ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年4月8日

更新日: 2019年4月8日

「10mg」のミノキシジルとは何か?ミノキシジル10mgのすべての情報がここに

「10mg」のミノキシジルとは何か?ミノキシジル10mgのすべての情報がここに

 

ミノキシジル内服薬「10mg錠」の飲み方や副作用を知って、賢いAGA治療を!

「ミノキシジルの10mgの情報を知りたい」ミノキシジル内服薬には、ミノキシジルの含有量によって「2.5mg」「5mg」「10mg」の3種類があります。つまり、「ミノキシジル10mg」とは、1錠あたりのミノキシジル含有量が10mgの錠剤のことです。ミノキシジル10mg錠の特徴や飲み方、副作用、入手方法などの情報を解説します。

    (このコラムのポイント)
  • 「ミノキシジル/10mg」について
  • ミノキシジルについて
  • ミノキシジル内服薬の含有量について
  • ミノキシジル10mg錠について
  • ミノキシジル内服薬の飲み方について
  • ミノキシジル内服薬の摂取量について
  • ミノキシジル内服薬の副作用について

ミノキシジルには“10mg”がある!?「ミノキシジル/10mg」の情報を総括

AGA(男性型脱毛症)に効果があるといわれる「ミノキシジル」。
「ミノキシジル」は、AGA治療に関連してもっとも検索されているキーワードでもあります。

さて、ミノキシジルに関連するキーワードで注目されている単語に、「10mg」があります。

「ミノキシジル」と「10mg」にどんな関係があるのでしょか?
この「10mg」とは、何の数値なのでしょうか?
そして、「10mg」のミノキシジルはAGAにどんな効果があるのでしょうか?

「ミノキシジル/10mg」に関する情報を総括します。

ミノキシジルとは?

もしかすると勘違いしている方もいるかもしれませんが、「ミノキシジル」とは薬の商品名ではありません。
では、何だと思いますか?
「ミノキシジル」とは、専門用語いうところの医薬品の「一般名」、つまり“成分の名称”なのです。

外用薬と内服薬があるミノキシジル

「ミノキシジル」を主成分とする医薬品には、大きく分けて2タイプあります。

1つは、「ミノキシジル外用薬」。
もう1つが「ミノキシジル内服薬」。

「ミノキシジル外用薬」は塗り薬で、通の方々からは“塗りミノ”などと呼ばれています。ローションタイプやフォーム(ムース)タイプの製品が一般的です。

「ミノキシジル内服薬」は錠剤タイプの飲み薬で、“飲みタブ”とか、ミノキシジル・タブレット(錠剤)を略して“ミノタブ”などと呼ばれています。

なお、ミノキシジルについての詳しい記事は、下記にもあります。ぜひ、ご覧ください。

AGA治療薬「ミノキシジル」とは?
「ミノキシジルって何?」発毛効果、副作用、購入、使用方法などの基本情報を集めました

「10mg」があるのはミノキシジル内服薬

さて、ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬。「10mg」に関連があるのは、どちらでしょうか?

答えはミノキシジル内服薬(ミノタブ)の方です。

「10mg」とは、「ミノキシジル内服薬1錠あたりのミノキシジル含有量」の数値です。このミノキシジル内服薬を1錠飲めばミノキシジル成分10mgが、2錠飲めば20mgが摂取できることになります。

なお、ミノキシジル外用薬にも、製品によってミノキシジルの含有量に違いがあるものもありますが、こちらは濃度で表示されます。
つまり、「ミノキシジル外用薬5%」とか、「ミノキシジル外用薬2%」などと表記されます。

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)「2.5mg/5mg/0mg」含有量の違いは?飲み方は?

ところで、ミノキシジル内服薬には、10mgの製品しかないのでしょうか?

ミノキシジル内服薬は、日本国内では製造・販売されていませんが、米国をはじめ数か国でつくられています。

ミノキシジル内服薬の先発医薬品は、「LONITEN(ロニテン)」という製品名です。

米国やカナダで流通しているロニテンには、ミノキシジル含有量が2.5mgのものと10mgのものがあります。また英国では、この2つに加えて5mg錠もあります。
この「2.5mg」「5mg」「10mg」の3つのタイプのミノキシジル内服薬は、ミノキシジルの含有量が違うだけで、そのほかの成分(添加物)はまったく同じです。

形状もほとんど同じですが、タブレットの表面に、それぞれ「2 1/2(2.5の意味)」「5」「10」などの数字が刻印されていて、錠剤だけでも含有量が区別できるようになっています(別の面には記号などが刻印されていますが、製造国によって表記が違います)。

ミノキシジル内服薬は、数種類のジェネリック医薬品(後発医薬品)が製造・販売されていますが、こちらも同様に2.5mg、5mg、10mgがあります。

ミノキシジル内服薬飲み方は?

さて、ミノキシジル内服薬は、どのように飲めばいいのでしょうか?

ミノキシジル内服薬は、1日2回服用します。ロニテン(ミノキシジル内服薬)の添付文書によると「食事中、または食間(食事と食事の間)に、水などの液体といっしょに飲むことができる」とあります。

ミノキシジル内服薬を飲むと、その成分の90%以上が消化管で吸収されます。そして、血液や体液によってミノキシジルが体内のさまざまな部位(脳を除く)に運ばれますが、服用後30分以内には血漿中に現れて1時間以内にピークに達し、その後、血漿中濃度は低下していきます。やがて、代謝されて、その後体外に排泄されますが、効果の持続時間は72時間程度あると考えられます。

したがって、ミノキシジル内服薬の効果を持続的・継続的に得たいのであれば、たとえば、朝食後と夕食後など、使用者のライフスタイルに合わせて服用するタイミングを設定するといいでしょう。

ミノキシジル内服薬飲み方は?

ミノキシジル内服薬の摂取量は?

ロニテン(ミノキシジル内服薬)の添付文書によれば、服用について次のような記載があります。

  • 成人の場合、1日5mgを2回に分けて服用することからはじめる。
  • その後、状況を医師が確認しながら1日10mg〜40mgに増量することができる。
  • 最大100mg/日まで試みることができる。
  • ただし、投与量の調整は、服用の効果や副作用などを観察しながら行うべきである。

なお、ここで注意したいのは、この用法や投与量はAGA治療のためのマニュアルではなく、高血圧症治療のための方法だということです。

ミノキシジル外用薬は、発毛剤として開発されたAGA治療薬です。
しかし、ミノキシジル内服薬は高血圧症治療薬として承認されたもので、この「血圧を下げる」という主作用とは別に、「発毛」という副作用があります。ミノキシジル内服薬をAGA治療に使用する場合は、この副作用を利用しているのです。

ミノキシジル内服薬の裏技/半分に割って飲む!

たとえば、ミノキシジルを1日に20mg摂取したい場合には、朝・夕それぞれ10mg錠を1錠ずつ服用すればいいですね。

では、10mg/日の場合は、どうでしょうか?
2.5mgを朝・夕に2錠ずつ、もしくは5mgを朝・夕に1錠ずつ飲むしかありません…。
じつは、裏技として
「10mg錠を半分に割って、半分ずつ飲む」
という方法もあります。

「錠剤を半分に割ってもいいの?」と疑問に思う方もいるでしょう。
たとえば薬の表面を別の素材でコーティングした錠剤のなかには、薬の成分を胃で溶けにくくするために、胃酸に強い素材でコーティングした「腸溶錠」などがあります。このような錠剤を割って服用すると、断面にはコーティングがないため薬が胃で溶けてしまいますから、NGです。

しかし、ロニテン(ミノキシジル内服薬)の添付文書には、医師が1/2錠を処方する場合には、半分にカットして使用してよい、との記載があります。
つまり、1日10mgを服用したい場合、10mg錠を半分に割って、1/2錠ずつ飲んでもよいのです。

ミノキシジル内服薬の耐性が出る?副作用は?

「ミノキシジルを長く使用していると、耐性がつくのではないか?」
そのような疑問を耳にすることがあります。

「耐性(寛容)」とは、同じ医薬品を繰り返し投与することで、その薬の成分が体内に存在する状態に身体が慣れてしまい、その薬に対する反応が弱まることをいいます。これは、身体が薬剤への抵抗性を獲得することともいえます。

さて、ミノキシジルをどれくらい使用すると、耐性(寛容)が発現するのでしょうか?

じつは、ミノキシジルで耐性(寛容)が発現するという科学的な報告はほとんどありません。逆に、ミノキシジル外用薬を5年間使用した研究データでは、1年目以降、毛髪量はわずかに減少するものの、統計的に有意な差はないという報告があります。つまり、ミノキシジル外用薬では、5年間使用しても耐性(寛容)は発現しなかったということです。


これらのことから、ミノキシジル内服薬の長期使用によって、耐性(寛容)を獲得する可能性は大きくはないといえるでしょう。

ミノキシジルと耐性(寛容)については、下記の記事もご覧ください。

ミノキシジルを使ってると耐性がつくの?

ミノキシジル内服薬の副作用は?

では、ミノキシジル内服薬には副作用はないのでしょうか?

ロニテン(ミノキシジル内服薬)の添付文書(米国版)の「WARNING SIGNALS(警告信号)」には、下記の症状が現れた場合、ロニテンによる副作用の可能性が高いので、すぐに医師に相談するようにと書かれています。

<ミノキシジル内服薬(ロニテン)の副作用>

  • 心拍数の増加:安静脈拍が20回/分以上増える場合。
  • 急激な体重の増加:服用開始後5ポンド(約2.3kg)以上増えた場合。
  • 顔・手・足首または腹部(胃のあたり)のむくみや腫脹
  • 胸部・腕・肩などの痛み
  • 重度の消化不良の兆候
  • めまい、頭のふらつき、失神
  • (参照 LONITEN米国版 添付文書)

    ミノキシジル内服薬には、体液を貯留する作用があります。この作用によって、身体がむくんだり、体重が増加することがあります。また、心臓で体液の貯留が起きると、胸部・腕・肩の痛みや、重度の消化不良を引き起こすことがあると書かれています。

    こうした副作用を回避するために、一般的には利尿剤などを同時に処方することが多いようです。

    なお、これらの副作用に加えて、全身の多毛や血圧の降下などの症状も現れます。

2.5mgより10mg? 含有量が多い方が副作用も強くなる?

ミノキシジルの含有量が2.5mg、5mg、10mgの3種類があるミノキシジル内服薬。服用するミノキシジルの量と副作用には、相関関係があるのでしょうか?

ロニテン(ミノキシジル内服薬)の添付文書などには、服用量と副作用の関連性についての記述はありません。しかし、高血圧症の治療のためには、「少量からはじめて、効果がなければ服用量を増やすこと」と書かれています。つまり、服用量を増やすと、それだけ薬剤(ミノキシジル)の作用も現れやすくなるということでしょう。

「副作用」も薬剤に効果の1つですから、摂取する含有量(mg)が多くなれば、副作用リスクも高くなると考えるべきでしょう。

ミノキシジルの副作用については、下記にも詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について

ミノキシジル内服薬の服用はAGA専門クリニックの医師の指導の下で

では、AGA治療のためにミノキシジル内服薬を服用する場合、どれくらいの含有量(mg)を摂取するのがよいのでしょうか?

一般的に薬剤の投与量は、服用する人の症状や体重など複数の条件を考慮して決定します。したがって、適切な投与量は、AGA専門クリニックの医師の診断によって決定されるべきでしょう。

そもそも、日本ではミノキシジル内服薬は市販されていません。入手するためには、個人輸入をするか、AGA専門クリニックなどで処方してもらうしか方法がありません。
個人輸入は、手続きが面倒だったり、添付文書に書かれていることが充分に理解できなかったり、偽造品や粗悪品などが届くなど、多くのリスクが待ち受けています。

したがって、もしあなたがAGA治療にミノキシジル内服薬を使用したいと考えているのであれば、AGA専門クリニックを受診して、医師に相談することをおすすめします。

あるいは、別の選択肢としてミノキシジル外用薬をチョイスすることもできます。
ミノキシジル外用薬は、日本でも一般用医薬品として製造・販売されていて、薬局やドラッグストアなどで入手することも可能です。

AGA治療薬はさまざまあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。AGA治療は、長期にわたり続きます。それぞれの治療薬の特徴を知り、ベネフィット・リスク・バランス(効果と副作用のバランス)を考えて、賢い選択をするように心がけましょう。

なお、ミノキシジルの個人輸入のリスクについては、下記の記事もぜひご覧ください。

AGA治療薬「ミノキシジル」の安心・安全な購入方法と注意点

ミノキシジル内服薬の服用はAGA専門クリニックの医師の指導の下で

(参照)
LONITEN「添付文書」
LONITEN: FDA(米国)
LONITEN: HEALTH CANADA(カナダ)
LONITEN: EMC(英国)

【まとめ】

AGA治療薬として注目されているミノキシジル。ミノキシジル内服薬には、含有量によって2.5mg、5mg、10mgの3種があります。

AGA治療薬としてミノキシジル内服薬を服用する場合、1日の摂取量などはAGA専門クリニックの医師の指導の下に決定すべきでしょう。

薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!