ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2019年3月25日

更新日: 2019年3月28日

ミノキシジル配合の外用薬「カークランド」の気になる副作用について知ろう!

ミノキシジル配合の外用薬「カークランド」の気になる副作用について知ろう!

 

「カークランド(ミノキシジル)」とその先発医薬品「ロゲイン」の副作用を解説

「カークランドの副作用を知りたい!」ミノキシジル外用薬の発毛効果は、日本皮膚科学会の折り紙付きですが、そのミノキシジル外用薬の1つに「カークランド」呼ばれるものがあります。
ここでは、この「カークランド」について、その副作用に焦点を当てて解説します。

    (このコラムのポイント)
  • 「カークランド(ミノキシジル)」について
  • ミノキシジルについて(効果と副作用など)
  • カークランド・シグネチャー・ミノキシジルについて
  • 新薬の独占的販売期間とジェネリック医薬品について
  • ロゲイン(ミノキシジル外用薬の先発品)について
  • カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの副作用について

「カークランド(ミノキシジル)」の副作用が気になる!

発毛効果が期待されると話題になっている「ミノキシジル」が配合されたAGA(男性型脱毛症)治療薬の1つに、「カークランド」があります。

その「カークランド」と呼ばれるAGA治療薬の正式名称は、どうも「カークランド」ではないようです。

では、どんな名称の、どんな治療薬なのでしょうか?
そして「カークランド」には、どんな副作用があるのでしょうか?
「カークランド」についての正しい知識、とくに副作用について確認しておきましょう。

「カークランド」副作用の前にまず知っておこう/「ミノキシジル」ってなに?

さて、まずは「ミノキシジル」についておさらいをしておきましょう。

「ミノキシジル」は製品名(商品名)ではなく、“一般名”つまり成分の名称です。
日本皮膚科学会は、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(※1)」でさまざまなAGA治療の有効性を検証し、それらを5段階で評価しています。

そのなかでもっとも評価の高い「推奨度A:行うことを強く勧める」と認められた治療法は、「フィナステリドの内服(薬)」「デュタステリドの内服(薬)」、そして「ミノキシジルの外用(薬)」の3つだけでした。(※2)
ミノキシジルには、いま生えている毛髪を長く、太く育てる「育毛」効果だけでなく、すでに毛髪が生えなくなった部位の毛髪を生やす「発毛」効果が認められています。
そのため、ミノキシジル外用薬(塗り薬)は、医薬部外品や化粧品の「育毛剤」ではなく、一般用医薬品の「発毛剤」に分類されています。

ミノキシジルの基本的な情報をまとめた記事はこちらです。
ミノキシジルっていったい何? その質問の答えがすべてここに
AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について
ミノキシジルって本当に効果がある? 使い始めて効果が出るまでの期間はどのくらい?
ミノキシジル育毛・発毛剤(外用薬)て、「医薬品」なの?

カークランドのミノキシジルの記事とあわせてお読みいただくと、より一層ミノキシジルについて理解できると思います。よろしければお読みください。

(※1 参照 |日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」)
(※2 「フィナステリド」はAGA治療に使われる有効成分。MSD社のAGA治療薬「プロペシア」などに使われている。
「デュタステリド」は同じくGSK社の「ザガーロ」に使われている。)

「カークランド」とミノキシジルの関係は?

さて「カークランド」と呼ばれているAGA治療薬について、情報を整理しておきましょう。

「カークランド」の正式な名称は、“KIRKLAND SIGUNATURE MINOXIDIL(カークランド・シグネチャー・ミノキシジル)”といいます。

「カークランド・シグネチャー」は、会員制倉庫型店を世界的に展開しているコストコホールセール社のPB(プライベードブランド)です。
コストコは、日用品・衣料品・食品・酒類などとともに、ジェネリック医薬品(後発医薬品)も「カークランド・シグネチャー」ブランドで販売しています。
つまり、「カークランド」こと「カークランド・シグネチャー・ミノキシジル」は、ミノキシジルを主成分とするジェネリック医薬品のことなのです。

「カークランド・シグネチャー・ミノキシジル」には、2つのタイプ(剤形)があります。
1つはローション、もう1つはフォーム(ムース)で、どちらもミノキシジルが5%配合されています。

コストコは日本国内でも店舗を展開していて、そこには薬売り場もあり、店舗によっては調剤薬局も併設されています。
しかし、「カークランド・シグネチャー・ミノキシジル」は、残念ながら日本国内のコストコでは販売されていません。

新薬の独占的販売期間とジェネリック医薬品について

さてここで、ジェネリック医薬品について、おさらいをしておきましょう。

新しい薬、つまり“新薬”の特許には、次の4つがあります。

<医薬品の特許>
・物質特許:化学物質そのものの特許
・製法特許:化学物質の“製造方法”の特許
・用途特許:化学物質の“効能・効果・用途・用法”の特許
・製剤特許:化学物質を用いた“製剤の処方(薬の安定化など製剤上の工夫」”の特許

新薬を開発した製薬会社は、こうした特許を取得するだけでなく、臨床試験などを積み重ねて「薬機法」(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)の審査を通過して、はじめて“新薬”として商品化できます。

つまり、新薬には膨大な時間と経費、知識とノウハウなどを費やして開発されています。
そのため新薬には、開発にかかった経費を回収して、次の新薬開発のための利益を保証する、「独占的販売期間」が定められています。
日本での新薬の独占的販売期間は原則20年ですが、その期間を過ぎると他社も同じ有効成分の薬を製造・販売することができるようになります。
これが一般的に「特許が切れた」といわれる状況で、こうしてつくられた医薬品をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼びます。

“generic name”とは、医薬品の「一般名」つまり有効成分の名称ですが、ジェネリック医薬品は、製品名ではなく一般名で呼称されることが多いために、後発医薬品のことをジェネリック医薬品と呼ぶようになりました。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分で、効能・効果、用法・用量が原則同一であるため、先発医薬品と実質同等とみなされるために、臨床試験などを経ずに承認を得ることができます。
新薬開発に比べると、経費も大幅に節約できるため、薬の販売価格も安く設定されるのです。

(上記参照 |日本ジェネリック製薬協会

「ロゲイン」ってなに?/カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの先発医薬品

さて、「カークランド・シグネチャー・ミノキシジル」がジェネリック医薬品であることは前述の通りですが、では、そのもととなった先発医薬品は何でしょうか?

それはJohnson & Johnson社の「ROGAINE(ロゲイン)」という薬です。
ロゲインは、ミノキシジルを主成分とする外用発毛剤(塗り薬)として、1988年にFDA(アメリカ食品医薬局)に承認をうけ、現在でも米国で製造・販売されています。

そのロゲインには4つのタイプがあります。

ROGAINE TOPICAL 5% SOLUTION 男性用ミノキシジル5%配合ローション
ROGAINE FOAM 5% 男性用ミノキシジル5%配合フォーム(ムース)
Women`s ROGAINE SOLUTION 2% 女性用ミノキシジル2%配合ローション
Women`s ROGAINE FOAM 5% 女性用ミノキシジル5%配合フォーム(ムース)

このようにロゲインには、男性用と女性用があり、男性用には5%ローションと5%フォーム。そして女性用には2%ローションと5%フォームが用意されています。
カークランド・シグネチャー・ミノキシジルはこのロゲインをもとにつくられていますが、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルには、女性用はありません。

「ロゲイン」ってなに?/カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの先発医

「カークランド・ミノキシジル」の副作用について

さて、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルにはどのような副作用があるのでしょうか?

カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの添付文書には、「もっともよく起きる副作用」として、頭皮の掻痒感(かゆみ)と皮膚の炎症を挙げています。
さらに、下記のような症状があらわれた場合には使用を中止して、医師に相談するように書かれています。
つまり、下記のような症状は、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの副作用の可能性があるということです。

<カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの副作用>
・胸痛、頻脈、気を失いそうな感じ、めまい
・急激な、原因不明の体重増加
・手足のむくみ
・頭皮の炎症や発赤
・顔面の体毛の伸張

カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの副作用について、もう少し詳しく見ていきましょう。

<頭皮の炎症や発赤>
主成分のミノキシジルには、アレルギーや過敏症などの報告はありません。
しかし、溶剤として使用されているアルコールや、そのほかの添加物へのアレルギー反応や過敏症で炎症を起こすことがあるようです。

<胸痛、頻脈、気を失いそうな感じ、めまい>
発毛剤の使用でなぜ胸が痛くなったり、頻脈など循環器系の症状が出るのか、不思議に思う方もいるでしょう。
ミノキシジルには発毛効果だけでなく、血管(動脈)拡張作用や、血圧を下げる降圧作用があります。
カークランド・シグネチャー・ミノキシジルを塗布することで、頭部を中心とした血管が拡張され、血流が変化すると考えられます。
その結果、平衡感覚をつかさどる内耳の血流も変化して、めまいなどの症状が起きるのではないかといわれています。
あるいは、血圧が下がることで立ちくらみのような症状となり、それがめまいとして認識されることもあるようです。

<急激な、原因不明の体重増加/手足のむくみ>
カークランド・シグネチャー・ミノキシジルを使用すると、なぜ体重が増えるのでしょうか?
ミノキシジルには、体液を貯留する働きがあります。前述のように、ミノキシジルは動脈を拡張させますが、静脈には作用しません。
そのために、上流(動脈)と下流(静脈)で血液の流れのバランスが崩れてしまいます。
その結果として、体液が排泄されずに体内に残ってしまい、手足がむくんだり、さらには体重が増加することもあるようです。

<顔面の体毛の伸張>
カークランド・シグネチャー・ミノキシジルは毛髪だけでなく、ほかの部位の体毛でも発毛効果を発揮します。
そのため、顔面の発毛を望まない部位には溶液が着かないように注意しなくてはいけません。

カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの発売元である米国のコストコホールセール社のウェブサイトには、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの正しい使い方を紹介したビデオ(英語)も紹介されています。
このビデオでは、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルを手で頭皮にすり込んだ後、「必ず手を洗う」ように指導しています。
溶液が手に着いたまま顔やほかの部位を触ると、ミノキシジルがそこに付着することになるからです。

なお、参考のためにロゲインのおもな副作用も挙げておきましょう。

<ロゲインのおもな副作用>
・低血圧または高血圧。
・胸の痛み。
・急速な心拍。
・かすかか眩暈
・突然説明できない体重増加。
・手や足が腫れる。
・持続性の局所発赤または発疹。
・頭痛。
・筋肉の痛み。

カークランド・シグネチャー・ミノキシジルは、ロゲインをもとにつくられたジェネリック医薬品なので、同じような副作用があらわれる可能性があるといえますが、主成分以外の添加物や、製法などに若干の違いがあるために、全ての人にまったく同じ作用・副作用が出るとは言い切れないようです。

(参照)
KIRKLAND SIGNATURE MINOXIDIL- minoxidil solution(添付文書/PDF)
KIRKLAND SIGNATURE MINOXIDIL- minoxidil aerosol, foam(添付文書/PDF)
ROGAIN(添付文書)

カークランド・ミノキシジルの副作用を回避するなら、国産ミノキシジル外用薬も選択肢の1つに

さて、カークランド・シグネチャー・ミノキシジルの副作用について詳しく見てきました。

カークランド・シグネチャー・ミノキシジルは海外でしか承認を受けていないため、国内の薬局やドラッグストアでは購入することができません。
しかし、医薬品ですので、たとえ可能性がわずかであっても副作用が出るかもしれないことを前提に使用すべきです。
そのためにも、やはりカークランド・シグネチャー・ミノキシジルを使用する場合には、AGA専門クリニックの医師などのアドバイスを受けながら治療に当たる方が、より安全でしょう。

そしてもう1つの選択肢として、厚生労働省の承認を受けた、国産のミノキシジル外用薬をチョイスするという方法もあります。
国産のミノキシジル外用薬であれば、薬局やドラッグストアでも購入できます。
こちらもカークランドミノキシジルと同様に医薬品ですので、AGA専門クリニックの医師や薬剤師のアドバイスを受けながらの治療されることをおすすめします。

ミノキシジルの購入方法とその注意点や、女性の使用についての記事もあります。

AGA治療薬「ミノキシジル」の安心・安全な購入方法と注意点
ミノキシジルは女性に使える? 効く? 副作用は? いろいろ知りたい、ミノキシジルのこと!

ご興味がありましたら、こちらもあわせてお読みください。

カークランド・ミノキシジルの副作用を回避するなら、国産ミノキシジル外用薬も選択肢の1つに

【まとめ】

「カークランド」とこカークランド・シグネチャー・ミノキシジルの副作用について、ご理解いただけたでしょうか。

ミノキシジル外用薬「ロゲイン」のジェネリック医薬品であるカークランド・シグネチャー・ミノキシジルには、いくつかの副作用が報告されています。こうした副作用の被害を最小限にとどめるためには、AGA専門クリニックの医師や薬剤師のアドバイスを受けながら治療をすすめることが大切です。

薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!