ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年3月26日

更新日: 2019年3月28日

ミノキシジルとプロペシアを薄毛治療に使うと体毛が濃くなるの?

ミノキシジルとプロペシアを薄毛治療に使うと体毛が濃くなるの?

 

ミノキシジルやプロペシアを薄毛治療に使うと、体毛が濃くなるってホント?

AGA治療薬として知られるミノキシジルとプロペシア。厚生労働省に認可された、確かな発毛効果が実感できる発毛剤です。しかし、その副作用の一つとして、頭髪だけでなく全身の体毛が濃くなることが指摘されています。 なぜそのような現象が起こるのか、ミノキシジルとプロペシアの発毛メカニズムなどを通して検証しました。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルとプロペシアはAGA治療薬
  • ミノキシジルには体毛が濃くなる副作用がない
  • プロペシアには体毛が濃くなる副作用はない
  • ミノキシジルの副作用で体毛が濃くなったときの対処法
  • ミノキシジルとプロペシアには体毛が濃くなる以外にもさまざまな副作用がある
  • ミノキシジルとプロペシアの副作用で困ったらサポートや専門クリニックに相談を

ミノキシジルやプロペシアで体毛は濃くなるの?

成人男性の悩みの種「AGA=男性型脱毛症」

AGAとは、思春期を過ぎた男性が発症する脱毛の症状のことで「男性型脱毛症」と呼ばれます。英語では「Androgenetic Alopecia」と表記されます。多くの成人男性にとって悩みの種となる「頭髪の薄さ」は、まずこのAGAの症状だと言っても差し支えないでしょう。

「ミノキシジル」と「プロペシア」は、AGA治療薬の代表!

長年、治療の決定打がなかったAGAですが、近年ではハッキリとした発毛効果が認められた治療薬が登場し、薄毛治療は劇的に改善されました。そんな治療薬の代表選手が、ミノキシジルとプロペシア(MSD社のAGA治療薬。フィナステリド製剤)です。

AGA治療薬、確かな発毛効果が認められる一方で、多少の副作用リスクも存在します。その中でも、非常にわかりやすい副作用リスクが、全身の体毛が濃くなるという現象です。なぜ、ミノキシジル、プロペシアで体毛は濃くなるのでしょうか。

AGA治療薬ミノキシジルとプロペシアって何なの?

「ミノキシジル」と「プロペシア」のメカニズムの違い

ミノキシジルとプロペシアは、AGA治療薬という“くくり”こそ同じですが、その治療のアプローチはまったく異なるものです。ミノキシジルとプロペシアそれぞれのAGA治療メカニズムを説明します。

・ミノキシジルのAGA治療メカニズム

ミノキシジルのAGA治療メカニズムの特徴は、血管の拡張作用にあります。血管が広がることで血流が改善され、より多くの栄養素が血管を流れるようになります。その栄養素が、毛髪を産み育てる毛母細胞のはたらきを活性化し、発毛につながるというわけです。

2つのミノキシジル「外用薬」と「内服薬」

ミノキシジルには、外用薬(塗り薬、塗りミノ)と内服薬(飲み薬、ミノキシジルタブレット=ミノタブ)の2種類があります。厚生労働省でAGA治療薬として承認されているのは外用薬です。

内服薬は海外で承認された医薬品ですが、発毛効果が高くAGAの専門クリニック等で処方されることがあります。

外用薬は頭皮に直接塗布するので、ミノキシジルの効果は比較的限定的になりますが、それでも多少の成分は全身に回ります。内服薬は経口摂取なので、ミノキシジル成分が最初から体の隅々に行き渡ることになります。

なおミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)治療薬として一般的に知られていますが、そのメカニズムから男性、女性ともに薄毛治療薬として使用できます。

・プロペシアのAGA治療メカニズム

プロペシアのAGA治療メカニズムの特徴は、主成分のフィナステリドが、5α-リダクターゼという酵素のはたらきを阻害することにあります。

テストステロンと5αリダクターゼでDHTができるとAGAが進行する

5αリダクターゼ自体は、健全な体作りには必須の酵素です。しかし、5α-リダクターゼは男性ホルモンのテストステロンをより強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換させる作用があります。そしてこのDHTの作用によって毛母細胞のはたらきが抑制されてしまうことで毛髪が健全に育たなくなり、AGA の症状が進行してしまうのです。

プロペシアは5α-リダクターゼのはたらきを阻害しAGAの進行を抑制する

プロペシアは、この5α-リダクターゼのはたらきを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑え、結果的にAGAの進行を抑制します。
ちなみに、5α-リダクターゼは1型と2型があり、プロペシアが作用するのは2型の方。前頭部・頭頂部の毛乳頭に多く存在していて、ヒゲや体毛が濃い人に多いとされています。

なおプロペシアは男性を対象にしたAGA治療薬で、女性が使用すると重篤な副作用リスクがあります。女性はプロペシアを使用しないようにしましょう。

ミノキシジルを薄毛治療に使うと体毛が濃くなる場合はある

発毛促進のミノキシジル、脱毛進行抑制のプロペシア

AGA治療薬のミノキシジルとプロペシアの発毛メカニズムを見ると、ミノキシジルは積極的な発毛を促進し、プロペシアは脱毛を食い止めるというアプローチであることがわかります。

ここで検証しているAGA治療薬の「体毛が濃くなる」という副作用は、主にミノキシジルに関係しているものです。プロペシアには、体毛が濃くなるという副作用は存在しないとされています。

プロペシアは、脱毛を引き起こす原因物質(5α-リダクターゼ)のはたらきを抑制するものです。いわば、今までマイナスだったものが0に戻るだけの話です。
また5α-リダクターゼⅡ型は前頭部・頭頂部の毛乳頭に多く存在し、テストステロンから産生したDHTの働きによって、これらの部位には脱毛を促します。

また、プロペシアとミノキシジルを併用して薄毛治療を行っている人は少なくないので、どちらの副作用で体毛が濃くなっているのかわからない、というケースもあるでしょう。

ミノキシジルの作用は全身に

それに対してミノキシジルは、血管を拡張させることで栄養素を毛母細胞に送り込み、毛乳頭細胞に働きかけて毛母細胞を活発にする、というメカニズムです。毛母細胞は頭皮だけになく、当然、全身に存在します。ですからミノキシジルによる発毛は、理論的には全身に影響を及ぼすものといえます。

毛乳頭細胞に働きかけて毛母細胞を活発にする

先に説明した通り、ミノキシジルには外用薬(塗りミノ)と内服薬(ミノキシジルタブレット=ミノタブ)があります。内服薬はミノキシジル成分が全身に回るので、体毛が濃くなる症状は顕著に現れます。

それに対して外用薬は、理論上、頭皮に直接塗布するので、ミノキシジルの効果は部位が限定されるはずですが、一部の成分は皮膚を通して全身に回るため、多少は体毛が濃くなるリスクは否めません。

また、ミノキシジル成分に対する感受性は人それぞれの体質にも左右されます。同じミノキシジル治療を行った人でも、体毛が濃くなる人もいれば、それほど変わらない人もいるでしょう。ですから一概に「ミノキシジルを使用すると必ず体毛が濃くなる」とは断言できませんが、そのリスクの可能性は高いことは認識しておいた方がいいでしょう。

ミノキシジル内服薬の基本的な情報は以下のに記事にも詳しく書かれています。よろしければこちらも併せてお読みください。、

「ミノキシジルって何?」発毛効果、副作用、購入、使用方法などの基本情報を集めました

ミノキシジルで体毛が濃くなったと感じたときはどうすればいいか?

実際に、ミノキシジルを使用して体毛が濃くなった場合は、どう対処したらいいのでしょうか。

用法用量を守って正しく使おう

まず大前提としては、ミノキシジルを正しい用法用量で使用しているのか、再度確認しましょう。一度に大量に使用するなど、本来の用法用量を守らない行為は、副作用リスクが格段に高くなります。

それでも体毛が気になる場合の対策は?

その上で、副作用が発現している場合は、以下の対策を検討しましょう。

(1)そもそも体毛の濃さが気になるレベルか

ミノキシジルの副作用で濃くなった体毛が、もし許容できるレベルなら、特に対策を講じる必要はないと言えるでしょう。むしろ、ミノキシジルによる発毛効果を実感しているなら、体毛の濃さはそれほど気にならないでしょう。

(2)副作用リスクの高い “ミノタブ”から、副作用リスクの少ない塗りミノ”に切り替える

もし、使用しているミノキシジルが飲み薬の内服薬(ミノタブ)なら、塗り薬の外用薬に切り替えましょう。発毛の効果自体は内服薬でも期待できますが、その分副作用リスクも高く、AGA治療薬として承認している国はありません。外用薬は、AGA治療の効果は内服薬には劣りますが、副作用リスクは低く、副作用が発現する体の部位も限定されているので、比較的安心です。

(3)一旦ミノキシジルの使用を取りやめ、生活改善に切り替える

ミノキシジルの副作用リスクは、使用した人の体質に依存する割合が少なくありません。ミノキシジルの使用で副作用が発現し、支障をきたす場合は、思い切って一旦ミノキシジルの使用を取りやめましょう。そして、生活改善などで薄毛の改善に努めましょう。

ミノキシジルとプロペシアの副作用リスクは体毛が濃くなる以外にも存在する

ミノキシジルの副作用リスクは、体毛が濃くなる症状以外にも存在します。体毛が濃くなる症状と違って、しかし体調に変化をきたす副作用が発生した場合は、すぐに使用を中止しましょう。

また、副作用リスクはプロペシアにも同様に存在するので、AGA治療で併用する場合は、双方のリスクに注意しましょう。

一般的に知られているミノキシジルの副作用としては、以下の症状が挙げられます。

<ミノキシジル外用薬の副作用>

  • 使用部位の発疹・発赤
  • かゆみ、かぶれ、ふけ
  • 熱感等
  • 頭痛、ふらつき、めまい
  • 胸痛、動悸
  • 体重の急激な増加、むくみ
(上記参照|メディカルミノキ 5「添付文書」より)

一般的に知られているプロペシアの副作用としては、以下の症状が挙げられます。

<プロペシアの副作用>

  • 性機能の低下
  • 肝機能障害
  • かゆみ、発疹、血管浮腫、じんましん
  • 抑うつ症状、めまい
  • 乳房肥大など
(上記参照|プロペシア「添付文書」より)

ミノキシジルとプロペシアの副作用リスクは体毛が濃くなる以外にも存在する

ミノキシジルやプロペシアの副作用が心配なら、サポートや専門クリニックで相談しよう

ミノキシジル(外用薬)やプロペシアは、確かな発毛効果が認められている医薬品です。ただし効果が確かなぶん、副作用のリスクも存在します。
もしミノキシジルやプロペシアの副作用が心配なら、自分で判断せずに、サポートや専門クリニックに相談しましょう。

ミノキシジルの副作用が気になる方は、こちらもお読みください。
ミノキシジル外用薬、内服薬、また女性の使用についても詳しいことが書かれています。

AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について
ミノキシジルは女性に使える? 効く? 副作用は? いろいろ知りたい、ミノキシジルのこと!

【まとめ】

ミノキシジルやプロペシアの体毛と副作用についての記事はいかがでしたか?

特にミノキシジルには、体毛が濃くなる副作用が確認されています。

しかし、正しい用法用量を守って使用すれば、深刻な副作用リスクは少ないと言えます。適切な薄毛治療で、発毛効果を実感しましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!