白髪に関するお悩み 白髪に関するお悩み

白髪に関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月6日

若白髪は改善できる?白髪が生える仕組みと気になる対策法

若白髪は改善できる?白髪が生える仕組みと気になる対策法

若白髪は、身だしなみに気を遣う20代にとって悩みの種になりかねない問題です。早ければ小学生の頃から生え始めることもある若白髪の原因とは一体何なのでしょうか? 正しい理解があれば、効果的な改善で若白髪の増加を予防できるかもしれません。
白髪の生える仕組みを確認し、歳をとってから増える白髪と若白髪との違い、そして若白髪への対処法・予防策をご紹介します。

若白髪と白髪の違いは

悩む男性

若白髪に関する解説の前に、まずは白髪の基礎知識をおさらいしましょう。

白髪の生える仕組みとは

毛根で作られたばかりの髪は色がなく真っ白で、白髪と同じ状態です。ここに、メラノサイトという細胞が色素を生成して供給して髪は黒くなり、伸びていきます。ところが髪に色がつく一連の仕組みに何らかの不具合が生じると、髪は色がつかないまま、白髪として成長します。

毛先だけが白いのは若白髪のサイン

白髪にはいくつかのパターンの、異なる見た目があります。
根元から毛先まですべて白いもの、根元だけ、あるいは毛先だけ白いもの、真っ白ではないけれども色がかなり薄くなっているものなどが代表的です。
多くの若白髪にあてはまるのが、毛先だけが白い白髪です。毛先だけが白いということは当初はメラノサイトからの色素供給がなかったものの、途中からはメラノサイトが正常に機能し、色素を与えられているということです。多くの若白髪で同様にメラノサイトの正常な機能を再開させることができたならば、改善の見込みがあると考えられます。

メラノサイトが機能しないケースについて確認しましょう。
白髪が生えるときのメラノサイトの状態としては2パターン考えられます。

  • メラノサイトが消滅している。その後も再生されることはない
  • メラノサイトはあるが、色素を作っていない(あるいは色素を作るはたらきがかなり低下している)

メラノサイトが消失しているケースでは髪に再び色がつく可能性はかなり低いでしょう。ですが、メラノサイトは消えておらず、活動が休止もしくは低下しているケースであれば、色素を作るはたらきが再度活発化すれば白髪ではなくなる可能性があります。

メラノサイトと髪の成長との意外な関係

身体の細胞すべてにはそれぞれの寿命があります。メラノサイトにも寿命があり、さらにメラノサイトが存在している部分の髪の毛の成長と密接な関係があります。

メラノサイトは髪が成長している間だけ色素を生み出すようにできており、髪の成長が終わる時期になると寿命を迎えて消滅します。そして同じ毛穴で再び髪が生え、成長期を迎えるとメラノサイトも再生して毛穴の奥に配置されます。
ところが、何らかの理由でメラノサイトが再生されないと、メラノサイトが欠けた状態で髪が成長し、色素がない白髪として伸びていきます。

メラノサイトを再生する身体のはたらきは加齢とともに衰えていくため、歳を重ねるほどにメラノサイトが再生しないまま生える髪の毛=白髪が増えます。ですが若白髪に関しては、メラノサイト再生のはたらきは衰えていませんから、再び髪が成長期を迎えるときにメラノサイトが再生し、黒い髪として生える可能性は残されています。

なお、髪の成長期や成長周期について詳しくは、以下の「ヘアサイクル」について説明した記事を参考にしてください。
ヘアサイクルが大きく影響する!髪の毛と男性ホルモンの関係性

若白髪への対処法

既に生えた若白髪は短くカットするか、白髪染めを使うことで目立たなくなります。それぞれの方法の長所・短所を確認しましょう。

若白髪をカットして目立たなくする

若白髪の数が少ない場合は、ハサミでカットすれば目立たなくすることができます。
気になる若白髪をつまみ、毛先に対して直角に切るのがおすすめです。直角に髪を切ることで切断面の面積が小さくなるため、髪の内部の構成成分や水分の流出による髪の傷みが起こりにくくなります。メラノサイトの活動が再開されれば白髪ではなくなるので、雑に処理をせずていねいにカットしてください。

なお、若白髪を抜くと、毛根の周囲にある血管を傷つけ、傷口に雑菌が侵入して炎症になる恐れがあります。黒い髪の毛はもちろんですが、若白髪を抜いて処理するのは避けてください。

本数の多い、範囲の広い若白髪には白髪染めを

若白髪の本数が多い、あるいは広範囲にわたって目立つ場合は、それぞれをカットするよりも白髪染めを使う方が適しています。ただし白髪染めの薬剤は頭皮に負担をかけるので、部分染めを行ない、できるだけ頭皮に薬剤が付着しないよう注意してください。白髪染めを選ぶ際には低刺激であること、本来の自分の髪色に近いこと、1回で充分に染まること(何度も染め直す必要がないこと)を条件にするとよいでしょう。

20代からできる若白髪対策

鏡と男性

20代のうちからできる若白髪の改善策としては、頭皮への負担軽減や生活習慣の見直し、頭皮ケアの徹底があります。それぞれの対策方法について解説します。

頭皮への負担を軽減する

頭皮への刺激や負担はメラノサイトの色素生成や髪の成長を妨げます。若白髪のリスクを減らすためには、いかに頭皮への負担を軽減するかは重要な課題です。たとえば長めの髪を縛るときには結び目を緩くし、髪を束ねる位置を根元から離すことで頭皮を引っ張る力が強すぎることはなくなり、頭皮への負担を減らせます。

また、ブリーチやパーマ、カラーリングに使用する薬剤や整髪料も頭皮にとっては負担です。もちろん白髪染めも例外ではありません。薬剤を使う頻度は最低限に抑え、整髪料は帰宅後のシャンプーでしっかり洗い落としましょう。

食生活を見直す

髪の色素は体内で変換されたタンパク質をもとに作られています。食事から充分なタンパク質を摂れなければ、充分な髪の色素を作ることもできなくなります。

多少の食事の偏りが髪の毛の色にまで影響するだろうか、と疑問に思うかもしれませんが、むしろ身体の他の組織よりも髪の毛は早めに影響を受けやすいものです。
「髪の色素を作る」「健康な髪を成長させる」という活動は、身体で常時行なわれているさまざまな営みの中では生命維持に関わるほど重要ではないものです。身体は生命維持やケガ・病気からの回復などの重要なものに優先して栄養分を割り当てます。もし栄養分が少なければ髪を作る、肌を整えるといった活動は優先度が低いため、早々に栄養の割り当てを少なくカットされます。

ですから、若白髪のリスクを少しでも下げるためには、「栄養のバランスが整った食事を一日三食きちんと食べる」という食生活の基本がとても重要です。
とくに栄養素・チロシンは色素を作るために欠かせないものですから、意識的に摂取してください。

チロシン

チロシンはアミノ酸のひとつで、髪の色素を作る材料として消費されます。チロシンを多く含む食品としてはチーズ、豆腐があります。

睡眠の質を向上させる

髪の色素を作るはたらきをスムーズにするには、質の高い睡眠も重要です。「質の高い睡眠」とは、スムーズに寝つき、眠りが深く、途中で目覚めることのない睡眠を指します。

スムーズな寝つきを実現するには就寝の60~90分前までに入浴を済ませ、それから寝るまでにストレッチをして身体をほぐして過ごすと効果的です。

人間の身体は完全な暗闇にいると生理的に目が覚めやすくなります。そのため眠りを深くするには、部屋を遮光カーテンなどで閉め切らず、月明かりが入るくらいの状態にするのが理想的です。窓から入る光が街灯などで明るすぎる場合はカーテンを閉め、間接照明やフットライトなどほのかな明かりを室内に点けましょう。LEDなどブルーライトを含む明るい光は身体を覚醒させるので避けてください。

心と身体をリラックスさせる

心や身体の緊張状態が長く続くと、頭皮にも大きな悪影響を及ぼします。
精神的な負担や身体のこわばりは身体の血管を収縮させて血行不良を招き、頭皮でも血行不良による栄養不足につながります。
また、緊張の影響で脳は覚醒状態になり、寝つきが悪くなって睡眠の質を低下させます。とくに寝る前に激しい運動や勉強、深刻な考え事をするのは控え、ふだんから心と身体がリラックスできる雰囲気づくりを意識しましょう。

心と身体をリラックスさせる方法としては、湯船に浸かりながらの読書をおすすめします。
まず湯船に浸かっての入浴は浮力のかねあいで身体が楽になり、コリをほぐすのに適しています。また気軽に読めて「おもしろい」と感じられる本を読めば精神的なリラックスにつながり、ストレス解消の効果があります。ややぬるめのお湯を張って好きな本を読めば、心と身体を効率良くリラックスさせられますから、ぜひ習慣に取り入れてください。

頭皮をマッサージする

頭皮は他の部位よりも皮膚が薄く、血行が悪くなりやすいため、日々のケアをするか、しないかでかなりの差が出ます。継続的に実践できる手軽な頭皮ケアとして、頭皮マッサージをおすすめします。頭皮マッサージは頭皮のコリをほぐして血行を促し、頭皮を弾力のある柔らかさに保ちます。

頭皮マッサージのメリット、具体的なマッサージ方法やコツ、注意点については以下の記事で詳しく解説しています。
頭皮マッサージは薄毛の改善にも効果あり?その魅力を徹底解説

20代から予防できる!効果的な対策で若白髪を改善

若白髪は加齢に伴ってできる白髪と違い、再び元の髪色になって生える可能性がかなり高いものです。髪の色素を作るメラノサイトが消滅したわけではなく、ただ一時的にはたらきが休止しているだけならば、再び活性化することで色素の生成と供給を期待できます。

若白髪を改善するためには、頭皮に負担をかけないことを心がけ、食生活、睡眠、ストレス解消や頭皮ケアを意識しましょう。頭皮は健康な状態に保てば本来の機能を果たすものです。頭皮をいたわる生活習慣を心がけて、白髪知らずの髪を生やすには頭皮をいたわる生活習慣を心がけましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!