抜け毛に関するお悩み 抜け毛に関するお悩み

抜け毛に関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2019年10月8日

抜け毛の季節っていつ?時期別頭皮ケアの方法と対策

抜け毛の季節っていつ?時期別頭皮ケアの方法と対策

春と秋は髪の毛が抜けやすい季節

犬や猫が季節の変わり目になると体毛が生え変わるように、人も季節の変わり目に髪の毛が抜けやすくなります。

しかし、これは体温調節のためではありません。人が季節の変わり目に髪の毛が抜けやすくなるのは、髪や頭皮がダメージを受けているためです。
場合によっては薄毛(ハゲ)につながる可能性もあるため、季節の変わり目に髪の毛がよく抜ける場合は、何らかの対策をとる必要があります。

薄毛(ハゲ)にならないためにも、髪の毛が抜けやすい季節や、抜け毛の予防方法について知っておきましょう。

春に抜け毛が増える理由

気温の上昇による頭皮のかゆみ

春は気温の上昇し始める季節です。暖かくなると冬の寒さで収縮しがちだった血管が広がり、血行が良くなり頭皮がかゆくなります。

そして頭皮を掻くことで傷がつき、抜け毛の原因になることがあります。

新生活へのストレス

春は環境の変化でストレスが溜まりやすい季節です。進学、就職、人事異動、転勤など生活環境が大きく変わり、気づかないうちにストレスが溜まる傾向があります。

花粉の脅威

春は花粉が舞う季節なので花粉のアレルギー反応によって起こるくしゃみや、目のかゆみによってストレスを感じます。すると血行が悪くなり、髪の成長に必要な栄養素が頭皮に届きづらくなるため、栄養不足で抜け毛が増えます。

また、乾燥して敏感になっている頭皮に花粉などの刺激物質が付着するとアレルギー反応によって頭皮がかゆくなることがあります。

冬のダメージ

冬は空気が乾燥していることに加えて、体温の低下で頭皮の代謝が低下し、皮脂の分泌が少なくなるため頭皮が非常に乾燥します。すると頭皮は刺激を受けやすい敏感肌になり、冬に多くのダメージを受けるため、そのダメージが春に現れる場合があるのです。

また、冬は寒くて外に出づらい季節なので運動不足になり、血行不良で頭皮に髪の成長に必要な栄養が行き渡らなくなって抜け毛が増えるケースもあります。

秋に抜け毛が増える理由

季節の変わり目

春から夏にかけては髪の毛の量が多くなるため、秋に抜ける毛の量も必然的に多くなります。そのため秋は、四季の中で最も抜け毛が多い季節なのです。

夏のダメージ

夏場のダメージは秋に影響を及ぼします。夏は日差しが強く、多くの紫外線が頭部に降り注ぎます。こうした紫外線は髪の毛や頭皮にダメージを与え、蓄積したダメージが秋の抜け毛という形で現れるのです。

また、夏バテなどから食生活が乱れることも、髪の毛や頭皮へのダメージにつながります。

夏は抜け毛が増えやすい!夏の3大抜け毛要因に対抗するには?

夏バテ

夏バテとは、自律神経の乱れが原因で起こる体調不良です。
夏の暑さやエアコンなど、体温の変化が急激に変わることが多い夏場は体温調節が狂いやすく、それによって自律神経も乱れやすくなります。自律神経は身体の行動や休息に関係する神経であり、乱れることで体調を崩しやすくなります。

そうならないためにも、体調管理をしっかり行ない夏バテしないように規則正しい生活をしましょう。

夏バテは、自律神経の乱れによる血行不良や不眠、食欲減退といった症状を引き起こします。血行不良や食欲減退によって栄養摂取量が少なくなり、不眠によるストレスは自律神経の乱れをより悪化させます。

その結果、髪に栄養がいきわたりにくくなり、抜け毛が増えます。こうした夏バテに加えて蓄積した夏のダメージや換毛期も重なり、季節の変わり目である秋には大量に抜け毛が発生するのです。

こんな人は季節的な抜け毛が増えやすい

上述したように、季節によって抜け毛が増えることはあります。しかし、抜け毛が増えるのは単に季節だけの問題ではありません。以下のような特徴のある方は、さらに抜け毛が増えやすくなっています。

フケが出やすい

大量のフケや目立つ大きさのフケが出ている場合、皮脂の過剰分泌あるいは頭皮の乾燥によって、髪が正常に成長できていない恐れがあります。 また、フケが出やすいのは紫外線の影響が強まる夏と、空気が乾燥しやすい冬です。これらの季節になぜフケが出やすいのかを以下の記事で詳しくご紹介します。

【リンクタイトル:フケが出やすい季節にご用心!頭皮の荒れが抜け毛を増やす原因になる】

ストレスを抱えている

前項でご紹介したように、春に抜け毛が増える大きな原因にストレスがあります。ストレスを感じると心身を緊張状態にする交感神経が優位になり、頭皮の血流を低下させる物質が分泌されます。すると髪に必要な栄養素や酸素が頭皮に届きにくくなり、抜け毛が増えます。

春は新たなストレスを抱えやすいため、注意が必要です。しかし、ストレスに注意しなければならないのは春だけではありません。秋や季節の変わり目など抜け毛の増えやすい他の季節でストレスを抱えていると、さらに抜け毛が増えます。

食事が偏っている

髪の毛を作るためには、必要な栄養素をしっかりと摂取する必要があります。食事が偏るとバランスよく栄養を摂ることができないため、髪の成長を妨げることになります。とくに夏場は夏バテなどの影響から食欲がなくなりがちであるため、注意が必要です。

運動不足

上述したように、髪の毛の成長には栄養素が欠かせません。この栄養素は、頭皮の毛細血管を通って髪の毛に流れてきます。運動不足になると血流が悪くなるため、髪の毛に必要な栄養が届きにくくなります。そうした理由から、運動不足の方も抜け毛が増えやすいといえるでしょう。

慢性的な睡眠不足

慢性的な睡眠不足が続くと、日中に受けた頭皮へのダメージがうまく回復せず、新しい髪が充分に成長できない可能性があります。ふだんから睡眠不足を感じている人は、重大な抜け毛のリスクを抱えていると言えます。

頻繁に日光に当たる

紫外線は皮膚を老化させるため、日光の下で作業する職業の人はとくに頭皮に深刻なダメージを受けます。頭皮には健康的な髪を生やしたり、髪とのつながりを強固にしたりする役割があります。頭皮の健康が損なわれると健康な髪が生えず、抜け毛が増えます。頻繁に日光に当たる人は注意が必要です。

ダイエットをしている

ダイエットは適度な運動を主軸にして行なうなら問題ありませんが、無理な食事制限を短期間に行なうダイエットは、抜け毛を増加させる恐れがあります。食事量を減らすと、結果的に全身が栄養不足になり髪の成長に栄養を割く余裕がなくなるためです。短期間で無理なダイエットを行なう人は、ダイエットの方法を見つめ直しましょう。

季節の変化で抜け毛が増えるのは異常なのか?

春と秋に抜け毛が増える大きな理由は、季節の変わり目による生え変わりです。生え変わりは体の自然な現象であり、どこかに異常があって起こるわけではありません。

そのため、春と秋に抜け毛が増えるのは異常ではないといえます。生え変わりで普段の2倍ほど髪の毛が抜けるケースもあり、一時的に抜け毛が増えたからといってあまり心配する必要はありません。

抜け毛の質をチェックしよう

抜け毛のチェックの方法は簡単。シャワーしている最中に自然に抜けた毛や、肩に落ちた毛、枕についた毛など、自然に抜けた髪の毛をチェックします。正常な抜け毛の場合は、毛根がふっくらして丸々としている、髪の毛そのものが太くて長いのが特徴です。

また抜け毛の量についてですが、髪の毛がもともと多い人と少ない人とでは、1日に抜ける髪の毛の量が当然違います。ここで大切なのは、抜け毛がいつもに増して増えていないかという視点です。そして、毎日ある程度の髪の毛は抜けるのが自然であることを知っておきましょう。

薄毛の原因になることもある

ただ、場合によっては生え変わりがそのまま薄毛につながるケースもあります。たとえば秋の抜け毛の場合、夏に全く対策を施さずに大きなダメージを受けると毛母細胞の機能が低下し、薄毛の原因となります。

また、春のストレスはとくに注意が必要で、うまく解消できないとストレス性の円形脱毛症などを引き起こす可能性があります。

春や秋は髪の毛が抜ける季節とはいえ、いざ抜け毛が増えていると感じると不安に思うもの。「このまま薄毛になったら」と気になってしまいます。

必要以上に心配しないことが大切

しかし、抜け毛が増えたとしても体の正常な反応であることがほとんどです。だからこそ、抜け毛をあまり気にしないことが大切だといえます。

抜け毛が増えたことを気にしすぎると、それ自体がストレスになる場合があります。ストレスは抜け毛の増加や脱毛症を引き起こす要因であるため、ため込まないようにすることが望ましいといえます。

抜け毛を気にしすぎることでストレスが溜まり、それが原因で抜け毛が増える、と悪循環に陥る危険もあるため、一時的に抜け毛が増えた程度であればあまり気にしないことが大切です。

ストレスが髪に与える影響について詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしましょう。

【リンクアクセス:悩みすぎが薄毛を悪化させる!? 気にしすぎが髪を薄くする理由を解説】

春と秋は髪の毛が抜ける時期ではありますが、あまりにも抜け毛の量が多かったり長く続いたりするようであれば、なんらかの異常が発生していると考えられます。そうした事態に陥らないためにも、季節別に対策が必要なのです。

男性の場合、男性型脱毛症の可能性も

AGAは進行性なので、季節によって抜け毛が増減するものではなく、そのまま放っておくと抜け毛・薄毛は進行していきます。髪の毛のボリュームが以前より減った、髪の毛が細くなった、分け目や頭皮が目立つようになったなどの変化があれば、AGAの可能性もあります。AGAは前頭部(おでこの生え際)や頭頂部(つむじ)から徐々に進行していくという、薄毛のパターンが決まっています。季節のせいだと思い込むのではなく、AGAの可能性もあるということを知っておきましょう。

女性の場合、ホルモンのバランスが崩れている場合も

これまでにご紹介した季節性の抜け毛は、男女どちらにも起こり得ることです。これに加えて、女性の場合はホルモンバランスにも注意しなければいけません。ホルモンバランスが崩れると、抜け毛が促進される恐れがあります。

女性のホルモンバランスが崩れる原因としては、おもにふたつ考えられます。

ひとつは、肉体的な要因です。睡眠不足や運動不足など、不規則・不健康な生活によって引き起こされます。また、夏場は夏バテなどによって食欲不振や体調不良に陥りやすく、これもホルモンバランスが崩れる原因となっています。

もうひとつは、精神的な要因です。環境の変化や日常のちょっとした出来事などでストレスを感じると、ホルモンバランスに悪影響を与えます。女性ホルモンはデリケートであるため、とくにストレスを感じていないような些細なことであってもホルモンバランスが崩れる要因になることがあります。

女性ホルモンのバランスが崩れることで起きる抜け毛は、ホルモンバランスを整えることで抑制することができます。女性ホルモンのバランスを整える方法は、以下の通りです

栄養のバランスに考慮した食事

バランスのとれた食事は、女性ホルモンのバランスを整えるのに大きな効果があります。タンパク質やビタミン、カリウムといった栄養素の他、大豆製品に多く含まれるイソフラボンをしっかりと摂取することがポイントです。イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た効果を持っているため、女性ホルモンのバランスを整えるのに効果的です。

適切な睡眠

睡眠中は、さまざまなホルモンが分泌されます。睡眠時間が短い、または睡眠の質が悪いとホルモンがしっかり分泌されず、バランスを崩しやすくなります。とくに眠り始めの3時間はホルモンの分泌量が多いため、眠り始めの睡眠の質を高めることでホルモンバランスを整えやすくなります。

女性のホルモンバランスを整えるには、栄養バランスに配慮した食事や適切な睡眠が肝心です。女性ホルモンは抜け毛の量を減らす以外にも、髪の成長期間の維持や髪の健やかさを保つ効果があります。女性ホルモンを効果的に補いたい人は、ぜひ次の記事をご覧ください。

春におすすめのストレス解消法

蒸しタオルでリラックス

春は新生活が始まり生活が変化する季節なので、ストレスを感じやすく自律神経が乱れる傾向があります。

乱れた自律神経を整えるのにおすすめの方法は蒸しタオルです。

蒸しタオルの効果

タオルを目元や首元にあて、蒸気の熱が体を温めることで副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。

蒸しタオルを使うタイミング

蒸しタオルを利用するおすすめのタイミングは就寝前です。蒸しタオルの蒸気の熱で血の巡りが良くなると、手足の先から放熱されます。
人は体温が下がるときに眠気を感じるため、入眠前に蒸しタオルをすることでぐっすり眠ることができます。

お散歩で自律神経を整える

春には散歩でのストレス解消法もおすすめです。散歩などの有酸素運動を続けると脳の血液中に快楽ホルモンの分泌が促されるため、精神的な緊張が解け、心理的な健康をもたらすことがわかっています。

出典:J-STAGE「第1章 「歩く」効果・効用とそれを習慣化する方法の整理」

なお、散歩のコースは桜が咲き誇る公園や河川敷を選ぶのがおすすめです。桜の淡い桃色によって、心が安らぐことでしょう。

ストレスが溜まっていることに、自分では気がつきにくいものです。

秋におすすめのストレス解消法

芸術に触れる

秋におすすめのストレス解消方法は芸術に触れることです。これをアートセラピー(芸術療法)といい、絵や音楽、造形などの芸術を通して気持ちを切り替えることができます。

アメリカやヨーロッパではアートセラピストという公的な資格があるほど、アートセラピーがストレス解消の方法として知られています。

外で運動

秋は外に出て体を動かしてストレスを解消しましょう。夜長になりつつある秋は日照時間が夏よりも短く、日光に当たる時間が減り、脳内ホルモンであるセロトニンが少なくなります。すると自律神経が乱れ、ストレスがたまります。

外に出て体を動かせばストレスを解消できますし、日光を多く浴びればセロトニンの分泌が促進され自律神経も整えられます。

春におすすめ 睡眠不足の解消法

しっかり睡眠をとる

睡眠は、抜け毛予防において重要な要素です。人は睡眠中に成長ホルモンと呼ばれる物質が分泌されます。これは細胞の修復や体の成長に欠かせないホルモンで、髪の毛の成長や修復にも関係します。

睡眠時間が減って睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量も減り、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。その結果、髪の毛が弱々しくなって毛が抜けやすくなります。

睡眠はストレスとも関係する

ストレスにも睡眠は関係しています。睡眠はストレスの解消に最適の手段ですが、反対に睡眠不足に陥るとストレスが蓄積されます。睡眠時間が少ないことで、自律神経のバランスが崩れ、ストレスを感じるのです。

また、寝不足が続くとストレスのせいで脳が目覚めます。そのせいで、眠いのに眠れず、睡眠不足でストレスがさらに蓄積される悪循環が発生します。

ぐっすり眠るために必要なこと

睡眠は眠ればよいというわけではなく、質の良い睡眠をとる必要があります。
そのためには、寝る1時間前にお風呂に入り、体を温めます。そしてお風呂から出た後はパソコンやテレビ、スマホなどを控えましょう。これは、体を温めてリラックスさせることと、映像や音楽で脳を刺激しないことが目的です。この2つを行なうことで、より質の良い睡眠がとれます。

春にぐっすり寝る方法

春の睡眠不足解消におすすめの方法は起床後に朝日を浴びることです。日照時間が短い冬に乱れた自律神経のリズムを春の陽気で整えましょう。

朝一番にカーテンを開けて日光を浴びると、体内時計のズレを実際の時間に合わせられます。睡眠に関係するホルモン、メラトニンの分泌が止まり目が冴えます。

秋におすすめ 睡眠不足解消法

秋にぐっすり寝る方法

秋は夏よりも日照時間が短く、気温が下がる時期なので夏と同じ生活を続けていると自律神経が乱れ、満足に眠れなくなります。

夜長の秋にぐっすり寝るためには、体を温めることが大切です。寝る前に副交感神経がある首元や腰の仙骨あたりを蒸しタオルやホットパックで温めると体をリラックスさせられます。

また、より入眠しやすくするための環境作りとしてアロマテラピーがおすすめです。

春に抜け毛を増やさないために冬からしておくべき対策法

冬にしっかり運動や加湿、保湿対策をする

冬になると外に出る機会が減ってしまいがちです。運動不足によって血行不良が起きると抜け毛につながるおそれがあるため、積極的な運動を心がけましょう。

また、加湿器を使って湿度を保ったり、頭皮にローションや化粧水を塗って保湿したりして乾燥を防ぐのも有効です。

秋に抜け毛を増やさないために夏からしておくべき対策法

夏にしっかり紫外線対策をする

女性は美容への関心が高く、紫外線対策をばっちり行なっている人もいるでしょう。しかし、男性の場合は美容に気を遣う人が増えてはいるものの、まだまだ意識としては低いといえます。

そのため、夏場の暑い時期でも紫外線対策を何もしていない人はめずらしくありません。薄毛を防ぐには、紫外線対策を怠らないことが大切です。

紫外線対策に大事なこととは

頭皮を紫外線から守る一番の方法は、紫外線に当たらないことです。

男性の場合は日傘を差すことはほとんどないため、外を歩くときに帽子をかぶる、極力日陰を歩くなどの方法が考えられます。熱中症対策にもなるため、しっかりと行ないましょう。

帽子などをかぶる際の注意点

ただし、帽子をかぶる場合は汗などによる頭皮環境の悪化には注意が必要です。蒸れによって細菌が繁殖し、頭皮の炎症を起こす可能性があります。必要なときだけかぶる、定期的に空気を通すなど、できるだけ蒸れないようにしましょう。

頭皮用の日焼け止めアイテムで効果的な紫外線対策

紫外線の影響を減らすには、日焼け止め商品を利用するのもおすすめです。日焼け止めといえば腕や足、顔などに使うイメージが強いものですが、頭皮用の日焼け止め商品も数多く販売されています。

商品によって日焼け止めの効果や肌への刺激、スプレーやクリームなど商品のタイプが異なるため、自分に合ったものを探しましょう。

夏バテ対策を行なう

紫外線と同じくらい髪に影響を与えるのが夏バテです。夏バテによる自律神経の乱れや栄養不足は、髪にダメージを与えるだけではなく、不眠症にもなりかねません。どちらも髪が抜けやすくなる原因となるので、夏バテ対策はきちんと行ないましょう。

夏バテ対策には、食事と睡眠、そして運動の3つがカギとなります。

夏バテ対策1:食事

食事では栄養バランス良く、そして温かいものを食べることが肝心です。

暑いからとそうめんやアイスといった冷たいものだけ食べていると、栄養の偏りが生じます。その上、胃腸が冷えて食欲の低下や全身の倦怠感など、さまざまな症状を引き起こします。

対策としては、栄養バランスを意識した食事を心掛けることが大切です。そうめんだけではなく、肉や魚、野菜などもバランスよく摂取しましょう。

育毛に良い食材や栄養素に関して詳しく紹介している記事も参考にしてください。

【リンクタイトル:【プロが教える】今すぐとれる抜け毛に良い食材、栄養素とその食べ方】

夏バテ対策2:睡眠

睡眠時は、暑くて眠りにくい場合はエアコンや扇風機を使用しましょう。ですが、温度を下げすぎると体を過度に冷やすため、タイマーを設定して身体が冷えすぎないように工夫しましょう。

本来、人は汗をかくことで体温調節を行ないますが、身体を冷やしすぎて汗を全くかかないと、体温を調節する機能が衰えます。そのため、日中に外出する際に体温の調節ができず、夏バテになる可能性が高まります。

夏バテ対策3:運動

また、運動についてもこの体温調節機能が重要になります。うまく体温調整がはたらかない状態で真夏の昼間に運動をすると、夏バテだけではなく熱中症になる可能性が高くなります。

それを防ぐためにも、気温の低い早朝もしくは夕方以降に運動しましょう。運動といっても軽いウォーキング程度で充分です。20~30分程度歩き、軽く汗を流すだけでも充分効果があります。

なお、汗をかいた後は適度に水分補給をしましょう。このとき、水よりもスポーツドリンクを飲むほうが、水分といっしょに塩分や糖分といった栄養素を補給できるので夏バテ対策としておすすめです。

頭皮環境を整える

汗を洗い流す

夏から秋にかけては気温が高く、汗をかきやすくなります。皮脂も多く、これらが毛穴に詰まることで頭皮環境が悪化して、秋の抜け毛が増えるのです。そのため、夏には汗や皮脂をしっかりと拭き取り、頭皮環境を整えることが大切です。

こまめに汗を拭くことはもちろん、シャンプー選びも大切です。とくに皮脂は取りすぎても頭皮にとってよくないため、シャンプーは自分の体質に合わせたものを選ぶ必要があります。

また、シャンプー後の頭皮は皮脂が少なく乾燥しやすいので、コンディショナーで保湿をしましょう。コンディショナーは髪表面をコーティングして髪触りを良くしますが、頭皮に潤いを与えるものもあります。

ドライヤーで頭皮を乾かす

髪が濡れていると頭皮全体の湿度が高くなります。すると頭皮にいる雑菌が繁殖し、頭皮環境を悪くする恐れがあります。そういった環境が続くと抜け毛を招く可能性が高くなるので、頭皮が蒸れないようにドライヤーで乾かしましょう。とくに夏は気温が高く、蒸れた頭皮で細菌が増殖しやすいため注意が必要です。

ドライヤーの正しい使い方として、次のポイントを参考にしてください。

ドライヤーの前にタオルで水気を切る
タオルでゴシゴシこすらない
ドライヤーを根元から毛先にかけてあてる
頭とドライヤーの距離は15~20cmをキープ
同じ場所に2秒以上ドライヤーの風をあてない

抜け毛を防ぐために頭皮をしっかり乾かすことは重要ですが、間違ったドライヤーの使い方をすると温風でかえって頭皮を傷つけます。以上のポイントを押さえてドライヤーを使用してください。

春と秋の季節ごとによる抜け毛対策

頭皮マッサージ

季節の変わり目で抜け毛が増える要因として多いのが、血行不良です。夏バテや睡眠不足による自律神経の乱れによる血行不良は、頭皮マッサージである程度改善できます。

頭皮マッサージの効果

頭皮マッサージをすることで、血流の流れを良くし頭皮全体に栄養を行き渡らせることができます。

また、頭皮マッサージのメリットとして、血行不良の改善以外にも身体の疲労回復効果が期待できます。手軽にできる抜け毛対策として頭皮マッサージを取り入れましょう。

頭皮マッサージのコツ

頭部には百会(ひゃくえ)や神庭(しんてい)など自律神経の乱れを整える、体の内臓部分を活性化させるツボが多く存在する場所です。

マッサージによってツボを刺激することで身体の内臓のはたらきも活発になり、代謝の改善も期待できます。

春に期待できる頭皮マッサージの効果

とくに春は天候や生活環境の変化によって自律神経が乱れやすい時期です。百会や神庭などを刺激して、代謝を改善したり自律神経を整えたりすれば倦怠感や寝不足なども解消するため、頭皮マッサージはできるだけ取り入れましょう。

また、頭皮マッサージを行なう場合、育毛剤も使用しましょう。頭皮マッサージで血行の改善した後に育毛剤を使うことで、より髪や頭皮が健康に育ち、抜け毛対策につながります。

秋に期待できる頭皮マッサージの効果

とくに秋は夏に受けたダメージが頭皮に現れやすい季節なので、入念にマッサージをして頭皮を健やかに保つ成分が含まれた育毛剤を使い、ケアしましょう。

注意点としては、頭皮マッサージをしすぎないようにしてください。なぜなら過度な頭皮マッサージは頭に負担を与えて、逆に頭皮を弱めるためです。

頭皮の状態を整えるために1日にどれくらいの頭皮マッサージを施せば良いのかは、以下の記事を参考にしましょう。

【リンクタイトル:1回3分の頭皮マッサージがベスト!薄毛対策に良いマッサージ方法】

シャンプーの見直し

春と秋では頭皮に適したシャンプーが異なるので、季節に合ったシャンプーを使いましょう。

たとえば湿度が低くなっていく秋頃に頭皮の乾燥を感じるのであれば、保湿効果があるシャンプーや、洗浄力がやさしいシャンプーを使うと頭皮の乾燥を防げます。

徐々に温度や湿度の上がる春頃からは毛穴が開き、汗や皮脂も活発に出始めるので、しっかり皮脂を落とせるオイリー用のシャンプーを使うと毛穴詰まりやニオイを防げます。

このようにシャンプーを見直して使い分けると季節ごとの抜け毛対策ができます。

春と秋に行なうべき頭皮の保湿

頭皮の乾燥で起こる症状

春は乾燥や紫外線、気温の変動、花粉など季節の影響を受けやすい頭皮は、保湿を疎かにしてはいけません。疎かにすることで頭皮の乾燥や皮脂分泌の乱れにつながり、頭皮の環境を悪化させ抜け毛の増加につながるためです。

また、秋は夏場の紫外線や汗、冷房などのダメージが時間差で現れる季節です。しっかり保湿ケアをしないと頭皮の乾燥が進み、代謝の低下によって頭皮の状態が悪化し髪のハリコシの低下、抜け毛、うねりなどの影響が出ます。

おすすめの保湿方法

保湿の方法で一番お手軽なのが、コンディショナーです。シャンプーで頭を洗った後にコンディショナーでササッと頭を洗うことで、シャンプーで洗い流した皮脂をカバーし、保湿を行なえます。

コンディショナーを使うときは、頭皮のケア成分が含まれたものを使用すれば、より抜け毛対策になります。

改善が見られない場合はクリニック受診を考えよう

これらの対策をしても脱毛症状がおさまらない場合は季節性の脱毛ではなく、男性型脱毛症(AGA)の可能性があります。

AGAの場合は、上記で紹介した抜け毛対策と併せて治療薬を使用すると効果的です。AGAの治療薬はクリニックで処方してもらえます。

季節の抜け毛は対策である程度減らせる

春や秋の季節に、抜け毛が増えたからといってあまり心配する必要はありません。

しかし、場合によっては薄毛に発展する可能性もあるため、抜け毛対策はしっかりと行なっておく必要があります。紫外線対策やストレスの解消など、対策をしっかりと行なっていれば春と秋の抜け毛がある程度減らすことができます。

春と秋の抜け毛で不安にならないためにも、季節別で適した対策を怠らないようにしましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。