ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年4月9日

更新日: 2019年4月19日

「ミノキシジルゲル」は医療現場と研究機関の共同開発/前頭部でも垂れない!

「ミノキシジルゲル」は医療現場と研究機関の共同開発/前頭部でも垂れない!

ミノキシジルを主成分とするゲル剤はAGAクリニックでのみ処方

「“ミノキシジルゲル”って何?」市販のミノキシジル外用薬はローション剤です。しかし、ゲル剤の「ミノキシジルゲル」が開発され、AGA専門クリニックで処方されています。この「ミノキシジルゲル」の特徴や入手方法について解説します。

    (このコラムのポイント)
  • 「ミノキシジルゲル」について
  • ミノキシジルの基礎知識について
  • 外用薬の種類について
  • 「ゲル剤」について
  • 「ミノキシジルゲル」の開発について
  • 「ミノキシジルゲル」の入手方法について

「ミノキシジルゲル」を知っていますか!?

「ミノキシジル」といえば、AGA(男性型脱毛症)治療薬の代名詞ともいわれるほど、その知名度は高いものです。

では、質問です。
あなたは「ミノキシジルゲル」という名前を、聞いたことがありますか?
“ミノキシジル・タブレット(ミノタブ)”や“ミノキシジル・ローション(塗りミノ)”についてよくご存じの人でも、「ミノキシジルゲルなんて聞いたことがない」と思われるのではないでしょうか。

さて、「ミノキシジルゲル」とは何なのか解説していきましょう。

ミノキシジルの基礎知識

「ミノキシジルゲル」の解説の前に、ミノキシジルの基礎知識について復習しておきましょう。

「ミノキシジル」とは医薬品の商品名ではなく、製薬・医薬用語で“一般名”といわれるもの、つまり成分の名称です。
ミノキシジルを主成分とする医薬品には、大きく分けて「内服薬(飲み薬)」と「外用薬(塗り薬)」とがあります。

ミノキシジル内服薬は、ミノキシジル・タブレット(錠剤)を略して“ミノタブ”と、ミノキシジル外用薬は“塗りミノ”などと呼ばれることもあります。

ミノキシジル外用薬は約98%の人に発毛効果が

ミノキシジルは、毛乳頭細胞や毛母細胞に直接作用して、AGAによって乱れていたヘアサイクルを改善することで発毛を促し、毛髪の本数を増やすだけでなく、毛髪1本1本を長く、太く育てる作用があることが分かっています。

ミノキシジル外用薬を長期間使用した場合の効果を研究したデータによると、1年間で使用者の約98%に発毛効果が確認されています。

ミノキシジルについては、こちらの記事にも詳しく書かれています。ご興味のある方はこちらもあわせてお読みください。
ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに
AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について
ミノキシジルって本当に効果がある? 使い始めて効果が出るまでの期間はどのくらい?

ミノキシジルの「ゲル」とは?

市販のミノキシジル外用薬は“ローション剤”

ミノキシジル外用薬は、日本でもAGA治療薬として厚生労働省の承認を受けた医薬品が製造・販売されています。
このミノキシジル外用薬は、薬局やドラッグストアで購入することができる「一般用医薬品」に分類されるもので、“剤形”は「ローション剤」です。

“剤形”とは医薬品を、投与経路や適応部位、製剤の形状・機能・特性などから分類する方法で、医薬品の規格基準書である「日本薬局方」の中の「製剤総則」の章で細かく定められています。

「ローション剤」とは、皮膚に適応する液状の製剤である「外用液剤」のうち、有効成分を“水性の液に溶解または乳化もしくは微細に分散させた外用液”のことです。

では、「ミノキシジルゲル」は、どんな“剤形”なのでしょうか?

皮膚に塗る薬いろいろ

日本薬局方の「製剤総則」によると、皮膚に塗る薬にもいろいろな剤形があることが分かります。
先に挙げたローション剤を含む「外用液剤」のほかに、「外用固形剤」「スプレー剤」「軟膏剤」「クリーム剤」「貼付剤(ちょうふざい)」、そして「ゲル剤」などがあります。
ローション剤が液状なのに対し、軟膏剤やクリーム剤は半固形で、ゲル剤は“ゲル状”なのが特徴です。
主成分が同じでも、剤形が変わると吸収や効果に差がみられたり、塗り心地や刺激性、保湿・乾燥性などに違いがあります。

<皮膚などに適用する製剤(一部)>

剤形 概要
外用液剤 皮膚・爪に塗布する液状の製剤。
リニメント剤 液状・泥状の外用液剤。
ローション剤 有効成分を水性の液に溶解・乳化・微細に分散させた外用薬。
軟膏剤 皮膚に塗布する、有効成分を基剤に溶解または分散させた半固形の製剤。油脂性軟膏剤と水溶性軟膏剤がある。
クリーム剤 皮膚に塗布する、水中油型または油中水型に乳化した半固形の製剤。
ゲル剤 皮膚に塗布するゲル状の製剤。水性ゲル剤と油性ゲル剤がある。
第十七改正 日本薬局方|製剤総則「11. 皮膚などに適用する製剤」をもとに作成)

(参照:マルホ 基礎からわかる外用剤

ゲル剤とは?

日本薬局方には、「ゲル剤は、皮膚に塗布するゲル状の製剤である」と定義されています。

ゲル剤の「ゲル」とは
では、「ゲル状」「ゲル剤」の「ゲル」とはどのようなものを指す言葉でしょうか。
もしかしたら、高校の化学の授業で習ったような記憶が残っている方も、中にはいらっしゃるかもしれませんが…。

微細な粒子が媒体中に分散している状態を、“コロイド(膠質=こうしつ)”といいます。
気体を分散媒とするものを“エアゾル”、液体を分散媒とするものを“ゾル(コロイド溶液)”と呼びます。
このゾルがゼリー状に固化したものを、“ゲル”と呼びます。

つまり、ゼリー状の基剤に、主成分が分散している薬剤が“ゲル剤”です。
ゲル剤は、皮膚に塗ると体温で半液体状になって周囲に広がる性質があります。
(媒体・分散媒=溶かされているものを受け入れる気体や液体など)

(参照)
管理薬剤師.com|基剤の種類と特徴
慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト|ぬり薬
コトバンク|コロイド

大学との共同開発で誕生した“ミノキシジルゲル”

“ミノキシジルゲル”は、その名の通り、ミノキシジルを主成分とするゲル剤のことです。

このミノキシジルゲルは、NPO法人F.M.L.(Future Medical Laboratory=近未来医療研究会)と聖マリアンナ医科大学との共同開発で生まれた、医療用医薬品です。

市販されているミノキシジル外用薬は、前述の通りローション剤です。ミノキシジルの発毛効果を得るにはこの剤形でも問題はありませんが、「塗ったときに垂れやすい」という欠点があります。
頭頂部などではさほど気にならないかもしれませんが、前頭部では、ミノキシジル外用薬が垂れて額に流れたり、目に入ることもあります。

そこで、塗布部から流れないように、粘度の高いゲル剤として製剤したのがミノキシジルゲルなのです。

市販品より高濃度のミノキシジル7%

しかしミノキシジルは水に溶けにくく、不安定な物質です。
保存性を高めるためにビタミンなどを添加すると色が着いたり、基剤によっては乾燥したときに乾燥すると白い粉を吹いたりと、開発は難航したようです。

ミノキシジルが溶ける溶媒に、塗布後にすっきり乾燥して、肌になじみやすい成分を加えるなどして、2009年にようやく完成。
今までになかったミノキシジルを主成分とするゲル剤が、この“ミノキシジルゲル”です。

市販のミノキシジル外用薬(ローション剤)は、ミノキシジルの含有量が1~5%であるのに対し、このミノキシジルゲルの濃度は7%と、より高濃度であることも特徴の1つです。

「ミノキシジルゲル(7%)」の特徴

  • 塗ったときに垂れにくい
  • 市販のミノキシジル外用薬より高濃度である
  • 塗布後にすっきり乾燥し、肌になじみやすい

(参照)
HAIR MEDICAL
ミノキシジルゲル開発
ミノキシジルゲル開発にあたり
世界初『ミノキシジルゲル』を国内の医療機関で初めて導入!

ミノキシジルゲルを入手するには?

このミノキシジルゲルを使用したい場合、どのようにしたら入手できるのでしょうか?

ミノキシジルゲルは、厚生労働省の認可を受けて製造・販売されているものではなく、「院内製剤」として処方されているものです。

「院内製剤」とは、「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」で製造・販売が承認された医薬品だけでは最適な治療を施すことができない場合に、医療機関内の薬剤師によって調製した製剤のことです。
つまり、ミノキシジルゲルは、F.M.L.のオリジナル製剤なのです。

したがって、ミノキシジルゲルは、F.M.L.の関連医療施設“ヘアメディカルグループ”でのみ処方されています。
もし、ミノキシジルゲルでの治療を希望する場合は、ヘアメディカルグループのクリニックを受診して、担当の医師に相談してください(すべての人にミノキシジルゲルが有効であるわけではありません)。

◎F.M.L.の関連医療施設
【東京】
メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック)
ウィメンズヘルスクリニック東京(旧:AACクリニック銀座)

【名古屋】
AACクリニック名古屋

【大阪】
脇坂クリニック大阪
脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪

【福岡】
城西クリニック福岡

ミノキシジルの入門は市販品から

「ミノキシジルゲルには興味があるけど、クリニックへ通うのはちょっと…」という場合は、まず、市販のミノキシジル外用薬(ローション剤)を試してみてはいかがでしょうか?

前述の通り、市販のミノキシジル外用薬は一般用医薬品なので、医師の処方箋は必要ありません。
薬局やドラッグストアなどでも購入できますし、許可を受けた薬局などが運営するウェブサイトから通販で購入することもできますから、近くにAGA専門クリニックがない場合や、通院時間の都合がつかない人でも利用できるでしょう。
最近では、割安なセット販売の商品も売り出されているので、長期的に使用する場合にもよいかもしれません。

AGA治療は長い道のりです。
しかし、あきらめずに、正しい方法で治療をすれば、発毛効果が期待できることも事実です。
賢いAGA治療法を選択して、明るい未来をあなたのものにしてください。

ミノキシジルの入門は市販品から

【まとめ】

発毛効果が承認されている「ミノキシジル」。
そのミノキシジルを主成分としたオリジナルの院内製剤「ミノキシジルゲル」について、ご理解いただけたでしょうか。
ミノキシジルゲルは、F.M.L.の関連医療施設“ヘアメディカルグループ”でのみ処方されています。
いますぐクリニックへの受診ができない場合は、市販のミノキシジル外用薬からはじめるのも1つの選択肢でしょう。
薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!