抜け毛に関するお悩み 抜け毛に関するお悩み

抜け毛に関するお悩み

公開日:2018年3月12日

更新日:2019年4月30日

その抜け毛の量大丈夫?女性の脱毛症の原因と対策方法

その抜け毛の量大丈夫?女性の脱毛症の原因と対策方法

薄毛は、男性だけでなく女性にとっても悩みの種です。日常生活での抜け毛の多さが気になっている女性も多いのではないでしょうか。

抜け毛には2種類あり、毛の生え替わりのサイクルによって引き起こされる自然な抜け毛と、薄毛につながる恐れがある抜け毛に分けられます。今回は、薄毛につながる抜け毛の原因と対策法をご紹介します。

■髪はヘアサイクルによって自然と抜ける

髪の毛には、1本1本に寿命があります。髪の成長段階は、「成長期」「退行期」「休止期」「脱毛+早期」の4つに分類されます。そうした成長段階を経て髪が新しく生まれ変わるサイクルを「ヘアサイクル」と呼びます。

健康であっても、時間が経過すればヘアサイクルによって髪は抜けてしまいます。抜け毛があるのは自然なことであり、本数が少なければ気にする必要はありません。しかし、何らかの原因でヘアサイクルが短くなると、新しく生える髪よりも抜け毛が多くなって薄毛が進行してしまいます。

サイクルイメージ

引用元:AGAとは|薄毛のことならヘアメディカル

・成長期

髪の毛は、「毛母細胞」という細胞によって生成されます。毛母細胞は、頭皮の真皮層にある毛根の根元である「毛球」と呼ばれる場所に存在しています。

成長期は、毛母細胞のはたらきが活発化され、髪が伸びる時期です。毛母細胞は、毛細血管を通して栄養や酸素を受け取り、分裂を繰り返すことで新しい髪を盛んに生成します。その結果、髪が太く丈夫になります。

ヘアサイクルの大半は成長期であり、成長期は2~6年間続きます。薄毛ではない健康な頭皮の人の場合、全体の約85%は成長期にある髪の毛です。成長期が長いと髪が太く丈夫になり、髪のボリュームが増します。逆に、ホルモンバランスの乱れなどで成長期が短くなると、髪が細くなって抜けやすくなります。

・退行期

成長期が終わると、ヘアサイクルは退行期に移行します。退行期は、毛母細胞のはたらきが緩やかになり、髪の成長が止まる時期です。退行期には毛球が小さくなり、脱毛に向けて真皮層から表皮へと少しずつ動き出します。

退行期の長さは約2週間です。髪の毛全体のおよそ1%が、この退行期にあるといわれています。

・休止期

退行期を過ぎると、休止期が始まります。休止期は、毛母細胞の分裂が完全に止まる時期です。脱毛の準備が完全に整えられた状態でもあり、軽く引っ張っただけで髪は簡単に抜け落ちます。

・脱毛+早期

「脱毛+早期」は、髪が抜け落ちると共に、新しい髪の成長が始まる時期です。毛根では既に新しい髪が誕生しており、表皮に出るのを待ち構えています。新しく生え始めた髪は、長い成長期に移行して太く丈夫な状態へと成長します。

人間の頭部では、以上のようなヘアサイクルを10数万本もの髪の毛が絶えず繰り返しています。髪が健康な状態であっても、ある程度の抜け毛が起こるのは自然なことなのです。

■これって多い?日常生活で抜ける毛の量

日常生活で抜け毛が気になり、「抜け毛が多いのでは?」「薄毛が進行しているのでは?」と心配になる人もいるでしょう。

女性の正常なヘアサイクルは4年~6年とい言われています。1日に抜ける毛量は季節や髪の量によって異なりますが、平均は30本~180本程度です。

なお、シャンプー時の抜け毛の量は1日の抜け毛の50%~70%を占めるとい言われているため、この量から1日の間に抜けた毛の本数を導き出すことができます。

入浴時の抜け毛の本数を調べたい場合は、あらかじめ掃除をしたうえで、排水溝にフィルターやストッキングを設置しましょう。入浴後に残った髪の毛の量をチェックすれば、1日の抜け毛の本数を計算することができます。

なお、抜け毛の量はシーズンによって差があります。秋は夏に受けたダメージによって毛が抜けやすくなっており、基本的に平均の2倍~3倍、人によっては1日で200本以上抜ける方もいます。

■押さえておこう!抜け毛の原因

抜け毛は、さまざまな原因によって起こります。主な原因には、以下のようなものがあります。

・食生活の乱れ

ハンバーガー

近年、日本人の食生活が欧米型にシフトしていることで、高カロリーな食事の過剰摂取やビタミン・ミネラル不足が問題となっています。

高カロリーな食事は血行不良の原因にもなります。髪の成長のためには、低カロリーかつ栄養バランスのよい食事を心掛けることが大切です。

髪の健康に特に重要な栄養素として、タンパク質・ビタミン・ミネラルが挙げられます。タンパク質は髪の材料となる成分であり、ビタミンB群やビタミンCは髪の生成や保護に欠かせません。また、毛母細胞の分裂にはミネラルの一種である亜鉛が、酸素の運搬には鉄の働きが重要です。

上記のような髪の成長に欠かせない栄養素をしっかりと摂取するためには、バランスの良い食事を習慣にすることが大切です。

・ストレス

ストレスは、抜け毛の主要な原因のひとつです。ストレスを感じると、血液の流れを調整している自律神経が刺激され、血管が収縮します。毛根に通っている毛細血管は、毛母細胞に栄養を届ける重要な役割を担っています。ところが、過度なストレスにより自律神経のバランスが崩れたり血行不良が引き起こされたりすると、栄養を届ける機能が低下して脱毛が促進されます。

抜け毛を予防するためには、ストレスを軽減してなるべくリラックスすることが大切です。

・睡眠不足

睡眠中には、髪の成長に欠かせない成長ホルモンが多く分泌されます。睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌量が減少して髪の成長が阻害されます。その結果、髪が細く弱くなって抜け毛が起こりやすくなります。

髪の成長のためには、良質な睡眠が必要不可欠です。髪の健康を維持して抜け毛を防ぐために、十分な睡眠をとることを心がけましょう。

・その他の原因

この他、遺伝や紫外線ダメージなどが原因で抜け毛が増えるケースもあります。とくに夏に抜け毛が増える人は、紫外線によって頭皮がダメージを受けている可能性があります。

季節ごとの抜け毛の原因と対策法を知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

抜け毛の量は時期によって変動する!季節の変わり目で髪を守る対策

■原因は別にある?女性の抜け毛

女性にとっても、抜け毛は悩みの種です。女性に多くみられる抜け毛の原因には、以下のようなものがあります。

・ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の成長に深く関与しており、成長期を維持して髪を太く丈夫にする作用があります。しかし、エストロゲンは加齢とともに分泌量が減少し、特に閉経前後の更年期になると急激に減少します。エストロゲンが不足すると、細毛化や抜け毛の増加、ひいては薄毛につながります。高齢の女性に薄毛に悩む人が多いのはこのためです。

一方で、エストロゲンの急激な増加によって抜け毛が発生することもあります。たとえば、妊娠により減少していたエストロゲンが出産後に急激に増加することで、ホルモンバランスが乱れ、抜け毛の量が多くなるケースもあるのです。

また、生活習慣の乱れもホルモンバランスが乱れる原因になります。女性ホルモンの分泌を司っている脳の視床下部は、自律神経のバランスも調節しています。

そのため睡眠不足・偏った食生活などの乱れた生活習慣で自律神経のバランスが乱れると、視床下部の調節機能が混乱し、それに伴って女性ホルモンのバランスも乱れるのです。

・ヘアダメージ

パーマやカラー、誤ったヘアケアの繰り返しにより頭皮・毛根にダメージが蓄積され、ヘアサイクルに異常をきたす場合があります。パーマは2種類の薬液を使って、髪のタンパク質の分解と再結合を行ない、髪の形状を変えます。

1つ目の薬液でキューティクルを開き、髪の内部に液体を浸透させて、髪の主成分のケラチンの中のアミノ酸を分解します。2つ目の薬剤を使って分解されたアミノ酸を再結合させて髪の形状を固定するのです。

カラーは薬液で髪を保護するキューティクルを開き、髪の内側まで染料を浸透させて髪の色を変えます。

パーマやカラーで使用する薬液はアルカリ性です。アルカリ性の薬液にはタンパク質を溶かす性質があるため、頭皮に数時間付着すると炎症を引き起こして抜け毛を招きます。

パーマもカラーも、頭皮に薬液が付くことを完全に防ぐことはできないため、抜け毛の原因になるのです。

薬液が頭皮に付着するかどうかは、美容師の腕にかかっています。パーマやカラーの後の抜け毛がひどいようであれば、担当の美容師を変更するか、腕の良い美容師がいると評判の美容室を見つけましょう。

・頭皮ダメージ

ポニーテールやお団子などのヘアスタイルが多かったり、エクステを多用したりすることが多い場合、頭皮に強い負担となり、牽引性脱毛症になる可能性があります。

牽引性脱毛症髪は引っ張られることによって生じる薄毛(ハゲ)のことです。

髪を引っ張ってまとめるタイプのヘアスタイルやヘアセットを長く続けると、特定の毛根に負担がかかり頭皮の血行が悪くなるため、発毛や育毛に必要な栄養素が届きにくくなり、髪が生えなくなります。

髪を引っ張る系統のヘアスタイルやエクステを控えたり、毎日分け目の部分が異なるヘアスタイルにしたりして毛根への負担を軽くし、牽引性脱毛症を予防しましょう。

・精神的ストレス

男性と同様に、女性もストレスが原因で薄毛になる場合もあります。家事や育児、仕事などにより過度なストレスを感じると、体内のホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れ、抜け毛が引き起こされます。

あるストレスに関する意識調査によると、女性は「お金に関すること」と、「夫婦・パートナーとのトラブル」そして「家事」に強いストレスを感じるようです。

この調査から、女性は仕事だけでなくプライベートでもストレスを感じていることがわかります。しかし、ストレスは自分ではなかなか気付きにくいものです。

  • 「食欲がない」
  • 「近頃疲れやすく、体がだるい」
  • 「不安で気分が落ち着かない」
  • 「何をするにも面倒で、憂鬱に感じる」
  • 「趣味を楽しいと思えなくなった」

このような身体的・精神的症状がでている場合はストレスが溜まっている可能性があるので、注意しましょう。

・身体的ストレス

手術が必要な程の大病やケガなどによる身体的ストレスも、精神的ストレス同様に髪の本数を減少させる場合があります。なお、身体的ストレスによる脱毛の影響は、個人差はありますが、ストレスを感じて数か月後に現れます。

ストレスと抜け毛の関係性は以下の記事で詳しくご紹介しています。

ストレスと抜け毛の関係って?原因と対策を徹底解剖

無理なダイエット

食事制限を含むダイエットによって、抜け毛の量が増える場合があります。人間の体は栄養が不足したと感じると、生命活動を維持するために重要な組織への栄養供給を優先させます。

その中でも優先されるのは、脳や心臓、神経などです。髪は脳や心臓と比べると生命活動における重要度は低いため、栄養が供給されにくくなります。

極端な食事制限は体重と共に髪のボリュームも減らす可能性があるため、ダイエットの際は栄養不足に注意しましょう。

体の冷え

女性に多くみられる冷え性は、抜け毛につながる症状です。冷えは血流の流れを悪化させて、末梢部分の血行を悪化させます。それにより頭皮に細かく巡っている毛細血管が血行不良を引き起こすため、髪に充分な血液が供給されません。その結果、髪が満足に成長できずに抜け落ちます。

また、冷え性は悪化すると内臓機能の低下をもたらします。その影響で血液を作り出す身体の機能が低下して体全体を巡る血液量が少なくなり、頭皮への栄養供給に悪影響が及びます。

■危険な抜け毛とそうでない抜け毛の違い

上述した通り、髪はヘアサイクルに合わせて成長と脱毛を繰り返しています。

正常なヘアサイクルは2~6年ですが、ストレスや不規則な生活習慣、ヘアカラーやパーマなどによる髪へのダメージなどが原因でヘアサイクルが崩れると、髪は短期間で抜け落ちます。この状態が、いわゆる脱毛症です。

脱毛症と通常の脱毛のどちらに該当するのかは、抜け落ちた毛質で判断できます。

自然な抜け毛には、毛根が丸く、毛根から毛先までの太さがほぼ一定という特徴があります。対して、脱毛症による抜け毛は毛根が痩せており、毛先にかけて少しずつ細くなっているのが特徴です。

《抜け毛チェックリスト》

  • 毛先や毛根が非常に細い
  • 短い髪やうぶ毛が多い
  • 毛根の部分にゴミが付いている

これらの条件を満たしていれば、脱毛症の可能性が極めて高いとい言われています。

短い毛や産毛などが多く抜ける場合は、髪の成長が不充分なままに抜けている証拠です。また、毛根にゴミが付いている状態は、それが頭皮や髪への刺激となりダメージを受けやすい状態であると考えられます。

■急に抜け毛が増えた場合も脱毛症を警戒

抜け毛の形状や感触だけでなく、抜け毛の量が増えた場合も脱毛症を警戒しましょう。最近抜け毛が増えた人は、以下の状況に該当しないかチェックしてみてください。

《抜け毛が増える人の生活の特徴》

  • 飲み会や外食が増えた
  • 毎日の食事の栄養バランスが偏っている
  • ヘアカラーやパーマを施した

たとえば外食が多かったり、食事の栄養バランスが通っていたりする場合は、皮脂の過剰分泌で起こる脂漏性脱毛症の可能性があります。また、ヘアカラーやパーマを施した場合は刺激性接触皮膚炎による脱毛の可能性があります。

抜け毛が突然増えた場合は、原因を明らかにするためにも最近の生活を振り返ってみることが大切です。

■日々の生活に取り入れたい、抜け毛の対策法

抜け毛の原因を把握したら、原因に合わせて正しい対策を行ないましょう。

・栄養バランスのよい食事

「髪は健康のバロメーター」とい言われるほど、髪には自身の健康状態が現れます。そして、健康を維持するためには栄養バランスのよい食事が必要不可欠です。

偏食や間食が多い方は、ぜひ食生活の見直し・改善を行なうことをおすすめします。そこでポイントになるのが食材の色です。基本的に、「赤(肉・魚、大豆などのタンパク質)」「黄(お米やパンなどの糖質)」「緑(野菜や海藻、きのこ類などのビタミン・ミネラル)」の3色の食材を取り入れることで栄養バランスのよい食事になるとい言われています。

とくにタンパク質やビタミン・ミネラルは、抜け毛や薄毛の予防に効果的な栄養素です。カロリーを意識しつつ、積極的に摂取してみてください。

育毛に良い食品、逆になるべく避けるべき食品については以下の記事で詳しく紹介しています。髪を元気にするために、是非とも参考にしましょう。

抜け毛を減らす食品リスト!毎日の食事が育毛につながる

・良質な睡眠

1-3

良質な睡眠は成長ホルモンの分泌に欠かせないものです。とくに眠りはじめてからの3時間はホルモン分泌のピークとなっているため、この間にどれだけ良質な睡眠をとれるのかが重要なカギになります。なお、睡眠の質を高めるには、早寝早起きを習慣化したり、就寝3時間前までに適度な運動を行なったり、就寝前のスマホ利用を控えたりするなどの方法がおすすめです。

また、就寝前にある工夫をすると、さらに睡眠の質が良くなります。毎日ぐっすり眠るために、どのような工夫をすれば良いのか、その方法を以下の記事で学びましょう。

【簡単】眠りで抜け毛の量が減少!ぐっすり眠れる睡眠テクニック

・抜け毛対策に適切な頭皮ケア

抜け毛に効果的な頭皮ケア1:シャンプーを変える

適切な頭皮ケアを行なうことで、抜け毛を効果的に予防できます。使用するシャンプーは、人間の肌と同じアミノ酸が用いられたアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは、アルコール系や石けん系と比較して髪や頭皮への刺激が少なく、潤いを残したまま汚れをきれいに落とせます。

 

抜け毛に効果的な頭皮ケア2:正しいシャンプー方法

また、シャンプー前のブラッシングで血行を促進したり、髪を摩擦しないようシャンプーを泡立てたり、充分なすすぎで毛穴詰まりを防いだりすることも重要です。

なお、マッサージするように洗髪すると、毛穴詰まりをしっかり落とせますし、頭皮の血行も改善できるため、一石二鳥の効果があります。マッサージを取り入れたシャンプーの方法は、次の記事で詳しくご紹介しています。

髪を育むヘアケア マッサージを取り入れたシャンプーの方法

抜け毛に効果的な頭皮ケア3:育毛剤で頭皮を整える

育毛剤も、頭皮の環境を整えるのに効果的です。育毛剤にはさまざまな種類がありますが、女性ホルモンと似たはたらきをもつ成分が含まれているものがおすすめです。

 

その他の対策としては、ストレス解消や禁酒・禁煙などがあげられます。少し意識を変えて取り組むだけで、絶大な効果が得られることもあります。

■抜け毛の原因と対策法を把握して薄毛を防ぐ

一口に抜け毛といっても、ヘアサイクルによる自然な抜け毛と脱毛症による抜け毛があります。脱毛症の原因にはさまざまなものがあり、原因を把握して正しい対策を行なうことが、抜け毛を防ぐ上で非常に重要です。抜け毛や薄毛にお悩みの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。