抜け毛に関するお悩み 抜け毛に関するお悩み

抜け毛に関するお悩み

公開日:2018年8月27日

更新日:2018年10月9日

女性でも脱毛症になる?主な脱毛症6つとその対策を紹介

女性でも脱毛症になる?主な脱毛症6つとその対策を紹介

朝起きると枕に抜け毛がびっしりとついていた、髪を洗った時にかなりの量の髪が抜けた…こんな症状が出た場合は、もしかしたら脱毛症かもしれません。

脱毛症と言えば、AGA(男性型脱毛症)が有名ですが、女性特有の分娩後脱毛症や、AGAの女性版とも言えるFAGA(女性男性型脱毛症)など、女性も脱毛症にかかるリスクを抱えています。
女性に関係する脱毛症の種類と、その症状や対策についてご紹介します。

女性の主な脱毛症は6種類

まずは女性がかかりうる脱毛症にはどのようなものがあるのかを確認しましょう。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症(産後脱毛症)は、出産後に発症しやすい女性特有の脱毛症で、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。

妊娠中は子宮の環境を整えるために、プロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。出産後は女性ホルモンの分泌量が減少します。
女性ホルモンは髪の健康にも関わっているため、女性ホルモンが活発に分泌されている約10か月の妊娠期間は髪の健康が保たれやすいです。ですが産後には分泌量が急激に減るため、その落差からホルモンバランスの調整がうまくいかず、髪の毛が全体的に抜けたり、薄くなったりします。

またホルモンバランスの乱れの原因は他にもあり、妊娠中から産後にかけての生活の変化や体力の低下、ストレスなども関わっています。

びまん性脱毛症

「びまん」とは「一面に広がる」という意味で、髪の毛全体が薄くなる症状をびまん性脱毛症と言います。
びまん性脱毛症になる原因は人によってさまざまですが、主な原因となるのはヘアサイクルの乱れです。

ヘアサイクルとは、毛が生えて成長し、成長を終えて抜け落ちるまでの一定の成長段階の周期のことを指しますが、このヘアサイクルが乱れると、毛が生まれてから脱毛までの期間が短くなってしまいます。そうなると、充分に毛が成長せず細い毛になったり、脱毛しやすくなったりします。

ヘアサイクルの乱れはストレスや偏食、過剰なダイエット、ホルモンバランスの乱れ、頭皮の血流の悪化、間違ったヘアケアや頻繁なカラーリング・パーマなど、さまざまな要因で発症します。女性ホルモンの分泌量が減ったために薄毛になるFAGA(女性男性型脱毛症)もびまん性脱毛症の一種です。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、ロングヘアーの女性がなりやすい脱毛症で、髪が特定の方向に引っ張られ続けることが原因で発症します。

たとえばポニーテールやサイドテールなどで髪をまとめると、一部の髪の毛が引っ張られて毛根の負担になります。それが習慣化し、毛根が負荷に耐えられなくなった時、脱毛につながります。

同様に、髪を上部で団子状にまとめる、編み込みをする、エクステをつけるなども、一部の髪だけが特定の方向に強く引っ張られ続ける結果になるため、牽引性脱毛症の原因となります。また、分け目をいつもと同じ場所に作り続けることや、ヘアブラシやヘアアイロンなどで毎日引っ張ることも牽引性脱毛症の原因となります。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、皮脂の分泌過剰が原因で発症する脱毛症です。皮脂は主に偏食や生活習慣の乱れ、ストレスや頭皮環境の悪化によって過剰分泌されます。

皮脂が過剰に分泌されると、頭皮に住む常在菌のマラセチア菌(カビの一種)が、それをエサにして増殖します。マラセチア菌は、ふだんは無害なのですが、増えすぎるとマラセチア菌が皮脂から分解することで出る遊離脂肪酸も過剰になり、頭皮に刺激を与えます。
また、マラセチア菌が毛穴につまることがあります。それらが頭皮や毛穴内・毛根の炎症の原因となり、結果として脱毛を引き起こすのです。

皮脂の過剰分泌は部分的な脱毛だけではなく、皮脂の分泌量の多さから頭皮のベタつき、頭皮表面の黄色味や悪臭などの症状が出ます。また、ニキビや炎症により皮膚の赤みやかゆみもあり、それを掻くことで大量のフケが生じることもあります。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症とは、頭皮の角質の異常が原因で発症する脱毛症です。角質の異常で大量のフケが出るようになり、角質やフケが毛穴詰まりを起こし、毛穴の中でマラセチア菌などが増殖、結果として毛根が炎症を起こして脱毛してしまいます。

症状としては、乾燥した大量のフケ、頭皮の炎症、全体的または部分的な脱毛などがあります。フケは乾燥していて、手で払えば簡単に落ちるので、ベタベタした脂っぽいフケが出る脂漏性脱毛症と区別することができます。角質異常が起こる理由は特定が難しく、まだ解明されていません。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、体内に入ってくるウイルスから身体を守る自己免疫機能に異常が起き、体の一部分を異物と誤認して攻撃することによって起こる脱毛症です。免疫系の細胞であるTリンパ球が毛根を異物と認識して攻撃することで毛根が傷つき、脱毛につながります。

また、円形脱毛症はこの他にも遺伝や精神的なストレスが原因と考えられています。精神的に強いストレスを感じたりストレスが続いたりすると、身体がストレスに耐えられる状態にするために交感神経がはたらきます。この交感神経に負荷がかかりすぎることで血管が収縮し、毛根まで栄養が行き届かなくなって脱毛を引き起こすと言われています。

症状としては10円玉や500円玉ほどの丸い形に、部分脱毛が起こるのが基本的な症状ですが、1か所だけではなく数か所に円形脱毛することもありますし、帯状に髪の生え際から抜けていく蛇行型、頭部全体の髪が抜けていく全頭型、脱毛が全身に及ぶ汎発型などの脱毛症もあり、人によっては症状の重いものがあります。

それぞれの脱毛症への対策

鏡をみて髪を梳く女性

分娩後脱毛症の対策

分娩後脱毛症は、出産後のホルモンバランスの乱れが原因なので、数か月から半年、一年もすれば自然に回復する一過性の脱毛症です。そのため、原因が多岐にわたり慢性的になりやすいびまん性脱毛症とは区別されています。

時間が経てば回復するものですから「待てば治る」とも言えますが、早い回復を目指すのであれば、ホルモンバランスの乱れを解消することが一番の近道です。ホルモンバランスには生活の変化や体力の低下、ストレスなども関わってくるため、ホルモンバランスが整うように規則正しい生活や栄養に偏りのない食事、ストレスを溜めすぎない環境づくりなどが必要となります。

分娩後脱毛症によって脱毛が始まる、もしくは薄毛になると、ショックから産後うつの症状が出ることがあり、そのストレスが余計に回復を遅くすることもあります。症状を悪化させないためにも、あくまでも一過性のものであると正しく理解しておくことが大切です。

症状が気になる人は病院で検査を受けて医者からのアドバイスをもらったり、女性用の育毛剤を使用して頭皮の環境を整えて回復をはかったりすることも選択肢のひとつです。

ですが何か月経っても一向に治る気配がない場合、別の脱毛症にかかっていることが考えられます。女性の薄毛に関して扱っている美容クリニックや、女性の薄毛治療専門クリニックなどを頼るという別の対策が必要になるでしょう。

びまん性脱毛症の対策

びまん性脱毛症は主にヘアサイクルの乱れから発症しますが、ヘアサイクルが乱れる原因はさまざまであるため、万人に効く症状改善方法はありません。

ですが、個人の生活習慣を見直せば原因がわかり、原因に沿った対策をとることで症状改善につながります。自分がどうしてびまん性脱毛症になってしまったのかという原因を知り、それに合った治療法を見つけることが症状改善の第一歩です。

ですが自分ひとりではどう改善すれば良いかわからず、誤った方法での治療を目指してしまう恐れがあります。そのため、病院での検査を受けることを推奨します。女性の薄毛に関して扱っている美容クリニックや、女性の薄毛治療専門クリニックなどでの検査を受けると良いでしょう。
FAGAに関しても、病院で診察を受けることができます。

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症は、髪の毛が引っ張られ、毛根に負担を与え続けることが脱毛につながりますので、まずは一部にだけ負担をかけるような髪型を避けましょう。たとえば日頃ポニーテールをしているのであれば髪をほどいて過ごす日を作ったり、別の結び方や髪型で過ごしたりする工夫をしましょう。

エクステも同様で、なるべく同じ場所に続けてつけないようにして髪の負担を減らしましょう。髪の分け目がいつも同じ場所にあるのであれば分け目を変えたり、髪が長く重い場合は短めにカットしたりするなど、一部に負担をかけない髪型を考えましょう。

すでに症状が出てしまっている場合には、皮膚科や女性の薄毛に関して扱っている美容クリニック、女性の薄毛治療専門クリニックなどでの検査、治療を検討することで改善が期待できます。

脂漏性脱毛症の対策

脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が菌の増殖につながり、炎症から脱毛につながります。そのため、炎症や菌の増殖を抑える、皮脂の過剰分泌を抑える、などの治療を行ないます。

セルフケアでの治療は難しいため、皮膚科での治療を検討してください。炎症を抑える抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの飲み薬や、マラセチア菌を殺菌するニゾラールやケトコナゾールなどの外用抗真菌剤の他、ビタミンの欠乏が皮脂過剰につながることから、ビタミン剤などを処方してもらうことができます。

これらの薬によって脱毛症状は抑えられますが、症状の改善と再発防止には生活習慣の見直しも大切です。皮脂の過剰分泌が起こる理由は、偏食や生活習慣の乱れ、ストレスや頭皮環境の悪化などであるため、薬によって一時的に症状が改善しても、再発する恐れがあるからです。

食生活を改善し、過不足のない栄養摂取を心がけましょう。食事の内容としては、動物性タンパク質を控え、ビタミンBを豊富に摂取するのが理想的です。規則正しい生活を目指し、ストレスを溜めすぎないことや、頭皮の環境を整えることなどをすると再発予防になり、脱毛症状の改善を早めることができます。

ひこう性脱毛症の対策

ひこう性脱毛症は角質異常から生じる脱毛症ですが、角質異常が起こる原因が明らかになっていないため、対策が難しいです。ですが菌が増殖して炎症を起こし脱毛につながることから、脂漏性脱毛症と同様の対処をすることで、脱毛症状を抑えられます。

皮膚科を受診すれば、炎症を抑える抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの飲み薬や、マラセチア菌を殺菌するニゾラールやケトコナゾールなどの外用抗真菌剤などを処方してもらえます。
ただ、これらの薬の使用による直接的な解決は望めません。何が角質異常につながっているのかを特定するためにも、脂漏性脱毛症と同様に生活習慣を見直すことが必要になります。

円形脱毛症の対策

円形脱毛症になったら、原因のひとつと考えられるストレスについては、ため込まずに趣味の時間を作るようにしたり、運動をして発散したりとなるべくストレスを減らしていきましょう。
円形脱毛症は、「免疫細胞であるTリンパ球がなぜ毛根を攻撃するのか」というこの病気の最も重要な部分が謎のままで解明されていないため、明確な治療法は確立されておらず、根治が難しいとされています。

ですが、治療法が全くないわけではありません。皮膚科を受診した場合、日本皮膚科学会が定めた円形脱毛症のガイドラインにしたがって治療を受けることができます。治療法は発症した期間と脱毛している面積を考慮して決定されます。
狭い範囲しか脱毛が起きていない初期の段階では、ステロイドなど外用薬を使用した治療法や、セファランチンなどの内服薬を飲む治療を受けることができます。

ステロイドとは、人間の体で作られる副腎皮質ステロイドホルモンを人工的に合成したものです。アトピー治療やアレルギー治療に用いられ、過剰な免疫反応を抑える効果があるため、リンパ球が毛包を攻撃する過剰な免疫反応を抑えます。また、セファランチンは円形脱毛に効果があると日本皮膚科学会に認められている成分のひとつです(推奨度C1: 単発型および多発型の症例に併用療法のひとつとして用いてもよい、とされています)。
出典:日本皮膚科学会「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

 

その他、症状に応じて多くの治療法があるため、改善するためにも円形脱毛症を取り扱っているクリニックへ相談を検討しましょう。

脱毛症の人におすすめの育毛剤

脱毛症の治療を進めながら、同時にしておきたいのが育毛剤や薬用シャンプーなどによる育毛です。脱毛症になると髪が抜けるだけでなく弱っていくため、頭皮の環境を整えて髪が弱るのを食い止める必要があるからです。

育毛剤は脱毛症ごとに使い始めるタイミングが異なります。
分娩後脱毛症、びまん性脱毛症、牽引性脱毛症:症状が出始めてから
脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症、円形脱毛症:症状が緩和され始めてから

 

【おすすめの育毛剤】
スカルプD ボーテ エストロジー スカルプセラム

スカルプD ボーテ エストロジー スカルプセラム

通常価格:7,800円(税込)
有効成分:「グリチルリチン酸2K」「ヒノキチオール」「エチニルエストラジオール」
商品説明:育毛効果が認められている女性ホルモン成分「エチニルエストラジオール」が配合された薬用育毛剤です。女性ホルモンの低下による髪や頭皮トラブルにアプローチして、髪のハリやコシを取り戻します。高級感のあるフレッシュローズの華やかな香りも人気の秘訣です。

 

脱毛症に合った対策をしよう

ヘアケアグッズ

女性がかかる脱毛症には一過性のものもあれば、専門的な知識・薬がなければ治療は見込めないものもあります。

「脱毛症かもしれない」と不安になったならば、自分だけでなんとかしようとせず、まずは皮膚科や女性の薄毛に関して扱っている美容クリニック、女性の薄毛治療専門クリニックなどを頼ってください。

経過や症状によっては育毛剤や薬用シャンプーなどで頭皮環境を整えるのも有効です。弱った髪を元気にし、抜けにくい髪を作る一助となります。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!