ミノキシジル大学

公開日:2018年11月8日

更新日:2018年11月12日

ミノキシジルの使用に禁忌事項や併用禁忌がある?

ミノキシジルの使用に禁忌事項や併用禁忌がある?

ミノキシジルに禁忌あり?使用できない人、注意が要必要な人や、飲み合わせも知りたい!

ミノキシジルに禁忌はあるのでしょうか。発毛効果があるミノキシジル。誰もがその恩恵に預かりたいところですが、使用に不向きな人、ちょっと注意の必要な人や、飲み合わせの悪い薬も存在します。長期間使用するミノキシジルの、禁忌について知り、安全な治療をしましょう。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルに禁忌事項がある?
  • ミノタブと塗りミノで禁忌事項に違いがある?
  • ミノキシジルについて
  • ミノキシジルの禁忌について
  • ちょっと厄介なミノタブ
  • 使うなら承認されている塗りミノがいい

ミノキシジルに禁忌事項がある?

AGA治療に欠かせない発毛成分、ミノキシジル。
その発毛効果への期待が大きい分、使用する人も多いでしょう。

でも、ちょっと待って。
ミノキシジルを使用してはいけない人っているのでしょうか。
効くと聞けば誰でも使いたいものですが、「●●の人は使ってはダメ」などという決まりがあるなら、それは事前に知っておきたいですね。
また、「飲み合わせ」についても知っておきたいところです。
医薬品は私たちが思っているより複雑です。単独で使う分には問題がなくても、別の薬と一緒に使用することで効き目がありすぎたり、それが副作用に繋がったりもします。

ミノキシジルは、使用し始めたらある程度の期間常用する薬です。
「使用してはいけない」とされている人が知らずに使用したり、相性の悪い薬と併用することで効き目が得られないだけでなく、かえって体を壊すことのないよう、よく理解して使いたいものです。

禁忌事項に塗りミノとミノタブで違いがある?

ミノキシジルには、外用薬(通称「塗りミノ」)と内服薬(通称「ミノタブ」)があるのはご存知ですね。 頭皮に直接塗布する塗りミノと、経口薬のミノタブ。
その効き目や副作用に、多少の違いがあるように、禁忌や飲み合わせにも少し違いがあります。

次の項目から、ミノキシジルのおさらいに続いて説明いたします。

ミノキシジルの禁忌の前に、まずおさらい。

AGA治療に有効なミノキシジルの前身は降圧剤

発毛成分ミノキシジルは、元は高血圧症の治療に使われる降圧剤として開発されました。服用した患者に多毛症の副作用が見られたため、その副作用を転用して発毛成分として開発されたのが今日のミノキシジルです。

FDA(アメリカ食品医薬品局)に1980年代に医薬品として承認され、日本では10年以上遅れて1990年代に厚生労働省に承認され、市販されるようになりました。現在では、AGA治療に有効な薬として世界90ヶ国以上で使われています。

ミノキシジルの2つの作用

ミノキシジルの効果効能は2つあります。
1つは、血管拡張作用。降圧剤として使われていたくらいですから、この作用は分かりますね。血管を広げることによって血流をよくし、それによって頭皮にまで養分や酸素を運びます。頭皮環境がより整うわけです。

もう1つは、休眠状態にある毛母細胞への刺激です。
髪を作る毛母細胞の活動を示し、髪の一生であるヘアサイクルは
「成長期(毛が生えて伸びる時期)」―「退行期(生えているだけで伸びない時期)」―「休止期(抜けて休んでいる時期)」を繰り返していますが、
薄毛状態にある毛根は、この中の「休止期」のまま止まっていて、発毛のための活動をしていません。
ミノキシジルはその毛母細胞を直接刺激し、発毛を促すのです。

厚生労働省に承認されているAGA治療薬には「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」の3つがありますが、発毛作用を主とするのはミノキシジルだけ。

ミノキシジル、外用薬と内服薬の違い

ミノキシジルには外用薬(塗りミノ)と内服薬(ミノタブ)があります。
直接頭皮に塗るタイプは、塗った箇所には効果を発揮しますが、塗らない箇所には効きません。
一方、内服薬のほうは、直接体内に成分を取り込み、血液に乗って全身を回るので、こちらの方が効き目がダイレクトで強いとも言われます。

塗りミノは、ドラッグストアで購入でき、比較的簡単に手に入れることができます。
しかし、ミノタブはAGA治療を行っているクリニックなどで診察を受けて処方してもらわなければ入手できません。

ミノキシジルについての詳しい情報は以下の記事にも書かれていますので、そちらもお読みください。

ミノキシジルの禁忌について

禁忌とは、医薬品の適応上、使用すると症状が悪化する或いは重篤な副作用が現れるため使用してはいけない人のことです。

ミノタブ&塗りミノ共通の禁忌

そもそもミノキシジルを使用できない人

  • 未成年者
  • 壮年性脱毛症(AGA)以外の脱毛症
  • 急激な脱毛、斑状に抜け毛が見られる場合
  • 妊婦又は、妊娠の可能性のある女性、授乳中の女性

慎重に投与する必要がある人

  • 65歳以上の高齢者
  • 家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症(AGA)がいない人
  • 薬や化粧品によるアレルギーが現れた人
  • 心臓や腎臓に障害(持病)のある人
  • 甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、亢進症)の人
  • むくみのある人

ミノタブはさらに禁忌も多く、併用禁忌もあるから、ちょっと厄介かも…?

ミノキシジル外用薬での注意事項

塗りミノの場合、頭皮に塗布するということから、一番に気にかかるのは肌との相性です。
かゆみ、湿疹などの「塗りミノの副作用」といわれる症状が強く出てしまう可能性があるため、元来肌の弱い人は注意が必要です。
できたら、最初にパッチテストなどをして、自身の肌との相性を確かめるといいですね。

ミノキシジル内服薬での注意事項

ミノタブの副作用は主に全身症状です。
もともと血管拡張剤として開発されたこともあって、低血圧によって目まいやふらつき、もっとひどいと意識の低下などを引き起こしたりもします。
既に血圧降下剤を服用している人が服用すると、血圧が下がり過ぎて重篤な副作用を発症する可能性もあります。

また、その作用により循環器の働きが乱れて、動悸や息切れを起こすこともあり得ます。
心臓疾患や肝機能に重度の障害がある人は使うことができません。

AGA治療を考える世代の人は、同時に生活習慣病を気にする世代でもあります。
既に血圧降下剤を服用している人は、医師にその旨を伝え適切な処方を受けてください。

ミノタブはさらに禁忌も多く、併用禁忌もあるから、ちょっと厄介かも…?

ミノキシジルタブレットの併用禁止薬

ミノタブには、併用禁止とされている薬がいくつかあります。
市販されている医薬品の成分もあるため、風邪を引いたから、頭痛がするから、と市販薬を服用する際には注意が必要です。

・イブプロフェン

風邪薬や鎮痛剤の中に入っている消炎鎮痛成分です。市販薬にも含まれていることが多く、知らないうちに摂取してしまうかもしれないだけに注意が必要です。
ミノキシジル(ロニテン)を開発したファイザー製薬(米国)の医薬品説明書には、「併用すると重篤な問題を引き起こす」との記載があります。

・バイアグラ

ED治療薬として知られるバイアグラですが、バイアグラにも血管拡張作用があります。併用することで急激な血圧低下が起こるかもしれません。併用は医師に相談してからの方が良いでしょう。

・スマトリプタン

スマトリプタンは片頭痛の痛みを解消する薬に含まれる成分です。
血管を収縮させる働きを持つスマトリプタンと血管を拡張させるミノキシジルを併用すると、血圧のコントロールが制御できなくなり、血圧に乱れが生じて危険な状態になるおそれがあります。併用するときは、必ず医師に相談してからにしましょう。

そのほか、ミノキシジルの副作用についての記事は他にもいくつかございます。

よろしければそちらも併せてお読みください。

まずは塗りミノから始めてみませんか?

いかがでしょう。
こうして見てくると、ミノタブのほうが血液に乗って全身にその成分が届くので「効果に期待が持てる」と思われるでしょうが、ミノタブは医師の診断が必要となります。
そもそも、塗りミノはドラッグストアで購入でき、効能・効果も副作用もきちんと説明がされています。

一方、ミノタブはまだまだ研究段階の面も多い薬です。効能・効果や、副作用などの情報も身近ではなく、クリニックできちんと診察を受けて処方をしてもらうのが前提になります。

長期にわたって続けるAGA治療は、やはり余分なストレスや心配ごとなく、取り組みたいですね。

ミノキシジルの禁忌、「自分の場合は?」どうしても不安なら確認しよう

体質は人それぞれ。隣の人に合ったからと自分にも合うとは限りません。

肌が強いか弱いか、風邪を引きやすいかそうでもないか、頭痛持ちかそうでないか…。
薬との相性はなかなか素人では分からないものです。

不安を感じたら医師に相談・確認するのが一番です。

ミノキシジルの禁忌、「自分の場合は?」どうしても不安なら確認しよう

【まとめ】「食べ合わせ」にも「飲み合わせ」にもご注意を。

食べ物にも、一緒に食べると体に悪い、お腹を壊すと言われる、「食べ合わせ」というのがありますね。

食べ物の場合はさほど深刻な事態にはなりませんが、薬の場合はちょっと違います。

命にかかわる、というと大げさですが、思いもよらない事態を引き起こすことも。
くれぐれも勝手な自己判断で「これくらい、いいんじゃないの」などと思わず、注意して使用してください。

そのくらいの注意を必要とする、効果テキメン且つリスクもあるのがミノキシジルなのです。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!