ミノキシジル大学

公開日:2018年11月8日

更新日:2018年11月12日

ミノキシジルの副作用で肝臓が悪くなる?

ミノキシジルの副作用で肝臓が悪くなる?

ミノキシジルの副作用で肝機能が、、、、、というのは本当?

ミノキシジルの副作用で肝臓が悪くなるというのはどこまでが本当なのでしょう。そもそもミノキシジルが体に効果を及ぼす際、どこまで肝臓が関係しているのでしょうか。ミノキシジルの副作用と作用、そして気になる肝臓との関係を探ります。

    (このコラムのポイント)
  • ミノキシジルの副作用で肝臓が悪くなる?
  • 肝臓への影響はゼロとは言えないかも…でも過剰に神経質にならないで
  • ミノキシジルそもそも話
  • ミノキシジルの効果のメカニズム
  • ミノキシジルと肝臓の関係について
  • もともと肝臓の悪い人、弱い人は要注意。気になるなら医師に相談を

ミノキシジルを使うと、副作用で肝臓に影響する?

薄毛改善に効果的な成分、ミノキシジル。
既に使用している方、これから使用を考えている方、いろいろいらっしゃると思いますが、「ミノキシジルで肝臓が悪くなる」という噂を聞いたことはありませんか。

もし本当なら、ちょっと使用をためらってしまいますね。
ミノキシジルの副作用で肝臓が悪くなるのは本当なのでしょうか。
本当だとしたらどのようなメカニズムで肝臓に悪影響を与えるのでしょう。
もし濡れ衣だとしたら、何故そんなふうに言われるようになってしまったのでしょう。

今回は、ミノキシジルと肝臓のちょっとデリケートな関係をお話しします。

副作用による肝臓への影響はゼロではないかも…でも予防を心がけて

気になるミノキシジルの副作用と肝臓との関係ですが、現在得られている結論からお話しすると

「ミノキシジルの副作用で肝臓への悪影響の可能性はあるが、特に重篤なものではない」
「ミノキシジルの副作用が肝臓に影響する可能性はゼロではないかもしれないが、きちんとした検証がなされていない」

という言い方しかできません。
黒か白か、の明確な回答とは言い難いので、きちんとした答えを求めている方にはやや肩透かしの印象を持たれるかもしれません。しかし、このような答えになってしまう理由もあります。

それは、その人のもともとの肝機能がハッキリしていないから、です。
もともと肝機能障害を有する人は、ミノキシジルを使用することで影響が出てしまうことがあるかもしれません。

また、特に肝臓に異常がなくてもミノキシジルに過剰に反応して肝機能が下がってしまう人もいるかもしれません。

特にミノタブ(ミノキシジルの内服薬。ミノキシジルタブレットの略称)の使用について言えることですが、服用前に肝機能検査を行い、服用中にも検査を行い、その違いや影響を調べたきちんとしたデータがないのです。
「肝機能が下がった」と言っている人のもともとの肝機能が分からない以上、ミノキシジルのせいなのかどうか、断言できないというのが実状です。

副作用と肝臓が気がかり。でも、そもそもミノキシジルって?

発毛に効果的と言われる「ミノキシジル」とはいったい何なのでしょう。

ミノキシジルは、唯一の発毛成分と言われています。
もともとミノキシジルは高血圧症患者のための降圧剤として開発され使用されていました。その患者たちの副作用に「毛が濃くなった」「毛が生えてきた」など、多毛症の症状がみられたことから、その効き目を転用し、発毛を目的としたミノキシジルの「外用薬」として開発された、という経緯があります。

ミノキシジルは、毛を作り出していく「毛母細胞」を刺激して発毛を促すことで、乱れて毛が育ちにくくなっていた髪のサイクル「ヘアサイクル」を元に戻していく作用があります。

もともとの目的であった高血圧症治療には、現在は積極的には使われておらず、ミノキシジルはひたすら発毛の効果を期待されて使用されています。

こんな経緯から、ミノキシジルには外用薬(塗りミノ)と内服薬(ミノタブ)が あるのですが、ミノタブの方は高血圧症の治療薬の転用であって、薄毛治療用の薬剤ではありません。

塗りミノは、頭皮に塗って地肌からその成分が吸収され効いていくもの。
一方のミノタブは経口摂取することで成分が肝臓で代謝され、血流にのって全身にその成分が行き渡り効果を発揮するものです。
塗布した部分から局所的に影響する外用薬の塗ミノと、口から体に入る内服薬のミノタブとでは、影響の仕方が違うというのは、想像にたやすいのではないでしょうか。

副作用と肝臓が心配だけど。ミノキシジルの発毛のメカニズム

ミノキシジルが頭髪にどのように効果をもたらすのかをお話しします。

薄毛の人の頭髪はヘアサイクルが乱れたことにより、本来なら活動しているはずの毛母細胞が休止期状態にあり、活動していません。そのせいで、髪は成長する前に抜け落ちてしまったり、細く痩せた髪しか残っていないのです。

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけ、乱れたヘアサイクルを元に戻していく作用があります。
活動を休んでいた毛根の毛母細胞を刺激し、再び髪を作り出して、太く丈夫な髪に成長させることが出来るよう働きかけるのです。

また、もともと高血圧治療に使われていただけあって、ミノキシジルには血管拡張作用があります。
血管を拡張させると血流が良くなります。この血流にのって養分や酸素を頭皮の隅々にまで行き渡らせ、頭皮環境が整うことで発毛や髪の成長が促されます。

わが国でAGA治療に有効とされる薬には「ミノキシジル」「フィナステリド※1」「デュタステリド※2」がありますが、発毛を実現するのはミノキシジルだけ。
他の2つはAGAの進行を遅らせるには非常に有効ですが、発毛にはあまり作用しません。
唯一の発毛成分・ミノキシジルのすごさ、ご理解いただけましたか。

ミノキシジルについての記事は他にもございます。

詳しく書かれていますので、そちらもぜひお読みください。

(※1 フィナステリド MSD社から出ているAGA治療薬「プロペシア」などの主成分)
(※2 デュタステリド GSK社から出ているAGA治療薬「ザガーロ」の主成分)

副作用と肝臓が心配だけど。ミノキシジルの発毛のメカニズム

副作用で肝臓が気になるのはなぜ?肝臓への影響が心配される理由

ミノキシジルに限らず、頭痛薬でも風邪薬でも、およそ薬といわれるものの多くは肝臓で代謝されます。肝臓で代謝され、成分が全身に行き渡るのです。

その意味では、多くの薬でも肝臓に負担をかけているのは確かです。
ただし、風邪薬などは長期にわたって使用するものではないことから、肝臓への影響はさほど言われません。

ミノキシジルは長期にわたって使用することが大前提の薬です。
副作用として肝臓に負担をかける、と言われれば「そうか」と言わざるを得ません。
ただし、肝臓に負担をかけるのはアルコールも同様です。
飲酒の頻度が高い人と、お酒を飲まない人とでは、肝臓への負担の度合いが違います。

肝臓の働きを表す「γ-GTP」と「ALT(GPT)」「AST(GOT)」

ここでちょっと肝機能について考えましょう。
肝機能を語る際によく聞く言葉が「γ-GTP」と「ALT(GPT)」「AST(GOT)」です。
これは血液中の物質を表していますが、どちらも血液検査を受けると検査結果に出てくる、肝臓の状態を表す数値としてよく知られています。

γ-GPTとはタンパク質を分解したり合成したりする役割を持つ、解毒にかかわる酵素です。
ALT(GPT)やAST(GOT)はアミノ酸を作る重要な働きをする酵素です。
これらの値が規定値より上昇している、肝組織が破壊されていることを示します。

γ-GPT、ALT(GPT)とASTは、アルコールの過剰摂取によっても上昇します。(特にγ-GPT)
日ごろの飲酒の量が多い人が、「健康診断で肝臓の値が悪いから酒を控えるように言われた」というのは、これが原因です。

肝臓に影響が出る可能性は?

アルコールは肝臓で代謝されます。その量があまりに多いと、代謝する能力が追い付かず肝臓に過度の負担がかかってしまい、肝機能が低下するのです。
もともと肝機能の良くない人がミノキシジルを使用すれば、その副作用が肝臓に出ることは十分あり得ます。

また、それまで肝機能に特に問題はなくても、ミノキシジルに敏感に反応して症状が出てしまう体質の人もいます。
その意味で、肝臓への悪影響の可能性がないわけではない、という遠回しな言い方になってしまうのです。

ただし、塗りミノに関しては、そのあたりの検証もしっかりなされた上での厚生労働省の承認された薬ですから、過剰な心配は無用でしょう。
気にかかるのは未承認のミノタブです。

薬と肝臓の関係についての記事や、ミノキシジルとアルコールについての記事もございます。
ミノキシジルと肝臓、ミノキシジルとアルコールについてもっと詳しく知りたい方はそちらも併せてお読みください。

ミノキシジルの服用は肝臓に負担をかける? そもそも薬と肝臓の関係は。
ミノキシジル使用中の副作用とのアルコール摂取に要注意!

ミノキシジルの副作用、肝臓が心配ならクリニックに相談を

肝臓は沈黙の臓器。気になったら検査を

肝臓への負担が考えられるものの、その人本来の肝機能の状態や、お酒を飲むか飲まないか、という日ごろの生活習慣も肝機能に大きく作用することから「ミノキシジルの副作用で肝臓が悪くなる」と断言できない状況はご理解いただけたと思います。

肝臓は沈黙の臓器。
ちゃんと機能しているかどうか、なかなか自覚症状は出てきません(自覚症状が出た時には「肝機能悪化の可能性がかなり高い」ということでもあります)。
不安に感じたら、クリニックでその旨を伝え、血液検査をしてもらいましょう。
ご自身の目で数値を確認するのが一番です。

肝臓の検査数値が高い時は、医師に相談を!

どなたも、年に一度くらいは健康診断で血液検査を受けていると思われます。その際の肝機能の値を注意して見ておいてください。
数値が基準値を超えているという方は、もしかしたらミノキシジルの使用を控えたほうがいいのかもしれません。使用前に医師に相談してみたほうがいいでしょう。
また、前述したように、肝機能はアルコールの影響を受けるので、アルコール摂取についても生活習慣を改めなければならないかもしれません。

今は肝機能に問題がなくても、ミノキシジルの使用が長期にわたることを考えれば、お酒との付き合い方を変えても良いでしょう。

より強い効果が欲しいからと勝手にミノキシジルの使用量を変えても、その効果は変わりません。それどころか肝臓への負担が増すばかりで、いいことは何一つありません。
くれぐれも勝手に使用量を変えて、肝臓に余分な負担をかけないようにしてください。

ミノキシジルの副作用、肝臓が心配ならクリニックに相談を

(まとめ)それでも使いたいミノキシジル。肝臓も髪も、どちらも大事に労わりながら

ミノキシジルと肝臓の繊細な関係、お分かりいただけましたか。

AGA治療を焦るあまりに、肝臓のご機嫌をうかがうことをお忘れなきよう。

気になるミノキシジルの副作用についての記事がございます。

肝臓の他にも気になるミノキシジルの副作用についての情報が書かれていますので、よろしければそちらも併せてお読みください。

検索

  • 薄毛に関するお悩み
    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    薄毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 抜け毛に関するお悩み
    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    抜け毛の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • フケに関するお悩み
    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    フケの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • ヘアケア・育毛
    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

    日々のケアは大切です。ベストなヘアケア方法や育毛のコツをご紹介。

  • 頭皮の悩み
    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    頭皮トラブルの予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 白髪に関するお悩み
    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

    白髪の予防から改善まで幅広い情報を発信。あなたの悩みに合わせてドクターが解決します!

  • 髪の実態調査

    500人にアンケートを実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 女性の悩み
    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!

  • 髪に関するQ&A
    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • ミノキシジル大学
    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!

    発毛に絶大な効果を発揮するミノキシジルの基礎情報から、ちょっとディープな情報まで髪のせんせいの「ミノキシジル大学」が解説します!