白髪に関するお悩み 白髪に関するお悩み

白髪に関するお悩み

公開日:2018年7月20日

更新日:2018年9月6日

その白髪はまた黒くなる可能性が!白髪をあきらめる前に知るべきこと

その白髪はまた黒くなる可能性が!白髪をあきらめる前に知るべきこと

一度白髪として生えた髪が(染める以外の方法で)黒くなることはありません。ですが、根元から伸びてくる髪が再び黒髪に戻ることはあります。

黒髪に戻ることがあるえている白髪はどんなものかを確認し、効果的な白髪の改善方法をご紹介します。

白髪が気になる年齢

白髪が気になり始める年齢については、男性が36.8歳、女性が39.9歳とのアンケート調査結果があります。
出典:ホットペッパービューティーアカデミー 「白髪に関する意識調査2017」(2017年)
男女それぞれの「白髪事情」について確認しましょう。

男性の白髪事情

先の調査では、白髪が気になる年齢は男性のほうが3年ほど早いとの結果が出ていました。実際、男性は女性よりも早く段階で白髪が生えはじめる傾向があります。

男性に白髪が生えやすい理由として、頭皮の皮脂分泌が女性より多いことが考えられます。男性の皮脂分泌量は女性の約3倍です。皮脂は酸化すると過酸化脂質という老化物質に変化します。これが毛穴に蓄積されると、毛根まで酸素や栄養素が届きにくくなり、髪の成長に悪影響を及ぼします。
栄養不足は髪の成長だけでなく、髪にメラニン色素を供給する細胞、メラノサイトのはたらきを低下させ、色素生成を滞らせて白髪の原因にもなります。

白髪につながる皮脂以外の要因としてはストレス、食生活の問題、睡眠不足といった生活習慣の乱れがあります。

女性の白髪事情

アンケート調査によると、女性が白髪を気にする平均年齢は、ほぼ40歳でした。
一般に女性は男性より皮脂分泌が少ないものの、生活習慣の乱れやストレスの影響といった人それぞれの状態によって皮脂の過剰分泌を起こすことは多々あります。また、女性は妊娠や出産によるホルモンバランスの変化によって脱毛や白髪、フケといった症状が出ることがあります。

若い人も白髪を生える可能性が

男女とも白髪が気になりだすのは30代半ば以降でしたが、それより早く白髪が多く生えることもあります。
白髪は加齢によって生え出し、増えるものではありますが、10~20代のうちに白髪が生え、増えることはよくあります。若白髪が出る原因はライフスタイル(生活習慣)の影響が大きいと考えられます。

まず考えられるのは食生活の偏りです。朝食抜き・昼食抜きなど1日3食をきちんととらない、ダイエット目的で過度の食事制限そしている、インスタント食品やファーストフードばかり食べている、といった問題に該当するならば、栄養不足に陥っている可能性は非常に高いです。栄養不足は身体の維持に問題を起こしますが、頭皮、そして白髪も例外ではありません。
メラノサイトがメラニン色素を作るには食事で摂取する栄養素が欠かせません。食生活が乱れているとメラニン色素の生成が滞り、白髪が生える可能性は高まります。高めてしまいます。

また、ストレスも若いうちの白髪発生に関与します。進学、就職といった転機であり環境の大きな変化は、心身に負担をかけます。ストレスは身体を常に緊張状態にし、血管を収縮させて血行不良を引き起こします。頭皮や毛根は血液から栄養、酸素を受け取っているので、血行不良により栄養不足になって、白髪が生えたり、抜け毛を招いたりします。

黒髪に戻る可能性のある白髪とは

一度白髪として生えた髪が、再び黒い色がついて伸びることはあります。ただし、すべての白髪にその可能性があるわけではありません。詳しく解説しましょう。

遺伝性の白髪

父方、母方、あるいは両方に白髪の人が多い場合、遺伝で白髪が生えやすくなります。これは体質的なものなので、再び黒い髪になる可能性はきわめて低いでしょう。

加齢・老化による白髪

歳をとるにつれて身体のあらゆる細胞は老化し、はたらきが低下します。老化の影響ではたらきが低下したメラノサイトを再び活性化することはできません。

病気による白髪

病気によって血行が悪化し、メラノサイトのはたらきが低下して白髪が生えやすくなることがあります。この場合、病気を治療して改善すれば血行不良も解消され、メラノサイトのはたらきも回復し、メラニン色素が生成、供給されて再び黒い髪が伸びるようになります。

ストレス性の白髪

ストレス蓄積によって自律神経のはたらきが乱れ、血行不良に陥ることで白髪が増えます。ストレスを受ける機会が減ったり、こまめにストレスの解消・発散を行なったりすることでストレスによる血行不良が緩和されれば、頭皮まで血流が届くようになり、白髪だった髪が黒髪に戻る可能性があります。

このように、白髪は再び黒髪になりうるものと、それが期待できないものとに分かれます。病気やストレスによる白髪は、遺伝や加齢による白髪とは異なり、まだメラノサイトの機能が回復する可能性が残っています。適切に白髪が生える原因に対処することで、白髪を改善できます。

白髪を治すために行なうこと

ヘアケア

病気やストレスによる白髪を改善するには、食事や睡眠などの生活習慣をいかに改善するか、がカギとなります。病気やストレスによる血行不良を改善し、予防するには毎日の食事や睡眠を見直し、改めるのが効果的です。

白髪の改善のために気をつけたい生活習慣については、以下のページで詳しくご説明しています。
白髪を治せる食事、睡眠方法とは?

白髪染めで染める

遺伝や年齢による白髪は黒髪に戻ることは期待できませんから、もし「目立たせたくない」「黒髪に戻したい」と考えるのでしたら白髪染めを使うと良いでしょう。

白髪染めを選ぶ際には、成分を確認してじっくり選んでください。白髪染めやヘアカラーにはジアミン系酸化染料や過酸化水素が含まれるものがあります。ジアミン系酸化染料はアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、人によってはかゆみを感じることがあります。過酸化水素は肌や毛根などの細胞組織にダメージを与え、老化を助長させます。これらを含む白髪染めを使うと頭皮にダメージを与え、白髪を増やす原因にもなりかねません。

これらの成分がなくても、白髪染めは少なからず髪に負担をかけるものです。使用の際は頭皮に着かないよう注意し、また2~3か月に1度程度の頻度に抑えてください。2度目以降は根元を部分染めすると、髪への負担は軽く済みますし、狙った部分の白髪をしっかり染めることができます。

白髪を治すために避けたいこと、NG事項

白髪を改善するために、ストレス対策と生活習慣の改善に取り組んでいる間、間違った白髪対策を行なうことのないよう気をつけてください。ありがちな「間違った白髪対策」についてご説明します。中には「しないほうがよい」どころか、かえって悪影響になることもありますので注意してください。

白髪を抜かない

1本だけ目立つ白髪を見つけると、つい指でつまんで抜いている、という人もいるでしょう。ですが、白髪でなくとも、髪の毛を抜くのは問題です。
髪の毛を抜くと毛根組織にダメージを与え、毛根とつながった毛細血管を傷つけて、毛根組織のはたらきを低下させる、あるいは毛根の形状を変える可能性があります。結果として髪が生えにくくなったり、うねったりつぶれたような髪が生えてくるなどの問題が起こります。
1本だけなんとかしたい白髪を見つけたら、根元近くで短くカットすればしばらく目立たなくなります。もしかすると、黒髪に戻りうる白髪かもしれませんし、抜くのは避けてください。

紫外線を浴びすぎない

頭皮も身体の肌同様に日焼けをします。むしろ高い位置にあるために最も直射日光を浴びやすく、日焼けしやすい部位です。日焼けによる影響で頭皮が熱をもったり、赤くなったり、ヒリヒリと痛んだりした状態は毛根やメラノサイトにもダメージが及び、白髪が生えやすくなります。

白髪は病気やストレスなどの内的な要因だけでなく紫外線などの外的な要因によっても生じます。また紫外線は白髪だけでなく頭皮の老化を招き、薄毛症状を助長します。
そのため外出する場合は帽子をかぶったり日傘をさしたり、日焼け止めスプレーを使用して、紫外線の影響を軽減できるよう工夫してください。

体を冷やさない

白髪を治すためには体を冷やさないことも意識してください。体の冷えは代謝の低下や血行不良を招きます。これらはいずれも白髪の原因につながるものです。

体を冷やさないためには根野菜やしょうがなどの体を温める効果を期待できる食べ物や飲み物を積極的にとってください。また血の巡りを良くするためにマッサージで体をほぐしたり、浴槽に浸かってじっくり入浴したりといった習慣をつけるのもおすすめです。

一過性の白髪なら黒髪に戻る可能性も

高齢者

遺伝や加齢が原因の白髪は、再び黒髪に戻ることは期待できません。ですが、ストレスや病気などの一過性の理由で増えた白髪は、改善すれば再び黒い髪に戻る可能性は残されています。

ストレスや病気による一過性の白髪は、血行不良によってメラノサイトの機能が低下し、色素を充分に生成・供給できずに起こっています。ですから原因を解決して血行が良くなれば、メラノサイトのはたらきが回復して、再び黒髪が伸びてくるようになります。自分の食生活や睡眠を見直して改善し、病気に関しては治療を行なうことで血行不良の解消につながります。

なお、白髪染めを使えば白髪は目立たなくなりますが、製品によっては髪を著しく傷める成分を含んでいます。購入前は成分表を確認してください。また使用頻度は最低限に抑え、髪と頭皮をいたわりながら上手につきあいましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!