪の毛が白髪になるしくみ

男性の頭と虫メガネ

髪の毛はなぜ白くなるのか、その理由と白髪になる流れを紹介します。

髪の毛が白くなる主な原因は、メラニン色素の不足です。

メラニンはメラノサイトと呼ばれる色素細胞で作られています。髪の毛が作られるとき、一緒にメラニンも作られるので、髪の毛は黒くなります。

ここで髪の毛の構造を確認しましょう。髪の毛は3つの要素、キューティクル、メデュラ、コルテックスで構成されています。

髪の毛のいちばん外側にあるのがキューティクルで、硬いタンパク質が鱗状に、髪の表面を覆うように存在しており、外部から髪の毛を守る役割を担っています。キューティクルの内側には繊維状のタンパク質の層・コルテックスがあり、さらにその中には柔らかいタンパク質で構成された髪の毛の芯・メデュラがあります。

キューティクルは透明で、健康な状態ならツヤがあります。髪を黒くする色素・メラニンはコルテックス内にあります。ですから、人が「髪の毛の黒さ」と思って見ているのは、透けているキューティクルの奥にあるコルテックスの黒さになりますね。

髪の毛を黒くするためには、コルテックス内のメラニン色素が必要不可欠です。メラニンが欠乏すると、髪の毛が白髪になるだけではなく、まつげや眉毛、髭や体毛までも白くなります。

メラニン色素は、チロシナーゼという酵素のはたらきが弱くなると、作られなくなると言われています。つまり、チロシナーゼのはたらきが鈍るような生活習慣、あるいはチロシナーゼを活性化するために必要な栄養素が不足すると、白髪が増えるのです。

メラニンが作られなくなる原因

加齢に伴う白髪の多くは毛母細胞(髪のもとになる細胞)周辺にメラノサイトが移動しないことが原因です。もともとメラノサイトはバルジ領域と呼ばれる部分に存在しており、そこから毛母細胞の周辺に移動します。毛母細胞はメラノサイトが作ったメラニンを受け取り、分裂し黒髪になります。そのためメラノサイトが毛母細胞周辺に移動しないと毛母細胞がメラニンを受け取れず、白髪になるのです。

この仕組みからメラノサイトを毛母細胞周辺に移動させることが白髪対策に有効的であることがわかります。一度白髪になった髪が黒髪に戻ることはほとんどありませんが、メラノサイトを毛母細胞周辺に移動できれば、新しく生えてくる髪が黒髪になる可能性はあります。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

若白髪が多い人は注意!

まだ若いうちから白髪が生え、増えてくる若白髪についても詳しく見てみましょう。

「若白髪」の話題といっても、一時的に白髪が増えるといった症状については30代、40代以上の人にもあてはまるのでぜひ確認してください。

10代、20代と若くして白髪が多くなる原因としては、まず遺伝的な要因が考えられます。ですが、実際は遺伝よりも生活環境の要因が影響するケース、わかりやすくいうとストレスが原因で白髪が増える可能性のほうが高いのです。

遺伝以外で若白髪の原因となりやすいのは、その人を取り巻く環境、とくに精神的に負荷の大きいできごとが考えられます。

たとえば受験や就職活動、またそれらで望ましい結果が得られなかったこと、身近な人が亡くなる、職場でパワハラやセクハラを受ける、残業や休日出勤続きの過労…など、ストレスとなりうることは多数あります。

強いストレスは気分の落ち込む、気力の低下といった精神的な変化のみならず、身体にも直接影響を与えます。とくにストレスは血行不良を引き起こしやすいとされており、血行不良は頭皮に充分な栄養が行き届かない状態を招きます。結果として栄養不足の髪の毛は白髪となり生えてくるのです。

若白髪の特徴として、髪の毛全体ではなく部分的に白髪が生えてきます。

まだ若いのに白髪が多い、部分的に白髪が集中している場合、その人が何か強いストレスを受けている可能性が高いといえるでしょう。

若白髪の解決法について考えましょう。

見た目が気になるのであれば白髪染めを使うことで解消はできますが、髪が伸びてくるとまたその部分は白髪に…という可能性が高いでしょう。

まずは白髪が生えてきた根本的な原因であるストレスの軽減あるいは解消を目指し、また並行して適切な頭皮ケアで血行を促進することで、白髪が多い状態は改善されうるでしょう。

なお、血行不良による栄養不足は薄毛の主な原因でもあります。

AGAにより薄毛になる人とストレスによって白髪になる人とでは、もともとのきっかけこそ異なりますが、頭皮の血行不良による結果として症状が出る点では共通しています。どちらかに悩む人はもちろん、若白髪が目立つし薄毛になってきた人はすぐにストレスの発散や頭皮ケア、生活習慣の見直しといった対策を始めましょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

白髪や薄毛の改善は難しいのか

一時的な白髪や薄毛は改善が可能です。早めに改善策に取り組みましょう。

加齢や遺伝によって増える白髪については、頭皮ケアなどによりある程度の結果は出せるかもしれませんが、白髪が完全になくなる、という結果は考えづらいのが実情です。

加齢による白髪の増加は避けられないことでもあります。白髪染めで染めたい色にする、白髪混じりの状態を受け入れるなど、自身の判断で対応しましょう。

「まだ数本見えているだけだから」と抜いてしまう人もいるようですが、また白髪が生えてきますから一時的な対応に過ぎませんし、抜ける時期ではない髪の毛を抜くのは頭皮にもよくありません。数本程度の白髪が気になるのなら抜かずに、根元に近いところで切りましょう。

一方、加齢による薄毛なら改善の見込みはあります。とくにストレスが原因の一時的な薄毛は、生活習慣や食生活を見直すことで早い改善が期待できます。

食生活

薄毛(ハゲ)と白髪を改善するためには頭皮に充分な栄養を与えることが大切で、頭皮と髪の毛に必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンの3つです。

タンパク質

髪の毛の約90%はタンパク質で構成されており、タンパク質は髪の毛の原料といえます。タンパク質が不足すると正常な髪が生えなくなります。タンパク質は赤身の肉類、卵、牛乳、豆腐、大豆などに多く含まれるので積極的に摂取しましょう。

亜鉛

亜鉛にはタンパク質の合成をサポートするはたらきがあります。摂取したタンパク質が体内でアミノ酸に分解され、髪に再合成される際に亜鉛が必要になります。亜鉛は豚レバー、牡蠣、納豆などに多く含まれます。

ビタミン

ビタミンにはさまざま種類がありますが、薄毛(ハゲ)と白髪改善に必要なのはビオチンです。ビオチンはカルボキシラーゼというアミノ酸を髪に再合成する酵素をサポートします。そのためビオチンが不足するとアミノ酸からタンパク質に合成する酵素のカルボキシラーゼのはたらきが悪くなります。
ビオチンは牛レバー、ヨーグルト、大豆などに多く含まれます。

睡眠

薄毛(ハゲ)と白髪を改善するためには、質の高い睡眠をとることも大切です。その理由は、深い眠りをとることで、傷ついた頭皮を修復する成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンとはタンパク質、脂質、糖、水・電解質、骨などの代謝を調整するホルモンのことで、そのはたらきによって健康な頭皮を維持することができます。

表皮には4つの層があり、基底層で細胞が生まれると少しずつ上に押し上げられていきます。約4週間かけて一番上の角質層までたどりつくと、フケとなって剥がれ落ちます。これがターンオーバーです。ターンオーバーによって皮膚の細胞が日々生まれ変わることで、健康な頭皮を維持できます。

睡眠中に多く分泌される成長ホルモンはターンオーバーを促しています。そのため睡眠不足で成長ホルモン減少するとターンオーバーがうまく行われなくなり、肌荒れが起きるのです。頭皮の健康を維持するためにはターンオーバーが不可欠なので、質の高い睡眠をとって正常に成長ホルモンを分泌させる必要があります。

若白髪の対策方法

ストレス解消

簡単で効果的なストレス解消法のひとつが感情的な涙を流す、あるいは笑うことです。感情的な涙を流すとストレスがやわらぐ、疲労感が軽減されるなどの効果が得られます。
また、笑いはコルチゾールというストレスホルモンを低下させます。

涙が出るほど感動できる小説や、爆笑できる映画などを利用すれば、一人でもストレス解消できるのでおすすめです。
出典:山口県立大学看護栄養学部「情動性の涙のストレス緩和作用に関する研究(2015年)」

食生活の改善

偏った食生活で栄養素が不足すると、身体の機能が正常にはたらかなくなり、白髪が増える場合があります。とくに重要な栄養素はタンパク質です。
タンパク質は髪や皮膚をはじめ、筋肉、骨、心臓、脳などを作っている重要な栄養素です。もし不足すると血管がもろくなったり、頭皮が乾燥したりして髪や頭皮の健康が保たれなくなります。髪や頭皮の健康が損なわれて白髪を増やさないためにも、タンパク質をしっかり摂取しましょう。

タンパク質は20種類のアミノ酸が鎖状につながってできており、とくに白髪に関わっているのがチロシンです。チロシンはメラニンを生み出して黒髪を作るはたらきがあり、白髪予防に効果があります。
チロシンはたらこ、ちりめんじゃこ、落花生などに多く含まれます。

他にも白髪の改善に効果的な食べ物を以下の記事でご紹介しているので参考にしてください。

白髪を改善したいなら牛乳とチーズ!白髪に効くおすすめの食べ物

質の高い睡眠

睡眠中には多くの成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンにはタンパク質、脂質、糖の代謝の作用があります。したがって睡眠不足により成長ホルモンの分泌が少なくなると、代謝がうまくいかなくなり、身体の機能が低下して白髪が増える可能性があります。

睡眠中に多くの成長ホルモンを分泌するためには、深い眠りに入ることが大切です。深い眠りに入るコツは、就寝前の60~90分前を目安に入浴することです。
体温には深部体温(身体の内部の温度)と皮膚温度(身体の表面の温度)の2つがあります。起きているときは、深部体温は皮膚温度よりも2度ほど高いのですが、その差を縮めると眠りに入りやすくなります。
深部体温は上がった分だけ下がろうとする性質があるため、就寝前の60~90分前に入浴して一時的に上げると、眠る頃には入浴前よりも下がって皮膚温度との差が縮まり、熟睡しやすくなります。

頭皮マッサージ

頭皮の血行不良の改善に効果的な方法が頭皮マッサージです。頭皮マッサージを行なう上で大切なのは頭皮を押して、しっかり圧迫することです。圧迫するマッサージの方法を圧迫法と言い、さまざまな頭皮マッサージの手技の中で圧迫法が最も血流上昇作用が高いことがわかっています。

簡単にできる頭皮マッサージの方法

1.指の腹で頭皮をつかみ円を描くように頭皮を5回程度動かす
2.3~5秒間指圧する
3.場所を変えて頭皮全体に行なう

白髪や薄毛の改善は難しいのか

一時的な白髪や薄毛は改善が可能です。早めに改善策に取り組みましょう。

加齢や遺伝によって増える白髪については、頭皮ケアなどによりある程度の結果は出せるかもしれませんが、白髪が完全になくなる、という結果は考えづらいのが実情です。

加齢による白髪の増加は避けられないことでもあります。白髪染めで染めたい色にする、白髪混じりの状態を受け入れるなど、自身の判断で対応しましょう。

「まだ数本見えているだけだから」と抜いてしまう人もいるようですが、また白髪が生えてきますから一時的な対応に過ぎませんし、抜ける時期ではない髪の毛を抜くのは頭皮にもよくありません。数本程度の白髪が気になるのなら抜かずに、根元に近いところで切りましょう。

一方、加齢による薄毛なら改善の見込みはあります。とくにストレスが原因の一時的な薄毛は、生活習慣や食生活を見直すことで早い改善が期待できます。

白髪染めを使用する際の注意点

白髪染めは白髪をすぐに隠せる有効な手段です。ただし、使用方法に注意しないと頭皮がかぶれたり、髪が傷んだりするため注意しましょう。

かぶれ

白髪染めを使用すると、体質や肌の状態によってはかぶれを起こすことがあります。今まで白髪染めを使用してかぶれたことがない人でも、突然アレルギー症状が出てかぶれることがありまし、一度度かぶれた人は次に使用したときに、さらに重い症状が出る傾向があります。

白髪染めによるかぶれの具体的な症状はかゆみ、赤み、腫れ、丘疹(ブツブツ)などがあります。これらの症状が頭皮、生え際、額、首など白髪染めの液が接触した部分や、すすぎ時の液が接触した部分に現れます。

また、白髪染めによるかぶれには刺激性接触皮膚炎と、アレルギー性接触皮膚炎に分類できます。刺激性接触皮膚炎は刺激物質が皮膚に接触した際に刺激を受けて、炎症が生じる病気のことです。この病気は体質に関わらず誰にでも起こる可能性があり、とくに敏感肌の人に起こりやすくなっています。

アレルギー性接触皮膚炎は、アレルギーの原因となる物質に対して過剰な免疫反応を起こすことで発症する皮膚炎です。白髪染めの場合、アレルギーの原因となる物質は酸化染料がほとんどです。
アレルギー性接触皮膚炎は刺激性接触皮膚炎よりも、症状が長期化したり、重い症状が起こったりすることがあるのでとくに気をつける必要があります。

髪のダメージ

髪はいくつかの層に分かれており、最も外側の組織をキューティクルと言います。キューティクルは内部の組織を保護する役割があり、キューティクルが剥がれると髪のダメージは進行します。

白髪染めを行なうとキューティクルが剥がれて髪内部の栄養が流れるため、うるおいやツヤがない傷んだ髪になってしまいます。

かぶれと髪のダメージの対策法

使用前のパッチテスト

かぶれを予防するために白髪染めを行なう24時間前にパッチテストを実施しましょう。パッチテストは白髪染めでアレルギー症状の有無が確認できる有効的な方法です。

パッチテストの手順は次の通りです。

1.白髪染めを二の腕の内側に10円玉サイズに薄く伸ばす
2.自然乾燥させる
3.ガーゼや絆創膏などでテスト部位を軽く覆う
4.24時間放置する
5.テスト部位に腫れ、かゆみなどのアレルギー症状がないか確認

24時間放置している途中にアレルギー症状が現れた場合は、すぐに洗い流してテストを中止、白髪染めの使用は控えましょう。

白髪染めの頻度

白髪染めの頻度が多くなるとキューティクルがどんどん剥がれるため、髪が傷みます。髪への負担を考えるなら2~3か月に1回程度のペースが理想です。多くても月に1回にとどめておきましょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 
 
 

ストレスが原因の白髪なら改善も可能

ほほえむ男性

「白髪だと薄毛になりにくい」というのは誤解で、実際は薄毛と白髪のあいだに因果関係はありません。

ただし、一時的な薄毛と一時的な白髪の増加については、ともに「ストレスが原因」という共通点があり、この問題を解消することでいずれも改善が見込めます。原因であるストレスの解消や発散、生活習慣や食生活の見直しによって、症状改善を期待できるでしょう。

 

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ ニックネーム

 

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!