ミノキシジル大学

公開日:2018年11月8日

更新日:2018年11月12日

ミノキシジルによる“めまい(副作用)”の原因と対処法を知って賢く対策を

ミノキシジルによる“めまい(副作用)”の原因と対処法を知って賢く対策を

ミノキシジルによるめまい(副作用)は、外用薬と内服薬でこんなに違う!?

「ミノキシジルでめまい(副作用)?」ミノキシジル外用薬は、国内で唯一発毛効果が認められた医薬品ですが、報告されているいくつかの副作用の1つに“めまい”があります。一方、国内では未承認のミノキシジル内服薬でも、めまい(副作用)が起き、それは外用薬に比べると注意が必要なようです。ここでは、ミノキシジルとめまい(副作用)について解説します。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルとめまい(副作用)について
  • ミノキシジル内服薬とミノキシジル外用薬について
  • 「めまい」の種類と原因について
  • ミノキシジル内服薬とめまい(副作用)について
  • ミノキシジル外用薬とめまい(副作用)について
  • ミノキシジルでめまい(副作用)が起きた場合の対処について
  • ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルでめまい(副作用)になる!? ならない?

その発毛効果が注目されているミノキシジルですが、いくつかの副作用も報告されています。

インターネット上でも、ミノキシジルで“めまい(副作用)”が引き起こされる可能性について書かれた記事を目にすることがあります。

ミノキシジルを使用すると、やはりめまい(副作用)に悩まされるのでしょうか?

ミノキシジルでめまい(副作用)が起きるのはなぜなのでしょうか? ミノキシジルでめまい(副作用)を起こしやすい人はどんな人なのでしょうか?

そして、ミノキシジルを使用してめまい(副作用)を起こした場合はどうすればいいのでしょうか?

ここでは、ミノキシジルとめまい(副作用)に関するあれこれについて、詳しく解説します。

めまいが起きるのはどっち?ミノキシジルには外用薬と内服薬が

ところで、一口にミノキシジルといっても、外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があることをご存じでしょうか?

「外用薬も内服薬も同じ成分で作られているから、効果や効能も同じじゃないの?」
そんなふうに思う人も少なくないかもしれませんね。でも、それは間違いです。

たしかに「ミノキシジル」とは薬効成分の名称で、ミノキシジル外用薬もミノキシジル内服薬(ミノタブ)も、このミノキシジルを主成分とした薬です。
しかし、ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬とでは、効果・効能が違います。

<ミノキシジル内服薬(飲み薬)>

  • 高血圧症治療薬
  • 米国などで承認されているが、日本では未承認。

<ミノキシジル外用薬(塗り薬)>

  • 育毛・発毛剤
  • 米国・日本などで承認。

AGA(男性型脱毛症)を特集したサイトなどで、AGA治療薬としてミノキシジル内服薬(ミノタブ)を紹介している記事もあります。

しかし、米国はじめ、ミノキシジル内服薬を高血圧症治療薬として承認している国々でも、育毛剤や発毛剤として承認している国はありません。

また、AGA治療薬として紹介されている内服薬として「フィナステリド(MSD社「プロペシア」などに使用されている有効成分)」や「デュタステリド(GSK社「ザガーロ」などに使用されている有効成分)」という名前を目にすることもあると思いますが、これらも“成分”の名称で、ミノキシジルとはまったく違った作用機序を持っていますから、混同しないようにしましょう。

ミノキシジルについての詳しい情報は以下の記事にも書かれています。併せてお読みください。

ミノキシジルでおきる?“めまい”について

さて、ミノキシジルとめまい(副作用)の関係を知る前に、めまいについて簡単に説明をしましょう。
一口に“めまい”といっても、症状も原因もさまざまです。

めまいの症状

  • ぐるぐる目が回るめまい
  • ふわふわと地に足がつかない感じ
  • 足下がふらふらして地面が揺れるようなめまい

そして急に立ち上がったときなどに頭がクラクラしたり、目の前が真っ白になるような、いわゆる立ちくらみもめまいの一種といえます。

めまいの原因

  • メニエール病などめまいをともなう疾患
  • 血圧の異常(高血圧症や低血圧症)
  • 平衡感覚をつかさどる内耳の炎症や異常
  • 自律神経の障害や更年期障害
  • 脳梗塞

、、、など実にさまざま。
めまいという症状に悩まされて病院を受診して、診察やさまざまな検査を受けてもその原因が特定できず、なかなか症状が改善しないケースも少なくないようです。

ミノキシジル内服薬でめまい(副作用)は起こるのか?

さて、ミノキシジル内服薬(飲み薬)でめまい(副作用)は起きるのでしょうか?

―はい、海外で使われているミノキシジルタブレットの添付文書(※1)では、めまい(副作用)が起きる率は、「10%未満」と書かれています。「極めて少ない」とも「著しく多い」とも言えませんが、めまいを訴える人はそこそこいる、といったところでしょうか。

「よく起こる副作用」としても、「めまい」「立ちくらみ」などが挙げられています。

前述のようにミノキシジル内服薬は、高血圧症治療薬です。
ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、その結果として血圧が下がります。

したがって、高血圧症ではない、正常な血圧の人がミノキシジル内服薬を飲むと、血圧が異常に下がって低血圧症を引き起こし、めまいが生じる可能性があります。

また、高血圧症の方で、すでに別の高血圧治療薬を服用している場合に、激しい立ちくらみを起こす場合があるとの指摘もあります。

ミノキシジル内服薬は、めまい・立ちくらみ以外にもさまざまな副作用が報告されていて、高血圧症の治療に処方される場合でも、ほかの高血圧症治療薬が効かない場合の「最終選択薬」として使用されるほどで、服用の際には必ず医師や薬剤師の指導の下で行われる必要があります。

(※1 参照|LONITEN添付文書

ミノキシジル内服薬でめまい(副作用)は起こるのか?

ミノキシジル外用薬でめまい(副作用)は起きるのか?

では、ミノキシジル外用薬でめまい(副作用)は起きるのでしょうか?

―はい、めまい(副作用)が起きる場合があります。
ただし、発症率は高くはありません。

ミノキシジル外用薬の添付文書には、めまいが現れた場合は「副作用の可能性がある」と書かれています。

ミノキシジル外用薬は使用の際、頭皮にミノキシジル液を塗布します。ミノキシジルの成分は皮膚から吸収され、毛髪をつくる毛母細胞に作用するといわれています。

このとき、頭部の血管もミノキシジルの作用で拡張しますが、平衡感覚をつかさどる内耳の血管にも作用して、その結果、めまい(副作用)が起きる場合があると考えられます。

しかし、ミノキシジル外用薬の副作用のなかでも、めまいの発現率は比較的低いようです。厚生労働省に提出されたミノキシジル外用薬(5%製剤)の再審査報告書に記載された調査では、「浮動性めまい」の発現率は0.20〜0.25%、「体位性めまい」は0.00〜0.03%でした。

しかし、発現率が低いからといって手放しで喜ぶわけにはいきません。ミノキシジル外用薬を使用する場合は、副作用が起きる可能性を考慮しながら治療を進めるべきでしょう。

ミノキシジルでめまい(副作用)が起きたらどうする?

さて、ミノキシジルを使用していてめまい(副作用)が起きた場合、どうすればいいでしょうか。

まず、安静にして、めまい(副作用)が落ち着くのを待ちます。
もし、車の運転をしている場合は、すぐに車を路肩に止めて、エンジンを切りましょう。無理に運転を続けると、取り返しのつかない大きな事故につながりかねません。
なにかの機械を操作している場合も同様です。安全確保を第一に行動してください。

そして、ミノキシジルを使用してめまい(副作用)が起きるようであれば、いったん、ミノキシジルの使用を止めてみましょう。

しかし、先にも書きましたが、めまいの原因はさまざまあります。もしかすると、ミノキシジル以外の原因でめまいが起きている可能性もあります。

ミノキシジルの使用でめまい(副作用)が起きていると感じた場合は、かならずAGA専門クリニックの医師や薬剤師に相談をしてみてください。

そのうえで、あなたのめまいがミノキシジル以外が原因だと思われる場合は、耳鼻咽喉科や神経内科、脳神経外科、あるいは“めまい外来”などを受診することをお勧めします。

ミノキシジルには、ほかにもこんな副作用が

ミノキシジルによる、めまい以外の副作用についても紹介しておきましょう。

<ミノキシジル内服薬のおもな副作用>

  • 全身の多毛、色素の沈着
  • 動悸、頻脈
  • 呼吸困難、息切れ
  • 体重の増加
  • 失神
  • うっ血性心不全
  • 心膜炎、心タンポナーデ
  • 皮膚の過敏症
  • 胃腸障害

<ミノキシジル外用薬の副作用>

  • 頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、ほてり
  • 頭痛、気が遠くなる
  • 胸の痛み、頻脈
  • 体重の増加、手足のむくみ

ミノキシジル内服薬も外用薬も、どちらもなんらかの副作用をともなう場合があります。使用の際には、AGA専門クリニックの医師や薬剤師の指導を受けながら、正しい頻度・使用量・使用方法で治療を続けることが大切です。

そして、何か問題が生じたり、不安なことがあった場合は、すぐに相談できるようにしておきましょう。
AGA治療は、長い、長い道のりです。医師や薬剤師は、その長い道のりを伴走してくれるサポーターであり、トレーナーなのです。

他にも、ミノキシジル内服薬、外用薬で起きる副作用について、それぞれ詳しく書かれた記事がございます。

AGA治療薬「ミノキシジル」の気になるさまざまな副作用とその対策について
ミノキシジルの副作用でかゆみが出やすい人は?その原因と対策を学ぶ!
ミノキシジル・タブレット(内服薬)による副作用リスクはあるのか?
ミノキシジルの副作用でむくむってホント?

よろしければ、併せてお読みください。

ミノキシジルには、ほかにもこんな副作用が

【まとめ】

日本で唯一発毛効果が承認されているミノキシジル、その正しい使用法とその効果について、ご理解いただけたでしょうか。

ミノキシジル内服薬は発毛剤としては承認されておらず、めまい(副作用)を引き起こす場合も少なくないようです。

一方、ミノキシジル外用薬でもめまいの副作用は報告されていますが、頻度は少ないようです。薬は正しく使ってこそ、正しい効果が得られるものです。焦らず、慌てず、ミノキシジルと末永くつきあっていきましょう。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!