ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年3月26日

更新日: 2019年3月28日

ミノキシジルのクリーム? その効果やメリットが知りたい!

ミノキシジルのクリーム? その効果やメリットが知りたい!

 

「ミノキシジルクリーム?」ミノキシジルの外用薬は、ローションタイプ以外にもある?

「ミノキシジルクリームの効果は?」ミノキシジル外用薬と聞くとローションタイプがすぐ思い浮かびます。しかし、クリームタイプの存在が聞こえてきました。クリームタイプの使用感や効果、副作用など気になることを掘り下げます。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルのクリームは存在する
  • ミノキシジルって(おさらい)
  • ミノキシジルのクリームの特徴、効果と副作用
  • ミノキシジルクリームのメリットは
  • ミノキシジルクリームは入手方法に注意も必要
  • ミノキシジルクリームは製品の特性を知って賢く薄毛治療

ミノキシジルにクリームタイプってあるの?

発毛成分・ミノキシジルを主成分とする医薬品の剤形といえば、「外用薬ならローションタイプ」、「内服薬ならタブレット型」というのはご存知ですね。
ところが、クリームタイプのものがあるということがチラッと聞こえてきました。
クリームタイプのミノキシジル?
本当にあるのでしょうか。

ミノキシジル内服薬に限らず、ローションというのは扱いが手軽で使いやすく、様々な商品が出回っています。

今回は、クリームタイプのミノキシジルの存在の真偽を確認するとともに、クリームとローションの違いを確かめていきます。

ミノキシジルとは

アメリカで降圧剤として開発されていたミノキシジル

ミノキシジルのクリームタイプがあるかどうか、の検証の前に、まず「ミノキシジルとは何か」を一回おさらいしておきたいと思います。

ミノキシジルは発毛に効果のある有効成分で、アメリカでは1990年代にAGA治療薬の成分として承認されました。
その効果は広く認められていて、今や世界90ヶ国以上で承認され、使用されています。
日本でも1998年に厚生労働省の承認を受け、外用薬は市販されていますし、内服薬は医師の指導のもと使用することができます。

「ヘアサイクル」で生まれ変わる髪の毛

ヒトの髪は「ヘアサイクル」と呼ばれる周期で生え変わりを繰り返しています。

ヘアサイクル

成長期(髪が生えて長く太く成長する)⇒退行期(成長が止まる)⇒休止期(髪が抜け毛根では新しい髪が生える準備を始める)

このサイクルは平均すると2~6年とされています。
頭髪は約10万本あると言われますが、一本ごとにヘアサイクルが違うため、一度にゴソッと抜けてしまう、ということは通常は起こりません。通常でも1日に50~100本抜けるのは自然なことです。

AGAを発症すると、このヘアサイクルが乱れます。
通常成長期にあるはずの毛根が早々と退行期や休止期に移行してしまい、本来ならもっと成長するはずの毛が抜けてしまいます。新しい毛が生えてきても、成長期が十分にないため、細くて短いまま抜けてしまうため「髪がない」=「薄毛」の状態になります。

ミノキシジルは、毛根の毛乳頭細胞に直接働きかけ、ヘアサイクルを正常化させる作用があります。
また、AGAを発症すると、頭皮の毛が作られている部分「毛包」という器官が小さくなってしまうのですが、ミノキシジルはこの毛包を大きく成長させる「毛包の矮小化抑制」という作用も持っています。
これらの作用で発毛を促す、というのがミノキシジルの働きです。

ミノキシジルについての詳しい情報はこちらのコラムをお読みください。

「ミノキシジルって何?」発毛効果、副作用、購入、使用方法などの基本情報を集めました

ミノキシジルを知る、AGAを知る、そのために一度は読んでいただきたいコラムです。

ミノキシジルクリームの特徴は

ミノキシジルのクリームタイプの製品は、確かに存在します。
といっても、国内生産されている商品はありません。
海外メーカーが生産しています。

現在使用している人は、クリニックで処方してもらったか、個人輸入で購入したかのどちらかでしょう。

ローションタイプはその性質上、塗布した箇所から液だれしてしまう、という危惧がありましたが、クリームタイプにはその心配は無用です。塗ったその箇所に確実にとどまってくれます。「しっかり」塗り込むことができるため、「塗ったぞ」という安心感を得る人もいるかもしれません。
しかし、「だからクリームタイプのほうが効果がある」という人もいる反面、「塗り心地が悪い」「乾いた後が気持ち悪い」「効果がなかった」などの真逆の意見もあるようです。

ミノキシジルのクリームタイプは、国内で取り扱っているクリニックもほとんどないのか、あまりメジャーではないようです。
しかし世界90ヶ国で承認されているだけのことはあって、クリームタイプもいくつかは存在しています。

しかし、そのどれを使い、全てを網羅し、どれがどういう特徴なのかを整理しているサイトも、論文のようなものもありません。なかなか判断もしにくい状況です。「これを使いました」という情報を掲載したサイトもありますが、こればかりは個人の感想であり、検証がされているわけではないので、「参考までに」といったところに留めておいた方が無難でしょう。

ミノキシジルクリームの効果は?

ミノキシジルクリームの効果は?

クリームタイプもローションタイプもミノキシジルが配合されていることに間違いはありません。効果そのものにも何ら変わりはありません。あるとすれば、濃度の違いによる効果の程度でしょうか。
クリームタイプはローションタイプより濃度が高いものが販売されています。そのせいか、女性は使用不可と注意書きのあるものもあるようです。

ミノキシジルは濃度が高いほど効果も高いと言われます。
反面、副作用の発現リスクも高くなるので、一概に「濃度の高いものがいい」とは言えません。安全に治療することが第一でしょう。

ちなみに、外用薬の財形には主に「ローション」「クリーム」「軟膏」がありますが、これらには明確に違いがあります。
「ローションが硬くなったらクリーム?」「クリームが固まったら軟膏?」
粘度の差は確かにそうかもしれませんが、溶剤が違ってきます。

<皮膚などに適用する製剤(外用剤)>

皮膚などに適用する製剤(外用剤)

大分類 概要 中分類 概要
外用固形剤

皮膚(頭皮を含む)または爪に、塗布または散布
する固形の製剤である。

外用散剤

粉末状の外用固形剤である。

外用散剤が含まれる。

外用液剤

皮膚(頭皮を含む)または爪に塗布する液状の製
剤である。

リニメント剤

皮膚にすり込んで用いる液状または
泥状の外用液剤である。

ローション剤

有効成分を水性の液に溶解または乳
化もしくは微細に分散させた外用液
剤である。

軟膏剤

皮膚に塗布する、有効成分を基剤に溶解または分散させた半固形の製剤である。油脂性軟膏剤と水溶性軟膏剤が
がある。

クリーム剤

皮膚に塗布する、水中油型または油中水型に乳化した半固形の製剤である。

油中水型に乳化した親油性の製剤については油性クリーム剤と称することができる。

ゲル剤

皮膚に塗布するゲル状の製剤である。


(出典|Maruho「基礎からわかる外用剤/外用剤における基剤と剤形の重要性について〜主薬の経皮吸収性が与える影響を中心に〜」より「皮膚などに適用する製剤(外用剤)」の表より一部抜粋)

クリームとローションはよく似ていますが、成分を液状のものに溶かしたものを「ローション」、油脂と水分を混ぜて乳化したものを含め、半固形、あるいはクリーム状にしたものを「クリーム」と呼びます。

クリームには水分が多く雑菌等が繁殖しやすいため、多くの商品は防腐剤を添加しています。しかし、保存状態が悪いと油脂と水分が分離してしまい、防腐剤が働かず品質が低下してしまう恐れがあります。

開封したらなるべく早く使い切るほか、指定の保存環境を守るなどの取り扱いに多少の注意が必要なのはローションも同じですが、クリームには油分が含まれているため、皮脂の多い人が油脂を含むクリームを使うと、頭皮が油っぽくなり、違う皮膚疾患を起こす可能性もあるでしょう。

ローションタイプのミノキシジルには、ミノキシジルの成分に由来する特別重篤な副作用がないのと同様、過剰な心配は無用に見えます。しかし「ミノキシジル外用薬の副作用」と言われる皮膚症状の発現リスクに加え、海外製品の品質に関する情報があまりなく、使用感や効果についても確認のしようがありません。
きちんとした指導が可能な頭髪治療専門クリニックなどで処方を受けた方がいいのは、ほかの治療薬と同様と言えるでしょう。

ミノキシジルの使用によっておきる副作用については、こちらのコラムに詳しい説明があります。

AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について

外用薬だけでなく、内服薬の副作用についても詳しく書かれています。ご興味のある方はこちらもお読みください。 (上記参照|岩城製薬「塗り薬 軟膏とクリームの違い」

ミノキシジルクリームのメリットは

1.アルコールが含まれていない
ローションタイプの多くにアルコールが含まれています。これは使用時の爽快感につながるものですが、アルコールにアレルギーを示す人もいます。
病院で採血したり注射を打ったりする際「アルコールのアレルギーはありませんか」と聞かれることがありますね。消毒のためのアルコールでアレルギー症状を示す人がいるからです。

クリームタイプにはアルコールは含まれていません。
ローションタイプのミノキシジルを使用してかゆみを感じたり発疹ができたりする人の中には、ミノキシジルに対するアレルギーというよりアルコールに対するアレルギーの人が一定数存在すると言われますが、そういう人にはローションタイプよりクリームタイプのほうが向いているかもしれません。

2.液だれしない
ローションタイプは、使用感はサッパリしていますが、サラサラした液状なのでどうしても液だれしてしまいます。
クリームタイプは液だれしないため、塗りたい部位にしっかり塗り込めることが特徴です。
特に生え際や前頭部など液だれの気になる部位にはクリームタイプが使いやすいかもしれません。

情報の少ないミノキシジルクリームを安全面で考えるなら

ミノキシジルのローションタイプは国内メーカーのものが市販されていますから、たやすく入手できます。
ミノキシジクリームは市販されていませんから、使用するには医師に処方してもらうか個人輸入で購入するしかありません。

どうしても手軽な個人輸入に手が伸びそうですが、ここは要注意です。
しかし、先にも述べたように、ミノキシジルクリームについては、あまり情報がない上に、海外製品の中には粗悪な品物もあります。

通信販売での商品購入は、現物を手にとって目で見て確かめたり、選ぶことができないため、届く商品の品質を信用することが難しいでしょう。

また、悪徳な業者を利用してしまうと、名前と全く違う商品が届くこともあれば、謳ってある成分名がきちんと配合されていない或いは全然入っていないものもあります(まがいもの、ニセモノとよばれるものです)。

また、どんな環境下で薬が製造されたのかこちらにはわかりません。
製造後のチェックを充分に実施していない製品もあり得ます。
海外製品の購入には、普通の通販以上の注意が必要です。
万が一、品物が届いてしまったらどうしましょう。

個人輸入の怖さはこの先です。
日本のように、返金や返品に応じてくれる業者ばかりではありません。
購入した商品が原因でトラブルになった際の窓口も当てになりません。
何より、想像もしていなかった副作用に見舞われた時に相談するところがないのは困ります。

わが国では、市販の医薬品や医師の処方による医薬品を使用して健康被害が生じた際には救済する「医薬品副作用被害救済制度(※1)」があります。
しかし、個人で購入して使用した海外の製品はこの対象外。
海外の製品を使用して体調が悪くなったり副作用が生じても、責任を問う場がないのです。

(※1 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 「医薬品副作用被害救済制度」

ミノキシジルは、製品の特性を知って賢く薄毛治療

ミノキシジルは、製品の特性を知って賢く薄毛治療

ミノキシジル外用薬は、圧倒的にローションタイプが多く出回っています。
しかし、今回のリサーチでクリームタイプも存在していることが分かりました。
また、ローションと違うテクスチャならではのメリットも見つかりました。

ローションタイプは手軽に使えることがまず大きなメリットでしょう。
使用時の爽快感も見逃せません。
一方、人によっては液だれしない使い勝手の良さもあるかもしれません。
アルコール不使用でアレルギー体質の方には案外こちらが向いているかもしれません。
しかしこれは、ローションタイプが優れているとかクリームタイプのほうがよく効くという話ではないようです。

(まとめ)「ミノキシジル、あなたはクリーム派?それともローション派?」

外用薬は、クリームタイプにもローションタイプにもそれぞれの良さがあります。
入手しやすく、使用感の爽快なローションタイプ。
液だれしにくく、アルコール不使用でしっかり塗り込めるクリームタイプ。

剤型だけを選ぶなら、使いやすい方を気楽に選べばいいのですが、AGA治療は長く続けるもの。ミノキシジルは医療品ですので、使用するなら、「きちんとした製品を、正しい用法容量で。」が鉄則です。

もしも医療機関で医師の指導も受けた上でミノキシジルクリームが処方されているのであれば、それは問題ないでしょう。しかし、もしも自己判断で海外から購入したものでしたら、現段階でお勧めはできません。

使用の安全の確認された市販の医薬品を使う方が、安心して治療が続けることができ、結果的に効率の良い発毛につながると思った方が賢明でしょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!