抜け毛に関するお悩み 抜け毛に関するお悩み

抜け毛に関するお悩み

公開日:2018年5月25日

更新日:2019年2月5日

シャンプーボトル

シャンプーをしたときの抜け毛が増えた? 抜け毛の原因を徹底考察

シャンプーで気づく抜け毛の増加には、どんな原因があるのか確かめてみましょう。
髪を洗っていたら抜け毛が増えてきたと実感する人の中には、シャンプーの成分が原因だと考える人もいるかもしれません。ですが、実際にシャンプーの成分が合わなくて、あからさまに抜け毛が増えるということはほとんどありません。

シャンプーをした際に、抜け毛が起こるのは単に抜けかけている髪が、シャンプーをした際の刺激をきっかけに抜け落ちているだけにすぎせん。ただし、抜け毛の状態によっては髪がSOSを発している場合もあります。そこで抜け毛が起きる髪のしくみや、SOSを発している抜け毛の見分け方、その対策方法をご紹介します。

抜け毛とは

ブラシ

抜け毛というのは、髪のサイクルにおいて正常な過程のひとつです。個人差はありますが。成人男性なら1日あたりに50~100本ほど髪が抜けると言われています。また、抜け毛の量は季節にも左右され、春や秋などは1日に200~300本の抜け毛が起こります。

この正常な脱毛は自然脱毛と呼ばれ、ヘアサイクル(毛周期)という髪の成長周期に従っているものなので問題ありません。

ヘアサイクル

ヘアサイクルは、成長期・退行期・休止期と呼ばれる3つの期間に分類され、髪の毛穴の一つ一つが常にいずれかの状態にあります。

ヘアサイクル

・成長期…成長期は、4~6年ほどとされ、ヘアサイクルの中でも最も長い期間です。この期間中は次々と新しい髪が生えて成長する状態にあります。髪全体の約85~90%が、この成長期にあたります。

・退行期…退行期は、成長が終わり徐々に髪が衰え始める段階です。休止期に移る準備期間で、この退行期は2~3週間前後だといわれています。髪全体の1%が退行期に当てはまります。

・休止期…退行期で髪が抜ける準備を終えると、完全に活動を停止する休止期に移ります。この時期の髪は、少しの刺激で抵抗なく髪が抜けるようになっているので、ブラッシングやシャンプーをする際の刺激で簡単に抜けます。

これは再び成長期を迎えるにあたって、新しい髪の成長を妨げないようにするためです。この期間は2~3カ月程度といわれ、全体中、約10~20%が休止期にあたります。

一方で抜け毛の状態によっては、正常でない抜け毛も考えられます。次は抜け毛の状態を確認する際に注目するポイントを紹介します。

抜け毛の状態を確認しよう

鏡を見る男性

抜け毛は本数よりも状態を把握する方が重要になります。ヘアサイクルにのっとった正常な抜け毛と、薄毛になる可能性のある不自然な抜け毛の特徴を確認していきましょう。

正常な抜け毛

退行期や休止期を迎えた抜け毛には次のような特徴があります。

  • 毛根部分が白い
  • 毛根部分が膨らんでいる
  • 他の髪と比べて同じくらいの太さ
  • 毛先側の先端が尖っていない

不自然な抜け毛

正常でない抜け毛の特徴は次のようになります。

  • 毛根が膨らんでいない
  • 毛根の膨らみが太くて短い
  • 毛根が黒ずんでいる
  • 白い膜のようなものが付着している
  • 毛根らしき部分がない
  • 毛根の形状がおかしい

抜け毛の正確な状態を調べるなら、一度抜け毛を集めてみましょう。抜け毛全体の3割以上が不自然な抜け毛なら薄毛を発症している可能性があります。また不自然な抜け毛の状態によって、取るべき対策を変える必要があります。続いては、不自然な抜け毛が起こる大まかな原因を説明します。

不自然な抜け毛が起きる6つの原因

薄毛の進行にも医療機関での治療が必要なものと、それ以外の対策で改善できるものがあります。不自然な抜け毛を確認すれば、そのおおまかな判断ができるので次の項目を参考にしましょう。

薄毛治療の利用が必要な抜け毛

  • 毛根らしき部分がない…AGA(男性型脱毛症)の疑いがある
  • 毛根の形状がおかしい…円形脱毛症の疑いがある

治療以外の対策で改善できる抜け毛

毛根の膨らみが小さい…髪が充分に育っておらず栄養が不足している証拠
膨らみが太くて短い…頭皮が乾燥、硬くなっていて髪が成長しづらい
毛根が黒ずんでいる…ストレスによる血行不良の可能性がある
毛根に白い膜のようなものが付いている…過剰に分泌された皮脂が毛根に付着している

この項目はあくまで目安なので、当てはまる特徴を持っているからといって、それだけが抜け毛の原因とは限りません。では具体的にどのような対策をしたらいいのでしょうか?

不自然な抜け毛の対策方法

ヘアサイクルによる正常な抜け毛は問題ありませんが、そうでない場合は的確な対策をとる必要があります。抜け毛の原因に応じて、次のような対策を実践しましょう。

まずはカウンセリングを受ける

抜け毛が起こる原因はひとつだけじゃなく、様々な要素が複雑に絡まっている場合もあります。そうすると自分だけで実践する抜け毛予防にも限界があります。自分の髪の現状を正確に把握するためにも、まずは医療機関などで専門家の診断を受けてみましょう。

抜け毛の原因を客観的に検査する髪のプロだからこそ、診断結果にも信憑性があります。治療を受けるか、自分でできる抜け毛対策のみを実践するかにかかわらず、はじめに専門家の頭髪診断を利用することをおすすめします。

食生活を振り返る

食事は身体の栄養を補給する大切な行為です。当然、食事の栄養バランスによって髪の成長も左右されます。和食中心の食生活をベースにして、肉類より魚や野菜を積極的に食べるように心がけましょう。抜け毛を抑える食生活に大切なのは、栄養の偏りをなくすことです。

シャンプーを見直す

シャンプーのやり方が間違っている場合は、余計に抜け毛を招いてしまう場合があります。シャンプーをする際は、頭皮に付ける前にシャンプー剤を良く泡立てて使います。また爪を立ててゴシゴシと頭皮傷つける洗い方はご法度です。髪は自然乾燥させないで、ドライヤーできちんと乾かしましょう。

また、シャンプーの洗浄力との相性が悪い場合もあります。そういった場合は、シャンプー剤を見直して自分に適したものに変えてみましょう。

ストレスをため込まない

過剰なストレスをため込むと、身体に様々な不調が現れます。その不調も抜け毛の原因と深くかかわっているので、ストレスをため込まないように、自分なりのストレス発散を心がけましょう。

具体的なストレスの対処法として、コーピング・ストラテジーといった戦略もあります。この戦略はストレスの原因と向き合う問題焦点型、気晴らしをしてストレスの原因を意識から外す情動焦点型に分類されます。どちらが適しているのか客観的に判断して、ストレスとうまく付き合っていきましょう。不自然な抜け毛を防ぐためには、余計なストレスをため込まないという意識も大切です。

抜け毛が増えても焦らず冷静に

シャンプーをする際に、抜け毛が増えたからといってむやみに焦る必要はありません。季節の移り変わりが関係していることもあれば、ヘアサイクルの関係で自然と抜け毛が増えることも充分あり得ます。抜け毛を見るときに注目するのは量ではなく状態です。

髪の太さや毛根の形状などのチェック項目を参考に、自分の抜け毛を確かめてみましょう。もし、不自然な抜け毛に当てはまるようなら、なんらかの対策をする必要があるかもしれません。抜け毛の状態に確信が持てないなら、一度頭髪診断で客観的に髪の状態を診察してもらうことをおすすめします。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。