ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年3月26日

更新日: 2019年3月28日

「ミノキシジルの耐性」の正体は何?耐性がついた場合の対策はあるのか?

「ミノキシジルの耐性」の正体は何?耐性がついた場合の対策はあるのか?

 

「ミノキシジルの耐性」の克服には、客観的判断と的確なアドバイスの活用!

「ミノキシジルの耐性がついたときの対策を知りたい」AGA治療薬「ミノキシジル」には、耐性がついて発毛効果が弱まることがあるのでしょうか?なぜ、ミノキシジルの耐性はついてしまうのか?耐性がついたと感じた場合、どんな対策をとればいいのか?ここでは、ミノキシジルの耐性とその対策について検証します。

    (このコラムのポイント)
  • 「ミノキシジルの耐性」について
  • 「耐性(寛容)」について
  • ミノキシジルに耐性がつく期間について
  • 「ミノキシジルの耐性」の正体について
  • ミノキシジルへの耐性が生じたと感じたときの対策について

ミノキシジルの耐性がついてしまったときの対策を知りたい!

AGA治療薬として認知度の高い治療薬の1つに「ミノキシジル」があります。

日本皮膚科学会の作成した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(※1)」においても、もっとも“推奨度”の高い治療法の1つに「ミノキシジル外用(薬)」名前が挙がっていますから、知名度だけでなく、治療効果の高さも信頼の置けるものだといえます。

しかし、ミノキシジルについて、こんな噂を聞いたことないでしょうか?

「ミノキシジルを使い続けると、耐性がついて薬が効かなくなる」

ミノキシジルの耐性がつく!?
もしこれは本当だとすれば、長期使用を前提としているAGA治療薬としては大きな欠点といえるでしょう。

ミノキシジルを長期使用すると、本当に耐性がつくのでしょうか?
ミノキシジルの耐性がつくとすると、それはなぜなのでしょうか?
ミノキシジルの耐性がついてしまったら、どんな対策をとればよいのでしょうか?

ミノキシジルと“耐性”の関係について、じっくりと考えてみましょう。

なお、ミノキシジルの基本情報については、

「ミノキシジルって何?」発毛効果、副作用、購入、使用方法などの基本情報を集めました

をご覧ください。

(※参考|日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」

ミノキシジルに耐性がつく? 

さて、ミノキシジルに耐性はつくのでしょうか?

その答えは…「わからない」。

申し訳ないのですが、ずばりとお答えすることができません。
ミノキシジルは研究段階で、まだまだ未解明の部分が多い薬品なのです。

「ミノキシジルの耐性が未検証な理由」について検証!

確かにネット情報などでは、「ミノキシジルを長年使用していたら耐性がついて効かなくなった云々」という記述が少なくありません。しかし、これを裏付ける研究データはほとんどないようです。

したがって、次の可能性が考えられます。

  • 「ミノキシジルの耐性が生じる」のは事実だが、研究データがないだけ。
  • 別の理由でミノキシジルの効果が弱まることがあり、それを「耐性がつく」と勘違いしている。
  • 「ミノキシジルの耐性はつく」と思考誘導している。

可能性が高いのはどれなのか、以下で検証してみましょう。

ミノキシジルに耐性がつく?

耐性ってなに?/「薬剤耐性菌」とは混同しないで!

「耐性」とは「薬に対する身体の反応が弱まること」

ところで、「耐性」とはどのような状態を指すのでしょうか?

薬理学における「耐性(drug tolerance)」は「寛容」とも呼ばれ、同じ医薬品を繰り返して投与することによって、その薬の成分が絶えず体内に存在する状態に身体が慣れてしまい、その薬に対する身体の反応が弱まることを指します。
“身体が慣れる”という表現を使いましたが、言い換えると“身体が薬剤への抵抗性を獲得する”ということです。

「耐性(寛容)」には、「代謝耐性」と「組織耐性」があります。

体内の薬剤濃度の代謝が早くなる「代謝耐性」

「代謝耐性」とは、薬剤を代謝(分解)する酵素の生産が誘導される(体内でその酵素の数が増える)ことで、体内におけるその薬剤濃度の減少速度が速くなることです。その結果、その薬剤が持続する時間が短くなったり、より高濃度の薬剤摂取が必要になります。

薬に反応する受容体が減少して効きが弱くなる「組織耐性」

「組織耐性」とは、薬剤の反復投与で、その薬剤に反応する「受容体(レセプター)」と呼ばれる組織の数が減少して、その結果、薬剤が効きにくくなることです。

他にもある「耐性」

・薬剤耐性(drug resistance)
最近、ニュースなどでひんぱんに耳にする言葉に、「薬剤耐性(drug resistance)」があります。これは、抗菌剤や抗ウイルス剤などを正しい用法用量を守らず、不適切な使用をすることによって、それらの薬剤に耐性(resistance)を持つ細菌やウイルス(薬剤耐性菌)が体内で増えてしまい、抗菌剤や抗ウイルス剤が効かなくなることです。

農薬に「耐性」を得た害虫たち、、、
同じような現象は、農業で使用する殺虫剤(農薬)でも見られます。同じ農薬を長期間、大量に散布することで、その農薬に耐性を獲得した(農薬が効かない)「スーパー害虫」が生まれてしまい、農作物が大きな被害をうけるのです。

日本語ではどちらも「耐性」なので、混同している人も少なくないかもしれませんが、英語表記では「tolerance」と「resistance」でまったく違う単語なのです。

(上記参照|薬に対する2種類の耐性(Toleranceと Resistance)

耐性が生じるまでの使用期間は?実は耐性ではない?

さて、ミノキシジルを使用すると、どれくらいの期間で耐性が生じるのでしょうか?

AGA治療の臨床経験豊富な医師が、下記のようなコメントを述べています。

「ミノキシジル外用薬は治療初期には効果的だが、6か月程度で効果が減弱する」

(上記参照 PDF「ミノキシジルの解説」p7:「AGA治療のすべて」(佐藤明男)より)

これは、「ミノキシジル外用薬を6か月間使用すると、(耐性ができて)効かなくなる」と読んでしまう人もいるかもしれませんが、そのような意味ではないでしょう。つまり、「ミノキシジル外用薬を使用開始してから6か月くらいは急速に発毛改善が進行し、その後、効果を維持して安定する」と解釈すべきでしょう。

「ミノキシジルが効かなくなってきた」原因は「耐性」? それとも?

ミノキシジル外用薬を5年間使用した研究では、たしかに1年後以降、毛髪量はわずかずつ減少していますが、しかし、統計的有意差はありませんでした。この論文のデータでは、「ミノキシジル外用薬を5年使用しても、“耐性が生じる”とは断定できない」と結論づけることができるでしょう。

しかし、実際に「ミノキシジルが効かなくなってきた」と感じている使用者の人もいるのも事実かも知れません。それは、ミノキシジルの耐性を得た結果なのでしょうか?

もしかすると「ミノキシジルが効かなくなってきた」原因は、「耐性(drug tolerance)」ではなく、別の原因があるのかもしれません。

「耐性」以外に考えられる、ミノキシジルが効かなくなる理由

・「発毛の増加が止まった」だけ。


ミノキシジルは、毛包のミニチュア化を改善し、毛母細胞のヘアサイクルを「休止期」から「成長期」へ移行させ、「成長期」の期間を長くすることで、発毛を促し、毛髪を長く、太く育てます。
つまり、ミノキシジルは毛母細胞の活性を高めて発毛を促しますが、毛母細胞そのものの数を増やすわけではありません。

したがって、“いまある”毛母細胞のほとんどから発毛が起きると、その後は現状維持になります。この安定期に入った“高止まり”状態を、「効きが悪くなった」と感じる場合があるかもしれません。

・別の原因で発毛が抑制されたり、AGAが進行している。

たとえば、生活習慣の乱れやストレス、頭皮環境の悪化などで発毛が抑制されることがあります。また、7〜9月にかけてヘアサイクルのリセットが行われるため、抜け毛が増えます。
このような場合は、ミノキシジルの効果は継続しているけど、別の原因で発毛マイナス因子の作用が強くなったわけです。

このように、「耐性」以外の理由で、ミノキシジルの効果が現れにくくなったり、効果が継続していてもそれを認識でないときがあるようです。

(上記参照)
“Five-year follow-up of men with androgenetic alopecia treated with topical minoxidil”:Elise A. Olsen, (1990)

「ミノキシジルに耐性を得た」思ったときの対策は?

「ミノキシジルに耐性を得た」と感じたとき、何をすればいいのでしょうか?
その対策を列挙します。

1.発毛のようすを客観的に確認

「ミノキシジルに耐性を得た」と感じたのは、きっと発毛効果の実感が薄らいだと感じているからでしょう。しかし、それは
「実際に、発毛効果が減弱してきている」
のでしょうか。それとも、
「実際には変化していないが、“発毛しなくなった”と感じてしまう」
だけなのか、どちらでしょうか?

・頭部の写真を撮る
・専門家(AGAクリニックの医師や薬剤師)に判断してもらう
など、客観的に発毛状況を評価しましょう。

2.実際に発毛量が低下している場合の対策

客観的評価で、発毛効果が低下していることが確認できた場合は、その原因を突き止めましょう。

  • ミノキシジルの使用量や使用法をなどに間違いがないか確認する。
  • 生活習慣に乱れがないかチェックする。とくに食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足など。
  • 頭皮環境に乱れがないかチェックする。帽子やヘルメットの着用時間が長くなったりしていないか。シャンプーや整髪料を変えていないかなども。
  • 喫煙量の増加や過度の飲酒、精神的ストレスなど、発毛を阻害するマイナス因子がないかチェックする。
  • 3.やってはいけない対策

    次に挙げる方法は「自己判断ではしないほうがよいこと」です。これらの方法を試したい場合は、自己判断は行わず、必ずAGA専門クリニックの医師や薬剤師と相談してから実施してください。

  • ミノキシジルの投与量を増やす。

  • ミノキシジルを他社製品に変える。

  • ミノキシジル外用薬を、ミノキシジル内服薬に変える(あるいは追加する)。

  • フィナステリドやデュタステリドなど、別のAGA治療薬を併用する。

  • 「休薬(一時的にミノキシジルの投与を止める)」する。

  • 「フィナステリド(商品名「プロペシア」MSD社から販売)」や「デュタステリド(商品名「ザガーロ」グラクソ・スミスクライン社から販売)」は、劇物指定の医療用医薬品です。入手するには医師の処方箋が必須です。

    もし、フィナステリドやデュタステリドの使用を検討したいのであれば、必ずAGA専門クリニックの受診してください。
    もちろん、受診の際には、いままであなたが行ってきた治療法や、現在の発毛状況などを正確に伝えると、より効果的なアドバイスがもらえるはずです。

    また、ネット情報などでは「休薬」をすすめている記事もあります。確かに、耐性(寛容)が認められる薬剤の場合には休薬」が有効であるといわれますが、そもそも「ミノキシジルの耐性が生じる」ことが科学的に確認されていないため、この方法が有効であるとは断言できないでしょう。

    発毛マイナス因子が見当たらない場合の対策

    「1」で客観的に発毛の減弱が確認されて、
    「2」で発毛マイナス因子に思い当たるところがない場合、
    あなたがとるべき行動は、
    AGA専門クリニックの医師や薬剤師に相談する
    これが、ベストだと思われます。

    AGA治療は、自宅で手軽にできるように思われがちですが、実際にはかなり専門的知識が必要です。また、ネット情報などで「都市伝説」的な、不確かな情報が拡散していることも、自己判断でAGA治療が暗礁に乗り上げる一因でもあります。

    AGA治療の長い道を少しでも無理なく快適に続けていくために

    AGA治療は、長い道のりです。
    「独り孤独に荒れ地を進む修行僧」ではなく、「経験豊富なコーチとともに走るマラソンランナー」を選択してはどうでしょうか。

    「ミノキシジルに耐性を得た」思ったときの対策は?

    【まとめ】

    発毛効果が承認されている塗り薬・ミノキシジル、その正しい使用法とその効果について、ご理解いただけたでしょうか。「ミノキシジルの耐性が生じる」ことは、科学的には確認されていません。もし、発毛効果に変化を感じているとすると、発毛を阻害する別の要因があるかもしれません。AGA専門クリニックの医師や薬剤師と相談しながら、賢いAGA克服ライフをお送りください。

    AGA治療はいろいろなことがゆっくりと長くかかり、薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

    検索

    • 薄毛に関するお悩み
      薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

      薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    • 抜け毛に関するお悩み
      抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

      抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    • フケに関するお悩み
      フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

      フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    • ヘアケア・育毛
      日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

      日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    • 頭皮の悩み
      頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

      頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    • 白髪に関するお悩み
      白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

      白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    • 髪の実態調査

      500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

    • 女性の悩み
      他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

      他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    • 髪に関するQ&A
      髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

      髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    • ミノキシジル大学
      発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

      発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!