白髪に関するお悩み 白髪に関するお悩み

白髪に関するお悩み

公開日:2018年9月7日

更新日:2018年10月23日

画像ALT使っていいの?何を見て選ぶ?妊娠中の白髪染めの疑問を解決

使っていいの?何を見て選ぶ?妊娠中の白髪染めの疑問を解決

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れがちで、その影響で白髪が増えることがあります。白髪になると周りから老けて見られるかもしれないと不安になったり、自分が老けたようでつらく感じたりしますから、妊娠中でも白髪染めを考えることがあるでしょう。また、遺伝でもともと白髪が生えやすい人はいますから、妊娠中に白髪染めをしたいと考えるかもしれません。

でも「妊娠中に白髪染めをしない方が良い」という話もあり、どうすれば良いかわからなくなってしまいますよね。どうして妊娠中の白髪染めが悪いと言われているのか、くわしくお話しします。

妊娠中の白髪染めが心配な理由

妊婦

妊娠中はホルモンバランスが乱れがちです。妊娠したころから急に白髪が増えた!という女性は、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れと白髪との関係について、具体的に見てみましょう。

皮膚がデリケートになっているので頭皮が荒れる

ホルモンバランスが乱れると、ホルモンの影響を受けやすい皮膚はとてもデリケートな状態になります。普段は荒れないような小さな刺激でもかぶれてしまったり、ただれてしまったり、ということが起きやすくなります。もちろん、頭皮も同じ状態です。

白髪染めはただでさえ刺激が強いため、その状態で白髪染めを使うと頭皮が大きく荒れがちです。頭皮が荒れると薄毛の原因にもなります。せっかく白髪を染めても、薄毛の心配が増えるのは困りますよね。

ニオイで体調を崩す

白髪染めにはニオイが強い薬剤が使われていることがあり、そのような薬剤が放つ強く独特なニオイで気分が悪くなる恐れがあります。気分が悪くなり、吐き気がするまでになると、食事に支障をきたして食事からの栄養摂取が足りなくなり、お腹の赤ちゃんの成長に影響が出ることも考えられます。また、ふらつきから転倒の危険性も心配です。

ニオイくらいでそこまで大袈裟なことになるの?と思われるかもしれませんが、妊娠中というデリケートな時期には、普段ならなんということもないことで心身に大きな悪影響を受けることはよくあります。

美容院での姿勢がつらい

美容院での白髪染めはとくに動きが制限されて、妊娠中の身体に大きな負担になることがあります。とくに妊娠中期から後期では、お腹が重く姿勢を変えられないことがつらく感じられるでしょう。

自宅で染める場合も、しっかり染まるまでしばらく待つ時間があり、その間はあまり動けず、同じような体勢を取り続けなければいけないし、でも髪は染めている最中だから寝姿勢にもなれない…と、つらい思いをすることがあります。

このように、白髪染めが薄毛のきっかけになってしまうことや、体調不良、転倒の危険性が高くなることなどの不安が多くあり、妊娠中の白髪染めはあまりおすすめできるものではありません。

白髪染めにはアレルギーを引き起こす成分を含んでいるものがあり、アレルギーをもつ人はとくに注意が必要です。普段はアレルギー反応がほとんど出ない程度の弱いアレルギーでも、妊娠中にはつらい症状になることもありえます。

アレルギーを引き起こす成分とは?

女性

ヘアカラーやヘアダイなどの商品は「永久染毛剤」と呼ばれる種類のものです。

髪を脱色して髪のキューティクルを開く脱色剤(脱染剤)と、キューティクルの奥に色をつける成分の染毛剤で構成されています。一度白髪染めをすると約2か月と長く髪色を保てることから高い人気があります。

しかし、これらの白髪染めの染毛剤には酸化染料としてパラフェニレンジアミン、フェニレンジアミン、メタアミノフェノール、パラアミノフェノール、トルエン-2,5-ジアミンなどが含まれていることがあります。

これらの成分は髪に色をつけやすいために白髪染めによく使われますが、ジアミンアレルギーや刺激性接触皮膚炎、アナフィラキシーなどさまざまな症状を引き起こすことが消費者安全調査委員会から報告されています。

出典:消費者庁 「毛染めによる皮膚障害(2015年版)本文

ジアミンアレルギーとは?

酸化染料に含まれるパラフェニレンジアミンなどに反応して起きるアレルギーのことを「ジアミンアレルギー」と言います。このアレルギーを起こす代表的な成分、パラフェニレンジアミンの略称「ジアミン」からジアミンアレルギーと呼ばれています。

ジアミンアレルギーはアレルギー性接触皮膚炎と呼ばれるアレルギーで、症状としてはかゆみ、痛み、発赤、水疱、腫れなどがあります。

症状には個人差があり、軽い症状であれば白髪染めがついた頭皮が赤くなる、かゆみを感じる程度です。しかし重い症状になると、白髪染めがついた部分から症状が徐々に広がり、目が開かなくなるほどに顔面が膨れ上がる、浸出液が腫れた肌からにじんで垂れてくるなどの深刻な症状が出ます。

また、アレルギー性接触皮膚炎は「遅延型アレルギー」でもあります。これは症状が出るまでに時間がかかるアレルギーで、24時間から72時間ほどの時間が経ってから症状が出ます。そのため、白髪染めがアレルギー症状の原因だと気づかずに定期的に使用して、症状が重くなることがあります。

重い症状になると人目が気になるほど外見に変化が起きますから、メンタルにも大きな苦痛を感じるでしょう。

刺激性接触皮膚炎

パラフェニレンジアミンなどを含んだ酸化染料を使用して起こる皮膚炎には、ジアミンアレルギー以外では刺激性接触皮膚炎もあります。

症状はジアミンアレルギーとよく似ていますが、こちらはジアミンアレルギーと比べて早く症状が出ます。そのため白髪染めが原因だと特定しやすく、以降その白髪染めを使うのは避けることで重い症状になるのを避けやすい、という違いがあります。

アナフィラキシー

パラフェニレンジアミンなどを含んだ酸化染料を使用したことが原因で、かなり重いアレルギー反応であるアナフィラキシー(アナフィラキシーショック)が引き起こされることもまれにあります。口内の違和感、声のかすれ、呼吸困難などの喉(のど)の症状、じんましんなどの肌の症状が現われ、さらに血圧低下や、ぐったりとして意識を失うショック症状などが出る恐れがあります。

このように、ジアミンアレルギーなどの重いアレルギーを引き起こすおそれがもともと白髪染めにはあります。妊娠中は皮膚がデリケートになっていてアレルギーを引き起こしやすいですから、妊娠中の白髪染めは避けた方が良いでしょう。

パラフェニレンジアミンが含まれていることのある製品

  • ヘアカラー
  • ヘアダイ
  • 白髪染め
  • おしゃれ染め
  • おしゃれ白髪染め
  • アルカリカラー

これらの製品に必ずパラフェニレンジアミンなどのアレルギーを起こす成分が入っているわけではありません。ただ、パラフェニレンジアミンが入っていなくても、その代わりとなる強い染毛剤が使われている可能性もあり、「入っていないから安全」と安心できないのが難しいところです。

また、安全性が高いと評判の白髪染めとしてヘナ(ヘンナ)がありますが、ヘナにも酸化染料を混ぜ込んだ製品があります。ヘナでもすべてが確実に安全、とは限らないことは覚えておきましょう。

白髪染めは避けた方が良い

白髪染めには、ヘアカラーやヘアダイだけでなく、カラートリートメントやヘアマニキュアなどの商品もあります。しかし、これらの商品でもアレルギー症状が出たという報告が少なからず確認でき、必ずしも安全とは言い切れません。

出典:消費者庁「毛染めによる皮膚障害(2015年版)本文(p67)

これらの情報を総合すると、「妊娠中の白髪染めはどのような商品を使用したとしても避けた方が良い」と読み取れますので、妊娠中の白髪染めは避けた方が無難です。

妊娠中の白髪はストレス軽減で改善を

妊娠中に外見が思い通りにならないことは、大きなストレスになるかもしれません。とくに初めての妊娠であれば、慣れないことや我慢の連続で、不満がつのって「どうして自分ばかり、こんなつらい思いをしないといけないのかな」と思うこともあるかもしれません。

そんなときは、ひとりで悩まずに家族や友人に悩みを伝えましょう。親しい人に相談することで気持ちが軽くなり、今の自分を受け入れる助けになります。似たような経験をしている人の話を聞くことでも、悩んでいるのは自分ひとりではないと知ることができ、心が安らぎます。

妊娠中にホルモンバランスが乱れるのは、ストレスの影響も大きいと言われています。そのため、周囲の助けを借り、ストレスを溜めすぎない生活をするうちに、自然と白髪が改善する可能性があります。

また、産後しばらくすれば女性ホルモンが安定し、白髪が改善することもあります。

白髪が増えたことを気にせず、それをストレスに感じすぎることなく、日々を過ごしていくことが、白髪を改善するにはいちばんの近道です。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!