ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年4月8日

更新日: 2019年7月30日

ミノキシジルタブレット2.5mgの情報を知りたい!

ミノキシジルタブレット2.5mgの情報を知りたい!

 

ミノキシジルタブレットの含有量2.5mgの効き目は?

【ミノキシジル2.5mgって、効果あるの?】ミノキシジルタブレットには、含有量の違うものが3種類あります。どうせ治療するなら、頑張って含有量の多いもの…と思いがちですが、本当にそうでしょうか。財布への影響だけでなく、体への影響も気になります。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルとは
  • ミノキシジルタブレットの含有量は2.5mg、5mg、10mgがある
  • ミノキシジルタブレットは含有量が違うと、価格も効果も副作用リスクも違う
  • ミノキシジルタブレットを服用したいならクリニックへ
  • 外用薬ならドラッグストアでも購入できる
  • ミノキシジルタブレットの効果は「個人の感想」だけではなく、正しい情報を見極める目を持とう

ミノキシジルタブレット2.5mgの情報が知りたい

ミノキシジルは効果的なAGA治療薬の成分。
薬の剤形には内服薬と外用薬があり、外用薬は市販もされているので、比較的きちんとした情報にアクセスしやすい環境が整っています。
一方、内服薬は海外で販売されているため、情報も玉石混交。間違った情報が都市伝説のように信じられていることもままあります。

ミノキシジルタブレットには、2.5mg、5mg、10mgと含有量によって3種類の製品があります。
2.5mgでは効き目が少ないのでしょうか。
含有量の違いは、そのまま効き目の違いなのでしょうか。
また、含有量が高くなると副作用のリスクも同様に高くなるのでしょうか。

今回は、海外で販売されているミノキシジルタブレットについて説明します。
正しい知識でAGA治療に取り組んでください。

ミノキシジルとは?

高血圧症の治療薬が、今や世界90カ国で利用される薬に

ミノキシジルは、最初は高血圧症の患者さんに処方される血管拡張剤として開発され投薬されていました。
しかし、使用者の多くに「毛が生えてきた」「毛が濃くなった」という多毛症の症状が見られたことから、今度はその発毛作用に着目して、発毛成分として開発され製品化されました。
1997年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で承認を受け、その後、日本では1999年に厚生労働省に承認されました。
ミノキシジルの外用薬にいたっては、今では世界90ヶ国以上で利用される薬になっています。

「ヘアサイクル」が乱れて起こるAGA

ひとの頭髪は約10万本あると言われています。
その1本1本が「ヘアサイクル」という髪の毛の一生とも言える周期に従って、生え変わりを繰り返しています。

毛が太く長く育つ「成長期」
⇒ 毛の成長が止まる「退行期」
⇒ 「毛が抜け、毛根で新しい毛が育つ」休止期⇒再び「成長期」へ

通常、1ヘアサイクルが2~6年といわれ、そのうち一番長いのは成長期です。

AGAを発症すると、ヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなってしまいます。
そのため、本来ならまだ成長期にあるはずの毛が、短く細いまま抜けてしまいます。さらに次に生えてきた新しい毛もやはり細く短いまま抜けてしまうので、頭皮が全体的に「髪がない」と思える状態になってしまうのです。

これが「薄毛」と呼ばれる状態です。

ミノキシジルの発毛のメカニズム

ミノキシジルは毛根の毛乳頭細胞に直接働きかけ、毛母細胞の細胞分裂を促すシグナルを出させる働きをすることで、休止期のまま止まっていたヘアサイクルを再び動かして成長期にし、発毛させる作用を持っています。

また、AGAを発症すると、頭皮の毛がつくられている「毛包」という器官が小さくなってしまうのですが、ミノキシジルは「毛包の矮小化抑制作用」によって毛包を大きく成長させる、育毛の作用も持っています。

「細胞分裂を促すことで休止期から成長期への移行を促して成長期を延長させ、毛包を大きくして、太く長い毛に育毛する」。これがミノキシジルの効果です。

ミノキシジルは「内服薬」「外用薬」の二つの剤型から

ミノキシジルの主成分とする医薬品の剤形は、外用薬(塗りミノ)と内服薬(ミノキシジルタブレット・ミノタブ)の2種類があります。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジルの外用薬(塗りミノ)は、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン(※1)」でも、「行うよう強く勧める=推奨度A」にランク付けされています。
国内メーカーから製造されたものが市販されており、ドラッグストアや薬局で購入することができます。入手しやすいので、近隣に発毛治療専門クリニックのない方や「ちょっとやってみようかな」という方には手頃でいいかもしれません。

ミノキシジル内服薬

内服薬は、国内メーカーで製造販売されたものがないため、海外のものが販売されています。国内で入手するには、発毛治療専門クリニックの診察を受け処方してもらうのが一般的です。
海外での取り扱いがメインのため、なかなか正確な情報が入ってこないのかもしれませんね。

(※1 日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は含有量の種類がいくつかある

海外製品しか存在しないミノタブですが、成分の含有量によって3種類あります。

2.5mg、5mg、10mg。

この違いは何の違いにつながるのでしょう。
価格? 効果? 副作用リスク?

入っている成分「ミノキシジル」は同じですから、量の違いがどこに現れるか、ということですね。

素人考えでは、含有量の多いもののほうがよく効きそうな感じがしますが、果たしてそうなのでしょうか。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は含有量の種類がいくつかある

ミノキシジルタブレットの含有量の違いによる効果や副作用の違い

含有量の違いからくる、その他への影響(1)「価格」

ミノタブの成分含有量の違いは、まず価格の違いとなって現れます。

<ミノタブ1ヶ月分の費用の相場>
2.5mg:4000~6000円程度
5mg:4000~8000円程度
10mg:5000~10000円程度
2.5mgのものが安価なことが分かります。

ミノキシジルタブレットは海外製品のため、取り扱っているクリニックも決して多くはありません。
また、AGA治療は保険適用外のため、クリニックによって料金に差があります。
もしもミノキシジルタブレットを服用してAGA治療をしたいなら、「取り扱いがあるか」「費用はどれくらいか」などを事前に調べてから行くのがよさそうです。
また、上記は薬の価格であり、実際にはここに診察料などが加わります。

含有量の違いからくる、その他への影響(2)「効果と副作用」

同じミノキシジルなので、基本的な効果効能や、注意すべき副作用の内容に変わりはありません。
しかし、含有量が違うということは、効き目や副作用の「出現の程度」には差が現れるかもしれません。

  • 含有量が少なければ副作用の程度は低い可能性もある。
  • 含有量が多いほど効果をより感じられる


というのは想像に難くないと思います。

ミノキシジルの含有量選び、効果と副作用を考えて慎重に。

注意していただきたいのは、「効果が大きな方がいい」と安易に含有量の多いものの使用に走らないでほしいということです。
実際、最初から含有量の多いものを使用し、効果の実感よりも副作用のストレスのほうが大きくて治療をやめてしまった、という人もいます。

ミノキシジルタブレットを使うなら、まずは少ない配合量2.5mgから

ミノタブが体質に合うかどうかも分かりません。
医師の診察を受け、最初は少ない含有量のもの=2.5mgからスタート、3ヶ月~半年服用くらい様子を見ながら処方を調節していくのが一般的です。

含有量が少ないということは、効き目も穏やかですが、副作用も穏やかである可能性もあります。
「せっかくお金を出して治療するのだから、はっきりした効果が見たい」
という気持ちもわかります。

でも、よく考えてみてください。
2.5mgでも、たとえ穏やかでも効果がないわけではありません。
AGA治療は、長期にわたるものです。
ここはむしろ、副作用のリスクの少ないことに目を向けてください。
副作用リスクが低い方が安心して継続できると思いませんか?

ミノキシジルタブレットが欲しかったら専門クリニックに相談を。

ミノキシジルタブレットを服用してAGA治療をしたいと思ったら、発毛治療専門クリニックで診察を受けて処方してもらいましょう。

ただ「費用が安いから」「クリニックに行くのが面倒」だという理由で個人輸入で薬を入手し、服用するのはお勧めできません。
脅すわけではありませんが、ネットの世界では多くの偽造品が出回っています。
もしかしたら、そんなニセモノをつかまされるかもしれません。

また、副作用が出てしまった時の対処も自分でしなければなりません。
軽度の副作用で済めばいいですが、日常生活に支障をきたす様な健康被害に相当する副作用が出る可能性だって無きにしも非ずです。

たとえクリニックで処方してもらっても、他の薬同様に、副作用のリスクはゼロではありません。
しかし、万一の場合、対処の相談のできる医師がいるのといないのとでは大違いです。
「安さ」「手軽さ」の裏に潜む高リスクには、もっと慎重になるべきでしょう。

ちなみに、国内で市販されている医薬品や医師の処方による医薬品で、万一副作用のほか、健康被害に遭った場合、「医薬品副作用被害救済制度(※2)」の対象となりますが、ミノキシジルの内服はこの対象にはなりません。
海外の製品や個人輸入の製品に関してはこの制度の対象外となることも覚えておきましょう。

(※2 独立行政法人医薬品医療機器総合機構「医薬品副作用被害救済制度」

気軽に購入できて便利「ミノキシジル外用薬」もAGA治療の味方です

AGA治療は発毛治療専門クリニックで行うのが原則であり、理想です。
しかし、近隣にそういうクリニックがない地域の方や、クリニックに行くのは抵抗があるけど、何らかの手立ては講じたい、という方には、外用薬をオススメします。

国内メーカー産の外用薬がドラッグストアで購入できます。
OTC医薬品の第一類医薬品という分類なので、薬剤師の書面による説明を受けてから購入します。

ドラッグストアで販売されているということは、用法・用量を守ってきちんと使用すれば副作用の発現の可能性は低く抑えることができます。
しかし、体質などいろいろな条件によって副作用が出てしまうこともゼロではありません。
外用薬を使用して、副作用と思われる症状が出たり、あれ?と思うことがあったら、メーカーのサポートや購入したドラッグストアの薬剤師に迷わず相談しましょう。

ミノキシジルは2.5mg?5mg?10mg? 正しい知識でAGA治療を

なかなか、リアルな日常世界で薄毛については話しにくいもの。
どうしてもネットの世界で情報が飛び交うことになります。
個人の口コミなどは、それ自体は嘘やインチキではありません。使用者の実感ですから、「事実」であることに間違いはありません。
が、それがすべてだと思わないようにしてください。

できるだけ信頼できる発信元の情報を仕入れ、正しい知識でAGA治療に臨んでいただきたいものです。 ミノキシジルは2.5mg?5mg?10mg? 正しい知識でAGA治療を

(まとめ)ミノタブは専門の医師と相談しながら決めましょう。

3種類あるミノタブ。どうしても効果の大きさを基準に選びたくなりますが、ここは安全性を第一に。

含有量の少ないものからスタートして、異常がなければ含有量をアップしていけばいいことです。

早く発毛効果を実感したいからと、きちんと身体状況を確認せずに安易に高含有量のものを服用して健康上の問題が生じたら、何のための薄毛治療か分からなくなります。

早く発毛効果を実感したくてもミノキシジル内服薬の服用は慎重に。まずは含有量の少ないものからスタートしするのが良いのではないでしょうか。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。