ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年4月18日

更新日: 2019年4月23日

「ミノキシジルの医療用医薬品」とは何?その効果や入手法について

「ミノキシジルの医療用医薬品」とは何?その効果や入手法について

医療用医薬品のミノキシジルはクリニック処方が原則

「医療用医薬品のミノキシジルとは?」ミノキシジルの中でも「医療用医薬品」に分類されるタイプのものがあります。
それは、一般用医薬品のミノキシジルとはどのような違いがあるのでしょうか?
医療用医薬品のミノキシジルを入手するには、どうすればいいのでしょうか?
ここでは、医療用医薬品のミノキシジルについて、詳しく解説します。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルの“医療用医薬品”について
  • ミノキシジルについて
  • 医薬品の分類について
  • 医療用医薬品について
  • 医療用医薬品のミノキシジルについて

ミノキシジルの“医療用医薬品”って何?

AGA(男性型脱毛症)治療薬として定評のある「ミノキシジル」。
市販のミノキシジル外用薬は薬局やドラッグストアで購入できることもあり、AGA治療のファースト・ステップとしてミノキシジル外用薬をチョイスする人も多いようです。

そのミノキシジルに、「医療用医薬品のミノキシジル」があることをご存じですか?

「医療用医薬品のミノキシジル」と、市販のミノキシジル外用薬との違い、発毛効果、入手方法など、「医療用医薬品のミノキシジル」について、詳しく解説しましょう。

「医療用医薬品のミノキシジル」の解説の前に(1)/ミノキシジルとは?

「医療用医薬品のミノキシジル」の解説をする前に、まずミノキシジルについておさらいをしておきましょう。

2種類のミノキシジル「内服薬」と「外用薬」

ミノキシジルを大きく分けると、飲み薬の「ミノキシジル内服薬」と、塗り薬の「ミノキシジル外用薬」の2種類があります。

ミノキシジル内服薬は、ネットの情報などでは“ミノタブ”と呼ばれることもありますが、これは「ミノキシジル・タブレット(錠剤)」を略したものです。
ミノキシジル内服薬は、米国をはじめとする海外で高血圧症治療薬として承認されている医薬品です。

一方、“塗りミノ”とも呼ばれるミノキシジル外用薬は、日本でもAGA治療薬として承認されています。
このミノキシジル外用薬は、使用者の約98%に発毛効果か確認されたという研究データもあり、日本皮膚科学会も「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」で、AGA治療薬としてもっとも推奨度の高い治療法であると述べているほどです。

なお、ミノキシジルについては下記に詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

AGA治療薬「ミノキシジル」とは?
ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに
AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について
ミノキシジルって本当に効果がある? 使い始めて効果が出るまでの期間はどのくらい?
ミノキシジルの効果って「育毛?」「発毛?」それとも両方?

「医療用医薬品のミノキシジル」の解説の前に(2)/医療用医薬品とは?

「医療用医薬品のミノキシジル」の解説をする前に、「医薬品」の分類について確認をしておきましょう。

薬事の基本法である“薬機法”

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という法律、略称「薬機法」をご存じでしょうか?
かつては「薬事法」と呼ばれる法律がありましたが、2016(平成28)年に改正されて「薬機法」になりました。

医薬品や医薬部外品・化粧品などの定義や、その製造・販売の認可などについては、この薬機法で定められています。

<医薬品・医薬部外品・化粧品の分類>
医薬品:人や動物の疾患の診断・治療・予防を行うために与える薬品など。
医薬部外品:吐き気などの不快感・口臭・体臭の防止、あせも・ただれなどの防止、脱毛の防止、育毛・除毛などのためのもので、作用が緩和なもの。
化粧品:身体を清潔にし、見た目を美しくしたり容貌を整えたり、皮膚や毛髪を健やかに保つために身体に塗布・散布するもので、人体に対する作用が緩和なもの。

ちなみに、「ミノキシジル外用薬」は“発毛剤”なので「医薬品」に分類されますが、“育毛剤”と称されるものは医薬部外品や化粧品に分類されます。

(参照|医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

“医薬品”の分類は?

さて、「医薬品」は、さらに下記のように細かく分類されます。

<医薬品の分類>
医療用医薬品:医師・歯科医師によって使用されたり、医師・歯科医師の処方箋や指示によって使用されることを目的として供給される医薬品。
要指導医薬品:医療用医薬品から一般用医薬品に移行して一定期間を経ていないものや、毒薬・劇薬のうちその効能・効果において人体に対する作用が著しくないもので、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの。
一般用医薬品:医薬品のうち、医療用医薬品・要指導医薬品以外のもの。一般の人が薬局などで購入して、自らの判断で使用する医薬品で、通常、安全性が確保できる成分の配合によるものが多い。そのリスクによって第1類~第3類に分類される。

(参照)厚生労働省
医療用医薬品と一般用医薬品の比較について
要指導医薬品の指定の概要

医薬品の入手時の条件は?

医薬品は、その分類によって入手に必要な条件が異なります。

医療用医薬品には、医師などの処方箋が必要です。つまり、医療機関を受診して、医師の診察を受けることが前提となります。

要指導医薬品や一般用医薬品には処方箋が必要ないため、使用する人が直接、薬局やドラッグストアで購入することができます。
ただし、要指導医薬品と一般用医薬品の第1類医薬品に関しては、薬剤師による対面販売が義務づけられています。

また、一般用医薬品は、許可を受けた薬局などが運営するウェブサイトなどを通じて通販で購入することができますが、要指導医薬品の通販は認められていません。

<医薬品入手時の条件など>

分類 医療用医薬品 要指導医薬品 一般医薬品
第1類 第2類 第3類
処方箋 必要 不要 不要 不要 不要
対面販売 必要 必要 必要 不要 不要
通販 不可 不可 可能 可能 可能

(参照|厚生労働省 医薬食品局 総務課「一般用医薬品のインターネット販売について(2014年2月)」)

医療用医薬品のミノキシジルとは?

さて、医薬品の分類について理解したうえで、「医療用医薬品のミノキシジル」とは何か、確認してみましょう。

日本で市販されているミノキシジル外用薬は、一般用医薬品の第1類医薬品に分類されています。
では、「医療用医薬品のミノキシジル」に分類されるのは何でしょうか?

ミノキシジル内服薬は医療用医薬品!

まず、挙げられるのは「ミノキシジル内服薬」です。
ミノキシジル内服薬は、先の述べたとおり海外で承認された医薬品ですが、これは「医療用医薬品」に分類されます。

ミノキシジル内服薬を日本で入手するには、ミノキシジル内服薬を取り扱っているAGA専門クリニックなどで処方してもらうか、あるいは個人輸入で海外から入手するしかありません。

なお、個人輸入にはさまざまなリスクがあることを、知っておいた方がよいでしょう。
個人輸入のリスクについては、下記に詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

AGA治療薬「ミノキシジル」の安心・安全な購入方法と注意点

クリニックのオリジナル処方のミノキシジルも

海外製のミノキシジル内服薬以外にも、「医療用医薬品のミノキシジル」があります。
それが、AGA専門クリニックなどで処方された、“院内製剤”のミノキシジル製剤です。
“院内製剤”とは、「薬機法」で製造・販売が承認された医薬品だけでは最適な治療を施すことができない場合に、医療機関内の薬剤師によって調製した製剤のことです。

たとえば、クリニックによっては、独自に調合した「ミノキシジルゲル」などを処方している場合もあるようです。

医療用医薬品のミノキシジルの発毛効果は?

医療用医薬品のミノキシジルは、市販のミノキシジル外用薬に比べて発毛効果が高いのでしょうか?

ミノキシジル外用薬は「一般用医薬品」に分類されています。
「医療用医薬品」は、なんとなく「一般用医薬品」よりも効果がありそうな気がしますが、実際はどうなのでしょうか?

たしかに「一般用医薬品」に比べて、「医療用医薬品」の方が作用の強いことの方が多いかもしれません。
しかし、この両者の区分で問題になるのは、作用の強さよりも副作用のリスクや使用上の管理の難しさです。
使用者自身が判断して使用できるものでなければ、「一般用医薬品」には指定されないのです。

では、発毛効果について、比較した場合はどうでしょうか?

じつは、ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬の発毛効果を比較した研究データは、ないようです。
したがって、客観的に比較することはできません。しかし、AGA専門クリニックの医師たちは、臨床上の経験で判断して、効果のありそうな人たちにミノキシジル内服薬を処方しているようです。

どのタイプのミノキシジルを選択するのか?

さて、あなたがAGA治療を行う場合、どのタイプのミノキシジルを選択すればいいのでしょうか?

最初に試すなら、ハードル低めのミノキシジル外用薬がおすすめ

第1選択肢は、やはり市販のミノキシジル外用薬でしょう。
ミノキシジル外用薬は薬局やドラッグストアで購入でき、またウェブサイトでの通販も可能なので、最初のハードルが低く、とっつきやすいでしょう。
しかも、購入時には薬剤師との対面販売(通販ではメールなどによるやりとり)での情報提供が義務づけられていますから、正しい使用法を的確に知ることができます。

もう一歩踏み出すなら、AGAの専門クリニック受診も検討を

そのうえで、やはりもうワンランク上の治療を望む場合は、AGA専門クリニックを受診してはいかがでしょうか?
AGA専門クリニックを受診したすべての人に、医療用医薬品のミノキシジルが処方されるとは限りません。
しかし、仮にそうであったとしても、診察したうえであなたにできるだけフィットした治療が行われるはずです。

医療用医薬品は、医師の診察・指導を受けて使用しましょう

くれぐれも気をつけたいのは、自己判断で、個人輸入などで入手した医療用医薬品のミノキシジルを使用することです。
先にも述べましたが、医療用医薬品は、リスク管理が必要です。正しい知識を身につけて、賢いAGA治療を選択したいものです。

どのタイプのミノキシジルを選択するのか?

【まとめ】

AGA治療薬として定評のある「ミノキシジル」。
そのかなでも「医療用医薬品のミノキシジル」について、ご理解いただけたでしょうか。

ミノキシジル内服薬などの「医療用医薬品」に分類されるミノキシジルは、原則としてクリニックで処方されるものです。
一般用医薬品に分類されるミノキシジル外用薬に比べると、その管理(使用法)には専門的知識が必要で、用法用量などを間違えると、副作用のリスク回避も難しくなります。

個人輸入などで入手したミノキシジル内服薬を、自己判断で服用するようなことは控えた方が無難でしょう。
薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!