白髪に関するお悩み 白髪に関するお悩み

白髪に関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年10月23日

sky

白髪の対策は白髪染めがお手軽 白髪染めを使う前に知っておきたいこと

一般的に白髪は30代半ば頃から生え始めます。「白髪が目立つと老けて見える」「白髪を減らしたい」と考える人もいるかもしれません。白髪対策の中でも最も手軽で確実なのが白髪染めです。 白髪染めで髪が染まる仕組みや白髪染め特有のリスク、そしておすすめの白髪染めアイテムをご紹介します。

白髪は徐々に増えていく

最初に白髪の基礎知識をざっとおさらいしましょう。 髪の毛は毛根で作られた直後は真っ白、つまり白髪と同じ状態です。その後、髪の毛として伸びていく過程でメラノサイトという細胞が生成したメラニン色素が入り、色が着きます。 メラニン色素は黒や茶色の元になるユーメラニンと、赤や黄色の元になるフェオメラニンの2種類に分かれ、これらの2つの色素の割合によって髪の色が決まります。多くの日本人が黒髪なのはユーメラニンの含有量が多いからです。

白髪が増える理由

白髪の主な原因は加齢です。メラノサイトは歳をとるにつれてはたらきが鈍り、メラニン色素の生成量は減少します。その結果、色素が不足あるいは欠乏し、髪は色がつかないまま、白いままで生え、伸びていきます。髪に色がつくのは毛根から伸びていくときだけですから、一度白髪として生えた髪に黒い色がつくことはありません。 メラノサイトの加齢による衰えを完全に止めることはできません。男性の場合は30代からメラノサイトが徐々に衰えだし、白髪が生え、目立つようになります。

老化以外の白髪の原因は?

白髪が生えだす年齢より早い20代から白髪が発生することもあります。この場合、主な原因は生活習慣の乱れです。もし若いうちに白髪が生えだしたなら、まだメラノサイトの衰えは始まっていませんから、生活習慣を改めることで白髪の量を減らせるかもしれません。 若白髪で悩んでいるなら生活習慣を見直しましょう。

栄養不足

髪の毛は頭皮の奥、毛根部分の毛母細胞が分裂することで作られます。そしてすぐ近くに存在するメラノサイトから生成されたメラニン色素によって黒くなります。 これらはいずれも細胞の活動が条件ですから、もし身体が栄養不足に陥った場合、細胞の活動のためのエネルギーである栄養量が減り、毛母細胞もメラノサイトも充分にはたらくことができません。そのため、メラノサイトはメラニン色素を生成できず、白髪が生えやすくなります。 髪の成長に必要な栄養素は、タンパク質やビタミン類、他に亜鉛や銅、鉄分やヨードなどのミネラルです。とくにタンパク質は髪を構成する上で欠かせない成分です。 栄養不足、といっても身近に感じないかもしれません。ですが実際は食事量や回数を減らすダイエット、また偏った食生活などが原因で白髪が生えうるほどの栄養不足になるものです。

睡眠不足

睡眠は身体のダメージ修復や成長のために必要です。睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは身体のダメージの修復や成長の促進を担うものです。睡眠中は代謝が促進されて毛母細胞が活発になり、最も髪が成長しやすいタイミングです。 もし睡眠不足になると成長ホルモンの分泌も減るのでメラノサイトのはたらきが衰え、白髪になる可能性が高くなります。 また、睡眠不足によるストレスも白髪の原因のひとつです。 睡眠が不足するとストレスが溜まり、自律神経に悪影響を及ぼします。ストレスを感じることで交感神経が優位になり続け、身体は無意識に緊張します。そうなると血管は収縮し、血行不良になります。結果、血液を介して頭皮へと送られる栄養が減少し、栄養不足と同じ理由で白髪が生えやすくなります。 とくにこめかみに白髪が生えている場合、ストレスが原因の可能性があります。

運動不足

運動不足はストレスの蓄積と血行不良を招きます。 ふだん意識して使ってはいない筋肉も、自分自身の身体の重さによる一定の負荷がかかり続けており、それを支えるために収縮し、固くなっています。この状態が続くと筋肉はさらに緊張して血管を圧迫し、血行不良を起こします。

白髪染めで白髪に色が着く仕組み

加齢による白髪を食い止めることはできませんが、白髪染めを使えば白髪を黒髪に見せることはできます。「白髪を隠したい」と考えるならば白髪染めが最も確実、かつ簡単な解決方法です。

白髪染めの仕組み

白髪染めでどうやって髪が染まるのかをご説明しましょう。 白髪染めは、主に二種類の薬剤を使って髪を染めます。 酸化染料とアルカリ剤を配合した1剤と、酸化剤を用いた2剤とを混ぜ合わせて髪に塗布することで、髪の色を染めることができます。

髪が染まるまでのプロセス

1剤に含まれたアルカリ剤は、髪を保護している表面層のキューティクルを開きます。これにより、薬剤が髪の内部にまで浸透できるようになります。続いて2剤に含まれた酸化剤がアルカリ剤との化学反応により、酸素を発生させます。そして酸化染料が酸素に反応して発色し、髪に色をつけます。 このとき、酸化染料の分子は結合して大きくなるので、キューティクルの間から染料が再び外に漏れ出ることはありません。

ヘアカラーと白髪染めとの違い

白髪染めと、黒い髪を染めるヘアカラー、これらの2つの違いはブリーチ力、つまり脱色する力と染毛力にあります。 通常のヘアカラーは黒い髪を染めるものですから、まず脱色によって髪の色を薄くし、そのあと色を着けます。このためヘアカラーは強いブリーチ力をもっています。 一方、白髪染めは染める対象の髪はもともと色が薄いですからブリーチ力はさほど必要なく、それほど強くないのが一般的です。ただし白い髪をしっかり染められるよう、強い染毛力が備わっています。

白髪染めを使うタイミング

全体的に白髪に見えるときや、部分的に白髪の集中が目立つと感じたら、白髪染めを使うのに適したタイミングです。 気になる白髪が数本とごく少ない場合は、白髪だけを髪の根元付近で短く切ればほぼ見えなくなりますので、白髪染めを使わないほうがよいでしょう。白髪染めは製品の特性や使い方次第で髪を傷めることがあるからです。

白髪染めはなぜ髪を傷めるのか

多くの白髪染めは、髪に相当のダメージを与えます。 白髪染めに使う薬剤はアルカリ性であり、髪のキューティクルを開いて髪を染めます。そのとき、キューティクルが閉じ込めるように保護していた髪の水分が流れ出ていくため、髪は水分を失って傷みやすくなります。一度や二度染めた程度ではまだダメージを実感しないかもしれませんが、回数を重ねるほどにダメージが蓄積し、髪が抜けたり細くなったり、手触りや見栄えが悪くなるといったといった問題が起こりやすくなります。 白髪染めによって傷んだ髪はパサパサになり、枝毛や切れ毛などが発生しやすくなります。また、ダメージが蓄積した髪は弾力が失われてペタッとなるため、髪のボリュームが少なくなって頭髪が薄くなったように見えます。爪や髪の毛は、伸びた部分はすでに成長を止めているものなので、傷みが自然治癒することはありません。ですから、できるだけダメージを抑えて白髪染めを行なうよう心がけましょう。

白髪染めの負担を減らす方法

白髪染めによる髪の傷みを抑える方法もあります。どんなことに気をつければよいのでしょうか。

染める頻度を減らす

白髪染めで髪がダメージを受けるのなら、白髪染めを使う間隔を長くとり、頻度を抑えることでダメージを軽減でき、まだ白髪染めのついていない健康な髪の割合も増えます。 めやすとして、頻度は2か月に1回に抑えてください。髪は1か月におよそ1センチ伸びます。極端に短めの髪型の場合を除けば、根元の1センチ程度に白髪があってもさほど目立ちません。髪の隙間に白髪が見え始める2センチに達したころ、つまり約2か月後に使えばしっかりと白髪を隠せます。 また、新しく伸びた根元部分だけを染めることで、髪のダメージは最小限に抑えられます。

白髪染めの種類を見直す

白髪染め製品にはさまざまな種類があります。中には脱色しないで髪に色を着けられるものもあり、髪への負担をかなり抑えることができます。もちろん脱色して内部から染めたほうが効果は強く、持続もしますが、髪にできるだけ負担をかけたくないのであれば使用を検討してみましょう。

白髪染めのタイプ

hair_loss 白髪染めには「医薬部外品」に分類されるものと「化粧品」に分類されるものがあります。効果が長続きするのは医薬部外品の白髪染めですが、ダメージを抑えたいのであれば化粧品に分類される白髪染めがおすすめです。それぞれの白髪染めのメリットとデメリットを比べ、自分に適したものを使いましょう。

ヘアカラー(永久染毛剤)

医薬部外品に分類されるのが、ヘアカラーと呼ばれるタイプのものです。白髪染めもヘアカラーに分類されているものが多くあります。 アルカリ剤でメラニンを脱色してから酸化染料を髪の内部に浸透させ、色をつける方法で髪を染めます。

ヘアカラーのメリットとデメリット

ヘアカラーは効果の持続性が高いため、一度色をつければ長期間、染まった状態で過ごせます。また、一度染めるとき以外には手間がかからず、シャンプーで洗っても色落ちしません。 デメリットとしては、アルカリ性の薬剤を使うため髪の水分も減り、髪が多少傷むことが挙げられます。白髪染めは脱色のためのアルカリ薬剤が少ないので、髪にかかる負担は(白髪染め以外の)ヘアカラーよりは少なめです。それでも色をつけるためにアルカリ薬剤は必要なので、多少ダメージを受けることに変わりはありません。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の内部に色を浸透させるのではなく、髪の表面に色をつける薬剤です。名前のとおりマニキュアに近いイメージで着色できます。 ヘアマニキュアは髪の表面のキューティクル部分に成分を吸着させて髪に色を着けます。ヘアマニキュアは脱色を行なわないため、元の髪の色よりも明るくできないという限界はあります。ただ、白髪染め目的でヘアマニキュアを使う場合、脱色の必要はありませんから、これが問題になることはないでしょう。

ヘアマニキュアのメリットとデメリット

ヘアマニキュアは使用時に髪を脱色することがないためダメージが非常に少ないのが大きなメリットです。髪の弾力を維持し、ボリューム減少を抑えながら染まった髪を楽しめます。 ただし、効果の持続期間が短いのがデメリットです。ヘアカラーは2~3か月持続しますが、ヘアマニキュアは1か月程度で元の髪色に戻ります。また、シャンプーで髪を洗うと色が落ちることも難点といえるでしょう。

カラートリートメント

カラートリートメントもヘアマニキュアと同様に、髪の表面に吸着して髪を染めます。脱色がないため髪にかかるダメージはほぼありません。カラートリートメントはヘアマニキュアと違って、複数回使い続けて、徐々に髪の表面に色素を浸透させます。また髪にツヤを与えるなどダメージ補修の効果も含まれており、ヘアケア効果もある白髪染めです。

カラートリートメントのメリットとデメリット

カラートリートメントで染めた場合、髪の保護や補修効果が期待できます。また、製品によっては頭皮のかゆみや乾燥を改善できる成分を含むものもあります。 デメリットとして、染め上げるのに少々時間がかかります。ヘアカラーは一度の着色で白髪染めができますがカラートリートメントの白髪染めは何度も使って成分をじっくり浸透させるので、白髪が染まるまでに数日かかります。ただ、一度染まったならば定期的に使い続ける限り、染まった髪の色をキープできます。

一時着色料

「ヘアマスカラ」や「ヘアカラースプレー」とも呼ばれています。顔料などの着色剤を髪の表面に塗り、一時的に髪の色を別の色に変えられます。パウダータイプのものもあり、ドラッグストアなどで手軽に購入できます。

一時着色料メリットとデメリット

着色が手軽であり、安価で入手しやすいのがメリットです。ごく一時的に白髪を隠したいならこれでも充分でしょう。 デメリットは持続性がないことで、染まっているのは長くても一日程度です。長期間、白髪を染めたいと考えるならば向いていません。あくまで一時しのぎのためのアイテムであり、「一日で効果がなくなるなら毎日使う」と考えても、手間がかなりかかりますし、トータルコストが高くなってメリットのひとつが消えてしまいます。

おすすめの白髪染め

さまざまなタイプの白髪染めがありますが、一番おすすめなのはカラートリートメントタイプです。 ヘアカラーに比べると持続時間こそ短いものの、髪や頭皮を保護しながら白髪染めができるので、抜け毛やボリュームダウンによる問題を気にしなくて良いのはかなりのメリットです。 おすすめのカラートリートメントタイプの白髪染めは、スカルプD ヘアカラーコンディショナーです。カラートリートメントとしての効果はもちろん、染毛力にも優れているので、カラートリートメントの中ではすばやく白髪染めができるのが魅力です。

 

【おすすめの白髪染め】

 

スカルプD ヘアカラーコンディショナー(ナチュラルブラック)

 

通常価格:2,300円(税込)

 

内容成分:「パルミチン酸エチルヘキシル」「ペンチレングリコール」「グリチルリチン酸2K」など 商品説明:頭皮にやさしいながらも、しっかりした染色力をもつヘアカラー剤です。ただ白髪を染めるだけではなく、白髪を根元からケアします。

白髪は白髪染めで隠せる

man 加齢による白髪は予防も解消もできません。加齢によって身体の機能が衰えるのは不可逆で、防げないことだからです。身体のことですから気を配って節制すれば多少は進行を遅らせられるかもしれませんが、もしも「白髪を見られたくない」と外見的なことを考えるのであれば、白髪染めを使うほうが手軽であり、確実な効果を得られます。 白髪染めにはいくつか種類があり、概してしっかり染められるものほど髪に与えるダメージが大きくなりがちです。カラートリートメントの場合、繰り返し使いながら髪を染めればしっかりと染まりますし、染まった色を維持することもできますし、ヘアケア効果もありますからメリット、デメリットのバランスを考えると最もおすすめの選択肢です。自分にはどの白髪染めが適しているかを考え、白髪を気にせずに済む日々を送ってください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!