ミノキシジル大学ミノキシジル大学

ミノキシジル大学

公開日: 2018年11月29日

更新日: 2018年11月29日

ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きるってホント?

ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きるってホント?

ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きる原因と、その対処法

「ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きたらどうすればいいの?」ミノキシジルやプロペシアの添付文書には、副作用として「めまい」が記載されています。なぜ、ミノキシジルやプロペシアでめまいが起きるのでしょうか?めまいが起きた場合はどうすればいいのでしょうか?ミノキシジルやプロペシアとめまいの関係を解説します。

    (このコラムのポイント)

  • ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きるのか?
  • ミノキシジルについて
  • プロペシアについて
  • ミノキシジルの副作用について
  • プロペシアの副作用について
  • ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きる原因について
  • ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きた場合の対処について

ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起こるってホント?

「よく効くAGA(男性型脱毛症)治療薬は?」と訊かれてパッと思いつくのが、「ミノキシジル」と「プロペシア」ではないでしょうか。どちらもAGA治療薬として、世界各地で長年にわたって使用され続けています。

日本皮膚科学会は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(※1)」で、さまざまなAGA治療の有効性を検証しています。そこで「ミノキシジルの外用(薬)」も「フィナステリドの内服(薬)」も、評価のもっとも高い「推奨度A:行うことを強く勧める」に分類されています(「フィナステリド」は、「プロペシア」の主成分)。

その一方で、気になるのは副作用。AGA治療薬は長期間にわたって投薬を続けるものですから、短期間だけ使用する薬よりも副作用の影響を受けやすいのではないかと心配です。

「ミノキシジル」や「プロペシア」の副作用として、「めまい」が起きるという情報もあります。

さて、ミノキシジルでめまい(副作用)は起きるのでしょうか?
また、プロペシアでめまい(副作用)は起きるのでしょうか?
ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きるとすれば、その原因は何でしょうか?
そして、ミノキシジルやプロペシアでめまい(副作用)が起きた場合の対策は?

ミノキシジルやプロペシアとめまい(副作用)の関係について、調べてみましょう。

(※1 日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」

ミノキシジルとプロペシアとめまいを考えるために

ミノキシジルは高血圧症治療薬の「副作用」から生まれた「発毛剤」

「ミノキシジル」は薬の商品名ではなく、“一般名”つまり成分の名称です。

ミノキシジルを主成分とする薬剤は、1979年に米国で高血圧症治療薬(内服薬)として承認を受けました。そう、ミノキシジルには血管(動脈)を拡張する作用があり、その結果として血圧を下げるのです。

ミノキシジル内服薬にはいくつかの副作用が報告されていましたが、その1つに「多毛」がありました。ミノキシジル内服薬を長期間服用すると、毛髪や顔などの体毛が濃くなるというのです。

この、ミノキシジルの発毛効果に着目してつくられたのが「ミノキシジル外用薬」で、1988年に発毛剤(塗り薬)として承認され、日本でも1999年に一般用医薬品として承認されました。

ミノキシジルについては、

にも詳しい記述があるので、ぜひ参考にしてください。

プロペシアは、AGAの引き金になる「5α還元酵素」の働きを阻害する薬

「プロペシア」はMSD社が製造・販売する、男性型脱毛症治療薬の商品名です。
前述の通り、プロペシアの主成分は「フィナステリド」です。

「テストステロン」という男性ホルモンは、5α還元酵素の働きで、より活性した「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンに変化します。フィナステリドは、この5α還元酵素の働きを阻害することで、テストステロンがDHTに変化することを抑制するのです。

DHTが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、体毛が濃くなります。しかし、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞においては、DHTの結合によって毛母細胞の増殖が抑制されて、ヘアサイクルの「成長期」が短縮され、結果としてAGAが進行します。

しかし、プロペシア(主成分:フィナステリド)を服用すると、下記のようにAGAの進行が抑制されます。

  • プロペシア(主成分:フィナステリド)を服用

  • 5α還元酵素の働きが抑制

  • テストステロンからDHTへの産生を抑制

  • DHTと毛乳頭細胞に多く存在するアンドロゲン受容体との結合を抑制

  • 「毛母細胞の増殖の抑制」が阻害される

  • AGAの進行が抑制される
  • これが、プロペシアの働きです。

    フィナステリド製剤「プロペシア」は、前立腺肥大症治療薬から生まれたAGA治療薬

    フィナステリドは、前立腺肥大症治療薬として開発されていましたが、AGA治療にも効果があることがわかり、2005年に日本でも男性型脱毛症の内服薬として承認されました。その薬の商品名が「プロペシア」で、フィナステリドの含有量によって「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」の2種類が製造されています。また、MSD社以外の数社からも、ジェネリック医薬品(後発医薬品)も発売されています。

    (参照 「男性における男性型脱毛症用薬5α-還元酵素II型阻害薬フィナステリド(プロペシア錠0.2mg・1mg)の薬理学的特性と臨床効果」福住仁(2006)

ミノキシジルとプロペシアの副作用について

それぞれの薬の副作用と「めまい」

ここで、ミノキシジルとプロペシアの副作用を確認しておきましょう。

<ミノキシジル外用薬のおもな副作用>

  • 頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感など
  • 頭痛、気が遠くなる、めまい
  • 胸の痛み、心拍が速くなる
  • 原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

<ミノキシジル内服薬のおもな副作用>

  • 全身の多毛
  • 血圧の低下
  • 急激な体重増加
  • 呼吸困難、息切れ
  • 心拍数の増加
  • 手足のむくみ
  • めまい、ふらつき
  • 頭痛
  • 胃腸障害

<プロペシア内服薬のおもな副作用>

  • 掻痒感、じんましん、発疹、血管浮腫
  • 睾丸痛、男性不妊症、精液の質の低下
  • リビドー減退
  • 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
  • AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
  • 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

たしかにミノキシジルやプロペシアの添付文書には副作用として「めまい」が記載されています。では、なぜ、めまい(副作用)が起きるのでしょうか?
その原因については、次の項で考察してみましょう。

なお、ミノキシジルやプロペシアの副作用については

などにも詳しく書かれていますので、ぜひご覧ください。

(上記参照)
メディカルミノキ5(添付文書)
LONITEN(添付文書)
プロペシア(添付文書)

ミノキシジルとプロペシアの副作用について

ミノキシジルやプロペシアでめまいが起きる原因は?

ミノキシジルで起こる「めまい」

ミノキシジルでめまいが起きる原因は、大きく2つあると思われます。

1つは、

血圧低下によるもの、


もう1つは、

頭部の血流増加によるものです。

ミノキシジルに血圧を下げる作用があることは前述の通りですが、そのためにめまいや立ちくらみが引き起こされる可能性があります。

また、ミノキシジルには血管拡張作用もあります。そのため頭部の血流が増加し、平衡感覚をつかさどる内耳の血流バランスが崩れ、そのためにめまいが生じる可能性も考えられます。

プロペシアで起こる「めまい」?

では、プロペシアで、なぜめまいが起きるのでしょうか?

じつは、プロペシアでめまいが引き起こされる原因は、よくわかっていません。1つの説として、ホルモンバランスが崩れることで、更年期障害のような症状が起き、その結果としてめまいが起きるのではないかといわれています。

ミノキシジルやプロペシアで「めまい(副作用)」かなと思ったら!?

もし、ミノキシジルやプロペシアを使用していてめまい(副作用)を感じたらどうすればいいでしょうか?

ミノキシジルとプロペシアで「めまい」を感じた場合の対処法

  1. まずは、ミノキシジルやプロペシアの使用を中止しましょう。
  2. めまい(副作用)がひどいときは、椅子や床に座るしゃがむ、ソファーやベッドに横になるなど、身体を安定させましょう。
  3. 車の運転は控えるべきです。そのうえで、なるべく早く医師の診察を受けましょう。
  4. 診察の際には、あなたが使用しているミノキシジルやプロペシアを持参して、医師に報告しましょう。また、いつ、どこで、何をしているときに、どんなめまい(副作用)が起きたのか、メモをしておくとよいでしょう。
  5. すぐに医師の診察を受けられない場合は、ミノキシジルやプロペシアの製造・販売元のサポートに電話やメールで相談するのも1つの方法です。

ミノキシジルやプロペシアには、少なからず副作用のリスクがあります。AGA治療をはじめる前に、AGA専門クリニックの診察を受け、医師、あるいは薬剤師のアドバイスに従って治療を続けることが、副作用回避・軽減の第一歩です。

ミノキシジルやプロペシアで「めまい(副作用)」かなと思ったら!?

【まとめ】

AGA治療薬としてその効果も確認されている「ミノキシジル」と「プロペシア(主成分:フィナステリド)」の、その効果とめまい(副作用)について、ご理解いただけたでしょうか。

どちらの治療薬でもめまい(副作用)が起きる可能性があります。AGA治療は専門クリニックの医師や薬剤師のアドバイスを受けながら行う方が安心・安全です。

薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!