ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年4月25日

更新日: 2019年4月26日

薄毛に「ミノキシジル」と「プロペシア」。ふたつの違いは何?

薄毛に「ミノキシジル」と「プロペシア」。ふたつの違いは何?

薄毛治療にミノキシジルとプロペシアの併用はOK?

薄毛治療について検索しているとよく出てくるのがプロペシアとミノキシジルという言葉。
2つはどんなふうに違うのか、きちんと理解していますか?
作用機序も違えば、もたらされる効果も違います。
すでに知られたプロペシアとミノキシジルですが、だからこそ人には聞けない、薄毛治療の基本の「き」を説明します。

    (このコラムのポイント)
  • AGA発症のメカニズム
  • ミノキシジルとは
  • プロペシアとは
  • どちらが薄毛治療にベストな薬?
  • プロペシアとミノキシジルの併用は可能?
  • まずはミノキシジル外用薬から入るのも悪くない
  • プロペシアとミノキシジル、作用が違うから併用もアリ

AGA治療薬の中で知名度の高い「プロペシア」と「ミノキシジル」

薄毛に悩み、AGA治療について調べたことのある人なら(そして今このコラムを読んでくださっている人なら)、「プロペシア」「ミノキシジル」という言葉は何度か目にしたことがあるでしょう。
そして、どちらも、薄毛治療薬であることは漠然とお分かりかと思います。

ミノキシジルとプロペシアは、どちらも確かにAGA治療において大きな効果をもたらす薬です。
しかし、その作用のメカニズムは全然違います。そして当然もたらされる効果も違います。

この2つの違いをきちんと理解し、正しい選択でAGA治療に臨んでください。

薄毛には「プロペシア」と「ミノキシジル」(1)/ AGAの発症する原因とメカニズム

AGA(男性型脱毛症)は、実に成人男性の3人に1人が悩んでいるというくらい、多くの人が悩まされている症状です。

ヘアサイクルについて

私たちの髪の毛には、ヘアサイクルという周期があります。

成長期(髪が太く長く成長する)
⇒退行期(髪が成長を止める)
⇒休止期(髪が抜け、毛根では次の髪が生えるのを待っている)
⇒再び成長期へ

1サイクルはおよそ2~6年とされており、このサイクルのリズムで髪の毛は生え変わっています。
約10万本あると言われる成人の髪の毛、1本1本にヘアサイクルがあるため、通常でも1日100本程度の抜け毛(自然脱毛)は、特別異常なことではありません。

AGAを発症すると、このヘアサイクルが乱れます
。 通常、ヘアサイクルの中で一番長期間あるはずの成長期が短くなり、数ヶ月~1年程度になり、本来ならもっと成長するはずの髪の毛が、早々に抜けてしまうのです。そして次に生えてきた髪の毛もまた早々に抜けてしまいます。
成長途中の髪が抜けるのですから、抜けている毛は短く細い毛であることが大半です。

そして反対に休止期は長くなります。
毛根が休眠状態になって、細胞分裂を行わない期間が長くなるのです。

この悪い循環で、頭髪はどんどん薄くなります。これが「薄毛」と言われる状態です。

AGAが発症する原因

ヘアサイクルが乱れる「AGA」、そもそもの発症原因は何でしょう。

男性ホルモンの1つ「テストステロン」が体内の「5αリダクターゼ」という分解酵素によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」を生成、DHTが毛母細胞の男性ホルモン受容体と結合することで、髪の成長を阻害する指示が出され、薄毛や抜け毛が促進されます。

サラッと読むと、男性ホルモンが悪いのかと思いがちですが、そうではありません。
男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることが問題なのです。
とはいえ、この5αリダクターゼという分解酵素もDHT(ジヒドロテストステロン)も、人体に必要な酵素ですから仕方ありません。

DHTから髪の成長を阻害する指示が出ることで抜け毛が増え、成長期が短くなります。
こうしてAGAは進行していくのです。

薄毛には「プロペシア」と「ミノキシジル」(2)/ ミノキシジルとは

薄毛には「プロペシア」と「ミノキシジル」(2)/ ミノキシジルとは

髪の毛は、毛乳頭細胞が毛細血管から栄養や酸素を取り入れ、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長します。
ヘアサイクルが乱れた状態というのは、毛母細胞が細胞分裂をお休みしている期間が長くなっています。

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂やたんぱく質の合成を促進することで、乱れたヘアサイクルを正常化へと導き、以下のような作用をします。

    ミノキシジルの働き
  • 休止期の毛根を成長期へと移行させる
  • 成長期の期間を長く維持する
  • 委縮していた毛包を大きくする

これによって発毛実現を促進するのです。
これがミノキシジルの発毛作用です。

ミノキシジルについては、こちらにさらに詳細な説明があります。ぜひご一読ください。

ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに

また、ミノキシジルは発毛に大きな効果をもたらす半面、副作用のリスクも伴います。
ミノキシジルの副作用については、こちらをお読みいただけるとよく分かります。

AGA治療薬『ミノキシジル』の気になるさまざまな副作用とその対策について

薄毛には「プロペシア」と「ミノキシジル」(3)/ プロペシアとは

ミノキシジルは発毛に有効な成分の名前です。
一方のプロペシアは、AGA治療薬として広く使用されている製品の名前(商品名)です。
含まれている有効成分は「フィナステリド」(一般名称)と言います。

プロペシア(フィナステリド)は、2型5αリダクターゼを阻害して、男性ホルモン・テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを抑制します。
もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
しかし、使用者に脱毛抑制の傾向が見られたことから、AGA治療薬としての研究・開発が進められ、米国・FDAでは1997年に、日本の厚生労働省では2005年に、AGA治療薬として承認されました。
脱毛の抑制、AGAの進行遅延に効果があるとされています。

プロペシア(フィナステリド)は、男性ホルモンに作用する薬です。女性が服用しても効果がみられないことと、妊娠中の女性や授乳中の女性が服用すると、胎盤と母乳を通じて移行して胎児や乳児にも副作用が出る恐れがあることから、女性への投与は認められていません。
薄毛という悩みを抱えている女性は、別の方法で治療しましょう(ミノキシジルは大丈夫です、ご安心を)。

薄毛には「プロペシア」と「ミノキシジル」(4)/ ミノキシジルは「発毛剤」、プロペシアは「育毛剤」

ミノキシジルは、発毛成分として厚生労働省にも承認されています。
一方のフィナステリドは、発毛成分としてではなく、抜け毛抑制、薄毛進行予防の成分としての位置づけとなっています。

ミノキシジル製剤は発毛剤、フィナステリド製剤は進行予防ということですね。
発毛剤というのは、発毛効果が認められたもの、進行予防はDHT生成阻害効果が認められたもの、という違いがあります。
どちらが発毛に威力を発揮するかはお分かりですね。

しかし、薄毛治療において、進行を遅らせ、薄毛の進行を抑制するのも大事なことです。

薄毛には「プロペシア」と「ミノキシジル」(5)/ 薄毛治療にベストな薬はどちら?

ミノキシジルとプロペシア、どちらがAGA治療にベストか、というのは実に難しい質問です。
なぜなら、メカニズムが違うため、どちらがいい、と簡単に言えるものではないからです。

ミノキシジルは発毛実現を促進します。 「発毛」に直接働きかける作用があるのは、現在のところ一般用医薬品ではミノキシジルだけです。
一方のプロペシアは、AGAの発症原因となっている酵素の作用を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することによって脱毛を抑制、「薄毛進行」防止に作用するわけです。

「抜け毛を減らしたい」「これ以上抜けてほしくない」
「生えてきてほしい」
2つの薬剤は、叶えられる望みが違うのです。

まずは自分がどうしたいかをよく考えてみてください。

現在のAGA治療の現場では、ミノキシジルとフィナステリドの両方を使って治療をする人はとても多いと思われます。
しかし、それぞれ既往歴や持病などによって使用できない人もありますから、そこは発毛治療専門クリニックで相談するのが良いでしょう。

ミノキシジルとプロペシアの併用については、こちらも参考になると思います。

・< a href="https://www.hairdoctor-men.com/minoxidil/104961/">ふたつのAGA治療薬、プロペシアとミノキシジルの違いとは?

まず外用薬で試すのもアリ

プロペシアに代表される、フィナステリドを主成分とする薬品は医療用医薬品のため、薬局やドラッグストアなどでは市販されていません。
もし、AGA治療に用いたいということであれば、クリニックで処方してもらわなければなりません。

ミノキシジルは、内服薬は市販されていませんが、ミノキシジル外用薬は、OTC医薬品の第一類医薬品に分類されています。
店頭で薬剤師の書面による説明を受けなければ購入できませんが、ドラッグストアでの購入はできるので、こちらの方が治療に使用するには敷居が低いですね。

ミノキシジル外用薬を使用する上でのメリットの1つは、ドラッグストアで購入して自分で使用できることでしょう。

特に発毛治療を行っているクリニックが近くにない人や、なかなか行く時間がない人にとっては、ありがたいことだと思います。
また、メーカーのサポート、購入した薬局の薬剤師によるサポートもありますから、不安なことがあったら相談できるのもいいですね。

クリニックに行くのはちょっと抵抗があるけど、薄毛はどうにかしたい。
そんな人はまず外用薬で試してみるのもおススメです。
ただ、前に説明した通り、ミノキシジルはヘアサイクルを正常化させていく働きがあります。

数ヶ月、数年単位で乱れているヘアサイクルを、数週間で戻したい、などと乱暴なことは思わないでくださいね。
ある程度の期間をかけて治療する心構えだけはしっかりと。

まず外用薬で試すのもアリ

(まとめ)

違いをしっかり理解して。併用も大丈夫

ミノキシジルは発毛を促進する作用。そしてプロペシアは脱毛を抑制する作用。
AGA治療において、どちらも大切な位置づけですが、作用はそれぞれ違います。
どの薬を使って治療するのか、或いは併用するのかは、本人の希望と医師の判断によります。

作用するメカニズムが違う薬なので、併用しても特に問題はありません。
併用すれば2倍の速さで治療が進むというものではありませんが、抜け毛を防ぎながら発毛を促進するのが、薄毛治療には一番効果的ですね。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!