抜け毛に関するお悩み

無意識な抜毛をとめるために 抜毛癖と抜毛症の違いを紹介

無意識な抜毛をとめるために 抜毛癖と抜毛症の違いを紹介

抜毛症は身近な病気

世の中には、抜毛症という病気があります。ふとした拍子に髪を抜いてしまう、ストレスからつい髪を触ってしまう人は、抜毛症である危険性があります。

また、抜毛症に悩んでいるのが子供の場合には、周囲のサポートが必要となることが多いです。抜毛症がどういった病気なのか、改善するためにはどうしていけばいいのかを紹介していきます。心当たりがある人や、子供が抜毛症かもしれないという人は参考にしてください。

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム

意外に多い抜毛症の患者

髪を触る男性

抜毛症は珍しい病気ではない

抜毛症とは、何かの拍子に髪を抜きたくなったり、無意識に髪を抜きたくなったりする病気です。以前までは抜毛癖と呼ばれていましたが、最近になって病気として扱われるようになりました。

抜毛症の有病率は成人の1~2%で、100人に1~2人は抜毛症であるという計算です。おもに女性に多い症状で、その数は男性の10倍ほどです。

といっても、男性は女性と比較するとその癖を隠してしまう傾向があるので、実際には男性でも多くの人が抜毛症に悩んでいると考えられます。

なにが抜毛症のきっかけになるのか

抜毛症になる原因のほとんどはストレスや不安です。髪を抜くと一時的にすっきりするということから、不安やストレスを解消するために髪を抜くという行為に走ります。この行為が悪化していくと、わかっていてもやめられないほどに髪を抜いてしまいます。

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム

抜毛癖と抜毛症の違い

抜毛癖と抜毛症の違いについて知る

抜毛症の判断で難しいのは、単なる抜毛癖なのか抜毛症なのかという判断です。抜毛症の判断基準で重要なのは、社会活動や日常生活に支障がでているかどうかです。毛を抜くという行為がとめられず悪化して、社会活動や日常生活に支障がでているのであれば、抜毛症を疑ったほうがいいでしょう。

ほかにも、髪を抜きすぎて一部の髪が薄毛となってしまうのも、抜毛症であると判断される基準のひとつです。部分的に不自然に薄毛になるため、隠そうと帽子を被るようになったり、さらには外出するのを避けるようになったりします。

抜毛症と併発しやすい皮膚むしり症

抜毛症は、皮膚むしり症と同時に発症することがあります。この皮膚むしり症は、皮膚をひっかいたり傷つけたりする癖が悪化した病気です。無意識にニキビを潰してしまう場合も、この皮膚むしり症と扱われます。抜毛症も皮膚むしり症も、おもな原因がストレスや不安であることと、なかなか自制が効かないことが共通しています。

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム

似ているけれど少し違う 抜毛症と勘違いしやすい強迫性障害

後ろ姿の男性

抜毛症とよく混同されがちな症状として、強迫性障害というものがあります。この強迫性障害は不安障害という病気のひとつで、抜毛症や皮膚むしり症も、この強迫性障害の関連疾患として位置づけられています。

強迫性障害は、日常的に行う動作で不安を覚えるようになります。たとえば、外出の際にちゃんと戸締まりをしたかどうかが不安になって、何度も確認してしまうといったことも強迫性障害に含まれます。

こうした不安から逃れるために抜毛症になってしまうこともあるのですが、あくまで関連疾患ですので、強迫性障害と抜毛症は違う病気です。大きな異なる点としては、抜毛症や皮膚むしり症には強迫観念がないということです。

強迫性障害は強迫観念から、なにかをしなければならないとう強い感情を抱くことが特徴ですが、抜毛症などにはそれがなく、無意識的に繰り返してしまいます。

ほかにも、時間や場所が発症の条件となりやすい強迫性障害と違って、抜毛症は時間と場所がほとんど関係ないことも大きな違いです。

そして最大の違いは、不安から解放されるかどうかです。強迫性障害は何度行為を行っても不安が拭えませんが、抜毛症などはその行為を行っている間は不安やストレスから免れることができます。共通点も多い病気ですが、こういった違いで判断することができます。

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム

自分でできる抜毛症との向き合い方・治療法

抜毛症を改善するための方法として、ハビット・リバーサル訓練という方法があります。そのやり方について紹介していきますので、抜毛症や皮膚むしり症かもしれないという人は、ぜひ試してみてください。

ハビット・リバーサル訓練

1.気づきの訓練

この訓練では自己を正しく分析することが必要です。まず大切なことは、無意識でやってしまっている抜毛や皮膚むしりに気づくことです。そこに気づいたら、今度はその行為をしようとした時はどんな気分か、身体や心に何か変化はないかを分析します。そして分析した結果を、その都度、紙などに文章として書き残しておきます。

2.対抗反応訓練

無意識だった抜毛が意識できるようになってきたら、今度はそれに抵抗するようにします。たとえば、髪を抜こうとしたら、手をギュっと握って数分耐えてみる。皮膚をむしろうとしたら、何か物を持つようにするといったように、他のことに置き換えるようにして抵抗していきます。

3.周囲にもサポートしてもらう

この治療法をするためには、患者だけではなく周囲の理解も重要になります。抵抗しようとしている時にはしずかに見守ってあげるようにしましょう。

リラックスすることも大切

抜毛の症状がでそうな時には、耐えるだけではなくリラックスすることを心がけてみるのも効果的です。

リラックス効果のある腹式呼吸がおすすめです。

・腹式呼吸のやりかた

  1. へその下にそっと手をあてて、身体の力を抜く

  2. 深呼吸する(吐く時は口、吸う時は鼻で息をする)

  3. 落ち着いてくるまで繰り返す

また、ちゃんと抑えることができた時には、欲しいものを買うなどのささやかな報酬が手に入るというルールを作ると続けやすくなります。

達成感もより高まりますので、ぜひ試してみてください。

一人で悩まないで!抜毛症で疲れてしまう前に

抜毛症は一人だけで悩んでいると、ついつい悪循環に陥りがちです。深く悩んでしまう前に、医師や家族に相談をしてみるといいでしょう。

また、お子様に抜毛症の疑いがある時や、髪の一部が薄くなっている時などは、より注意してお子様を見るようにしてみてください。

予防医学のアンファーストア から抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!